スリクソン z585。 SRIXON(スリクソン)Z585ドライバーをゴルフハック編集部で試打評価!

「Z585」「Z785」フルラインアップ試打! 今度のスリクソンは“直進性”で勝負する

スリクソン z585

2種類ともやさしいスリクソンのドライバー 新しく生まれ変わった2018年9月に発売のスリクソンのドライバーには2種類あります。 両者を同時に何度も打ち比べたけど、結論は「どっちもやさしいドライバーである」となります。 打ちながら「どっちを買おうかな?」って思ってしまう。。。 いつの間にか買うことを前提に試打してる自分に気が付いた、、 本当に魅力的ですわ。。。 今回は、よりやさしい位置付けである「Z585 ドライバー」のレポートです。 その中身をじっくりクチコミしますね。 兄弟モデル共通の素材感です。 構えてみると、クラウンのトゥ側が分厚く盛り上がって、右にすっぽ抜けない安心感があります。 スライスやプッシュでお悩みのゴルファーには視覚効果があるから、しっかりと自分のスイングが出来るでしょう。 シャローバックの最後尾が地面に沿うように低くなっている。 かなり低重心ですね。。 つかまりと高弾道を予感させる顔で、フックフェースにも見えないからフッカーも安心できる。 これは上手くデザインされた顔です。 試打の評価は 【飛距離】 振り抜きやすくて芯でとらえやすい。 ミート率が高くてよく飛んでくれます。 【打感】 打感は柔らかくて、ミスしても手に響かない。 打点やスピン量が解析できるような情報は入ってこないけど、心地いい感触です。 【弾道】 打ち出し角が高く、よくキャリーが伸びてくれます。 やや低スピンで吹け上がらず、高すぎない弾道で前にグイグイとキャリーを稼いでくれる。 【つかまり】 めっちゃよくつかまる。 ドローが打ちやすいんじゃなく、フェースの上にしっかりと乗ってくれます。 コスらない、スベらない、フケない、、振り遅れてプッシュスライスっていうミスが激減しそうな安定感がありますよ。 【操作性】 操作性を求めるゴルファーよりも、直進性を優先するゴルファーに適している。 【安定感】 平均的にミート率が高く、オフセンターでも曲がらずによく飛んでくれます。 いろんなシャフトで試したが、 ハードなシャフトでぶっ叩いても良し、ソフトなシャフトでゆったり振っても良し、安定感抜群で、あらゆるゴルファーを満足させられる。 もうこれは、アベレージゴルファーからトップアスリートまで、誰もが打ちやすいドライバーと言っちゃっていいかも。 シャフトは カスタムで様々なシャフトを選ぶことができるが、「Miyazaki Mahana」が標準仕様となる。 「Miyazaki Mahana」は軽くてよくしなる。 暴れないけどトルクが多めでソフトな感触。 手首を使わないスインガー向けですね。 今回はミヤザキシャフトの出来がいいので、じっくりカスタムすれば必ずぴったりのスペックが見つかりますよ。 カチャカチャが付いていないので、Z785よりも 5,000円 税抜 安い。 かなりお買い得感がある価格設定です。 オススメしたいゴルファーは ・ミート率を上げたい ・プッシュとスライスを減らしたい。 ・操作せずにやさしく飛ばしたい。 まとめ スリクソン Z585 ドライバー は、よくつかまるし、とってもやさしい。 誰もが打ちやすいドライバーです。 ・打ち出し角が高い ・安定感抜群 ・よくつかまる ・ミスに強い ・打感が軽い ・やさしい 従来のモデルとは別物。 見事な仕上がり。 あっぱれ!.

