宝くじ 保管場所。 当たる宝くじはどこで買う?お財布に入れて保管してはダメ?!金運風水

宝くじの保管場所は風水的にどこがベスト?金運アップの置き場所!

宝くじ 保管場所

目次一覧• 宝くじの保管どうしてる? 宝くじを購入してから抽選までの間、みなさんは宝くじをどこに保管しておきますか?購入した時点で、もう決まっているのだから…と特に保管にはこだわりがないという人、抽選を待つ間にたっぷりといい運気を浴びて金運アップ!と保管場所にこだわる人、様々なようです。 そして、保管場所にこだわりたい派の選ぶ場所も、神棚・仏壇・財布の中・タンスの中など、人によっていろいろです。 金運と関わりが深いとされる風水を取り入れて保管し、運気を高めようという人も多いようです。 最後は結局「運」に左右される宝くじだからこそ、運気を高めて待ちたい、運をつけるにはどうすればいい?と考える人が多いのかもしれませんね。 どうすれば運を高められるのかは永遠の課題ですが、いいと言われていることを知り、運のいい人を真似ることから始めると良さそうな気がします。 まずは運気アップにいいとされ、宝くじの高額当選者も気にかけることが多いと言われる「風水」の考え方を取り入れた、おすすめ保管場所を見てみましょう! 風水ではここがおすすめ 金運に関する風水は、ひとつではなくいろいろな説があります。 どれを取り入れ、どこまでそれを信じるかはその人の自由です。 信じる者は救われる…の言葉もありますので、どうせやるならモチベーションアップのためにも、運気のアップを本気で信じて試してみてはいかがでしょうか?開運に対して前向きな気持ちでいると、思わぬ幸運や金運が舞い込むかもしれません。 金運が集まるという財位とは 風水では、金運は玄関から入ってくると考えるそうです。 家の入り口である玄関から入った金運は、各部屋にも入り口から入り、部屋の隅に集まります。 この金運の集まる場所を「財位」といいます。 財位の場所は、東西南北といった方角で決まっているのではなく、部屋の入り口から見て対角線上にある隅になるそうです。 つまり、もし部屋の入り口であるドアが部屋の右にあったら、部屋を斜め左へ対角線に横切って左奥の隅が財位、ということになるようです。 そしてこの財位の環境を整えれば、金運がどんどん上昇すると言われています。 財位が家具などでふさがれていると、金運はたまる場所をなくして散ってしまうのだそうです。 部屋の隅 宝くじの保管も、この金運が集まるという部屋の隅、財位に置くのがいいかもしれません。 この場所は、出来れば家具などでふさがないようするのがいいようです。 また、ホコリがたまりやすい部屋の隅ですが、財位に汚れは厳禁です。 清潔に保てるようにこまめに掃除をしましょう。 この場所に置くものでおすすめのものは、金魚鉢や観葉植物だそうです。 風水ではお金は流れるもの、ということで水との関わりが深いとされています。 また水は様々なエネルギーを取り込むもの、ともされているので、金運が集まるという財位に水を置くと金運を高めることができるのだそうです。 金魚などの魚を水槽に入れると、水を動かしてくれるということで更に金運アップが期待できるのだとか。 そんな場所に一緒に宝くじを置くと、金運を浴びながら抽選を待つことができそうですね。 方角はこちら 風水で金運アップに良いとされる方角は、西です。 ですから、宝くじの保管を方角的に考えたい時には、家の中心から見て西側に置くといいかもしません。 西の方角に黄色いものを飾ったり、水を置いたりするのも金運がアップするという説もあります。 常に清潔を心がけ、黄色い封筒などに入れて置くといいかもしれませんね。 暗くて静かなところ 風水では、お金は暗いところで増えるとも言われているそうです。 机の引き出しやタンスの中などは、暗くてじっくり増えてくれそうですよね。 