犬 トイレ しつけ 簡単。 成犬のトイレのしつけ方

子犬のしつけの順番は?最初は「トイレ」と意外なコレ!

犬 トイレ しつけ 簡単

犬のトイレの教え方 主な方法は2つあります。 (1) 犬がそわそわする、床の臭いを嗅ぐといったそぶりを見せたら、トイレに連れていく。 生後2ヶ月から3ヶ月の子犬は約1時間に1回トイレをするので、その時間帯を見計らいます。 (2) 部屋中もしくはある一部のエリアにペットシーツを敷き詰める。 犬がペットシーツの上に排せつをするものと学習したら、徐々にペットシーツを狭くしていき、最終的にトイレの場所だけにペットシーツを敷ければ成功です。 長くて数ヶ月間行うことが多いです。 犬の知能と体の発達が未熟な子犬は、教えても忘れてしまうことが多いので、気長にやります。 ペットシーツにおしっこのにおいがするスプレーなどをつけることで、犬がその場所で用を足しやすくなります。 どの教え方でも成功したら、大袈裟に褒めてあげることが大切です。 ただし、子犬が成長し、トイレも覚えたと一息ついた頃に、ケージの中に寝床とトイレを一緒にしている場合、いくら教えてもトイレの成功率が著しく落ちることがあります。 理由は本来、成犬は寝床や食事の場所とトイレを分けるというきれい好きな性質を持っているから、この性質に目覚めたのでしょう。 人間に例えると、トイレでの眠りと食事を強制させるようなものですから、そんな状況を本能から嫌がり、かたくなに別の場所で排せつをする犬もいます。 再度、トイレで排せつするようにしつけますが、忍耐が必要です。 一方で、問題が出始めた頃に寝床とトイレを分け、新しいトイレの場所を教えると、1日で成功した犬も多いです。 トイレのしつけに限らずですが、犬の習性や本能を利用したしつけは早い時間で成功しやすいです。 犬のトイレのしつけでやってはいけないこと (1) 叱る 犬は自分が排せつをした場所が悪かったと思わず、自分が排せつした行為が悪いと解釈をしますから、排せつの問題で怒ることはタブーです。 犬が足元のペットシーツを見つめながら、おしりはペットシーツの上に乗っていない状態で排せつした場合は、犬はペットシーツの上に排せつをしていると信じているので怒ってはいけません。 (2) トイレの場所を頻繁に移動させる トイレの場所が移動したら、犬はトイレの場所を覚え直すところから始めなければなりません。 そのため、一度、決まった犬のトイレの場所は変えないことが大切です。 まとめ 犬のトイレの教え方は用を足しそうな時、犬をトイレに連れていくか部屋中にペットシーツを敷き詰め、ペットシートの上に用を足すものだと教え、徐々にペットシートを狭くしていくのどちらかの方法が多いです。 少し成長し、トイレを覚えたのもつかの間、トイレの横が寝床の場合、かたくなにその場所で用を足さない犬も出てきます。 これは成犬のトイレと寝床を分けるという習性が目覚めた結果です。 トイレを移せない場合、犬の習性に反するしつけをしなければならないので、飼い主には忍耐が求められます。 一方で、犬のトイレと寝床の場所を離すという犬の習性を利用した教え方をした場合、1日で習得したという犬も多いです。 一般的に、トイレに限らず、犬の習性を利用したほうがしつけは早く出来るようになります。

