タイツ 畳み 方。 靴下のたたみ方おすすめ6選|簡単スッキリ!散らからない収納方法を紹介

ユニクロのAIRism(エアリズム)の綺麗なたたみ方を全力で紹介する!

タイツ 畳み 方

— 2018年 2月月20日午前5時04分PST タイツや靴下は、それぞれ長さや素材、柄が違うので同じたたみ方をしてもごちゃごちゃになりやすいアイテムですよね。 クローゼットや押入れにボックスを置いて、丸めてたたんでポンと収納している方も多いです。 お洗濯の後、ぱっと丸めて入れるだけで良いですから家事も楽になります。 でも見た目ははやはりごちゃっとします。 そんなときは、 ふたが付いている可愛いボックスに入れるとスッキリおしゃれに収納できます。 また、衣装ケースの1段全てに家族の靴下類をまとめているご家庭もあります。 ただ、そうすると探すときにひっくり返さないと探せないというデメリットもあります。 吊るして収納 — 2018年 9月月24日午前3時41分PDT たたむのが苦手な方は、吊るして収納してみましょう。 あらかじめ洗濯ピンチやカーテンクリップを壁やクローゼットに取り付け、それに挟むだけです。 また、乾燥する季節になると手先がかさついているときにタイツをたたむと伝線してしまうことがありますが、これならあまり触らずに収納できますね。 洗濯ピンチやカーテンクリップは、100円均一で手軽に購入できます。 ハンガーにかけて収納 ハンガーが余っているなら、洋服と同じようにハンガーにかける収納術があります。 タイツやストッキングは、丸めてしまうと柄が見えなくなり「これかな?」と思って広げると違うものだったりしますよね。 これなら、似ている柄でも一目瞭然でたたむ手間も無いので楽です。 明日着る洋服の隣にかけておいたり、コーディネートもしやすくなります。 収納場所がほとんどない場合や、ケースやボックスなど物を増やしたくないあなたにはこの方法がおすすめです。 ジップロックに入れて収納 — 2018年 2月月3日午後11時05分PST タイツやストッキングをジップロックに入れて収納している達人もいます。 ジップロックに入れて収納すると、 タイツ同士の接触で痛むこともなく匂い移りもしないのでおすすめです。 タイツはどうたたむのがいいの? 基本はパッと見やすくたたむ シャツやワンピースはハンガーに掛けて収納すると見やすいのは当然ですが、タイツ類はどうやってたたむのが効率が良いのでしょうか?それはズバリ「見やすくたたむ」ことです。 収納ケースを使う場合は、 仕分け板を使ってタイツや靴下がごっちゃにならないように一つひとつのお部屋を作ってあげるのです。 ご自身のたたみやすい方法でたたみ、見やすいようにタイツそれぞれのお部屋に収納しましょう。 そうすることで、ぱっと見るだけで、今日履きたいと思っていた靴下やタイツを手に取ることができます。 戻すときも、他のタイツと一緒になることなくお部屋に戻せますのでストレスもなくなりますよ。 アイテム別おすすめのたたみ方 「靴下はたたみやすいけど、タイツやレースソックスはたたみにくい…。 」そんなお悩みは多いと思います。 アイテム別でたたみやすいおすすめをご紹介します。 靴下 たたむことに時間をかけたくないなら、 2つ揃えてくるっと丸めてたたみましょう。 前述した靴下のお部屋があるケースをお使いなら、半分に折って入れてあげると見た目も綺麗です。 タイツ・ストッキング 大切に長く使いたいので、伝線しないように優しくたたんであげるのが一番です。 まず4等分に折り、ケースに入れやすくなるまで縦に収納します。 そうすることで、つま先部分が見えず、縦にしまうことで綺麗な面しか見えなくなりすっきり収納できます。 手巻き寿司のようにくるくる巻いてたたむのもおすすめです。 こうすることで、選ぶにも見やすくなるので探す時間もなくなり楽になります。 縦に収納する場合は、衣装ケースやカラーボックスですと高さが余ってしまうので、 文具を入れるような小さめサイズのケースにしましょう。 リボンやパールがついたレースソックス 今はリボンや総レースなど可愛い靴下も多いですね。 