次の

スリクソンZ585アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スリクソン z585

【弾道】 よく拾って高弾道になる。 スピン量が少なめで吹け上がらない。 サイドスピンも少ないから素直なストレートボールです。 全球が同じような球筋にそろってくれます。 【つかまり】 自然にフェースがターンして、しっかりとフェースでつかまえてくれる。 打ち込まなくてもレベルスイングで十分につかまります。 前モデルの、つかまらない不安要素は無くなった。 【打感】 フェース全体がよく弾いて、オフセンターでも柔らかく感じる。 芯を喰った時の分厚さは物足らないが、心地よい打感です。 【操作性】 操作性は普通レベル。 特別いい方じゃない。 【やさしさ】 V字のソールが気持ち良く抜けて、サラッと払うだけで高弾道になり、大きなキャリーを生む。 よくつかまるからコスリやスライスが最小限に収まってくれるし、引っかかりも少ない。 やさしく狙えるアイアンです。 スイートエリアが広い。 センターから上下左右に打点がブレても、飛距離の安定感があって、やさしくグリーンに乗ってくれます。 直進性が素晴らしいので、ゴッテリした造形の飛び系アイアンのような重心の深さを感じるが、実際はすっきりとした外観です。 アベレージゴルファーにも使って欲しいし、アスリートが楽にピンを狙えるアイアンです。 シャフトは 2種類のカーボンシャフトと2種類のスチールシャフトが標準で用意されています。 Miyazaki Mahana カーボンシャフト は、軽くて先が良く走り、合わせやすいシャフトです。 おすすめしたいゴルファーは ・アイアンの飛距離が欲しい。 ・払い打ちするタイプ。 ・ある程度フォームが固まっている。 ・操作性は重視しない。 まとめ スリクソン Z585アイアン 2018 は、よく拾って、よくつかまって、高弾道でまっすぐに飛ぶ。 飛距離もなかなかです。 ・よくつかまる ・よく拾う ・よく飛ぶ ・ミスに強い ・振り抜きやすい ・打ちやすい スリクソンのイメージ一新。 メッチャやさしくなった。 パーオン率が上がるアイアンです。 【在住】 東京都 【身長・体重】177cm・62Kg 【ゴルフ歴】 34年(54歳) 【最高ハンディキャップ】0. 5 USGA 現在 1. 競技と仕事を両立しながらのゴルフ漬け。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ゴルフ歴34年、飛距離とスコアのアップを目指して、あらゆるギアの研究を重ねています。 スコアは負けても、専門的な知識は負けません。。。 アーカイブ アーカイブ.

次の

「Z

スリクソン z585

SRIXON スリクソンZ585アイアン 試打レビュー スリクソンZ585アイアンの概要 スリクソンの公式ホームページよりZ585アイアンの概要を調べました。 dunlop. html 新開発スピードグルーブフェースで飛距離性能が向上した許容性の高いポケットキャビティ型 スリクソン Z585 アイアン。 シャフトは4種類のラインナップ。 Miyazaki Mahanaカーボンシャフト 硬度Sで63. 5g、Rで62gです。 いずれもトルクは3. フェアウェイウッドみたいなシャフトですね。 Miyazaki for ITONカーボンシャフト 硬度Sで81. 5g、SRで78. 5g、トルクは2. こちらは受注生産です。 PRO 950GH DST スチールシャフト 硬度Sで95g、トルク2. 硬度Rで91g、トルク2. 一般的なスチールシャフトです。 5g、トルク2. 3、硬度Rで95g、トルク2. 5です。 シャフトごとの適応ヘッドスピードが記載されてますね。 私はドライバーヘッドスピードが42~43なのでやっぱりNS950でしょうかね。 いずれにしても、私の場合は選択肢が多いです。 5番24度、6番27度、7番31度、8番35度、9番39度、PW44度、一般的なストロングロフトのアイアンですね。 というか、今はこれが標準ロフトなんでしょうか。 スリクソンZ585アイアンの飛距離と口コミ評価、試打レビュー 試打クラブはN. PRO950GH DSTスチールのSシャフトです。 シャフト重量95g、トルク2. 7、クラブ重量は5番で408gですね。 NS950でも、ただのGHとDSTではトルクが違うようです。 たしか普通のNS950は1. 9とかだったはずですね。 グリップを握った感じは握りなれたツアーベルベットのラバーグリップ。 ポケットキャビティってボテっとしてもっさい印象のモノが多いですが、このZ585アイアンは顔が良いですね。 ポケキャビにしてはカッコいいです。 構えた感じも同じ印象です。 トップラインが薄めにできてて小顔にみえてシャープな印象を与えてくれます。 あくまでポケキャビとしてですが。 実際に打ってみたら打感に驚きました。 フォージド?って思うくらい柔らかいです。 最近の鋳造技術はバカにできませんね。 スペック表を見るとヘッド素材は軟鉄なんですね。 納得です。 パシっておとで球はそんなに上がりません。 スリクソンといえばアスリートモデル系のイメージなのでそこを意識したのでしょうか。 とにかく優しく、簡単ってわけではなさそうです。 ミスはミスで手に感触が伝わりますが、大きな飛距離ロスや大事故につながる様なミスにはなりません。 そこはポケットキャビティのやさしが伝わってきます。 飛距離は7番で159ヤード。 ロフトが31度なので十分でしょう。 欲を言えばもう少し球が上がってランが減ればなぁって気もしますが、明らかに私のようなスコア100前後向けに作られたアイアンなのでそこは妥協ですね。 スリクソンZ585アイアン。 実に良くできていていいアイアンです。 アスリートイメージのスリクソンに尻込みしていたスコア100前後のアマチュアゴルファーも背伸びしないで使えるアイアンです。

次の