次の

室内犬のための簡単トイレのしつけ方 9つのステップ

犬 トイレ しつけ 簡単

東京大学農学部 獣医学専修を卒業後、大阪の高度獣医療専門病院「ネオベッツVRセンター」に勤務。 その後、ミシガン州立大学にて海外外科研究員、カリフォルニア大学 ディビス校にて、整形外科・再生医療などに携わる。 米国からの帰国後は、ライフメイト動物病院グループの代表、川村動物病院の院長として、より良い地域獣医療の普及に邁進中。 より良い犬との出会いサポートしたいという思いから、ブリーダー直販サイト「BreederONE」の監修も務める。 犬のトイレトレーニングは、しつけの中でも基本中の基本です。 室内犬であれば、一緒に生活をしていく上で覚えてもらうことは必須ですよね。 この記事では、子犬のうちに教えられる簡単な「犬のトイレトレーニング」をまとめました。 この記事でまとめたこと• 犬のトイレの場所を決めるのがしつけの第一歩! 犬のトイレトレーニングをするために、まずは「トイレの場所」「寝る場所」を決ることが大切です。 トイレの場所を決めずコロコロと変えてしまうと、場所が分からなくなってしまうためトイレの場所を決めたら変えないようにしてください。 トイレは寝る場所から離れていて、誰にも邪魔されず、静かに落ち着いてできる場所がおすすめです。 犬のトイレのセッティングですが、「ここがトイレ」だと簡単にわかるように天井のない狭い「サークル」を準備して、床においたペットシーツやトイレトレーを囲むようにします。 トイレトレーニングの基本は「排泄のタイミングを知る」 トイレトレーニングをはじめるにあたり大切なのは、犬の「排泄のタイミングを知る」ことです。 次のような場合に排泄をしやすいので、覚えておいてくださいね。 目が覚めたとき 人と同じように寝起きはおしっこが溜まっている状態なので、トレーニングに最適です。 遊んだあと 体を動かした後はおしっこが出易いと言われています。 ご飯のあと 胃腸が動き、満腹になると腸の中の便が出易くなります。 ウンチのトレーニングは食後が最適です。 水を飲んだあと 子犬は泌尿器系が未熟でおしっこを溜めることができません。 水を飲むとおしっこが出易くなります。 犬のトイレトレーニングの方法「排泄のタイミングが来たらトイレに連れて行く」 排泄のタイミングを意識していると、犬が排泄の合図を見せることがあります。 「しきりに床の匂いを嗅ぎながらウロウロ歩き回る」という行動をみせたら、排泄の合図なので、遊んでいる最中であっても、トイレに連れて行くようにします。 トイレに連れて行ったら、吠えても鳴いても、排泄をするまで無視し続けてください。 その後、排泄をしたらすぐに大袈裟なぐらい褒めてあげます。 しかし、しばらく経っても一向にトイレする素振りが見られない場合は、トイレから一度出してあげてください。 犬の排泄リズムは個体によって差があるので、愛犬の生活リズムの記録をつけることもおすすめです。 排泄パターンを把握できるよう、「何時ごろ、どこで、どんな様子で、排せつしているか」を一週間ほどメモするとわかりやすいですよ。 タイミングよくトイレに連れて行ってあげられると、トイレの成功率がアップします。 このトイレトレーニングを何度か繰り返すと、子犬はサークルをトイレとして覚え、おしっこをしたくなると自分からサークルに入っておしっこするようになりますよ。 犬のトイレ、しつけ方のコツは「失敗しても怒らない」こと トイレトレーニングで大切なのは、決して叱らないことです。 違うところでおしっこをするなどの失敗があっても、「あ!」や「ダメでしょ!」