しばりなしwifi 評判。 【月額料金3300円】縛りなしWiFiは評判良いの?全メリット・デメリットを徹底調査

縛りなしWiFiを3ヶ月使った評価|他社ポケットWiFiと比較してわかった安さ

しばりなしwifi 評判

通信エリアは2つ 縛りなしWiFiでは、WiMAX回線とソフトバンク回線を使ったポケットWiFiが用意されています。 そのため、通信できるエリアはそれぞれの回線で異なります。 東京近辺の通信エリア比較 大阪近辺の通信エリア比較 通信可能エリアに大きな差はないようですが、基本的にソフトバンク回線の方が少し広いエリアをカバーしています。 との詳細については、公式ページを確認してください。 用意されている機種は全部で4つ WiMAX回線の場合、「Speed Wi-Fi NEXT W04」、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」のどちらかを使うことができます。 なお、W04は1つ型落ちのルーターで、WX05はWXシリーズの最新機種となっています。 一方のソフトバンク回線では、「Pocket WiFi 502HW」、「Pocket WiFi 603HW」のいずれかが利用可能です。 連続通信時間は502HWが約10時間となっていますが、603HWでは約8. 5時間と短め。 ただし、下り速度の理論値は603HWの方が高くなっています。 なお、自分から端末を選ぶことはできません。 縛りなしWiFiの運営会社がチョイスして送ってきます。 安くて無制限で有名モバイルWiFiルーターが使い放題で、解約OKならこの評価も当然です。 縛りなしWiFiの開封レビュー 筆者はソフトバンク回線対応のルーターが送られてきました。 事前にメールで、「端末不足でホームページには載っていない端末の発送になる」と言われていたので、今回届いたFS030Wに関しては特に不満なし。 縛りなしWiFiは、レターパックライトで送られてきます。 ポスト投函なので、在宅していなくても受け取れるのは嬉しいですね。 レターパックライトの中には、モバイルWiFiルーター FS030W と、ACアダプタ、USBケーブルの3つがエアパッキンに包まれて入っています。 あとは電源を入れたら利用可能です。 WiFiのSSIDやパスワードは、ルーターの背面に書かれています。 これを使ってスマホやタブレット、パソコンなどとWiFi接続をしましょう。 20時台でも快適!通信速度は十分です 筆者が送られてきた端末はソフトバンク回線に対応しているので、そこまで速度は速くないと思っていました。 ですが速度を測ってみると、20時台でも十分な速度が出ており、今の所快適に使うことができています。 「縛りなしWiFi」の速度測定結果 21時近いけれど、そこそこ速い速度で通信ができています。 ソフトバンク回線/FS030Wでの測定です。 — クズ DigitalNews365編集部 deginew365 回線が混みやすい時間帯に測定し、下り速度18. 8Mbps、上り速度13. 8Mbps。 ソフトバンク回線は4G LTE通信なので爆速とは行きませんが、20Mbps近い速度が出ているのなら十分です。 この速度なら、Abema TVでもYouTubeでも快適に視聴ができます。 縛りなしWiFiを3ヶ月使用感想まとめ 話題の縛りなしWifiを3ヶ月使ってみましたが、料金にも通信にも特に不満もなくいい感じです! 余計なサービスを省く事で新しい端末を安くレンタルできると話題の縛りなしWiFiですが、実際3ヶ月使ってみても 安かろう悪かろうといった点はなく、通信状態も良好でした。 ネットサーフィンや動画の視聴もストレスフリーに使えています! 縛りなしWiFiのここがイマイチ?悪いクチコミと 3つのデメリット 基本的には満足の縛りなしWiFiなんですが、レビューをする中で感じた、デメリットをいくつかご紹介します。 回線・機種を選べない 縛りなしWiFiではWiMAXとソフトバンク回線が用意され、各回線に2種類のモバイルWiFiルーターが用意されていますが、基本的に回線や機種を自分で選ぶことはできず、運営元に選んでもらい発送されたものを使います。 選ぶ基準は、自宅住所のエリア対応が濃厚です。 自宅地域がWiMAXのエリアに対応していない場合はソフトバンク、対応していたらWiMAX回線という基準になっていると予想されます。 ただし、縛りなしWiFi側でWiMAX対応ルーターが全て貸し出しされている場合、ソフトバンク回線の端末が送られてくるということもあるようです。 どちらにせよスペックが極端に低いルーターではないため、回線や機種を選べないのはほとんどの人にとって些細な問題でしょう。 実際に筆者の地域はWiMAX対応エリアでしたが、縛りなしWiFiさんから次のようなメールが送られてきてソフトバンク回線のルーターが自宅に到着しました。 色々と送られてくる回線、端末を予想していましたが、端末の在庫によっても何が送られてくるか変わってくるようです。 ちなみに、回線ごとの通信速度制限は次のように設定されています。 WiMAX回線:3日10GB以上の使用で速度制限• ソフトバンク回線:1日3GB以上の使用で速度制限 WiMAXは、翌日の18時から2時の間まで約1Mbpsに通信制限。 ソフトバンク回線は3GBを超えたら、当日128kbps以下に速度制限されます。 個人的にはWiMAX回線の方が使いやすいかなと感じました。 ただし、両者とも月の使用通信量には上限はなく無制限で使い放題なので、短期間に異常に通信を使用する人でなければデメリットとは言えないようです。 注文が殺到して電話が繋がらないことがある 縛りなしWifiはかなり人気のポケットWiFiなので、 電話しても混み合っていることが多く、繋がらない事も多いようです。 対応センターを拡大したそうですが、実際のところはまだまだ足りていないのかもしれません。 ちなみに筆者の応募時はメール応募しましたが、メールの場合には当日中に返信がもらえました! 個人的には後から再確認できるメール応募がオススメ!