中力粉。 強力粉100%と中力粉100%どちらでもパンは焼けますが、味に...

中力粉の代用はどれ?チュロス作りなら薄力粉がオススメ!

中力粉

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

薄力粉・強力粉・中力粉の違いは?代用はできるの?|楽しくしてればどんなもんだい

中力粉

中力粉に限らず、小麦粉は主に グルテンという 小麦が含有するたんぱく質量で種類分けされています。 中力粉は、強力粉と薄力粉の 中間に当たるグルテン量を含む種類の小麦粉、というわけです。 そんな中力粉はタンパク質が多く含まれる硬質小麦と、その逆にタンパク質が少量しか含まれない軟質小麦と、その 中間のタンパク質量の 中間質小麦と軟質小麦の2種類から作られています。 さらに中力粉の特徴に、粒の大きさがあります。 小麦粉の粒の大きさは、 薄力粉は細かいですが、 強力粉になると粗くなります。 中力粉はちょうど その中間にあたる粒の大きさになるのです。 中力粉の多くは オーストラリア産の小麦から作られているのも特徴のひとつです。 中には 国産の中力粉もあります。 強力粉は小麦粉の種類の中でももっともタンパク質量が多いためグルテンの量も多く、 粘性の強さとその弾力性が特徴です。 原料となる小麦が「パンコムギ」と呼ばれていることや、英語圏で強力粉を示す言葉が「Bread flour」と表記されるように、 パン作りにもっとも向いている小麦粉でもあります。 強力粉は中力粉と同じく 麺作りにも使われます。 ですがその麺はパスタのような、 うどんよりもより弾力がある麺であり、中力粉とは使い分けられています。 また強力粉はうどん打ちの時にもあると便利です。 ただし中力粉に混ぜるのではなく、 粒子の粗さから手に付きにくい特徴を活かした打ち粉として使い分けましょう。 この他にも強力粉は ピザの生地や 餃子の皮を作るのにも向いています。 ただし強力粉でケーキのスポンジなどを作ると、グルテンが強すぎるために 硬いだけでなくぼそぼそとした食感になってしまいます。 何を作るかで強力粉ときちんと使い分けるように注意しましょう。 薄力粉はそのきめの細かさとグルテンの含有量の少なさから、さまざまなレシピで使われています。 粘性が弱い特徴を活かし、 クッキーのサクッと感やケーキのスポンジのふんわり感を出すのに向いていることから、英語圏では「Cake flour」と表記されています。 また天ぷらや唐揚げ、ムニエルの衣のように、素材の味を活かしつつ サクッとした衣をまとわせるときや、素材に 薄く衣をつけるときにも薄力粉は活躍するので、レシピに合わせて上手に使い分けたいものです。 特に薄力粉はふんわり感やサクッと感を活かしたいため、なるべく水と混ぜ合わせるときには かき混ぜる回数も少なくしましょう。 また粒子の細かさからダマができやすいので、 料理に使う前にふるいにかけて均一化しておくと、ダマができにくくなるのでひと手間かけるのもおすすめです。 中力粉と強力粉、薄力粉との一番の違いは、 そのタンパク質の含有量です。 さらにその 粒子の細かさにも違いがあります。 強力粉が 粒子が大きくサラサラしているのに対して、薄力粉は きめ細かくしっとりしています。 そして中力粉は その中間といえる粒子の大きさをしている点です。 最後にそのタンパク質の含有量から、 適したレシピが違います。 強力粉はグルテンの多さからくる 硬さやモッチリ感を活かしたパンやピザの生地、パスタなどに向いています。 それに対して薄力粉はクッキーやスポンジのように サックリ感やふんわり感を出したいときや、 衣として使うのに向いています。 そして中力粉は両者のちょうど間という特性を活かした、 モッチリ感がありつつ硬すぎないレシピに向いています。 うどんのようにこねてコシを出しつつ硬過ぎない麺料理や、あえて混ぜ過ぎないでふんわり感も出すお好み焼きやたこ焼きといったレシピです。 それぞれの小麦粉の特徴を理解して、さまざまな料理で上手に使い分けできると、よりレシピの幅も広がるのが小麦粉という素材なのです。 中力粉は取り扱いが少ないとはいえ、他の小麦粉との違いもあることから、なるべく普段から使い分けするようにしたいものです。 ですがいざ中力粉を使いたいときに、その肝心の中力粉が無い、ということもあるものです。 中力粉は先にも紹介したように、他の小麦粉とは特徴に違いがあります。 そのため他の小麦で代用するときには、 中力粉の特徴に合わせて他の小麦粉を配合する必要があります。 中力粉の代用を他の小麦で作るときに一番大切なことは、 タンパク質の含有量を中力粉と同じにすることです。 中力粉の代用を作る前に、まずは強力粉と薄力粉のタンパク質量を確認しましょう。 タンパク質量を考えずに混ぜ合わせて代用すると、思ったような仕上がりにはなりません。 中力粉の代用品を作る時には、面倒でもきちんと計算しましょう。 もし中力粉の代用品を作るのが大変というのであれば、 中力粉を使った料理自体を止めて、 別の料理で代用するほうが間違いもなく確実です。 A・中力粉400g• A・グラニュー糖10g• ぬるま湯300ml• レモン汁 酢でも可 小さじ1 5ml• B・ドライイースト4g• B・ぬるま湯大さじ1 15ml• オリーブオイル 仕上げ用 適量• Bを使ってドライイーストを 予備発酵させます。 