お気に入りアイテムを綺麗に収納するには、 装飾品を傷つけないように半分に折ってたたみましょう。 そうすることで生地を引っ張ることなく収納でき、すっきり簡単にたためます。 お子様の小さな靴下 赤ちゃん~幼児の靴下は、大人用と違って本当に小さくたたみにくいものです。 「片方だけどこか行っちゃった…」なんていうことにならないように、こちらも その靴下ごとのお部屋にポンと丸めて収納してあげましょう。 ボックスにまとめてポンと入れるだけだと、下のほうにある靴下を履かなくなりがちです。 また、平面の収納ケースだとお子様ご自身で見やすくなるので「今日はこれ!」と選んで履いてくれるようになります。 タイツ収納におすすめなグッズ8選! 100円均一でタイツや靴下に合うボックス 100円均一へ行くと、今は可愛いカラーやデザインのボックスがたくさん並んでいます。 「どうせなら大きい物を…」とついつい選んでしまいそうですが、タイツや靴下を収納するのに適しているのは 幅が大きくても高さが低いものがおすすめです。 そこだけ気をつければ、お気に入りのデザインやふた付きのボックスでも使いやすいタイツ収納ボックスになります。 後述する仕切り板ケースも一緒に使うと、さらに収納しやすさもアップします。 100円均一の仕切り版だけで劇的に見やすくなる 「今使っている収納ケースや衣装ケースを使わなくなるのはもったいない…」「可愛いケースを買ったけどまだ使っていない…」そんなあなたは、仕切り板を一緒に使ってみましょう。 これを使うだけで、靴下やタイツが倒れなくなりますし劇的に見やすくなります。 靴下をきちんと2つ合わせてたたんでいないと、ばらばらになってしまったり「どこか行ってしまった!」なんていうことがありますが、仕切り板に収めていればなくなることもありません。 この仕切り板は、お子様の小さな衣類を分別して収納したいときや、ママのベルトやパパのネクタイを綺麗に収納しておきたいときも便利ですよ。 100円均一で色々なカラーと高さのものが売っていますので、一度チェックしてみてください。 チャック袋でサイズ別に収納 ジップロックに入れて収納するのはお伝えしましたが、サイズ別でチャックのついた袋に収納分けするのもおすすめです。 「冬のタイツは水色」というように、 ご自身でカラーやデザイン別で仕分けると、大変見やすく便利です。 タイトル通り仕切りがついているので、タイツ・お子様の靴下・パパの靴下など分けて収納できます。 このシリーズのキャッチコピーが「見えやすいけど、見えすぎない」です。 まさにごちゃごちゃしやすいタイツや靴下を収納するのにうってつけアイテムです。 口コミでも、「使いやすい!」と高評価なので、使ってみてさらに買い増ししたい時も定番商品は廃盤になることは少ないのでおすすめです。 細々した物の整理に。 重ねて使った場合でもズレたりしないし使いやすい。 引用元: 無印良品の不織布仕切ケースは子供靴下から大人まで収納しやすい万能選手 様々な収納用品を仕切ることができ、折り返して高さを調整することができる優れものです。 天然素材で作られた収納用品のインナーカバーとしても使えるので、小さなお子様がいるご家庭でも安心して使えます。 今お持ちの小物と馴染みやすいシンプルデザインは、使い勝手も機能性も良い商品です。 とってもオススメです。 引用元: ニトリの整理収納ケースですっきり収納 こちらは、商品名にはタイツや靴下収納とはないのですがこれらを収納するのに絶妙なサイズ感です。 これを使うと、8マスなのでこれ以上余計な買い物をしたくなくなるかもなんて口コミもありおすすめの1品です。 ニトリは取り扱い商品が増えており、店内も広い場合は探すのも一苦労なので、商品名を覚えておきましょう。 ズボラさんにはランジェリーケース 仕切り板を買って来たりハンガーにかけるのも合わないあなたには、収納も楽ちんなランジェリーケースがおすすめです。 これなら、あらかじめ仕切られているので仕切り板を作る必要がなく、しまうにも大変便利です。 このランジェリーケースなら、片方のタイツがなくなってしまう心配も減ります。

