特別定額給付金横浜市遅い。 特別定額給付金|横須賀市

横浜市10万円給付いつもらえる?いつ振り込まれる?特別定額給付金申請開始日とに対する市民の反応は

特別定額給付金横浜市遅い

私もこの日の早朝にマイナンバーカードとパソリを使って申し込みました。 ということで、ようやく、申請した内容が横浜市の方で受領されて、これから市での作業が始まるといったところでしょうか。 ヨコハマ経済新聞の記事 によると、申請書がようやく5月28日から6月6日までに順次発送されるとのことです。 また、オンライン申請手続きでは既に約8万3000件の申請を受け付けており、5月末までに約5,000件の振込を行う予定と書かれますね。 初日に申し込んだのに私のところには5月末までには来なかったですが、もしかして、受付開始時間の夜中0時すぐに申し込んだ人が大勢いたとかあるかもしれません。 あと、マイナポータルで申請したときに通帳の写真をアップロードしましたが、それに不備があったのではないかという不安も残ります。 銀行によって通帳は違うと思うので難しいのはわかるのですが、どのページを写真取れば良いか明記されていなくてわかりにくかったです。 私はカタカナの名前、銀行名、支店名、口座番号が書かれている、表紙を開いた1ページ目を撮りました。 どこまで厳密に見られるのかわかりませんが、実務をする人たちは大変ですし、却下される人も出そうですよね。 横浜市の人口は約370万人で日本で一番人口の多い市区町村です。 世帯数でも182万世帯あるそうです。 事務作業を市の職員が行うのか、民間業者に委託して行うのかわかりませんが、相当時間かかりそうです。 各種ニュースでは、オンライン申請は事務作業が大変なので、郵送の方が良いという説もあります。 とはいっても、申請書を郵送で受け取って、記入して返送してなどの時間を考えると、6月中に振り込まれるか怪しい気がしてきました。 単純計算で、1日に1万世帯ずつ消化していけたとしても、180日かかるとか恐ろしいです。 まさか、2020年内に来るかどうかというレベル?• カテゴリ一覧• 300• 223• 106• 134• 101•

次の

特別定額給付金(10万円給付)に関するQ&A

特別定額給付金横浜市遅い

振込まで大変お待たせしており、誠に申し訳ございません。 7月16日現在で、対象世帯の約9割(約44万世帯)からの申請があり、最近受け付けたものや、不備のあるものなどを除いて審査が完了し、振込予定日が確定しています。 大変申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただきますようお願いします。 なお、振込予定日が確定した方には通知書をお送りします。 現在、が混み合っており、電話が繋がりにくい場合があります。 ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、繋がらない場合は時間をおいてかけなおしていただきますようお願いいたします。 特別定額給付金問い合わせWEBサービス 特別定額給付金の処理状況が確認できる問い合わせWEBサービスの運用を開始しました。 利用方法など詳細は「」のページをご覧ください。 振込スケジュール(7月16日時点) 振込予定日 予定件数 ~7月16日(木曜日) 約286,000件(振込済) 7月17日(金曜日) 約17,000件(審査済) 7月20日(月曜日) 約40,000件(審査済) 7月21日(火曜日) 約35,000件(審査済) 7月22日(水曜日) 約25,000件(審査済) 7月27日(月曜日) 約28,000件(審査済) 7月30日(木曜日) 追加 約6,000件(審査済)• 審査完了後、口座振込には8営業日程度かかります。 申請に不備があった場合、申請者に郵送や電話でご連絡し、不足書類の送付などを行っていただくため、振り込みまでにお時間をいただいております。 口座番号の記入誤りなどにより振込ができなかった場合は、再審査を行うため振込が遅れます。 通知書に記載の振込予定日には振り込まれませんのでご注意ください。 申請方法 郵送申請方式 市から世帯主宛てに申請書を郵送しますので、振込先口座情報等を記入し、本人確認書類及び振込先口座確認書類とともに同封する返信用封筒を郵送することで、申請を行うことができます。 申請書発送時期 すべての発送を完了しました。 申請書が届いていない場合は、お手数ですがまでご連絡ください。 申請期限 令和2年8月31日(月曜日)まで(消印有効) 郵送申請書の書き方 をご確認ください。 オンライン申請方式 オンライン申請方式の受付は、6月4日(木曜日)23時59分までで終了しました。 配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住いの市区町村に住民票を移すことができない方は、所定の手続きをしていただくことにより、以下の措置を受けることができます。 詳細は「」のページをご覧ください。 世帯主でなくとも、同伴者の分も含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受けることができます。 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。 問い合わせ先(コールセンター) 市のコールセンター 特別定額給付金に関する問い合わせの間違い電話が大変多くなっています。 一般の方のご迷惑になりますので、発信前には必ず電話番号を確かめるなど、おかけ間違いのないように十分ご注意ください。 現在、特別定額給付金コールセンターが大変混み合っており、電話が繋がりにくくなってなっています。 ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、繋がらない場合は時間をおいてかけなおしていただきますようお願いいたします。 電話番号 043-306-2277 耳や言葉の不自由な方は、電子メールでお問い合わせください(メール:) 応答時間 午前8時30分から午後5時30分まで(土日・祝日含む) 給付金の概要 対象者 基準日である令和2年4月27日に千葉市の住民基本台帳に記録されている人 給付額 給付対象者1人につき10万円 受給権者 住民基本台帳に記録されている人の属する世帯の世帯主 給付金の申請方法(原則) 申請書類の郵送、またはマイナンバーカードの電子証明書を活用して行うオンライン申請 給付方法(原則) 申請者の本人名義の銀行口座への振り込み 詐欺被害の防止 特別定額給付金を装った封書の送付や不審な電話が確認されています。 怪しい封書や電話などがありましたら、最寄りの交番や警察署などにご相談ください。 相談電話• 警察相談専用電話:#9110• 消費生活センター:043-207-3000.