ボウルでぬるま湯にグラニュー糖を入れて溶かし、ドライイーストを入れます。 もこもこしたら予備発酵終了です。 別のボウルにAの材料を全て入れて、泡だて器で攪拌します。 2に1とぬるま湯、レモン汁を入れます。 ゴムベラを使って 粉っぽさがなくなるまで、折り畳むようにしながら混ぜ合わせます。 生地がややべたついた状態になったら蓋かラップを被せ、 ひざ掛けなどで保温しながら 45分間一次発酵させます。 2倍の大きさに膨らんだら、一次発酵完了です。 5を打ち粉 分量外 をした台の上に移します。 生地は2等分にしておきます。 生地を麺棒で 長さ30cm程度の長方形に伸ばします。 伸ばした生地を3つ折にし、 両端を少し折り込みます。 生地の中央を抑えてくぼませながら、さらに 2つ折にします。 2つ折にした生地の端をつまんで閉じ、閉じ口が中央に来るように形を整えます。 オーブンの天板にクッキーシートを敷いたら薄く油 分量外 を塗って、 閉じ口を下にして生地を置きます。 ふんわりとワックスペーパーを被せたら 暖かい場所で 60分~90分間二次発酵させます。 発酵がすんだら良く切れるナイフなどで斜めに飾り切りを入れます。 飾り切りにオリーブオイルを少量流し込んでおくと、 切れ目がきれいに開きやすくなります。 生地に たっぷり霧吹きしてから、予熱しておいたオーブンに入れて、 さらに十分に霧吹きをしたら 225度で 20分~25分焼きます。 焼きあがったらラックに移して完全に冷まして完成です。 たっぷり霧吹きすることで表面がかりっと焼きあがります。 中力粉175g• 生おから100g• 黒糖15g• 塩6g• 牛乳100g• 無塩バター15g• インスタントドライイースト3g• バター以外の材料をボウルに入れて混ぜ合わせます。 生地がまとまったらボウルから取り出し、 10分ほど捏ねます。 生地をボウルに戻したらバターを加えて混ぜ合わせます。 生地とバターがある程度馴染んだところでボウルから取り出して、 15分ほど捏ねます。 生地をボウルに入れたら 濡れ布巾をかけて、生地が約2倍になるまで発酵させます。 35度で約2時間弱が目安です。 打ち粉をした台に生地を出したら8等分に切り分けます。 それぞれを楕円形や円形に丸めて天板に並べ、二次発酵をさせます。 生地の上に濡れ布巾かフードカバーなどを被せて乾燥しないようにします。 35度で40分が目安です。 180度に予熱したオーブンで 13分ほど焼いて、焼きあがったら冷まして完成です。 中力粉160g• 中力粉の全粒粉 無い時は中力粉で可 40g• 砂糖24g• 塩3g• 無塩バター16g• 牛乳72g• 水56g• インスタントドライイースト4g• バター以外の材料をボウルで混ぜて、まとまったところでボウルから取り出して 6分ほど捏ねます。 生地をボウルに戻したら生地を切るようにしながらバターを混ぜます。 ある程度バターが混ざったところでボウルから取り出して、台の上で 6分捏ねます。 ボウルにまとめた生地を入れて 濡れ布巾をかけて、 1時間ほど 一次発酵させます。 一次発酵が終わったら、生地を5つに分けて丸めます。 濡れ布巾をかけて 15分間寝かせます。 寝かせ終わったら成型します。 成型した生地を天板に並べたら 濡れ布巾をかけて、 30分ほど 二次発酵させます。 二次発酵が終わったら、 190度に予熱したオーブンで 12分焼きます。 焼きあがったら冷まして完成です。 中力粉150g• ベーキングパウダー10g• 無塩バター30g• かぼちゃ約260g 中身だけ• かぼちゃの皮 飾り用 適量• 一口チョコ15個• かぼちゃを 皮付きのまま耐熱皿に入れるか直接ラップで包んで、レンジで 4分~5分ほど加熱します。 柔らかくなった内側約260gをボウルに取り出します。 かぼちゃの入ったボウルにレンジで加熱して溶かしたバターを入れて、滑らかになるまで良く混ぜます。 2に中力粉とベーキングパウダーをふるい入れてかき混ぜます。 最初はぼろぼろでも、 混ぜ合わせているうちにまとまってきます。 まとまったら 一度g数を量ってから、作りたい個数に分けます。 チョコは飾りにも使うので、全部使わないようにするか、飾り用で別に用意しても良いでしょう。 分けた生地でチョコを包んだら、丸く形を整えた後に 包丁で筋を入れていきます。 チョコが出てしまわない程度に筋を入れましょう。 オーブンを 180度 に予熱している間に、かぼちゃの皮でかぼちゃの軸の部分を作り頭に挿して飾り付けます。 180度 のオーブンで 15分~20分焼いていきます。 焼きあがったら粗熱をとって、残しておいたチョコをレンジで溶かし、顔を描いて完成です。 A・中力粉200g• 砂糖80g• マーガリン20g• 卵L1個• 牛乳大さじ1• バニラエッセンス適量• マーガリンをレンジで 20秒ほど温めて溶かします。 ボウルにAを振るうか泡だて器で混ぜ合わせてから、他の材料を 全部入れます。 ヘラで混ぜ合わせているうちにパサパサしてきたら、最後は しっかり馴染むまで手で捏ねて生地を作ります。 打ち粉をしたら生地を出して麺棒で伸ばし、型抜きします。 