そこまで電話が繋がらないなんて、縛りなしWiFiの人気の高さが分かります…。 本体が故障した場合、弁償代がかかる モバイルWifiルーターは普段から持ち歩くことが多く故障や紛失のリスクが高いため、弁償費用が高額となると不安な方も多いでしょう。 レンタルしているルーターを故障・紛失した場合、縛りなしWiFiの弁償費用は他社より少し高く、 39,800円を支払わないといけません…。 ルーターの契約のみ加入できる• 契約から半年経過している• 半年に1度のみ適用できる• プランの途中解約はできない 他社の端末故障・紛失では最悪20,000円近くなることもあるので、安心サポートプランに加入しておけば縛りなしWiFiの方が安心して使えますね。 使ってわかった!縛りなしWiFi 5つのメリット 実際に1週間ほど縛りなしWiFiを使ってみて感じたメリットをご紹介します。 とにかく費用が安く、月額料金が業界最安級 通常WiMAXやポケットWiFiを契約する場合、初期費用として3,000円、高いところだと機種代金込みの費用を請求させられます。 一方の縛りなしWiFiは契約事務手数料もなく、機種代金も無料! レンタルという形を取っているので、解約後は端末の返却が必要になりますが、それでも返却費用が1,000円程度なので、月額料金以外の面でも非常に優秀なことがわかります。 そして縛りなしWiFiは月額料金も格安です。 他社の月額レンタルポケットWiFiと比較しても、その安さは明らか!おまけに、 長く使えば使うほどお得になるので更にお安くなっています。 レンタル会社 月額料金 縛りなしWiFi 3,300円 3年契約なら2,800円 SPACE WiFi 3,680円 Famifi 2,480円 〜 3,980円 SAKURA WiFi 3,680円 STAR WiFi 3,680円 Famifiは2ヶ月間のみ2,480円で使えますが、その後は3,980円となってしまうので、実はそこまで安くありません。 おまけに初期手数料が発生するので、トータルで見れば縛りなしWiFiが最も好条件であることは確実。 現状、これ以上安い月額制レンタルポケットWiFiは存在しません。 縛りのある購入タイプで契約するWiFiでかなり有名な「GMOとくとくBB」と比較してみても、解約金がないことがどんなにお得かわかります。 縛りなしWiFi GMOとくとくBB 初期費用 3,000円 3,000円 契約期間 なし 3年 解約金 なし 1年目19,000円 2年目14,000円 3年目9,500円 月ごとの通信制限がなく使い放題 縛りなしWiFiでは月間通信量の上限がないので、毎月Wifiが使い放題です。 一般的な使い方では1日2GBも使うことはないので安心してください。 契約期間による違約金が発生しない 月額制レンタルポケットWiFiの良いところは、初期費用が一切かからない他に、契約期間による違約金が発生しない所にあります。 サービス会社によっては、初期手数料で解約事務手数料を貰うところもありますが、縛りなしWiFiはそういった制度も一切ありません。 2年、3年縛りなしで、いつでも0円で解約できます。 なお、 1ヶ月以上のレンタルが必須です。 また、解約は解約申込み月の翌月末になります。 2019年2月に解約を申し出たら、3月末が解約実行日になるイメージです。 解約後は、5日以内にデータ端末、アダプタ、USBケーブルの返却をおこなってください。 唯一費用が発生するのが、端末紛失・故障・水没時の弁済金です。 何かしら故障や紛失があったら税抜き39,800円の費用が発生します。 オプションの契約が必須ではない 昨今はレンタルポケットWiFiが流行ってきていますが、中には契約時に数百円のオプション加入必須としている会社もあります。 例を挙げると、STAR WiFi、SAKURA WiFiです。 確かにオプションは後から解約できますが、それをするにはお問い合わせから手続きを行う必要があるので手間がかかります。 忘れてしまうと必要以上の月額料金を払わなければいけないので、結果的に損をしますよね。 一方の縛りなしWiFiは、契約時にオプションを選ぶ必要がありません。 「安心サポートプラン」と「モバイルバッテリー」の2つのオプションが用意されていますが、これらを申し込み時に選ばなくても契約することができます。 通信速度も速い 筆者はソフトバンク回線のポケットWiFiが送られてきました。 そこで実際に通信速度を測ってみたところ、午後15時頃で下り27. 0Mbps、上り8. 19Mbpsの速度を記録することができました。 夜の時間帯でも体感速度は遅いと感じず、10Mbps以上の速度は出ているので個人的には満足しています。 この速度であればネットサーフィンはもちろん、YouTubeやAbema等の動画配信も快適に見ることができます。 縛りなしWiFiで本当にいいの?人気WifFi業者12社を徹底比較してみた! モバイルWiFi業者でよく話題にあがる13社(購入系含む)を月額料金・縛り期間・月間通信上限で比較してみました! 人気WiFi業者 月額料金 縛り期間 月間通信上限 縛りなしWiFi 3,300円 なし 無制限 縛りなしWiFi 2,800円 3年 無制限 hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円 2年 無制限 どんなときもWiFi 3,480円 2年 無制限 NEXT mobile 3,490円 2年 30GB 限界突破WiFi 3,500円 2年 無制限 SPACE Wi-Fi 3,680円 なし 無制限 MUGEN WiFi 3,880円 2年 無制限 famifi 3,980円 なし 無制限 カシモ WIMAX 4,079円 3年 無制限 Broad WIMAX 4,011円 3年 無制限 ONE MOBILE 4,150円 なし 20GB GMOとくとくBB 4,263円 3年 無制限 STAR WiFi 4,480円 なし 無制限 こうして見てみると一目瞭然ですが、縛りなしWiFiは 月額・縛り・通信上限の全てにおいて縛りなしWiFiが最高! 