などと声を出して叱ってしまうと、子犬は飼主さんの前でトイレをすること自体がいけないことだと認識してしまい、カーテンの後ろやテーブルの下など隠れて排泄するようになってしまいます。 また、片付けをしているとき、犬に「ダメだよ」などと話し掛けたり、大騒ぎしたり、近付いてきた犬を振り払ったりといったことも避けてください。 犬が「トイレ以外の場所でおしっこをすると、飼い主が相手をしてくれる」「遊んでくれる」などと間違ったことを覚えてしまい、わざとトイレを失敗することもあるので要注意です。 粗相の片付けは犬を「完全無視」して素早く行うようにしてくださいね。 しつけを総合サポート、無理せず学べる「こいぬすてっぷ」 子犬を飼いだしたけど、どうしつけをしていいかわからないという不安や悩みってありますよね。 そんな不安解消をサポートし、しつけのハードルを下げてくれる画期的なサービスが「こいぬすてっぷ」です。 こいぬすてっぷオリジナルの「子犬成長カレンダー」に合わせ、無理のないペースで1歳までに必要なしつけをすべてカバーしたプログラムを子犬の月齢に合わせて届けてくれるサービスで、獣医行動診療科認定医である荒田獣医師が監修を努めており、専門家がオススメするしつけをご自宅で実践することができます。 子犬を迎える時期でもある2ヶ月号に、トイレトレーニングのレッスンがあるので、ぜひ、申し込みしてみてくださいね。 2ヶ月を過ぎてしまったけれども、トイレトレーニングの復習をしたいという方も受け付けているとのことなので、利用してみてください。 粗相を繰り返さないために適切な消臭・除菌を 犬がトイレを失敗してしまうと、粗相をした場所に匂いが残りそこをトイレと認識するようになることで、繰り返し同じ場所に粗相をするようになります。 そのため、なるべく早く、適切な除菌と消臭を行なうことが大事です。 犬は複数の匂いを嗅ぎ分けることができるため、良い香りを付けることで表面的に匂いを上書きするタイプの消臭剤は根本解決にはならないため、匂いの成分を分解するできる消臭剤を利用することが大事です。 一方で、消臭剤として市販されているものの中には、塩素系の除菌消臭剤のように犬にとって有害な成分が入っているものもあるので、安全性に気を配った消臭剤を選ぶようにしてくださいね。 トイレトレーニングは飼い主さんの忍耐も大切! 犬によっては、「カーテンのかげ」「ドアの向こう側」など、隠れられる場所でトイレをすることを好むので、愛犬に合った場所にトイレを設置してトレーニングをさせることも考えみてください。 トイレトレーニングには飼い主さんの忍耐も大切です。 失敗しても怒らず、気長に続けることが成功の秘訣ですよ。 編集部からのおすすめ:ペットのにおいの消臭・除菌に「カンファペット」 トイレやケージの気になるにおいには消臭剤「カンファペット」がおすすめです。 カーペットやカーテンなどの布製品にも使用できますよ。 カンファペットは「においを香りで上書きする」一般的な消臭剤とは違い、 においの発生源であるアンモニア等を分解・変質させて無害化することにより、におい自体を消し去ることが可能となった消臭剤です。 カンファペットの成分はペットにとって全くの「無害」です。 「財団法人 日本食品分析センター」でもその安全性を認められ、原料には全て人間の食品用として認可されたものを使用しています。 目の周りやお尻のケアにも使えるため、目や口に入っても安心・安全ですよ。 初回限定で詰替えパックが1個無料になります。 愛犬のトイレのニオイに、カンファペットの「瞬間消臭」をぜひ実感してみてください。