手で丸めてから潰して、指で穴を開けてもいいです。 麺棒を使うと硬めに、 手でドーナツ型にすると軽めのサックリに仕上がります。 焦げやすいので 中温くらいの油で、途中ひっくり返しながら 5分~6分揚げて完成です。 A・中力粉200g• A・きび砂糖90g• A・ベーキングパウダー小さじ1. 卵1個• 牛乳40g• 米油100g• ブルーベリー70g~80g• クリームチーズ適量• Aをボウルに入れて泡だて器で混ぜ合わせます。 卵、牛乳、米油の順で混ぜ合わせ、そこに1を入れて サックリと混ぜます。 ブルーベリーも入れて サックリと混ぜます。 混ぜすぎると硬くなってしまうので要注意です。 オーブンを 190度に予熱しておきます。 カップに半分くらい生地を入れたら、クリームチーズをお好みの量入れます。 その上にさらに生地を足します。 予熱したオーブンで 20分~30分焼きます。 竹串を刺してみて 生地が付いてこなければ完成です。 中力粉100g• 砂糖50g• バター50g• バニラエッセンス2滴~3滴• ビニール袋を2枚重ねにしてから中力粉と砂糖を入れて揉みこみます。 砂糖が固まっているときは、 先にほぐしておきましょう。 バターをレンジで溶かしたら、1に入れて揉みこみます。 卵黄と卵白を分けたら卵白を泡立てて、そこに卵黄を入れて良く混ぜ合わせます。 卵を少しずつ袋に入れながら揉みこみ、 生地がまとまるまで繰り返します。 生地がまとまったらバニラエッセンスを入れて、全体に馴染むよう揉みこみます。 オーブンを 190度に予熱している間に、生地を袋から出して麺棒で 5mmの厚さまで伸ばし、型で抜きます。 型抜きした生地を天板に敷いたクッキングシートに 1cm間隔で並べ、オーブンで 15分間焼きあげます。 焼きあがってすぐは崩れやすいので、クッキングシートに乗せたままお皿にとって冷まします。 熱が冷めたらチョコペンでデコレーションするのもおすすめです。 中力粉400g• 水180cc~200cc• 塩20g• ツナ缶1個• マヨネーズ大さじ1• きゅうり2本• 麺つゆ適量• 白ごま適量• 中力粉と塩をボウルに入れて混ぜ合わせます。 そこに 少しずつ水を加えながら捏ね、ひとまとまりにします。 まとまったら厚手のビニール袋2枚を重ねて生地を入れ、 30分間 踏んで捏ねます。 丸めなおしたら 30分間 寝かせます。 もう一度少し踏んでこねたら丸めて、もう 30分間 寝かせます。 打ち粉 分量外 をたっぷり振った台の上で麺棒を使って薄く伸ばします。 折り目をずらしながら折り畳み、 イメージよりも細めに切っていきます。 沸騰したたっぷりのお湯で 10分を目安に茹でます。 太さにより茹で加減を調節してください。 茹で上がったらザルに揚げて流水で洗ってお皿に盛ります。 きゅうりとマヨネーズを混ぜたツナを乗せたら、白ごまを振りかけます。 最後に麺つゆを少し回しかけて完成です。 そば粉250g• 中力粉250g• 卵1個• 打ち粉 そば粉 適量• 水適量• 麺つゆ適量• 薬味 ネギ・わさびなど 適量• 大きなボウルにそば粉と中力粉と卵を入れます。 水を少しずつ入れながら、1つの塊になるまで、力を入れながら 20分~30分程度 捏ね続けます。 きれいな塊になったら打ち粉をして、四角になるように薄く伸ばします。 半分に折った後さらに三つ折りにしたら、 2mm~3mm程度の太さを目安に切ります。 大きめの鍋にたっぷりと湯を沸かし、沸騰したらそばを茹でます。 そばが浮いてきたら火を止めて、冷水でそばを締めます。 お好みの麺つゆや薬味などを添えて完成です。 中力粉200g• 水100cc• 塩2g• 粉末かんすい2g• 打ち粉 中力粉 適量• 水900cc• 豚挽き肉150g• 長ネギ1本• ほんだし小さじ1• コンソメ小さじ2• 昆布茶小さじ1• 塩小さじ2• 唐辛子 輪切り ひとつまみ• 水100ccに塩と粉末かんすいを混ぜて溶かしておきます。 中力粉をボウルに振るい入れたら、先ほどの液を 半分入れます。 箸を立ててすばやく混ぜます。 その後手のひらで粉と粉をすり合わせて、 水分が均一に混ざるようにします。 粉がフレーク状になったところで先ほどの液の 残りの さらに半分を入れて、大きな塊にならないように、 さらに均一になるよう混ぜていきます。 ボウルの底に手のひらで押し付けながら、 残りの液を加えて一塊にしていきます。 手で 5分以上捏ねてから、ラップにくるんで 15分寝かせます。 寝かせた生地を 5分以上捏ねてから再び 15分寝かせます。 生地を寝かせている間に、鍋に水900ccとほんだし、コンソメ、 長ネギの青い葉の部分を入れて火にかけて、沸騰したら豚挽き肉を入れて灰汁を取ります。 長ネギの 青い部分を取り出したら、長ネギの白い部分、唐辛子、昆布茶、塩を加えて煮ます。 生地を麺棒で 40cm四方くらいまで伸ばします。 打ち粉を振ってから巻くように4つ折りにして、 できるだけ細く切ります。 広げてさらに打ち粉をしたら、 手で軽く揉むようにします。 たっぷりの沸騰したお湯で 3分ほど、麺の太さによって加減しながら茹で上げます。 茹で上がった麺を湯切りしたら器に盛り、上からスープをかけて軽く麺をほぐしたら完成です。

