この 電話 番号 は すでに 使用 され てい ます。 電話応対で基本的なことなのですが・・。まだ出社していない上司…

ADBデバイスリストに電話が表示されない

この 電話 番号 は すでに 使用 され てい ます

「電話番号を登録できませんでした」と表示された時の対処法 繰り返し行ってみる 電話番号を登録しようとした際にいきなりこういったエラー表示が出ると慌ててしまいますが、 電話番号に間違いがないのであれば2,3回繰り返し行うことで正常に登録できる場合があります。 それでも登録できない場合は時間帯を変えてから再度試すようにしてください。 その際はユーザーの利用が集中するといわれている20時〜22時の時間帯は避けて行ってみてください。 ログアウトして再ログイン 電話番号を登録しようとしているアカウントからログアウトして、もう一度ログインし直ししてから再度、電話番号の登録を試してみてください。 ログアウトの方法は端末別にこちらで解説しています。 関連記事 端末の再起動 端末の再起動は画面がフリーズして固まった際や電波の接続不良など、あらゆる不具合に対して有効な対処法です。 お使いの端末の電源を落として再び電源を入れ直してから、もう一度電話番号の登録を行ってみてください。 「テキストメッセージの送信にエラーが発生しました」と表示された時の対処法 他のアカウントに電話番号を登録済み こちらのエラーメッセージは他のアカウントに既に電話番号を登録している際に表示されます。 具体的に何個以上のアカウントに登録するとエラー表示になるのか、凍結されたアカウントに設定していた電話番号はブラックリスト入りしているのかなどの詳細な情報は明らかにされていません。 他のアカウントから電話番号を削除して時間をあけてから再度登録するようにしてください。 安易にご家族やご友人の電話番号を借りて認証コードを受け取るのは控えましょう。 一時的な登録であれば問題ありませんが、電話番号を利用すればTwitterのパスワードをリセットできるからです。 「この電話番号は、他のアカウントに登録されています」と表示された時の対処法 こちらはアカウントのロックを解除するために電話番号を登録した際、他のアカウトに既に電話番号を登録していると表示されるエラーメッセージです。 こちらの対処法ですが、アカウントがロックされると登録しているメールアドレス宛にアカウントロックの理由が記載されたメールがTwitter側から届くので、そちらにルールに違反していない旨を記載して返信するようにしましょう。 アカウントロックの原因として最も多い「自動化動作」でロックされた場合は、自動フォローや自動ツイートなどを行っていないことをしっかりと強調してください。 そして 電話番号の登録は家族や友人などにアカウントが知られるリスクを避けたいと伝えれば電話番号を登録しなくても解除できます。 Twitterからアカウントロックに関するメールが届いていない場合はから異議申し立てをして解除してもらいましょう。

