雨雲 レーダー 浜松。 浜松市の10日間天気(6時間ごと)

雨雲レーダーに現れた円状の雲が謎すぎる 正体を気象庁に聞いてみた

雨雲 レーダー 浜松

5月12日 午前7時56分の気象庁の雨雲ズームレーダーより ・ 5月12日の午前8時頃、静岡県浜松市の「雨雲レーダー」に、謎の円形(あるいはドーナツ状)の紋様が表示されるという事象が起こり、これはスマートフォン上など、様々な人たちのアプリに表示されたために、一時、騒然となりました。 面白かったのは、上の図に表示されていた「赤い輪」が、時間と共に 「分裂して赤い輪と青い輪となり移動していった」ということでした。 Sponsored Link 浜松の上空に出現した「輪」は、下のように分裂していきました。 ・ ・ ・ この現象に関しては、かなりの人たちに表示されたこともあり、気象庁に問い合わせたメディアもありました。 回答的には、たとえば下のようなものでした。 気象庁の回答 筆者「本日朝、8時頃、浜松付近でドーナツ状の雨雲が観測されているのですが、これは何でしょうか?」 気象庁「8時頃の浜松ですね。 ちょっと見てみますね。 ああ、確かに気象庁のレーダーにも出てますねぇ」 筆者「これは何ですか?」 気象庁「まあ何かのエラーでしょうね」 筆者「原因はなんでしょう?」 気象庁「原因は不明ですね。 ただ、何かのエラーでしょうね」 (より) 「何らかのエラー」というようなことですが、実はこの「エラー」の事例が、ここ数年は世界中で大変に多く、過去記事などでご紹介したこともあります。 どのエラーも、例外なく円やドーナツ状になるというのも同じです。 過去のエラーをいくつかご紹介して、記事を締めたいと思います。 最近数年間の気象映像の「エラー」 2010年3月15日 オーストラリア上空 ・ 2008年7月4日 日本 ・ 2011年3月16日 ベルギー上空 ・ 2015年12月27日 メキシコ上空 ・ 1999年1月4日 アメリカ東海岸 ・ 他にもいろいろとあるのですけれど、エラーが多い世の中です。

次の

静岡県西部の震度3以上の観測回数

雨雲 レーダー 浜松

5月12日 午前7時56分の気象庁の雨雲ズームレーダーより ・ 5月12日の午前8時頃、静岡県浜松市の「雨雲レーダー」に、謎の円形(あるいはドーナツ状)の紋様が表示されるという事象が起こり、これはスマートフォン上など、様々な人たちのアプリに表示されたために、一時、騒然となりました。 面白かったのは、上の図に表示されていた「赤い輪」が、時間と共に 「分裂して赤い輪と青い輪となり移動していった」ということでした。 Sponsored Link 浜松の上空に出現した「輪」は、下のように分裂していきました。 ・ ・ ・ この現象に関しては、かなりの人たちに表示されたこともあり、気象庁に問い合わせたメディアもありました。 回答的には、たとえば下のようなものでした。 気象庁の回答 筆者「本日朝、8時頃、浜松付近でドーナツ状の雨雲が観測されているのですが、これは何でしょうか?」 気象庁「8時頃の浜松ですね。 ちょっと見てみますね。 ああ、確かに気象庁のレーダーにも出てますねぇ」 筆者「これは何ですか?」 気象庁「まあ何かのエラーでしょうね」 筆者「原因はなんでしょう?」 気象庁「原因は不明ですね。 ただ、何かのエラーでしょうね」 (より) 「何らかのエラー」というようなことですが、実はこの「エラー」の事例が、ここ数年は世界中で大変に多く、過去記事などでご紹介したこともあります。 どのエラーも、例外なく円やドーナツ状になるというのも同じです。 過去のエラーをいくつかご紹介して、記事を締めたいと思います。 最近数年間の気象映像の「エラー」 2010年3月15日 オーストラリア上空 ・ 2008年7月4日 日本 ・ 2011年3月16日 ベルギー上空 ・ 2015年12月27日 メキシコ上空 ・ 1999年1月4日 アメリカ東海岸 ・ 他にもいろいろとあるのですけれど、エラーが多い世の中です。

次の

静岡県浜松市の雨雲レーダーと直近の降雨予報

雨雲 レーダー 浜松

降水レーダーに、突如として現れた真っ赤な円。 「天使の輪か?」「使徒に襲来されているのでは?」などと、ツイッター上で話題を集めました。 見事なまでに円状の輪ですが、果たして本当に雨が降ったのか? あるいはシステムの故障? 気象庁に聞いてみました。 直径10キロ 突如として真っ赤な円 気象庁のホームページで公開されている降水レーダー「高解像度降水ナウキャスト」に、その「円」が現れ始めたのは、5月12日の午前7時前。 場所は、静岡県の浜松市・磐田市近辺です。 直径10キロ超の円が、突如として浮かび上がりました。 円状の地域は1時間に80ミリ以上の豪雨になっているはずですが、この周囲には他に雨雲と呼べるような印は一切ありません。 浜松・磐田両市の周囲に雨雲は皆無 出典: 気象庁のレーダーは他の気象情報サイトなどにも提供されているため、それらの降水レーダーにも同様の円が出現。 そのことから、「浜松で何が起きているんだ……」などとネット上で話題を呼びました。 果たして、この円は何なのか? 気象庁に聞きました。 気象庁「レーダーの異常」 気象庁によると、謎の円の正体は「レーダーの不具合」とのこと。 浜松市にある国土交通省の「XバンドMPレーダ」が異常をきたしたそうです。 このXバンドMPレーダは、高精度な雨量データをほぼリアルタイムで配信することができるシステムで、国交省が運用地域を広げています。 降水ナウキャストはこのXバンドMPレーダのデータを利用しています。 高精度で雨量を観測できる、XバンドMPレーダ=2013年9月、北海道北広島市 出典: 朝日新聞社 今回はこのXバンドMPレーダに不具合が生じ、午前6時56分~午前8時27分にかけ、降水ナウキャスト上にて円が浮かび上がりました。 これに気づいた国交省が、すぐに観測を停止したそうです。 気象庁によると、円の輪状に雨が降ったという事実は「ない」とのこと。 ちなみに浜松のレーダーは、午後3時現在も観測自体が止まっています。 気象庁の担当者は「異常はごくまれに起こるが、このように円状になったことは記憶にない」と話しています。 ちなみに、気象情報会社「ウェザーニューズ」も同様の問題を把握。 全国に30万人いるウェザーリポーターからの報告では、浜松・磐田市の近辺では雨が降っていなかったそうです。 【午前8時】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時5分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時5分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時10分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時10分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時15分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時15分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時20分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時20分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時25分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 【午前8時25分】浜松・磐田両市に円状に分布した雨雲。 実際に降雨はなく、システムの不具合が原因 出典: 円状の雨雲の不具合を引き起こした観測レーダー(写真は北海道北広島市のレーダー) 出典:朝日新聞 おすすめ記事(PR)•

次の