縛りや通信上限があっても月額料金が安くならないなら、条件の厳しいWiFiを使う理由なんてないですよね。 縛りなしWiFiとどんなときもWiFiでは月額料金は同等ですが、 どんなときもWiFiは2年縛りをやぶると最大19,000円の違約金をとられるので、その点考えると縛りなしWiFiの方がいい条件といえます! 縛りなしWiFiをおすすめできない人・できる人 縛りなしWiFiが他のWiFi業者よりもかなり好条件だということは、ここまでで分かってもらえたと思いますが、この章では縛りなしWiFiを実際 おすすめできない人・できる人を例にあげて紹介していきます! 「縛りなしWiFiが良いのは分かったけど、自分にあうのかな…?」と不安に思っている方は、自分がどちらに近いか比べてみてください。 縛りなしWiFiをおすすめできない人• 安い月額のWiFiを探している人• とにかく安いWiFiがいい人• 明日からWiFiを使いたい人• 新しいWiFi端末を使いたい人• 縛りのないWiFiを使いたい人• 初期費用無料のWiFiがいい人 縛りなしWiFiは業界最安レベルのモバイルWiFiなので、 とにかく安くWiFiを使いたい!という人にぴったり! 他社ではレンタルしていない 最新端末「WiMAXのWX05」を貸し出していたり、コスパがかなりイイという特徴があります。 また「縛り期間があっても月額をとにかく安く済ませたい!!」という方の要望にピッタリの「縛っちゃうプラン」があるのは縛りなしWiFiだけです。 上の項目に1つ以上当てはまる方が満足できるのはきっと、縛りなしWiFiだけでしょう! 縛りなしWiFiを契約する際、よくある質問・疑問を集めてみた!• クーポンコードはどこでもらえる?• 本当に速度は速い?• WiMAXかSoftbankか選べる?• いつでも解約できる?• 月額3,300円って本当に安い? Q1. クーポンコードはどこでもらえる? 今のところクーポンコードは発行されていないようです。 申込みのページにはクーポンコードの入力欄が表示されますが、このフォームは今後のキャンペーンのために設置されたもので、現在対応しているキャンペーンは存在していないようです。 本当に速度は速い? 他社よりも新しいモバイルWiFiルーターを使用しているため、他のサービスと比較しても速いといえます。 個人的には都内や都市部では常に10Mbps以上の速さが出る印象でした。 WiMAXかSoftbankか選べる? 基本的には契約者の使用エリアから、縛りなしWiFi側で判断し送付されます。 WiMAXもSoftbankもかなり広いエリアをカバーしているので、どちらでないと使えない!ということはまずありません。 もしそういったトラブルがあった場合には、サポートに相談すれば対応してくれるようです。 いつでも解約できる? いつでも問題なく解約できます。 ただし、契約した月の料金の支払いで2ヶ月分の料金を支払わないといけないため、実質的には2ヶ月の縛りがあるとも言えます。 月額3,300円って本当に安い? 間違いなく業界最安値クラスです。 どんどん新規参入が増えているモバイルWiFiルーターの事業ですが、そのなかでも縛りなしWiFiは圧倒的なコスパ! プランもかなりシンプルなので「よく分からないけど、とにかく安くWiFiを使いたい!」という人にもオススメできるのが縛りなしWiFiです。 「縛りなしWiFi」はおすすめできる ここまで、縛りなしWiFiを使ってわかったメリット・デメリットを中心にお話ししてきました。 サービスが始まったばかりなのでまだまだ知名度はありませんが、個人的にはこれからポケットWiFiを借りたい人におすすめできるWiFiと感じました。 やはり契約期間の縛りなしは大きなメリットで、初めてポケットWiFiを使う人にとって使いやすさを試してみたいと思う人も少なくありません。 その中で違約金なしで解約できるのは嬉しいポイント。 ぜひ一度、縛りなしWiFiを使ってみてはいかがでしょうか。

次の

騙されるな!縛りなしWiFiにもデメリットがあった~契約前に知っておくべきこと~

しばりなしwifi 評判

光回線• ポケットWiFi 光回線は有線回線、ポケットWiFiは無線回線です。 ポケットWiFiは持ち運びできる端末で無線電波をキャッチし、ネット接続をします。 結論から先に言うと、 当サイトではまずポケットWiFiを検討する事をおすすめしています。 実際に、ポケットWiFiと光回線を項目別に比較してみましょう。 【徹底比較】ポケットWiFi VS 光回線 ポケットWiFiと光回線の比較表 ポケットWiFi 光回線 月額料金 3000円台前半~中盤 戸建て:6000円程度 集合住宅:4000円程度 使えるギガ数 無制限 無制限 使える場所 家、外出先 家のみ 速度(最速) 150Mbps~1Gbps 1Gbps~2Gbps 導入までの日数 申し込みから数日 申し込みから数週間~1か月 工事 不要 必要 ポケットWiFiがおすすめな理由は、 ポケットWiFiの高性能化にあります。 無制限で使えるようになり、速度も光回線に迫る速度が出るようになりました。 料金はどれも3000円台とリーズナブルでありながら、外出先に持っていて使う事も可能です。 また、申し込んで端末が届いたらすぐに使えるのも大きなメリット。 ポケットWiFiはプロバイダとの契約が不要なので面倒がないのです。 更に工事も不要なので引越しの際はポケットWiFiを持っていくだけでOKという手軽さ。 通信速度も 実測で30Mbps出れば問題ないのでポケットWiFiは余裕でクリアしています。 2Gbps 1年 3573円(サポートを1か月で止めた場合) 端末無料 無制限 1. 2Gbps 3年 3621円 端末無料 無制限 1. 公式で必ずチェックしてください。 この比較表を元に 最も安くておすすめのポケットWiFiを選んでいきます。 【比較ポイント1】携帯キャリアのポケットWiFi まず、 docomoとソフトバンクについては月額が7~8000円する上に端末代が2万以上かかるので論外。 高額な月額料金なのに無制限で使えないので比較対象になりません。 