次の

タイツの収納アイデア・たたみ方と100均・無印良品などのおすすめ便利グッズ8選!

タイツ 畳み 方

多くの女性の必需品であるタイツやストッキング。 デニールの違うものや色の違うもの、柄の違うものなど、色々な種類のタイツ・ストッキングを履いている人も多いんじゃないでしょうか。 履いた後に綺麗に洗濯をしたまではいいけれど、なんだか収納に困ってしまいませんか?まず、あの2本の長い足が伸びた形が、うまくたためないですよね。 何とかたたんだとしても、見た目が綺麗じゃない…。 収納するときも、何種類かあるタイツ・ストッキングを、取り出しやすくしまえないから、次に使うときに、全部ひっくり返して探すハメになったりしますよね。 ただ、ぎゅっと結ぶと劣化が早くなるので、ゆるめに結びましょう。 簡単にできる 短所• 大きくなるので案外場所を取る• そのあと、足先からくるくると巻いていきます。 広がらないように、輪ゴムでとめておくといいですね。 簡単にできる。 コンパクトに収まる 短所• そのあと、半分にたたんで、もう一度半分にたたみます。 あなたが収納したい場所に合わせて、どこまでも半分に折っていってください。 最後にウエストのゴム部分をくるっと折り返して包み込み、ほどけないようにします。 (靴下でよくやるあの方法です。 ) こうやってたたむと、大抵のものはタグが外側に出るはずです。 このタグに、デニール数や特徴などをマジックで書いておくと、たたまれていても一目でわかるので、おすすめです。 簡単にできる• 平たいのでコンパクトに収まる 短所• ひっくり返すのでウエストのゴム部分が伸びる スポンサーリンク タイツ・ストッキングのおすすめ収納法 収納法1:ジップロックに入れる これがイチオシです! 上でご説明した、「たたみ方3」の方法でたたみます。 (ただし、最後はひっくり返してとめる必要はありません。 タグへの書き込みもいりません。 ) たたんだ後、タイツ・ストッキングを 種類別にジップロックに入れます。 ジップロックの外側に、 中に入っているものの特徴を書いておきましょう。 たとえば、30デニールベージュ、110デニール黒、ラインストーン付き、葬儀用、のようにしておくと一目でわかりますね! カラータイツを履いている女性の場合は、黒と茶色、紺色は見分けがつきにくいので、 色までちゃんと書いておくのがおすすめです。 また、ベージュのストッキングの場合でも「ベージュ」と、色の名前も書いておきましょう。 色を見ればわかるんですが、文字で書いておいた方が断然早く見分けがつきます。 小袋に入れておくので、ばらけることもありませんから、たたむ時にあまり神経質になる必要がないのがいいですね。 面倒なら、たたまずにそのまま入れても問題ありません。 ずぼらさんでもOK! また、種類別の袋になっているので、 すぐに履きたいものが見つかります。 さらに、冬用の厚いタイツなどを入れたジップロックはそのまま奥に移動するだけなので、衣替えもラクラクです。 収納法2:仕切りを作る タンスの引き出しなどは、仕切りがなくて大きな空間になっていますよね。 この空間の一部に、タイツ・ストッキングを綺麗に収納するのは不可能です。 大きい面積の所にタイツやストッキングを収納しようとすると、初めは張り切って、ぴっちり詰めておいても、いくつか使うと崩れてきてしまいます。 結局ぐちゃぐちゃになってしまうので、面倒になってそのまま…ということが多いですよね。 こういう場合は、その広いスペースに 仕切りを作ったり、仕切りケースを入れるのがおすすめです。 仕切りだけであれば100円均一でも売っていますのでおすすめ。 あなたの部屋の引き出しの中を仕切って区画を来ることができます。 好きな寸法に調節できるので便利です。 この場合は、上の「たたみ方3」がおすすめです。 ラベルに説明を書いておけば、一目で判断して取り出せます。 もうひとつは、仕切りケースを引き出しにいれて使うタイプです。 たいてい小さな四角いスペースに区切られていて、そこに1つずつ入れ込む形です。 これであれば、今日はくタイツ・ストッキングを1つ取り出したとしても、他が崩れてしまうこともありません。 このタイプの場合は、上の「たたみ方2」の丸めてたたむ方法か、さっと軽くまとめて入れるだけでもOKです。 あまり綺麗にたたんで入れる必要もないので、楽ちんです。 ただし、このタイプはデニールの差やデザインがわからないので、ラベルをつけるか入れる場所を決めておくのがおすすめです。 ラインストーンがついていたり、ワンポイントでリボン模様が入っていたりするタイプのものの場合は、仕切りに入れる時、その デザイン部分が見えるように収納するとわかりやすいですね。 収納法3:つるす タイツ・ストッキングの収納といえば、綺麗にたたんで引き出しにしまう、という方法が普通ですが、そのまま ハンガークリップに吊して収納するという方法もあります。 これであれば、たたんでいないのでわかりやすいですね。 トレンカと間違えてイラッとすることもなくなります。 ただし、デニールの差はぱっと見わかりにくいかもしれません。 その場合はクリップ部分にラベルをつけておくと、一目でわかっていいですね。 ハンガークリップのフック部分の大きさが、あなたの部屋の収納のポールの直径にかけられるかどうか確認してくださいね。 (もしポールが太すぎてかからない場合は、ハンガーに引っかけるという手もあります。