次の

室内犬のための簡単トイレのしつけ方 9つのステップ

犬 トイレ しつけ 簡単

しかし、その子の性格を理解し、根気強く実施することで不可能ではありません。 「しつけ」とは、犬と人がよりよく生活するために必要なルールを犬に教えることです。 しつけをすることで、人間社会で生きていく際に犬の行動によって人が困らないようにする目的があります。 ある程度習慣が身についてしまった成犬をしつけることは、今までの習慣を忘れさせて新しいものに書き換えをしなくてはなりません。 そのため、まっさらな状態の子犬に教えるよりも、成犬へのしつけの方が時間と労力がかかります。 第一に重要なことは、飼い主が一貫したリーダーシップを発揮して犬との信頼関係をきちんと作ることです。 しつけの基本:アイコンタクト しつけをするにあたってポイントとなるのが、アイコンタクトです。 具体的にしつけを教える際に、犬が飼い主を認識して、集中していることが重要です。 アイコンタクトはしつけの基本であり、子犬でも成犬であってもアイコンタクトができないとしつけは困難になります。 はじめのうちは、一瞬でも視線を合わせることができればおやつを与えてほめてあげましょう。 何度か繰り返すと、こちらに視線をあわせればおやつがもらえると犬が認識しますので、徐々に間隔を伸ばしていきます。 慣れてきたら、 おやつで誘導するのをやめて、名前を呼んでこちらを向いてからおやつを与えてほめてあげます。 そうすることにより、おやつではなく飼い主に視線を合わせるようになります。 成犬の場合、自我が確立しており、長時間のしつけは飽きてしまい、ストレスを感じる要因になります。 はじめのうちは、犬が飽きない程度の短時間で切り上げるようにしてたくさんほめてあげましょう。 アイコンタクトができるようになれば、飼い主を認識してその言葉に耳を傾けるようになります。 ご飯の前や散歩の前など犬が集中しやすい時間帯に名前を呼んで実施してみましょう。 リーダーウォークとは散歩等の際に、 飼い主が主導権をとって歩くことを言います。 犬が飼い主の傍を付かず離れずの距離で寄り添って歩くことで、飛び出し事故などを防止することができます。 また飼い主が行き先を示し、リーダーシップを犬にわかりやすく伝えることがで、犬が飼い主をリーダーとして認めるようになります。 リーダーウォークは飼い主が行き先を先導することで犬を安心させる効果があります。 安心から信頼へと結びつき、常に飼い主の方に意識を向けるようになります。 主従関係が身についていない成犬は自分をリーダーだと思っていることが多く、飼い主が指示を出しても注目せずに自分勝手に振る舞う傾向にあります。 さらに犬によっては、攻撃に転じる個体もいるので、注意が必要です。 この時に素早く切り替えることがポイントです。 犬が気づく前にリードで誘導することで、意表を突き、犬が反射的に方向転換してくれます。 自分が誘導した方向についてくることができればすかさずほめてあげましょう。 最初のうちはおやつを与えるようにするとより効果的です。 上記のことを繰り返していると犬は、飼い主に寄り添って歩くことでほめてもらえると認識します。 アイコンタクトと併用して行うことで、集中力が高まり、飼い主の指示に耳を傾けてくれるようになります。 成犬のトイレトレーニングのコツ アイコンタクトとリーダーウォークをマスターすることができれば、しつけはグンとしやすくなります。 トイレトレーニングは、犬を飼育するうえで欠かすことのできないしつけであり、早急に対応する必要がある項目です。 特に近年は犬も家族の一員という考え方が定着化しつつあります。 そのため、犬を室内で飼育することが一般的になっており、室内にトイレを設置する家庭が多いです。 家中に排泄されてしまうと掃除する手間がかかるだけでなく、人と犬のテリトリーが曖昧になってしまい犬が混乱してストレスを感じてしまいます。 トイレには自分のテリトリーを主張する役目もあり、安心して休める場所に決定してあげることが望ましいです。 決まった場所にトイレを覚えさせることができれば飼育スペースを区切ることができ、人も犬も適切な距離で快適に過ごすことができます。 まずは部屋のトイレと定めたい場所を囲い、ペットシーツを敷き詰めます。 犬がそわそわしだしたらその場所に連れてゆき、排泄させます。 高吸水性ポリマーをたっぷりと使用することで抜群の吸収力を実現しました。 表面のエアスルー不織布がサッとおしっこを通過させ、超高速ポリマーでしっかり閉じ込め、すばやく小さく吸収。 うまく排泄することができればよくほめてあげましょう。 繰り返しすることでその子の排泄のパターンがわかるようになり、徐々に好んでする場所がわかるようになります。 犬が排泄する場所が決まってくれば、ペットシーツの枚数を減らして、スペースを縮めていきます。 