表の一番上の auは無制限ですが、他が月額3000円台なのに4880円とやはり高額です。 更に端末代として2万で結構な負担になります。 月額3000円台、端末代無料、無制限が主流のポケットWiFiプロバイダの中で大手キャリア回線を選ぶメリット無いと言えます。 【比較ポイント2】ワイモバイル、UQ WiMAX等の有名ポケットWiFi ワイモバイル、UQ WiMAXはテレビCMを放映しているため知名度の高いポケットWiFiです。 しかし、比較表を見て分かる通り、月額料金が高く、端末代も別途かかります。 ワイモバイルはソフトバンクの関連会社なのでソフトバンク回線を使います。 しかし、後述しますが、ソフトバンク回線を使う別のプロバイダの方が安いです。 UQ WiMAXは独自のWiMAX回線ですが、こちらもWiMAX回線を使った別のプロバイダの方が安いです。 特にW iMAXはプロバイダ同士の競争が激しく、値引き競争をしています。 【比較ポイント3】月額料金が選ぶとこのプロバイダ 実質の月額料金の最安値級なのはGMOとくとくBBです。 毎月多額のキャッシュバックを行っており、 実質料金が3000円台半ばに抑えれらます。 また、キャッシュバック申請の手続きが面倒なら、 シンプルに安いクラウドWiFiが良いでしょう。 契約縛りがなく、いつやめてもOKな手軽さが魅力です。 ただし、クラウドWiFiは人気が集中しがちで在庫が不安定なのがネックです。 【最速ポケットWiFi】速度を比較した結果おすすめはこれだ! ポケットWiFiの速度は今や光回線に迫るものになっています。 では、現在最速のポケットWiFiはどの機種でしょうか? 5GポケットWiFiが最速だが問題点が多すぎる件 現在のポケットWiFiは4Gが主流です。 2020年になってドコモから待望の5GポケットWiFiが登場しました。 Wi-Fi STATION SH-52A という機種で、 最速4. 1Gbps。 光回線が1~2Gですからその4倍という速度で、光回線を軽く超えます。 しかし問題点が多数あり、結論から先に言うと実用レベルでなくおすすめできません。 当サイトではこの5GポケットWiFiをいち早く入手し、実測してみたところ 最速でも160Mbpsでした。 参考 実測値が最速値の25分の1では、5Gを使うメリットはありません。 更に対応エリアがターミナル駅やスタジアム等に限られ狭すぎるのです。 あと数年は4GのポケットWiFiの時代が続くでしょう。 4GのポケットWiFiで最速なのは? 4Gで最速なのは、Speed Wi-Fi NEXT W06というWiMAX端末。 Wi-Fi STATION HW-01L こちらのポケットWiFiは 最速1288Mbpsで四捨五入したら最速1. 3Gbpsでほんの少し速いですが、ドコモは料金が高い上に無制限ではないので魅力に欠けます。 その点、 Speed Wi-Fi NEXT W06は無制限な上に、プロバイダによっては月額が3000円台前半と低料金なのでおすすめです。 4G最速のSpeed Wi-Fi NEXT W06を使うなら がキャッシュバックによる値引きがあってお得です。 徹底比較の結果分かったおすすめポケットWiFi3選 1、クラウドWiFi 契約の縛りがなく低料金なので大人気のプロバイダ。 極端な話、 一ヵ月でやめてもOKという手軽さなのに、月額3380円、無制限と最強のコスパです。 最大のネックは人気なのですぐ在庫がなくなってしまう事。 少し待つかも知れませんが、これほど条件の良いプロバイダはないでしょう。 クラウドSIM対応なので、ソフトバンク、au、ドコモの中から最適な回線を選んで接続。 しかもそのまま海外でも使えてこの値段です。 月額実質 3380円 最速 150Mbps 2、GMOとくとくBB 毎月3万円前後のキャッシュバックによる実質値引きで、最安級のポケットWiFiプロバイダ。 キャッシュバック額は毎月のキャンペーンによって変動します。 様々な端末が選べますが、最速の Speed Wi-Fi NEXT W06だと1Gbpsと高速。 Speed Wi-Fi NEXT W06 3、THE WiFi(どすごいWiFi) 「どすごいWiFI」の愛称で知られるポケットWiFiサービス。 クラウドSIMという方式で、ソフトバンク、docomo、au各キャリア回線の中から最適なものを選んで接続します。 海外にそのまま持っていっても使えるので海外旅行にも便利です。 月額実質 THE WiFiライト 3480円 THE WiFi 1~3ヵ月目3480円 4ヵ月目~ 3842円 ギガ数上限 無制限 最速 150Mbps プランは「THE WiFiライト」と「THE WiFi」の2種類。 少し高い「THE WiFi」の方は、15万ヵ所のWiFiスポットが使い放題。 料金重視ならライトプランで十分でしょう。 専用端末のU2sはレンタル。 ポケットWiFi=ソフトバンクとそのサブブランドのワイモバイル• Speed Wi-Fi=UQコミュニケーションズ、au(KDDIグループ)• W-iFi STATION=NTT docomo これらすべてをひっくりめて「モバイルWiFiルーター」です。 しかし、あまりにも「ポケットWiFi」という呼称がメジャーになったためにモバイルWiFiルーターの事を「ポケットWiFi」と呼んでいる方が多いのが実情です。 別のジャンルと比較すると、 うま味調味料の事を味の素と呼んでいるのと同じ事が起こっているのです。 今や 「ポケットWiFi」はモバイルWiFiルーターの代名詞である事から、当サイトでもこの呼称を採用しています。 なお、この呼び名については以下が非常に詳しいです。 参考リンク• LTE=大手キャリア、ワイモバイル、その他• WiMAX=UQ、au、各種WiMAXプロバイダ この2つの形式を知っておく事は 自分に合ったポケットWiFiを選ぶ上でとても大切です。 それぞれ解説しましょう。 1、LTEのポケットWiFiとは? LTEは大手3キャリア(docomo、au、ソフトバンク)の通信方式で、スマホのネット回線の事です。 