また風水の発祥元である古代中国では、お金を壺に入れて、地中で保管すると増えると言われていたそうです。 現代では、その条件に一番近いのではないかと思われる、冷蔵庫の中が宝くじの保管場所にいいという説があるようです。 その場合は、綺麗に片付けて汚れをなくし、自分の心臓の高さあたりに保管するといいそうです。 凍らないように、冷凍庫やチルド室ではなく冷蔵の棚を選ぶといいかもしれません。 また木製のタンスなどの天然素材の収納の中がいい、という説もあります。 ビニールやプラスチックなどの素材は、風水の五行でいう「火」の気を持っているのだそうです。 「火」は「金」を溶かすものとして相性が良くありません。 ですので、プラスチック製の収納に入れたり、ビニールに入れたままにしておくのは、避けた方がいいそうです。 水まわり 水まわりに置くといい、いや水まわりは絶対にNGだ!とキッチンやトイレなどに宝くじを保管することに対しては諸説あるようです。 水まわりは、金運が水と一緒に流れてしまうという説があります。 キッチンは火を扱う場所でもあるので、金運と相性が良くないという考え方もあるようです。 一方で、水は金運を始めとする運気を取り込むものなので、金運がたまりやすい場所であるという説もあるようです。 水は財とみなされることもあり、水槽のそばやトイレなどに宝くじを置くという人もいます。 風水の考え方はひとつではなくいろいろあるので、どの説を選ぶかは自分の直感を信じるといいのかもしれません。 高額当選者はここに保管していた 宝くじ長者白書によると 宝くじ長者白書によると、高額当選者860人の回答で一番多かったのは、「机の引き出し」だそうです。 2位が「神棚・仏壇」3位が「カバン・ハンドバッグ」と続きます。 冷蔵庫でひんやりと冷やしていた人も21名もいます。 引き出しや冷蔵庫に保管したという人は、もしかしたら、風水を取り入れているのかもしれませんね。 高額当選者やお金持ちが、風水を気にすることが多いというのは、よく聞く話です。 その他という回答が151名と意外と多いのも気になりますね。 特にこだわりがないという人もいるかもしれませんが、その他の宝くじの保管エピソードにはどんなものがあるのでしょうか。 参照元:宝くじ公式サイト(2015年12月時点、著者調べ) 宝くじ公式サイトでは、ジャンボ宝くじをはじめとする全国自治宝くじ・ブロックくじ、スクラッチ、ロト、ナンバーズといった各くじの特徴や購入方法、発売スケジュールなどをご紹介。 さらに宝くじにまつわるデータや歴史、当せん者のエピソード、収益金の使われ方など宝くじのことがもっとよくわかる情報を提供しております。 高額当選者の保管エピソード 他にも、こんな風に宝くじを保管して高額当選を引き当てた!というエピソードはいろいろあるようです。 そしてたまたま目に付いた大黒天のお札を巻いて飛ばないようにして保管したところ、見事1億3,000万円という高額当選を射止めたのだとか。 たまたまそこに大黒天のお札があったというところにも運命を感じますね。 そして結果は年末ジャンボで当時の1等を見事に当て、賞金2億円を手に入れたそうです。 これもその時にたまたま、内職で黄色い造花を作っていたというところから、既に運気の流れを感じるエピソードです。 その後、購入したグリーンジャンボで1等前後賞合わせて2億円をゲットしたというからすごいですね。 小当たりで満足せずに前兆と捉えられる前向きな気持ちが、大当たりを呼んだのかもしれません。 思わず飛行機の中で叫び出しそうなシチュエーションですね。 カバンに入れて、一緒に海外を旅した宝くじが幸運をもたらしてくれたなんて、素敵な話ですね。 知恵袋でいくつも見かける「宝くじの保管はどこに?」という内容の質問の回答から、保管の場所や考え方を探ってみました。 