次の

Amazonの支払い方法をドコモの携帯決済に設定する方法

この 電話 番号 は すでに 使用 され てい ます

Amazonの支払いをドコモ携帯決済に設定する方法です。 これでAmazonでお買い物をする際にdポイントを利用する事もできます。 dポイント 期間・用途限定 も利用可能です。 この決済は、Amazonでの買い物時に支払い方法で「docomo」を選択することで月々の携帯電話料金と合算した形で買い物ができるというものです。 超便利ですが、回線側のケータイ払いの管理をちゃんとやっていない(例えば子供に持たせている回線の制御とか)とガンガン買い物できちゃうのでご注意を。 また、Amazonの買い物でdポイントが使えるわけではありませんのでお間違えなく! 2018年1月はおトクなキャンペーンも開催されています。 ということでAmazonでの買い物の支払い&プライムの年会費を方法をドコモケータイ払いに変更する方法、手順を紹介します。 [関連記事] ・ ・ Amazonでの買い物をドコモケータイ払いにする方法 クレカ不要。 アプリでもブラウザでもOK 当たり前ですが、ブラウザからでもAmazonアプリからでもドコモケータイ払いを設定することができました。 設定は、先にしておく方法と実際のアイテム購入時に変更する方法があります。 PCでもスマホでもOKです。 支払いオプションで「携帯決済」を選択します。 モバイルネットワークの場合はほぼそのまま、PCやWi-Fiからのアクセスだとdアカウントの画面が表示されるので自分のアカウントを入力して認証させる必要があります。 買い物する前に支払い方法を変更 いつものようにAmazonで欲しいアイテムをに進みます。 決済確認の画面で「支払い情報」の部分をタップします。 自分の場合は、初期設定がいつも購入しているクレジットカードになっていました。 決済方法を選ぶ画面が表示されます。 「新しいお支払方法を追加」をタップします。 クレジットカード情報入力画面の下にひっそりとある「携帯決済」をタップします。 キャリアとアカウントタイプを選択します。 アカウントタイプの意味がイマイチよくわかりませんが「個人用」で問題ありませんでした。 モバイルネットワークでの通信の場合、携帯電話番号の情報の入力なども必要ありませんでした。 「続行」をタップします。 支払い方法の画面に戻ります。 お支払い方法が「docomo」になっていればOKです。 買い物を続けます。 注文の最終確認画面が表示されます。 支払い情報がdocomoになっていることを確認して買い物を確定させます。 ちょっと待っているとドコモケータイ払いの画面が表示されます。 請求先ドコモ携帯電話の部分に自分の番号の下4ケタが表示されていることを確認します。 ここまでのステップで番号の入力は一切していないので、モバイルネットワーク接続時のSIM認証なのかブラウザが持っている情報なのかがイマイチわかりませんが、決済しようとしていたドコモケータイの番号がちゃんと入力されていました。 画面を下にスクロールして4ケタのSPモードパスワードを入力して「承諾する」をタップすれば完了となります。 次の画面で「承認完了」と表示され12ケタの承認番号が表示されます。 この辺は、Amazonに限らず、ドコモケータイ払いと同じ流れとなります。 プライム会員&ドコモユーザーの人だとデメリットなしですが、要エントリーなのでご注意を。 お支払い方法で「docomo」を選択します。 ドコモケータイ払いでの支払いの設定を完了してない人は、この記事の最初に書いた方法で設定します。 後は画面通り進んでいけばプライム会員登録完了となります。 もちろん既に入会済の人もドコモ払いに変更できる。 アカウント設定項目の中にある「プライム会員情報の設定・変更」をタップします。 「プライムのお支払い方法」をタップします。 支払い方法で「docomo」を選択して完了すればOKです。 ケータイ決済の設定の見直しを! Amazonの支払い方法にドコモケータイ払いが追加されたことでAmazonでの買い物がめちゃくちゃラクチンになった&クレジットカード不要化が進みました。 設定がガバガバだと、自分だけじゃなく同じ家族グループの人などでもクレカがなくてもケータイ合算払いでガンガン買い物できちゃいます。 ドコモケータイ払いは上限こそ決まっていますが、回線毎に今一度設定を見直しておくことを心からオススメします。 またdポイントはAmazonでは使えないのでお間違いなく! [リンクと関連記事] ・ ・.

次の

Amazonの支払い方法をドコモの携帯決済に設定する方法

この 電話 番号 は すでに 使用 され てい ます

Gmailアカウントを作成するには下記のURLから開始します。 ・ 画面右上に表示されている「アカウントを作成」をクリックしてください。 Googleアカウントの作成画面が表示されます。 詳しい説明はここでは行いませんが、GoogleアカウントとGmailアカウントを同時に作成します。 なお先ほどのURLにアクセスしたときに、次のような画面が表示される場合もあります。 この場合は「アカウントを作成」をクリックしてください。 同じGoogleアカウントの作成画面が表示されます。 最初に「姓」と「名」を入力してください。 次に作成するGmailのメールアドレスを指定します。 使用できる文字はアルファベット a-z 、数字 0-9 、ピリオド. で6文字から30文字の間え指定します。 任意の文字列を指定できますが、現在または過去に他のユーザーが使用していたメールアドレスは指定できません。 続いてログインする時に使用するパスワードを指定してください。 パスワードで使用できる文字は半角英字、数字、記号で8文字以上で指定します。 確認のために二か所に同じパスワードを入力してください。 指定が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。 続いて個人情報と再設定などに使用する電話番号などを入力する画面が表示されます。 「電話番号」と「再設定用のメールアドレス」については省略可能で、アカウント作成後にあとから追加で設定することもできますので今回は省略しておきます。 「生年月日」と「性別」を入力して下さい。 Googleアカウントでは年齢制限があり、日本の場合は13歳からとなっています。 またGoogleアカウントを使用して利用するサービスによっては異なる年齢制限が設定されている場合があります。 詳しくは「」を参照されてください。 入力が終わりましたら「次へ」をクリックしてください。 プライバシーポリシーと利用規約のページが表示されます。 よく読んで頂き、内容に同意できる場合には「同意する」をクリックしてください。 最後までスクロールすると「同意する」のボタンが表示されます。 Googleアカウントの作成、そしてGmailアカウントの作成が完了しGmailのサービス画面が表示されます。 画面中央に表示されている「次へ」をクリックしてください。 ビューの設定を行います。 受信トレイなどのメール一覧画面の表示の仕方ですが、あとから変更できますのでここでは「デフォルト」を選択した状態で「OK」をクリックしてください。 Gmailへログインした時に最初に表示される画面が表示されました。 Gmailアカウントの作成は以上で完了です。

次の