次の

特別定額給付金

特別定額給付金横浜市遅い

みなさん、こんばんは。 川崎市議会議員(宮前区選出)の矢沢孝雄です。 新型コロナに伴う生活支援を目的とした、国の特別定額給付金に関する問い合わせが当方にも複数届いていますので、ここで5月2日 土 現時点におけるQ&Aを記載させて頂きたいと思います。 【矢沢の回答】 国で決まった特別定額給付金(10万給付)に関して、ご連絡を頂きましたので私が現状知る限りの範囲で回答させて頂きます。 先ず、前提として理解していただきたい点がいくつかあります。 GW明けに説明があると聞いています。 因みに、開催は両市とも5月13日~15日あたりからスタートになるはずです。 なぜそんなに開催するまでに時間がかかるのかという疑問が出るかと思いますが、川崎市も横浜市も此度の国の特別定額給付金に関する議案だけでなく、併せて、市独自の緊急経済対策を打つ為の議案が提出される予定であり、市側の準備に時間が必要だからだと思います。 川崎市では、特別定額給付金関連予算を含め、過去最大の約2200億円の補正予算が計上されると聞いています。 予算執行する為には、通常議会で議決が必要となります。 話を質問内容に戻します。 市もなるべく早く市民に届けたいという想いは持っているからこそ、オンライン申請は5月中旬とあるのだと私は考えています(臨時議会で議決を受けてすぐ手続きスタート)。 一方で、郵送申請の場合は市の公式ホームページでも以下のように理由が記載されています。 「申請書の送付までには、作業を委託する専門業者の決定のための契約手続き、給付対象である約75万世帯分の住民基本台帳のデータ処理、申請書の作成・印刷、送付及び返信用封筒の作成・印刷、封入・封緘作業などの業務を実施する必要があり、これらの準備のため一定の期間が必要になりますので、ご理解とご協力をお願いします。 」 大量の郵送物を発行するわけですので、時間はかかります。 ですが、ご指摘の通り、それでもなるべく早く市民に届いて欲しいと思っています。 また、川崎市は用紙をホームページからダウンロードできる方式を取らないとのことです。 この辺、他自治体の状況は調べていませんが、差異があるようなら、理由は明確に確認しなくてはいけません。 早く申請出来るようにして欲しい。 この点、私も同じ気持ちですので、要望はしていきたいと思います。 ですが、法治国家である以上、上記プロセスを経ないと取り組みが進まないことも理解するしかないかと思っています。 以上です。 また、上記以外の質問も寄せられています。 例えば、「いずれの市区町村にも住民登録されていない場合、どうすればよいか?」など。 詳しくは、以下を参照下さい。 今回は特別定額給付金についてですが、本市で公表された「川崎じもと応援券」についてでなど、いくつかの質問をすでに頂いており、インターネット上等で回答させて頂いています。 一人の方の質問は、数十人、数百人同じ疑問を持たれているかと思います。 当方も正しい情報を発信することを心掛け、そして努めていきたいと思います。 本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

次の