白蛇は、古代インドでは弁財天の化身とされていて、金運をもたらすと信じられているそうです。 また蛇は脱皮を繰り返して成長することから、無限や再生をイメージさせる縁起のいい生き物とされています。 白蛇の皮と一緒に保管というのが、とても金運に良さそうですよね。 また、パワースポットである神社を訪れて、祈願を受けた保管用の袋にパワーとともに宝くじを入れるという方法もあるようですね。 どこに保管しようと同じですが、財布や通帳なんてどうですか。 当選すれば財布と口座に行くわけですから運を呼び込んでくれそうです。 出典: 宝くじをお金と同じように扱い、お財布に入れて保管するという人も多いようです。 高額当選者の中にも、お財布に入れて保管した、という声があるようです。 宝くじ保管する際、しまい込む人と持ち歩く人に分かれるようですが、持ち歩く派の人は、カバン・ハンドバッグまたは財布の中に入れることがほとんどなのではないでしょうか。 宝くじの保管に向いている財布としては、きちんと整理された長財布がいいと言われています。 金運アップにいいと言われている財布の色は、黄色・オレンジ・金色などが挙げられるようです。 白蛇のお財布もいいそうです。 当たる前から、宝くじをお金のように大切に扱うという気持ちも大事なのかもしれません。 宝くじ白書のデータでも、実際に高額当選を果たした人がたくさんいるようです。 神棚や仏壇に保管し、毎日心を込めて祈願するといいのかもしれません。 大切に扱う、という意味では最適な場所かもしれませんね。 風水派の回答 保管場所は 何処がいい っていうのは ないけど、統計的には、仏壇や 神棚、米びつの中、冷蔵庫、机の 引き出しの中 などが 多いみたいです。 方角は、風水的には 家の 中心から 見て、西側に 置いたほうが いいみたいです。 出典: お金というのは、寂しがり屋なのだそうです。 そこで暗い静かなところに置いておくと、ここはいいところだからこっちにおいでよ、と更にお金を呼び込んでくれるのだそうです。 そういう意味で、米びつの中や引き出しなどは、保管に適した場所かもしれませんね。 そこが金運をもたらす方位とされる、西の方角だとなお良さそうです。 タンスの上から2番目の引き出しに、黄色い風呂敷に包んでしまっておくと いいとか、悪いとか… 出典: 2番目の引き出しがいいということは、大体自分の胸の高さくらいということでしょうか。 黄色い封筒に入れるとか、黄色い布や風呂敷に包んでしまうといいという声もよく聞きます。 風水では黄色は金運と切り離せない色です。 気持ち的にもパッと明るくなる色なので、効果的に使いたいところですよね。 友人が、『暗い場所がいいんだって!床下収納がいいかなぁ。。 』 と言っているのを耳にしました。 なんか、風水がどうとか。 当たる人はどこに置いてても当たるし、所詮は確率の話です。 抽選日に何処に置いたかわからない!なんて事にならないようにしてくださいね 幸運を祈ります 出典: お金は暗いところで増える、が風水の考え方でしたね。 確かに暗いところを探すあまり、後で見つけられなくなったら大変ですね。 ほどほどにしましょう。 現実派の回答 当選する保管場所、そんなものはないという、ごく現実的な声もたくさんありました。 確かにどこに置いても当たる時は当たるのかもしれません。 高額当選者の中にも、保管場所にこだわりはなかったという声もあるようです。 どこもありません。 ハズレる人、当選者といるんですから保管場所はどこでも良いのです。 「その時、神棚に保管しなかったら当選できなかったのか」という問いに答えられる人はいません。 机の上、本の間でも当選したかもしれません。 神のみぞ知るです。 出典: そうですね。 神のみぞ知るです。 『直感』ですよ。 買う場所も置く場所もご自身でここかな?と思えばそこがベストじゃないでしょうか? 