回線はスマホのものですが、サービスを提供している会社は少し複雑です。 LTE系のポケットWiFiの勢力図は以下です。 【1】携帯キャリアとそのサブブランド docomo、ソフトバンク、そしてソフトバンクのサブブランドのワイモバイルがこのカテゴリー。 auについてはLTEのポケットWiFiは提供しておらず、グループ会社 UQ WiMAXのポケットWiFiを提供しているのでこのカテゴリーには入りません。 この事は後ほど詳しく解説します。 【2】携帯キャリア回線と契約してサービス提供してるプロバイダ 図の例だと、 ネクストモバイル、縛りなしWiFi、更にTHE WiFiがこのカテゴリーです。 一例であり、この他にも同様の業者が沢山あります。 こういった業者は、キャリアと大口の回線契約しそれを個人ユーザーに分けるという仕組みです。 ネクストモバイル、縛りなしWiFiはソフトバンクと契約しており、 ソフトバンク回線を本家よりも安く提供しています。 3つの携帯キャリア回線を全て使うTHE WiFiは 「クラウドSIM」という少し込み入った仕組みです。 【簡単解説】クラウドSIMとは何? WiMAXはUQコミュニケーションズの独自回線 サービスを提供しているのは、UQコミュニケーションズ、そのグループ会社のau、UQのWiMAX回線を使ったプロバイダの3種類がある 人気機種のスペックを徹底比較してみた ポケットWiFiの機種は、どのプロバイダと契約してもたいてい無料です。 モバイルルーターの代金がかかるプロバイダの方が少ないのが現状です。 以下、おすすめの端末の特徴をまとめてみました。 WiMAXのおすすめ「ポケットWiFi」機種一覧 Speed Wi-Fi NEXT WX06 繋がりやすさと使い勝手を追求 バンドステアリングという機能で自動的につながりやすい環境を実現。 また、WiFi QRコード機能は端末ディスプレイのQRコードをスマホで読み取るだけで接続可能。 データ利用量を数字とグラフで表示してくれて便利。 3mm 約127g 連続使用時間 最大約11. 5時間 Speed Wi-Fi NEXT W06 最速1ギガ超えのハイスピード。 丸みを帯びたボディも魅力 USBを使って端末と接続することで 最速1. 2Gbpsの速さで通信できるモバイルルーター。 持ち出して様々なシチュエーションで使う機会の多い方におすすめ。 最速 1. 9mm 約125g 連続使用時間 最大約9時間 Speed Wi-Fi NEXT WX05 「つながりやすさ」が魅力 NEC製の国産モバイルルーター。 電波がつながりにくいエリアの方におすすめです。 クレイドルに搭載されたWウイングアンテナは、デバイス間の通信を向上させてくれます。 クレイドルは必須。 ソニックレッドの鮮やかなボディも人気です。 3mm 約128g 連続使用時間 最大約14時間 Speed Wi-Fi NEXT W05 ハイスピードが魅力。 デザインもクールでおすすめ 美しいデザインが目をひく高速モバイルルーター。 一部エリアに限られるが、下り 最速708Mbpsとハイスピードも魅力。 WiFiの設定を引き継ぐ「WiFiお引越し機能」も搭載。 6mm 約131g 連続使用時間 最大約9時間 LTEのおすすめポケットWiFi機種一覧 Pocket WiFi 802ZT 最速988Mbpsのスピードと安定した通信 ソフトバンクのポケットWiFi。 Huwai勢の多い中こちらはZTE製。 6mm 約153g 連続使用時間 Pocket WiFi 801HW 下り最速972Mbpsの高速ポケットWiFi 地域は限られますが、1Gに迫る速度が魅力。 約10時間と長時間使えるバッテリーを搭載しています。 同時に16台接続できるので家族や友人同士みんなで使えるのもアピールポイント。 家庭用としても十分なスペックを持ちます。 最速 972Mbps サイズ、重さ 約128. 8mm 約145g 連続使用時間 連続使用時間 約10時間 キャリア回線かWiMAX回線か? ポケットWiFiは、通信キャリアの回線を使うものと、独自のWiMAX回線を使うものに別れます。 どちらもライバル同士なので、月額料金には大きな差はありません。 違いをザックリとまとめると以下の表の通りです。 エリア 速度 LTE方式 広い 普通 WiMAX方式 田舎が苦手 速い WiMAXのポケットWiFiは地方に弱いのですが、その分、速度が期待できます。 LTE方式は携帯キャリアの回線を使うので、 エリアが広く通信の安定性が高いです。 どちらも一長一短ですが、地方にお住まいの方ならエリアの広いキャリア回線の方がストレスが無いです。 ポケットWiFiが人気が集中している理由とは? 現在、ポケットWiFiに人気が集まっています。 理由としては、以下の3つがあげられます。 1、テレワークの急増 テレワークを導入する企業が増えています。 zoomによる会議や資料のやり取りにはネット回線は不可欠。 光回線と比較して手軽に、低料金のWiFi環境が整えられるポケットWiFiに注文が集まっています。 参考 2、オンライン授業の増加 大学から小中高とオンラインで授業をする学校が増えています。 自宅にネット回線のない方は工事不要で申し込めるポケットWiFiが便利。 料金も安く家計にも優しいのが魅力です。 参考 3、自宅でネット回線を使う時間の増加 自宅でネット回線を使う時間が増えると ギガに上限のあるスマホやスマホのテザリングでは限界があります。 特にオンラインゲームなどはあっという間にギガ数の上限に達してしまいます。 参考 また、各動画配信サービスの場合も高画質で長時間視聴するにはポケットWiFiなどの無制限回線が最適です。 まとめ ポケットWiFiと光回線の比較を通して、ポケットWiFiのメリットを解説しました。 しかし、通信の安定性、速度では、まだ光回線の方が勝っているのも事実です。 ご自身の使う目的に合わせて、ピッタリの回線を選びましょう。

次の

騙されるな!縛りなしWiFiにもデメリットがあった~契約前に知っておくべきこと~

しばりなしwifi 評判