次の

準強力粉や中力粉の代用にはどの小麦粉を使う?配合は?

中力粉

グルテンとは、生地の弾力やコシを作る役割をします!パンの製造などに活躍する成分です。 グルテンの量によって、生地の硬さや食感が変わるので重要な存在なのです。 薄力粉について 薄力粉はグルテンの量が 一番少ない小麦粉です。 お菓子全般には万能な薄力粉ですが、パンなどの弾力が欲しい食品を作るのにはあまり適していません 強力粉について 強力粉はグルテンの量が、最も多く含まれています。 『硬質小麦』を使って作られていて、弾力がありモチモチとした食感に仕上げれるので・・・ 強力粉は使うときは主にパン作りをするときですね パンのほかにもピザを作るときに用いられるのも強力粉です。 中力粉について 中力粉のグルテンの量は9%前後で、二番目にグルテンの量が多い小麦粉です。 中力粉は『中間小麦と軟質小麦』から作られます。 薄力粉は料理やお菓子作り、強力粉はパン作りに使われますが・・・では中力粉はどんな時に使うのでしょうか? ただし種類によってそれぞれ弾力が出るや、しっとり出来上がるなどの性質があるので・・・美味しく納得のいくように仕上がるかは分かりません!! お菓子に代用はオススメしない お菓子は薄力粉を使って作りますよね。 もしも強力粉をシフォンケーキなどの『膨らみ』が重要なお菓子に使うと・・・ あまり膨らまないという特徴があります! クッキーなどに強力粉を使っても、固くなりふんわりとした食感に仕上げることは難しいようです。 中力粉がないときは? 中力粉が家にない!!という時には、薄力粉と強力粉を混ぜて中力粉に似せて作ることが可能なようです。

次の