当たる当たらないは抜きにして、わかりませんので 出典: くじというものは、宝くじに限らず、おみくじでもあみだくじでも、基本的にそういうものなのかもしれませんね。 直感、大事です。 どこに置いても同じ結果なので、紛失盗難の可能性のない場所が最適な保管場所です。 出典: 紛失・盗難は、最低限避けたいですね。 思いつきであまりに凝った保管場所にすると、見つからなくなるかもしれません。 気をつけたいですね。 保管場所にこだわりがある人、ない人様々なようですね。 確かに当たる時はどこに置いても当たるというのは、正論だと思います。 ただ高額当選者のエピソードを見ていると、開運に対してポジティブというか、運気アップにいいと言われていることを、楽しみながら少し取り入れているという人が多いようにも思います。 買ったままのビニールに入った状態で、ポンと無造作に置くよりも、神棚に置いて毎日祈願したり、肌身離さず持ち歩いて、一緒に旅行に行ったりした宝くじの方がパワーがありそうな気がするのは私だけでしょうか? 病は気からといいますが、運気アップも気持ちから!上がるも下がるも気持ち次第です。 ちょっと運気アップにいいことを取り入れることで、生活にも張りが出てくるかもしれません。 楽しみながら金運アップにいいことを試してみて、大きな幸運や当選を引き当てられたら嬉しいですよね! 皆さんの宝くじが、金運をもたらすことをお祈りします!.

次の

宝くじを保管する時は袋から出すべき?くじ運を上げる保管方法!

宝くじ 保管場所

Contents• 宝くじの高額当選者に人気の保管場所はここ! 平成27年度に1,000万円以上の当選金を受け取った934人のアンケート結果をまとめた『宝くじ白書』によると、高額当選者は何らかのゲン担ぎをしている人が多いそうです。 平成27年度の1年間で実際に効果のあった人気の保管場所ランキングは以下の様になりました。 平成27年度宝くじ長者白書 「抽選までの宝くじ保管場所」 〔その他157人 16. この結果から、実は宝くじ高額当選者の多くは『運気』を味方に付けて当選に至っているということがわかります。 なぜなら、風水上『お金は静かで暗いところで増える』と言われており、上位の神棚・仏壇、机の中、タンスの中などは、いずれもこれに当てはまっています。 さらに自然素材、天然の木材の方がプラスチック製の物よりも金運アップに良いとされています。 神棚、机、タンスなどは木製であることが多く、高額当選者の多くはしっかりと金運アップし易い場所に保管していたということになります。 逆に宝くじの保管場所でタブーとされているのが『水回り』と『ビニール』です。 水回りは運気を流してしまうと言われているのでトイレに置いておくのはNG。 そもそも、なぜ水廻りりがよくないのかというと、不浄になりがちな場所だからなのです。 昔と違って水廻りは掃除しやすい素材や環境になっており、風水などからきれいに保つことが現代では意識づけられています。 不浄にしなければ全く問題なく、家族の集まる場所としてリビングや台所に神棚を設置することもおすすめされています。 なにより、家族の楽しく生活する姿を神様に見守っていただけけることや、家族の笑顔を見せることは、神様もお慶びになるそうです。 宝くじを買ってそのまま保管してしまうのではなく、ビニールから出して金運アップカラーの黄色の封筒や布で包んでおくことも、高額当選者の間でよく知られているゲン担ぎです。 宝くじ高額当選者の当選エピソードと保管場所 宝くじ高額当選者に聞いた、当せんに至った時の行いや保管場所にこだわったエピソードをまとめてみました。 高額当選者エピソード1【神棚と黄色の相乗効果】 『宝くじを黄色の財宝稲荷袋に入れて神棚に立てかけ保管していたところ、ジャンボ宝くじ2回、スクラッチ1等、ナンバーズ4セットストレートの、計4回の高額当選がありました!』 