「SAKURAWiFiの口コミ評判が知りたい」「SAKURAWiFiのメリットデメリットは?」などなど…、SAKURAWiFiを実際に使っている人の口コミ評判を探している人は多いと思います。 私も、モバイルWiFiを契約する場合必ず実際に使っている人の口コミ評判をチェックしてから契約するようにしています。 なので、その気持ちはとってもよく分かりますよ。 そこで今回の記事では、 SAKURAWiFiを実際に利用している私が「SAKURAWiFiの口コミ」「SAKURAWiFiのメリット・デメリット」などについて解説していきます。 最後まで読んでいただければ、SAKURAWiFiに関する疑問が解決します。 「SAKURAWiFi」の評判を3ヶ月使った私の口コミレビューから暴露! このパートでは、実際にSAKURAWiFiを3ヶ月間利用している私が、SAKURAWiFiについて本音の口コミレビューをしていきます。 SAKURAWiFiは申込時の入力項目が少なく、説明も解りやすいので申し込みに手間取る事はありませんでしたよ…! 住所とカード番号・免許証の画像さえあれば簡単に申し込めるので、申し込みの時に迷う必要は無いと感じました。 申し込んだのが夕方の18:00過ぎだったので、実質3日程度で届いたことになります。 画像の様にレターパックで届くので、帰宅したらポストに投函されていて気付きました。 宅配便を手渡しで受け取る必要が無いのはとてもありがたいですね。 封筒の中身には緩衝材が入っているので、配送中に端末が壊れている心配も無さそうでした。 SAKURAWiFiの封筒を開けてみました! 届いた封筒を開けると、端末と充電用のUSBケーブルが入っていました。 不要な広告や契約内容の書面などは入っておらずゴミが出にくくてありがたかったです。 端末はとても綺麗な状態で届きました。 新品なんじゃ無いかな?と感じるほどです。 届いた端末は、SAKURAWiFiが取り扱う端末の中でも最も新しい「602HW」でした。 W05と比べて602HWの方が若干幅が小さいですね。 重さはW05の方が軽いですが、気になる程ではありません。 画像は、同日・同時刻に「SAKURA WiFi」「BIGLOBEモバイル」「フレッツ光」の速度をRBB SPEED TESTにて測定した結果をまとめたものです。 SAKURAWiFiは、下り8. 63Mbps・上り7. 84Mbpsとなっていますね…!同時刻に計測したBIGLOBEモバイルの速度は下り13. 18Mbps・上り7. 30Mbpsなので下りの通信速度が少し遅めといった感じです。 SoftBankの回線は本来もっと速度が出る回線なので、速度を絞るための帯域制限がかかっていることがわかりますね。 「SAKURAWiFi」を3ヶ月使った私の口コミまとめ SAKURAWiFiを3ヶ月間使ってきましたが、結論から言うと非常に満足しています。 特に、地下鉄や鉄筋コンクリートのビルの中にいる時でも速度が下がらずに使える点は非常に便利だと感じています。 速度に関しては少し遅めでWiMAXのルーターに劣りますが、ネットを見たり簡単な動画を閲覧する程度では全く困りません。 WiMAXと違ってゲームはちょっと厳しいですが…! バッテリーの持ちに関してもWiMAXのW05と同程度で、私の使い方では自宅を出てから帰宅するまできちんと使えています。 口コミの参照元には、生のクチコミが多くステマも少ないTwitterを選んでいます。 無制限なんて詐欺じゃねーかよクソ。 — テンツ tentsusplatoon2 100GBちょいしか使ってないのに もう制限掛かったからクソ。 さっさと解約して他所の100GBプランなりに移ろうかね。 安物買いの銭失いって奴じゃん。 結果、全体の3割程度が悪い評判でしたよ…! 悪い評判で多かったのが「通信量が100GBを越えると制限が来る!」といった内容でした。 無制限なのに詐欺だ!と言っている人が多いですね。 実際、公式HPを見てみても「過剰な通信を行った場合速度制限がかかる」と明記されています。 SAKURAWiFiとしては月間100GBが過剰な通信に当たるようですね…汗 悪い評判を調べた結果、SAKURAWiFiは月間100GB以上通信するようなヘビーユーザーにはあまりおすすめできないレンタルWiFiと言えます。 ただ一応は使い放題だけど、月に100G越えるとちょい苦情みたいなの来ます 笑 — はるそん ru05262 SAKURAWiFiの良い評判を調べてみました。 結果、全体の7割程度が良い評判でしたよ…! 良い評判で多かったのは「田舎でも快適」「月額料金が安い」といった内容でした。 通信制限にを受けたことが無い人が良い口コミを投稿していることが多いですね。 SAKURAWiFiはソフトバンクのLTE回線を使ったPocketWiFiなので田舎でも繋がりやすいのは事実です。 また、WiMAXなどのモバイルルーターと比較して月額料金も安いです。 良い評判を調べた結果、SAKURAWiFiは月間100GB以上通信しない人や地方に住んでいてWiMAXの電波が届かない人におすすめのレンタルWiFiと言えます。 「SAKURAWiFi」の評判まとめ SAKURAWiFiの悪い評判と良い評判を調べて、悪い評判の真相を徹底分析してみました。 結果、悪い評判で多かったのは「通信量が100GBを越えると制限が来る!」良い評判で多かったのは「田舎でも快適」「月額料金が安い」といった内容です。 SAKURAWiFiは、月間の通信量が100GBを越えると制限が来るのは事実です。 このパートでは、SAKURAWiFiの5つのメリットについて紹介していきます。 WiMAXやPocketWiFiと比較してどうなのか?SAKURAWiFi独自のメリットについて解説していきます。 5つのメリットそれぞれに対してパートを分けて詳しく解説していきます。 SAKURAWiFiはレンタルWiFiなので端末代を支払う必要が無い事が大きな要因です。 UQのWiMAXを契約した場合月額4,380円かかりますが、サクラWiFiなら月額3,680円で利用できます。 