最終的にトイレと定めた場所を犬自身も認識して、その場所で用を足すようになります。 ポイントは失敗してしまった場合には怒らないことです。 犬がトイレ以外の場所で失敗してしまっても怒らずにすみやかに片付けましょう。 排泄は生理現象の一つですから、怒られてしまうと犬は何を怒られたのか理解できずに困惑してしまいます。 神経質な犬は排泄=駄目なことと認識してトイレを我慢してしまい、膀胱炎などになってしまう子もいますので、注意が必要です。 そのかわりにトイレ場所で成功した際には大げさなぐらいほめてあげると良いでしょう。 ワンちゃんの中には、環境が変わったりしただけでもおしっこを我慢してしまう子もいますよね。 しつけができていると、決められた場所だけでおしっこをしますが、場合によってはそれが逆効果になることもあるんです。 そのため成犬へのトイレトレーニングは子犬に教えるよりも長期的な計画の元行うようにしましょう。 さらに成犬の場合、トイレの場所を飼い主が指定して、決めるよりもその子が好んでしている場所をトイレと定める方がトイレトレーニングは完了しやすいです。 犬の排泄のパターンをよく観察して、部屋の中でも差しさわりのない場所をトイレとして選択するのが良いでしょう。 成犬になるとマーキング行動が目立つようになり、家のなかでも数か所トイレをする場合があります。 そのような時には、最も好んでしている場所にトイレを設置するか、複数個所トイレを設置してあげると良いです。 「トイレの場所を教える」という感覚よりは「ペットシーツの上で排泄すること」を覚えさせるようにすれば、外出先などでも問題なくトイレをしてくれるようになります。 特に成犬のトイレトレーニングは、失敗した際は怒らずに静かに手早く片付けることを徹底します。 成犬がトイレを失敗した時に怒ってしまうと、何で怒られているのか理解できないだけでなく、嫌がらせをうけたと悪い印象を与えることになり、よりしつけづらくなる可能性があります。 我が強い子はそのまま飼い主に反感を持つようになり、攻撃してくる恐れもあります。 成犬は性格や習慣が形になっているので、その子の性格を尊重しつつ、根気強く教えていきましょう。 その日その日でトイレの場所や指示が変化すると成犬の場合は、より不信感を抱きやすくなります。 トイレが成功した際には高い声と大きな動作で犬をほめてあげましょう。 どうしても排泄してほしくない場所は犬が入れないように囲いをするなどして犬が失敗するリスクを減らしてあげます。 犬が成功しやすい環境を整えてあげることで、ほめられる回数も自動的に増え、成犬でもトイレトレーニングがしやすくなります。 成犬にトイレトレーニングを実施する前にはアイコンタクトやリーダーウォークなどで信頼関係を築き、愛犬に安心感を持ってもらうことが大切です。 成犬ですとその子のペースがありますので、焦らずに長い目で余裕をもって取り組むことが大切です。 しつけが難しい場合にプロを頼るのも大切 成犬へのしつけはその子の性格が反映されるので向き不向きがあります。 無理やり教え込むことはお互いのストレスにもなり、信頼関係が壊れる要因にもなります。 一度犬に不信感を与えてしまうと、信頼を取り戻すのはなかなか難しい作業になります。 成犬である愛犬のペースにあわせたしつけを提案してもらうためにも無理はせずにプロを頼ることも大切です。 特に成犬になって性格が確立してしまい、飼い主や人に対して攻撃性がある子や神経質で臆病な子には慎重にしつけを行う必要があります。 また、プロに指導してもらうことで間違ったしつけを防ぐことができ、飼い主も犬も安心してしつけを行うことができます。 さらには順序良くしつけをしてもらえるので、成犬でも自分でしつけるよりも短期間で効率的に覚えることができます。 プロにしつけを頼むと料金がかかりますので、事前に予算を決めてき、自分にあったしつけが提案してもらえるしつけ教室を調べておくのがベストです。 また成犬や攻撃性のある子でもしつけてもらえるかどうか確認すると良いでしょう。 成犬のしつけは犬の性格を把握することが大切 成犬をしつける際の注意点とトイレトレーニングの方法についてご紹介させていただきました。 成犬へのしつけはその子の性格や習慣を把握し、尊重しつつ行うことで効果を発揮します。 成犬に飼い主が犬にとって安心できる良きリーダーであると、認めてもらうことは時間がかかりますが、アイコンタクト・リーダーウォークを行い認識してもらうことができればしつけがしづらいというリスクは格段に下がるでしょう。 トイレトレーニングをマスターすることができれば、家の中で住環境を区切ることができ、人も犬も快適に過ごすことが可能です。 こちらの記事を参考に愛犬とのより良い日々を過ごしていただければ幸いです。 — おすすめ記事 —.

次の