高額当選者エピソード2【良いことをすれば】 『路上で具合の悪そうなお年寄りを見かけ、病院まで付き添った。 その帰りに病院前に有った売り場でふと宝くじを買ったら1等400万円に当たった!』 高額当選者エピソード3【神棚はキレイに】 『なにかいいことが起こる予感がしたので、生まれて初めて神棚の掃除をした。 その後ロト6に当たる夢を見て期待をしていたら、ロト6ではなく年末ジャンボで1等・前後賞合わせて3億円に大当たりした。 』 エピソード4【先祖を大事に】 『月1回墓参りに行く習慣があり、墓参りに行った後4箇所の宝くじ売り場を回って、計80枚を購入。 ある時、2ジャンボ続けて1万円、5万円と小当たりし、続くグリーンジャンボはなんと1等・前後賞合わせて2億円が的中!』 宝くじ高額当選エピソードで多かったのが、『日頃の行いをよくする事』と保管場所1位にも選ばれている『神棚』での保管です。 当選しやすいといわれる宝くじ売り場も神社の近くが多かったりするので、『神棚』は縁起的に間違いありません。 運が重要な宝くじだけであって、縁起のいい場所にこだわるのは重要といえるでしょう。 2016年幸運を呼ぶ保管方法はこれだ! 『神棚・仏壇』保管が急増 これは平成26年度宝くじ長者白書「抽選までの宝くじ保管場所」〔その他136人 17. 1位 机の引き出し 190人 24. 同じく増加した3位の『カバン・ハンドバッグ』の0. 高額当選が出た売り場にこぞって人が買いに来るのと同じで、一度当たった場所には繰り返し保管したくなりますよね。 ですから2016年は『神棚・仏壇』での保管が『幸運の保管場所』としてさらに定着しそうです。 家に神棚・仏壇がない、それはむしろラッキー! 近年、神棚や仏壇がそもそも家庭にない場合も多いのではないでしょうか。 その時点で引き寄せられるはずの運も逃してしまっているのかも知れません。 だからと言って今から設置するにも、場所の確保が難しかったり、設置費用が掛かる事や、部屋のイメージと合わないなどの問題も否めませんよね。 多くの宝くじ愛好家達が保管場所でゲンを担ぐ中で、1,000万円以上当選できるのは数十万人に1人。 漆の木で作られた物で、日本の神具の匠と職人さんが一つ一つ丁寧に作り上げています。 なのに見た目は重苦しくなくモダンなデザインの為、和室だけでなく洋室のリビングなどにもマッチします。 サイズも幅27. 2㎝とコンパクトなので置き場所も取りません。 神具も付属しています(お札と神棚は含まれておりません)。 また中に宝くじがセットできる様になっており、まさに『宝くじに当選するための神棚』なのです。 宝くじ高額当選者の多くは『運気』を味方に付けて当選に至っており、その為には日頃から良い行いをしたり、先祖や家の神様を大事にする事が当選の秘訣の様です。 宝くじを買った後は袋から出し、黄色の物で包んでから、2016年の『幸運の保管場所』である『神棚・仏壇』で保管しましょう。 ズボラなあなたでもここだけは!幸運を呼び込む金運アップ掃除術5選 師走を迎え、年の瀬も押し迫ってきました。 この時期、皆さんが頭を悩ませることの一つに、「大掃除」があるのではないでしょうか。 きれいな部屋のほうが住みやすいことは、皆さんよくご存じのことでしょう。 風水でも、「金運は、掃除の行き届いた、きれいなところに集まってくる」が鉄則とされています。 しかし、金運アップのためには掃除が大切だと重々承知していても、どうしてもやる気にならない・・・とお困りの方に向け、今回は、金運アップのためにここだけは掃除をしよう!と言う場所と、少しでも簡単にできる掃除術をお教えします。 金運アップの鍵、トイレは明るく清潔に 日本の家相や風水では、トイレは金運を左右するポイントと言われています。 トイレは汚れやすく、汚れた空気もこもりやすいため、金運に影響が起こりやすい場所とされているのです。 