そのため違約金という概念がありません。 WiMAXなら3日で10GB以上利用すると1Mbpsの、PocketWiFiなら1月で7GB以上利用すると128kbpsの速度制限があることは有名ですよね…? WiMAXの3日で3GBならまだしもPocketWifiの1月で7GBの容量制限なんてすぐに使い切ってしまうと思います。 そのため、対応エリアもSoftBnakの対応エリアと同じです。 現状から対応エリアを確認すると、山間部以外のほぼ日本全域に対応しています。 プラチナバンドの電波には障害物に強い特性があるため、建物の中や地下でも比較的通信速度が出やすいんです…! 一方で、WiMAXに使われている電波は24GHzと非常に高周波です。 周波数の高い電波は直進性が高くある1点に情報を送ることに特化しているので障害物には強くありません。 そのため、建物の中や地下で通信することが多い人にとってSAKURAWiFiは非常に使いやすいモバイルWiFiであると言えます。 「SAKURAWiFi」の4つのデメリット 「SAKURAWiFi」の4つのデメリット• このパートでは、SAKURAWiFiの4つのデメリットについて紹介していきます。 WiMAXやPocketWiFiと比較してどうなのか?SAKURAWiFiのデメリットについて解説していきます。 4つのデメリットそれぞれに対してパートを分けて詳しく解説していきます。 型落ち端末を安く入荷することで月額を安く抑えています。 一方で、WiMAXやPocketWiFiを契約する場合は契約する時期に販売されている最新端末を契約することができます。 モバイルWiFiのルーターは最新の物を使った方が速度が出やすく電池持ちも良いです。 月額が安い分仕方ない事ではありますが、最新端末が選べないことはサクラWiFiの大きなデメリットの1つであると言えます。 ですが、実質月間100GB程度利用すると128kbpsの速度制限がかかります。 このことは公式サイトにも明記されており、「利用者が過剰な通信を行った場合」通信制限がかかると言われています。 (出典: そのため、速度制限は月々100GB以上通信することがほとんどな人にとっては大きなデメリットであると言えます。 これは、入金忘れによって発生する手数料を抑えて月額料金を下げるためだと思われます。 未成年やフリーターの人などはクレジットカードを持っていない事も多いと思うので、そういった人にとって支払い方法が選べないのは大きなデメリットと言えま。 なので、 自宅で使用する場合電子レンジを使うタイミングで通信が途切れる事が多いでしょう。 ルーターが602HWであれば5Ghzに対応していますが、レンタルルーターは選べませんからね…汗 5Gzh帯での通信に対応しているルーターがほとんど無いことはSAKURAWiFiの大きなデメリットの1つです。 上記からわかった!「SAKURAWiFi」をおすすめする人しない人 このパートでは、SAKURAWiFiのメリットデメリットを調べて分かったおすすめする人・しない人について解説していきます。 最新端末を契約したい人• 毎月平均して100GB以上通信する人• クレジットカードを持っていない人 このパートでは、SAKURAWiFiをおすすめしない人の代表例について紹介していきます。 箇条書きで示したおすすめしない人の中でも特に、 毎月平均して100GB以上通信する人はSAKURAWiFi以外のモバイルWiFiを検討した方が良いです。 SAKURAWiFiは100GB以上の通信で速度制限がかかる場合があります。 制限速度は128kbpsなので、速度制限がかかると使い物にならなくなってしまうんです…汗 もしおすすめしない人リストの中に該当する項目があったら、SAKURAWiFiの契約は慎重に考えてからにすることをおすすめします。 「SAKURAWiFi」をおすすめする人 「SAKURAWiFi」をおすすめする人• なるべく安くモバイルWiFを契約したい人• 縛り期間無しで自由に解約したい人• 月々の容量制限の無いモバイルWiFiを契約したい人• WiMAXが繋がらない田舎に住んでいる人• 電波の届きにくい建物の中でWiFiを使うことが多い人 このパートでは、SAKURAWiFiをおすすめする人の代表例について紹介していきます。 箇条書きで示したおすすめする人の中でも特に。 縛り期間無しで自由に解約できるモバイルWiFiを探している人はSAKURAWiFiの契約を前向きに検討しても良いと思います。 SAKURAWiFiはレンタルWiFiなので、縛り期間がありません。 是非、前向きに検討してみてくださいね…! 「SAKURAWiFi」を損せずに契約するまでの全手順を徹底解説! SAKURAガードの種類を選ぶ 当月から利用と翌月から利用どちらにするか決める クーポンコードを入力して契約する このパートでは、SAKURA WiFiを損せずに契約するまでの全手順を解説していきます。 契約時の損得に関わる重要なポイントについて3STEPで解説していきます。 「SAKURAガードを付けない」「SAKURAガード」「SAKURAガードプレミアム」の3つの選択肢があります。 SAKURAガードは、レンタル端末を紛失・破損した場合に修理費用を補償してくれるサービスです。 ノーマルとプレミアムの違いは、USBケーブルまで補償されるかとウイルス対策ソフトが付属するかどうかです。 もし端末が破損したり盗難されてしまった場合、SAKURAガードをつけていないと20,000円の弁済費用の支払いが必要になります。 USBケーブルは仮に破損・紛失しても1,000円の弁済で済むので「プレミアム」の契約は不要ですが、通常のSAKURAガードは付けておく事をおすすめします。 利用開始月は当月と翌月の2つから選ぶ事ができます。 当月から利用を選択した場合、端末は申し込みから3営業日以内に発送されて月額料金は申し込み月から発生します。 月額料金の日割りはありません。 翌月から利用を選択した場合、端末は翌月の4日までに発送されて月額料金は翌月から発生します。 