とくとく bb 電話。 auひかりの最強キャンペーン!?【GMOとくとくBB】がおすすめの理由とは?

家でも外でもおトクなインターネット|WiMAX(ワイマックス)ならGMOとくとくBB

とくとく bb 電話

GMOとくとくBBの特徴・メリット GMOとくとくBBは、 プロバイダー運営実績20年以上のGMOインターネット株式会社が運営しており、2019年オリコン顧客満足度調査で お客様満足度ナンバーワンも獲得している人気と実績を兼ね備えたプロバイダです。 サービス名 GMOとくとくBB WiMAX 月額料金 ギガ放題 2,590円〜 実質月額料金 ギガ放題 3,608円〜 キャッシュバック特典 25,000円〜 初期事務手数料 3,000円 端末料金 0円 解約金 14,000円〜 解約更新月は0円 発売中の最新機種 Speed Wi-Fi NEXT WX06 業界トップクラスの高額キャッシュバック GMOとくとくBBは、 業界内でも非常に高額のキャッシュバックを受けられるのが大きな特徴です。 他社の場合、キャッシュバック特典なしあるいは3,000円〜7,000円程度であることがほとんどですが、GMOとくとくBBでは以下の表のように高額キャッシュバック特典(月額割引)つきで申し込むことができます。 今なら 3,000円キャッシュバック特典もがついてきてさらにお得。 端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが届くので忘れずに手続きしてください。 GMOとくとくBBには、同等の金額がまとめてキャッシュバックされる特典もありますが、約1年後に手続きのメールが届くので、結局忘れて1円もキャッシュバックを受け取れなかった、というケースが多いです。 そのため、確実にキャッシュバックを受け取れて、毎月の出費を抑えられる「月額割引型」がおすすめです。 面倒な手続きなしで、月々の月額料金が安くなるキャッシュバックを受け取りたいなら、今すぐ下記のボタンから申し込みましょう! GMOとくとくBBの料金プラン では、 GMOとくとくBBの料金をプランごとに表で比較していきましょう。 契約は3年縛りなので、36ヶ月の実質月額料金に着目してみてください。 とくとくBBは どちらのプランを申し込んでも1ヶ月目〜2ヶ月目は同じ料金のため、プランを迷っている人は、まずギガ放題で自分がどのくらいデータを使うか確認して、あまり使わないようなら7GBプランに切り替えるのがおすすめ。 プラン変更は毎月可能で、月末日の前日18時までにで手続きすれば、翌月から新しいプランに切り替わります。 3日間で10GB以上利用した場合は混雑回避で速度制限がかかります。 これはどのWiMAXのプロバイダを選んでも共通して存在するルールです。 GMOとくとくBBの速度 ここでは、 GMOとくとくBBの速度について紹介します。 GMOとくとくBB WiMAX 2の速度は非常に速く快適に利用することができます。 基本的にWiMAXの対応エリアであれば、本家のUQWiMAXを含めて、どのプロバイダでも速度はほとんど変わりません。 Wi-Fiの速度にこだわりたい人は、ルーター機種のスペックに着目しましょう。 なぜなら、端末機種によって最高速度が異なる場合があるからです。 例えば、最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT WX06」のスペックは以下の通りです。 機種名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 速度 下り最大440Mbps 連続通信 約14時間 WX06は、定期的に周りの電波環境を判断して自動で最も適した周波数を選び、高速で安定的なWi-Fi通信を行う「 バンドステアリング機能」を搭載しているので、 下り最大440Mbpsと、抜群の速度で快適に使うことができます。 端末選びに迷ったら、 基本的に最新機種を選ぶことをおすすめします。 ただし、端末によって速度や機能、バッテリー容量が異なるので、必ずスペックを確認してから、自分にあった端末を選びましょう。 最新機種も端末代0円・最短即日発送 とくとくBBの 端末は最新機種でも無料です。 他社のWiMAXやキャリアから出ているポケットWiFiは1万円〜3万円ほど端末代がかかりますが、とくとくBBは0円なので他社より数万円お得になります。 また、とくとくBBの端末は 発送日が最短即日なので、すぐ手元に端末が欲しい人にもおすすめ。 以下の条件に当てはまる人は即日発送してもらえます。 2年10ヶ月目以降は事務手数料3,000円で機種変更できるので、長期利用者でも最新機種が使えます。 20日以内なら違約金なしで解約できる とくとくBBは、 申し込みから20日以内なら無料で解約可能です。 他社は無料キャンセル期間が短いもしくは必ず違約金がかかる場合が多いので、とくとくBBなら「本当につながるか不安だ」「実際の速度を確認したい」という人も安心して契約できます。 ただし無料キャンセルには対象条件や注意点があるので、事前に確認してトラブルを防ぎましょう。 お客さまセンターに解約の旨を連絡してから解約・返品すること• 申込み日を含み20日以内に端末の返品を確認できたこと 無料キャンセルのポイントは 申し込み日から20日以内に端末が返品されていることと 事前に電話で連絡を入れてから解約することです。 キャンセルしたい時は なるべく早くお客さまセンターに電話しましょう。 無料になるのは解約金のみ (事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料の返金は含まれない)• 一名義につき一度限り有効、再入会の場合は対象外• 法人名義での契約は対象外 LTEオプションプラン(ハイスピードプラスエリアモード)が無料 とくとくBBでは、 ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。 