毎日欠かさずトイレを掃除するのが理想ではありますが、なかなか難しいことでもあります。 そこで、少しでもラクにできるトイレ掃除術として、ポイントを2点お話しします。 「掃除道具は使い捨て」 「トイレに置くものを少なくする」 便器の中は、流せるタイプのトイレブラシが市販されていますし、便器周りは、流せるトイレ用お掃除シートや、トイレットペーパーに直接スプレーできる洗剤を活用してはいかがでしょうか。 掃除してそのままトイレに流せるだけでも、トイレ掃除は楽になります。 トイレの照明は明るくし、十分な換気も忘れずに。 もう一つ、風水では「ふたなし便器に財運なし」という言葉があります。 常に水が溜められている水洗トイレは、便器の底に溜まった水からどんよりとした「気」が発生すると言われています。 ですから、トイレのふたは必ず閉め、「気」を清浄しましょう。 この行為がきっと金運アップにつながります。 金運アップに加え、次の人に気持ちよく使ってもらうためにも、自宅以外のトイレでも「ふたを閉める」習慣を身につけたいものです。 家の顔、玄関掃除で全体運をアップ 玄関は、金運のみならず、すべての運の入口で、家の運を決定する場所とされています。 玄関は外から気が入ってくる場所ですから、前日外から持ち帰った悪いものを浄化し、金運アップを図るためには、朝一番の掃除が効果的です。 できれば、「毎日水拭きを」とお話ししたいところですが、それは難しいと言う方は、まず、玄関に物を散乱させないことから始めてはいかがでしょうか。 靴を玄関に出す場合は、1人1足などルールを決め、最低限、靴は揃えるようにしておきましょう。 玄関の水拭きはなかなか面倒ですが、少しでもラクにできる掃除術として• ボロ布を使って汚れをふき取って後は捨てる• 水で少し濡らした古新聞を床にまいて掃き集める• ワイパーのような、楽な姿勢で拭き掃除ができる道具に使い捨てシートを装着し、玄関を拭く など、ご自身がやりやすい方法で、できるところから始めてみましょう。 汚いとお金が逃げていく?台所の排水溝 水周りは汚れると悪臭を放つことから、不快感につながる場所です。 特に台所の排水溝の掃除を怠ると、出費がかさむ、お金が入ってこなくなると言う説もあるほどです。 排水溝の掃除は、誰しも気が進まないものです。 しかし、一番好ましくないのは、掃除をしないで放置することです。 定期的に掃除をしている排水溝は、あまり汚れていません。 「ぬめり」が付着する前にきれいにしておくことで、掃除も簡単になるはずです。 それでも、「どうしても触りたくない」と言う方は、手始めにこの掃除術をお試しください。 排水溝のごみは取り除いたうえで、十分換気をしながら実施してください。 排水溝に、重層をまんべんなく振りかけます。 重層の上から、お酢またはクエン酸を少しずつかけて、発泡させます。 30分放置した後、お湯で流します。 汚れの程度にもよりますが、この方法である程度「ぬめり」は取れます。 この方法は臭いの防止にも効果がありますので、定期的に行うことをお薦めします。 また、食器や調理器具を洗った後、油が固まる前にぬるま湯を勢いよく流すことも、簡単にできる汚れ防止方法です。 市販の洗浄剤をゴミ受けの中に入れておくことで、汚れを付きにくくする方法もあります。 日々の生活で工夫を重ねながら、排水溝の汚れを取り除き、水の流れと共に、よい運気が流れるようにしましょう。 金運・健康運向上に、浴室は便利グッズを使いラクラク掃除 こちらも水回りに関する場所ですが、浴室(お風呂)は、金運に加えて健康運にも影響を及ぼすので、きれいにしておくことがとても重要になります。 特に浴室の排水溝が汚いと、悪い運気が蓄積したままになってしまうのは、前述の台所と同じです。 浴室特有の問題点として、排水溝に溜まる髪の毛があります。 