次の

靴下のたたみ方 四角く!伸びない折り方や収納方法もご紹介!

タイツ 畳み 方

sponsored link 靴下のたたみ方って、結構人によって違うと思います。 私はだいぶ昔に、キレイに収納できないかと思って色々調べ、今ではタンスの引き出しの収納はかなり整理整頓出来ています。 以前は、どんな靴下もゴム口を伸ばしてクルンっと丸めていました。 正確には、その靴下のたたみ方しか知りませんでした。 今回は、記事にする為にしっかり調べたので、私が行っているたたみ方と合わせてご覧ください。 大人は勿論ですが、ご紹介する靴下のたたみ方は子供用の靴下でも基本は同じです。 画像を多く使って説明してますので参考にしてね。 靴下のたたみ方 おにぎり形 まずは、おにぎり型のたたみ方から。 どうです。 靴下のたたみ方をおにぎり型にすると、かわいいですよね。 この靴下のたたみ方はゴムが伸びない畳み方ですし、かわいいたたみ方なので女性には嬉しいですよね。 タンスを開けると嬉しくなっちゃいます。 靴下を重ね、右につま先・左にゴム口を向けて置く。 そして、ゴム口の左下の角を持ち、三角形になるように斜めに折る。 次に、2の画像の黄色縦ラインを軸に折り曲げる。 そして、靴下のかかとに向かってたたむと、三角形の角とかかとがピッタリ合います。 今までと同じ畳み方で、つま先に向かって2回折る。 靴下のつま先箇所が少し余ります。 今までおにぎりの形に折っていた断面に、残ったつま先を入れると完成。 厚みなどの大きさを測ってみました。 縦幅9cm。 横幅11cm。 厚み4cm。 横幅の11cmは、スマホの縦の長さより1cm大きい程度の長さになります。 女性用の靴下であればもっと小さいと思いますが、今回は、メンズソックスでの計測なので、一つの目安として判断して下さいね。 実際に、靴下のたたみ方をおにぎり形でやってみると、結構簡単です。 三角の形が崩れないように折りたためば出来てしまいます。 sponsored link 靴下のたたみ方 こんまり流 次は、こんまり流靴下のたたみ方を。 テレビ番組の金スマに出演し有名になった、近藤麻理恵 こんまり さんの畳み方を知りたい方も多いと思います。 『人生がときめく片付けの魔法』と言う本も好評なようですしね。 こんな靴下のたたみ方です。 靴下の足裏全体が平面になるようにし、靴下を重ねます。 つま先側をゴム口側に、三つ折りをするように畳みます。 三つ折りに折り曲げた箇所を、半分に畳みます。 ゴム口側を、三つ折りで重ねて折った上に被せて完成です。 こんまり流の靴下の折り方も、サイズを測ってみました。 縦幅8cm。 横幅9cm。 厚み4cm。 大きさは、上の画像で見るとよく分かると思います。 ライターの縦の長さと同じサイズですね。 靴下のたたみ方に限りませんが、こんまり流の畳み方は衣類が自立して立つ事が大前提です。 収納する時に立てて置いたほうが整理整頓でき使い勝手が良いからですよね。 この靴下のたたみ方は、男性のビジネスソックスなどにバッチリですよ。 こんまり流の靴下のたたみ方には、注意点があります。 ビジネスソックスや普通の一般的な靴下であれば問題ありませんが、短い靴下・厚手の靴下・長い靴下などは上手く畳めません。 そのようなタイプのたたみ方は、下でご説明しています。 注意点があるとは言え、一般的な靴下のたたみ方としてはゴムが伸びないので良いですよね。 やっぱりおすすめ出来ます。 靴下のタイプによって使い分けて下さい。 sponsored link 靴下のたたみ方 くるぶしタイプ スニーカーソックス&フットカバー 次は、スニーカーソックスと、夏場などによく履く、くるぶしより低い高さのフットカバーのたたみ方を。 短い靴下です。 まずは、スニーカーソックスのたたみ方から。 靴下の足裏全体が平面になるようにします。 