当月からの利用も翌月からの利用も大きな差はないので、すぐに端末を利用したい人は「当月」を、月の途中からの利用で満額を請求されるのが嫌な人は翌月を選択すると良いでしょう。 クーポンコードを入力しないと、月額や初期費用が割引にならず損をしてしまいます。 申し込み後の適用はできないので、必ず申込時に入力するようにしてくださいね。 以上の3STEPの項目を消化できたら、後は契約社情報や支払い情報の欄を入力すれば申し込み完了です。 SAKURAWiFiの申し込みフォームは入力項目が少めで分かりやすく作られています。 迷う事無くスムーズに契約出来るはずです。 「SAKURAWiFi」の解約方法についても事前に理解しておこう! SAKURAWiFiの解約方法• SAKURAWiFiは、上記3STEPで簡単に解約することができます。 ただし、 解約したい月の21日までに連絡しないと翌月解約扱いになるので注意してください。 また、返送先の住所については解約申し込みのメールに対する返信に記載されています。 解約時に使うレターパックライトの送料は実費となるのでこちらも注意してくださいね。 SAKURAWi-Fiの契約申し込み前によく起きる10の疑問に徹底回答! No 質問内容 SAKURAWiFiの契約にかかる初期費用はいくら? SAKURAWiFiに速度制限はあるの? SAKUEAWiFiのクーポンコードってどこで入手できるの? SAKURAWiFiの問い合わせフォームはどこにあるの? SAKURAWiFiで契約するルーターって選べないの? SAKURAWiFiは100GBで速度制限がくるって本当? 端末が故障・紛失した場合はどうなるの? 加入月の月額料金は日割りになるの 発送までにかかる時間は? 配送時間や日時の指定はできるの? このパートでは、SAKURAWiFiに関する細かい疑問に対してFAQ形式で簡単に回答していきます。 SAKURAガード利用料 500円 合計 3,500円 A1. SAKURAWiFiの契約にかかる初期費用は、3,500円です。 内訳は「契約事務手数料:3,000円」「SAKURAガード:500円」となっています。 SAKURAWiFiに速度制限はあるの? A2. 速度制限はあります。 公式HPでは、• の4つの場合、速度制限がかかる場合があると明記されています。 口コミを見ている限りでは、月々100GB以上通信すると異常な通信量と見なされ速度制限がかかるようです。 制限速度は128kbpsで、速度制限がリセットされるのは翌月の1日となっています。 SAKUEAWiFiのクーポンコードってどこで入手できるの? 皆様、お仕事お疲れ様です! 只今、クーポン適用で 初期費用半額キャンペーン中です! さらに 初月2250円(税抜) 2ヶ月目以降3680円(税抜) でご利用可能! 外でも速度制限を気にする事なくスマホを存分に楽しめますよー! 公式クーポンコード 【sakura-mugen】 — 【公式】SAKURAWiFi SAKURAWiFi A3. SAKURAWiFi公式Twitterか公式HPから入手することができます。 参考までに、2019年2月現在のクーポンコードは【sakura-mugen】です。 クーポンコードは2年間変わっていないため、今後も同じだと思われます。 SAKURAWiFiの問い合わせフォームはどこにあるの? A4. 問い合わせフォームは公式HPの「よくある質問」ページからアクセスすることができます。 位置が分かりづらいので念のためリンクを張っておきます。 活用してください! Q5. SAKURAWiFiで契約するルーターって選べないの? Q5. 選べません。 ARIA2,501HW,601HW,602HW,FS030Wの中から任意の端末が送付されてきます。 SAKURAWiFiは100GBで速度制限がくるって本当? Q6. 100GB程度の通信で速度制限がくる可能性が高いです。 公式サイトには「過剰な通信を行った場合速度制限がかかることがある」との記載があります。 端末が故障・紛失した場合はどうなるの? A7. SAKURAガードに加入していれば修理費用が補償されます。 SAKURAガードに加入していない場合、下記弁済費用がかかるので注意してください。 本体20,000円• 電池パック4,000円• SIMカード 5,000円• USBケーブル 500円• USBケーブルType-C 1,000円 Q8. 加入月の月額料金は日割りになるの? A8. 日割りにはなりません。 月の初めに契約・解約しても中頃に契約・解約しても支払う月額料金は同じです。 発送までにかかる時間は? A9. 申し込み後3営業日(土日祝日は休業)以内に発送されます。 また、翌月利用開始を選択した場合は翌月の4日までには発送されます。 Q10. 配送時間や日時の指定はできるの? A10. ゆうパケットで配送されるため指定はできません。 「SAKURAWiFi」の会社概要 正式名称 SAKURA WiFi 会社名 株式会社BALDIA 住所 愛知県名古屋市中区丸の内1丁目14番32号 山一ビル407 電話番号 03-6876-0643 公式HP まとめ 今回紹介したこと• SAKURAWiFiの悪い口コミの真相• SAKURAWiFiがおすすめできる人・できない人• SAKURAWiFiの損しない契約方法• SAKURAWiFiの解約方法• SAKURAWiFiに関する細かいFAQ 今回の記事では、SAKURAWiFiを実際に利用している私がSAKURAWiFiの悪い評判の真相や9のメリット・デメリットについて解説してきました。 SAKURAWiFiの口コミには「100GBで速度制限がくる」「田舎でも快適」「月額料金が安い」といった口コミが多かったです。 私は、月に100GBも通信しないので速度制限については不明ですが口コミを見る限り100GBで制限がくるようですね。 月額料金については非常に安いと感じていますよ。 また、 SAKURAWiFiは最新端末を利用したい人や月に100GB以上通信する人にはおすすめできませんが安くて縛り期間の無いモバイルWiFiを探している人には非常におすすめです。

次の