そこでラクラク掃除術として、便利グッズの登場です。 排水溝に設置しておくだけで髪の毛をキャッチしてくれる道具があります。 以前は粘着シート型や網型が主流でしたが、最近では、排水溝に設置しておくと水流を利用して髪の毛が中央に集まり、皿を取り出すだけで簡単にゴミ箱へ捨てられる、便利なお皿型のものが安価で市販されています。 また、浴室では「湯あか」や「カビ」なども気になりますが、 「浴室内に置くものを最小限にする」 「できるだけ床置きはせずに架けておく」 と言った小さなことからでも、掃除の手間を省くことができます。 また、入浴後の「ながら掃除」もお薦めです。 入浴直後は蒸気とお湯で人間の身体から出る「皮脂汚れ」が浮いており、落としやすい利点があります。 お風呂は一日の疲れを癒し、リラックスする場所です。 体を清潔に保つために入浴するのに、浴室が汚れていては、逆に汚れが身体に付着してしまいます。 金運だけでなく健康運アップのためにも、いつでも快適に入れるお風呂を心掛けたいものです。 幸運は窓ガラスを通って入ってくる!窓とカーテンはきれいにしよう 大掃除の代名詞と言えば窓拭きですが、寒い季節と言うこともあり、どうしても後回しになりがちなのも事実です。 しかし、金運に限らず、幸運は窓ガラスを通過して室内に入ってくることをご存知でしょうか。 窓ガラスが汚れていると、幸運は、はね返ってUターンしてしまうのだそうです。 それでは困る!と危機感を感じたあなたは、幸運を呼び込むべく、まずは窓ガラスの外側に装着された網戸の掃除術から。 網戸は、外から入ってくる悪い運気をせき止める役割があります。 それだけに汚れやすいので、しっかり拭き掃除をしましょう。 ここで、掃除への抵抗感を少しでも減らすために、床掃除などでも使用するワイパーを使った掃除術を提案します。 ワイパーの柄を短くし、ウエットシートを装着すれば、網戸も簡単に掃除できるようになります。 次は、ガラス窓の掃除です。 寒い時期ですと特に内側から着手したくなりますが、外側から行うようにしましょう。 外側をきれいに掃除しておけば、内側のガラスについた汚れを見つけやすくなるからです。 可能であれば、窓拭きは朝方か曇りの日に実施するほうが、湿気て汚れが緩み、落としやすくなる効果もあります。 どうしても気が進まなくなりがち、後回しになって挫折しがちな窓の掃除ですから、掃除術は2点に絞ります。 固く絞った古布で拭いていく(汚れたらどんどん捨てる)• 乾いたら、糸くずや拭きムラ・拭き残しをファイバー製のクロスで乾拭きする これで、窓ガラスはかなりきれいになるはずです。 窓掃除のついでに、カーテンもお洗濯、またはクリーニングを。 余裕があれば新調し、新しい年に新鮮な風を呼び込んではいかがでしょうか。 いかがでしたか?金運アップを考えた時に、ぜひきれいにしておきたい場所と掃除術をご紹介してきました。 掃除が苦手、億劫、どうしたらよいか分からないと言う方はたくさんおられると思います。 しかし、掃除術を一つ工夫するだけでも、金運は少しずつ上がってくるはずです。 最後に、「宝くじ公式サイト」に掲載されている、宝くじで1,000万円以上の高額当選者を対象に実施したアンケートをまとめた、「宝くじ長者白書」から一つご紹介します。 平成27年度の「宝くじ長者白書」(回答者934人)によれば、宝くじを購入後、ゲン担ぎとして「トイレや部屋の掃除」に励まれた方は63人(6. 7%)。 堂々の上位にランクインしているのです。 ぜひ、やってみようと思いませんか? できれば、あまり金運のことばかりを考えるのではなく、いつも快適に過ごせることを考えながら、少しずつ家の掃除を始めてみてください。 そうすれば、自然によい運気が家の中に入ってくるようになり、金運だけでなく、すべての運気がアップするでしょう。 毎日一つから、あなたも試してみませんか?.