かかとはつま先側に折って下さい。 そして、つま先をかかとの先端まで折ります。 次に、つま先とかかとの先端の中心で折り曲がるように、ゴム口側を上に被せます。 被せたゴム口の外側を、靴下全体にひっくり返して『クルンっ』と丸めます。 こちらもサイズを測ってみました。 縦幅8. 5cm。 横幅9. 5cm。 厚み3cm。 上で紹介したこんまり流のサイズと、縦幅と横幅が0. 5cmしか変わりません。 靴下のタイプでたたみ方を変えて収納しても、問題ないですね。 女性より男の方が多い靴下なのかな。 スニーカータイプの靴下はゴム口の幅が狭く丈夫なので、この畳み方でも問題無いと思いますよ。 もし、伸びそうで気になる方は、畳み終わった後にゴム口を手で握って潰して下さい。 縮めてしまえば大丈夫だと思います。 そして、旅行する時の靴下のたたみ方はこの方法が一番です。 色々なタイプの靴下がありますが、ゴムで被せるたたみ方は広がらずにコンパクトにしたいだけ小さく出来ますからね。 スニーカーソックスをこんまり流の畳み方ですると、長さも無く厚みもあるので靴下が広がってしまいます。 ゴムが伸びそうで不安な方は、収納する時に周りの靴下に挟めばこんまり流でも大丈夫ですね。 もう一つ、一般的なスニーカーソックスの畳み方を。 定番の畳み方ですね。 こちらでも全然問題ありませんが、畳み終わった形が少し丸くなるので、他の靴下と並べて収納すると気になる方もいると思います。 そんなのどうでも良い方は、こっちの方が簡単ですよ。 フットカバー• 靴下の足裏全体が平面になるようにし、ゴム口が上になるように重ねます。 そして、かかと側をつま先側に三つ折りします。 つま先を重ねて完成です。 では、サイズを。 縦幅7cm。 横幅9. 5cm。 厚み3cm。 縦幅のサイズは、今までの畳み方より1cm程度小さくなります。 収納するときの高さを合わせるのであれば、三つ折り箇所を微調整すれば1cmの幅はカバー出来ますよね。 夏によく履くこの手の短い靴下のたたみ方は、絶対にゴム口を使った畳み方をしてはダメですよね。 購入したばかりでも、かかとがズレ落ちる事が多いので、ゴム口を伸ばさないように畳むのが基本になります。 フットカバーは、こんまり流のたたみ方。 sponsored link 靴下のたたみ方 パンプス用ソックスタイプ こちらは、女性が一年中使うパンプス用の靴下のたたみ方です。 大きさも小さいですし、たたみ方も結構人それぞれだと思いますが、 このたたみ方が一番しっくりくると思います。 とっても簡単ですので是非。 靴下の足裏全体が平面になるようにし、片方の靴下の中に同じ向きで入れて重ねます。 つま先から、くるくるクルクル巻いて下さい。 つま先側、もしくはかかとの中に入れて完成です。 大きさを確認してみよう。 縦幅3cm。 横幅4. 5cm。 厚み2cm。 かなり小さくコンパクトになります。 今回は、靴下のデザインの関係でかかと側に丸めて入れましたが、出来ればつま先側に入れるのが理想です。 上のフットカバーのたたみ方と同じで、かかとのゴム口がゆるくならない為にもつま先ですね。 あなたのパンプス用の靴下がご紹介しているようなデザインの靴下なら、ただ三つ折りしても良いと思いますよ。 どちらにしても、かなりサイズが小さいので収納の際は角などにまとめておくとキレイだと思います。 sponsored link 靴下のたたみ方 長い靴下 次は、短い靴下ではなく、長い靴下のたたみ方を見て行きましょう。 長い靴下は結構困りものですよね。 高さの縦幅を低くするコツがありますので参考にして下さーい。 つま先を右にして、靴下を重ねます。 中央で半分に折ります。 半分に折った靴下の長さから4分の1の箇所に向かって、ゴム口と逆の方から折りたたみます。 折り畳んでいない残りのスペースの中央に向かって、折りたたみ重ねます。 ゴム口側を重ねて折り、完成です。 気になるサイズを見てみましょう。 縦幅9cm。 横幅9. 5cm。 厚み6cm。 長い靴下も、高さを他と2cm程度の誤差まで小さく畳めます。 上の折り方でアンダーライン箇所がポイントですね。 画像3. 4の折る箇所ですが、靴下を折り曲げる時に出来る内側の折り重なった所に、余白を作るように畳みます。 そうする事によって、長さがあって多少の厚みがある靴下でも畳み終わった時点でキレイに広がらず畳めますよ。 靴下のたたみ方は、コンパクトが基本ですからね。 長い靴下で、ゴム口に靴下を入れる畳み方はダメです。 靴下の厚みが結構あるのでゴムが伸びてしまいます。 折りたたみましょう。 sponsored link 靴下のたたみ方 厚い靴下 では、最後に厚みがある厚手の靴下のたたみ方を。 厚い靴下も結構やっかいです。 たたみ方は、上でご紹介した長い靴下のたたみ方と基本は同じですよ。 靴下の足裏全体が平面になるように重ね、かかと部分をゴム口側に折ります。 つま先を靴下の4分の1の箇所に向かって折りたたみます。 折り畳んでいない残りのスペースの中央に向かって、折りたたみ重ねます。 ゴム口側を折りたたんで重ねて完成です。 こちらもサイズを見てみましょう。 縦幅9cm。 横幅8. 5cm。 厚み7. 5cm。 分厚い靴下も、高さを9cmにする事が出来ます。 他の靴下のタイプと高さに大きな差が出ません。 この厚手の靴下のポイントは、最初に靴下を重ねた時にかかとの出っ張りをゴム口の方に倒す事。 画像3で折りたたむ時に、かかとの先端より先まで折りたたむ事によって、厚みが抑えられます。 ちょとした事なのですが、最終的に厚みが全然変わるので是非試してくださいね。 sponsored link 靴下のたたみ方 靴下収納に大事な3つのコツ 縦幅 横幅 厚み 靴下のたたみ方 おにぎり形 9 11 4 靴下のたたみ方 こんまり流 8 9 4 靴下のたたみ方 くるぶしスニーカ用 8. 5 9. 5 3 靴下のたたみ方 くるぶしフットカバ 7 9. 5 3 靴下のたたみ方 パンプス用 3 4. 5 2 靴下のたたみ方 長い靴下 9 9. 5 6 靴下のたたみ方 厚い靴下 9 8. 5 7. 5 靴下のたたみ方ですが、最終的には収納しやすくて使いやすく畳めるかが重要です。 今回ご紹介した畳み方は、収納した時に高さが同じになるようにしています。 1cm程度の誤差はありますが、その程度の違いなら問題無いですよね。 収納場所が狭かったり、引き出しのデッドスペースになる縦の空間を埋めるのにも、高さが統一出来れば靴下を重ねる事が出来ます。 靴下って、そこそこ本数があると思いますしゴチャゴチャしがちです。 一番ダメな靴下の収納方法は、大きさがバラバラで靴下の用途別に分けてなくゴチャゴチャしている。 これを解決する収納には、3つのコツが必要になります。 まず、靴下のタイプ別に折り方を変えて、畳んだ時に高さが同じになるようにする。 上のサイズ一覧や全ての靴下が並んでいる画像を見れば分かると思います。 大きくなりがちな、長い靴下や厚手の靴下も他と高さに違いがありませんよね。 そして、用途別に分けるですが簡単です。 分かりやすく言うと、例えばあなたの家に靴下泥棒が入ったとします。 何も知らない人が初めて靴下を見て、どこに何があるのかが見てわかったり、見たものからイメージして探せるだけの整頓が出来ているかですね。 靴下だけではありませんが、他人が探して見つけられるだけの整理整頓です。 そして、使わないものは捨てる。 この3点を意識すれば、キレイに靴下が収納できると思います。 キレイになると、自然に色分けなどもしたくなると思いますよ。 是非試してみて下さいね。

次の