次の

宝くじ高額当選者の置き場所はここ!当たるおすすめの保管場所10選

宝くじ 保管場所

「宝くじを買ったけど、いつもあたらない・・・。 今回は、ゲン担ぎのようなものを試して今度こそ当てたい!!!」 折角買った宝くじも、あまりにも当たらないと気持ちがなえてしまいますよね。 色々調べてみた結果、宝くじの高額当選者たちがいつも行っているゲン担ぎというものがあることが分かりました。 多くの人に共通していたのが、宝くじを買った後の保管方法。 どうやらくじ運アップには、保管方法が大きく関わっているようです。 ちなみにうちの祖母にも試してもらったところ、年末ジャンボで10万円当てていました。 紹介した自分が、正直驚いています。 それでは、宝くじ運を上げるための保管方法で大切なポイントをご紹介します。 宝くじの保管には、袋から出すべきか迷う人も多いはず。 ずばり、 お家に帰ったら袋から出して保管しましょう! 理由は、 風水的な見解によるとビニールが「火」の気をもち、宝くじの「金」の気と相克の関係にあるから、だそう。 ビニールやナイロンなどのお財布や袋は「火」の気を持ち、宝くじの「金」を溶かしてしまう性質があるとのことで、こうした素材とは一緒にしない方が良いようです。 また、宝くじの保管場所で冷蔵庫が良い、という説もありますが、実際はどうなのでしょうか。 実は冷蔵庫は 運気を下げるアイテムも沢山入っているのでNG。 残り物のおかずなど使いかけや食べかけの物はあまり良くないエネルギーが出ているので、一緒にしない方がよいでしょう。 また、冷蔵庫の周りにはキッチンの「火」の気もあるので、上記で説明した袋と同様、保管場所としては好ましくないと言えます。 理想的な宝くじの保管方法は? トイレ掃除 これも有名な話なのですが、宝くじで高額当選した人の多くがトイレ掃除をマメに行っているそうです。 ビートたけしさんや、パナソニックの松下幸之助さんなど、トイレ掃除を欠かさず行っていた有名人も多く、やはりトイレ掃除には運気を上げてくれる何かがありそうです。 人がやりたがらない所を率先して掃除することで、金運だけでなく全体の運が味方してくれるようです。 また、トイレは風水でも「凶相」と呼ばれる不運が溜まりやすい場所。 こういった場所を常に率先して美しく保つことで運気がどんどん上昇していくのは間違いなさそうです。 玄関掃除 また、玄関掃除も金運アップに効果あり。 玄関は全ての気の入り口と言われ、風水師によってはここさえきれいにしておけば運気は上がるという人もいるくらいです。 玄関では、散らかった靴を綺麗にしまい、できれば定期的に三和土も水拭きしておきましょう。 宝くじで高額当選が出やすい場所というのもあるとのこと。 調査結果によると、「明るくて開放感のある売り場」や「人通りが多い売り場」が良いようです。 また、販売員さんが笑顔で福がありそうな売り場も縁起が良いのだとか。 是非お近くの宝売り場の雰囲気も確認してみてくださいね。 まとめ 今回は、宝くじの保管方法について、「袋から出して保管」する方法をご紹介しました。 くじ運を上げるには、ジンクスに頼るだけでなく、日ごろの行いも大切。 ある1億円を当てた人の話では、困っていた人を助けた帰り道、ふと宝くじ売り場が気になって購入すると当選した、ということでした。 神様は人助けや嫌なことを率先して行う人に運を授けてくれるのだな、と実感した今回の調査。 次回はくじを買ったら暗くて静かな場所に保管しつつ、周りの人に親切にすることも意識しながら当選発表を待ってみてくださいね。

次の