「ハイスピードプラスエリアモード」とは、地下鉄や地下街、山間部など WiMAX回線が通っていないエリアでauのLTE回線を使用して通信するモードのことです。 LTEオプションプランは通常モードとハイスピードプラスエリアモードを自由に切り替えできるプランです。 このオプションを利用することで、地下鉄で通勤通学する時や田舎帰省時、旅行先など幅広いエリアで快適にネット通信ができるようになります。 旅行好きの人や遠くまで出張に行く機会がある人にとって、このモードが無料で使えるのは嬉しいポイントです。 ただし、ハイスピードプラスエリアモードの利用も、通常モードと同様に通信速度制限の対象となるので注意してください。 端末保証などのオプションもお得に加入できる とくとくBBは、 申し込みと同時にオプションに加入すると料金がお得になります。 通常ルーターが故障してしまった場合は修理費用として約5,000円~・交換費用として19,000円かかりますが、「安心サポート」に入っていれば 正常な使用状態での故障なら無料修理してもらえるので安心。 さらに 「安心サポートワイド」なら外部損傷や水濡れも対象なので、端末保証を手厚くしたい人におすすめです。 「安心サポート(もしくは安心サポートワイド)」と「公衆無線LAN」は自動加入なので不要の場合は申し込み翌月以降に要手続き• 「インターネット安心セキュリティ」は別途BBnaviから申し込みが必要 GMOとくとくBBのデメリット ここでは、 とくとくBBのデメリットについて紹介します。 お得な料金プランや無料キャンセル期間、オプション加入特典など様々なメリットがあるとくとくBBですが、注意すべき点もあります。 事前にリスクを知ってから申込むことでトラブルを回避しましょう。 キャッシュバックが受け取りづらい とくとくBBの月額割引型には 2,000円のキャッシュバック特典がつきますが、申し込みから約1年後に案内メールが届くため、 受け取り忘れに注意しましょう。 ログインしてメールを確認し、ネット上で振込先を登録する• 振込時期までにサービスを変更・解約していた場合• 料金未納だった場合• 案内メール送信の翌月末日までに口座登録しなかった場合• 口座情報に不備があった場合 とくとくBBのキャッシュバックは忘れた頃にGMOドメインのメールアドレスに連絡が来るため、受け取れないリスクが高いです。 3年以内に解約すると違約金がかかる とくとくBBは最低契約期間が3年のため、 3年以内(36ヶ月以内)に解約すると違約金がかかります。 また3年経っていても 契約更新月以外で解約すると違約金がかかるので、タイミングを見極める必要があります。 契約更新は3年に1回なので、 最初の無料月は37ヶ月目です。 例えば、2020年1月1日を1ヶ月目とした場合は、2023年1月(前月21日から当月20日まで)が無料で解約できる更新月になります。 それ以外の月に解約すると最低でも9,500円かかるので、スケジュールを管理しておくことをおすすめします。 GMOとくとくBBに申し込む方法・手順 ここでは、 とくとくBBに申し込む方法や手順を詳しく紹介します。 とくとくBBは ウェブもしくは電話での申し込みが可能ですが、本記事ではウェブ申し込みの流れを解説していきます。 もし 対応エリア外にも関わらず申し込んでしまった場合は無料キャンセルの対象外になるため、思い込みで判断せずにしっかり確認することをおすすめします。 希望端末(ルーター)の種類を選ぶ• 料金プランや端末の色、オプションなどを選ぶ• 個人情報、支払い用クレジットカード情報などを入力して申し込み完了 端末の種類は、 基本的に最新機種(WX06)がおすすめです。 WX06の場合は、 専用クレードル(充電台)を3,619円(税抜き)で同時購入することができます。 クレードルがなくてもUSBケーブルなどで充電できますが、充電時ケーブルの抜き差しの手間が省けることや、通信回線が安定するなどメリットもあるので、必要に応じて購入しましょう。 料金プランは7GBプランもしくはギガ放題プランが選べますが、最初の2ヶ月間はどちらでも月額料金が変わらないので ギガ放題プランで試すのがお得です。 また、とくとくBBの 支払い方法はクレジットカードのみなので注意しましょう。 ルーター到着後に初期設定をして利用開始 とくとくBBの申し込み後は、端末が 最短即日発送されるため、 最短翌日到着となります。 ルーター到着後は、商品に同封された「はじめてガイド」を見ながら初期設定を完了させましょう。 商品到着から利用開始までの基本的な流れは以下の通りです。 にログイン• 解約する対象の契約を選択• 「その他のお手続き」から解約メニューを選択• 契約更新月の解約は、前月21日から当月20 日までに行う• 36ヶ月以内もしくは契約更新月以外での解約は違約金が発生する 解約手続きはBBnaviから行うことが可能です。 申し込みから3年以上経過しているならタイミング次第では違約金不要なので、できるだけ契約更新月に合わせて解約しましょう。 契約更新月の無料解約は前月21日から当月20日までの手続きが条件なので注意してください。 GMOとくとくBBの解約に関する詳細は下記記事を参考にしてください。

次の

ステマに要注意!とくとくBB WiMAXの本当の口コミと評判!

とくとく bb 電話

インターネットでGMOとくとくBBへの問いわせ先を調べているときに、「お客さまセンター電話番号変更のおしらせ」と記載されたページを見たことがあるかもしれません。 なので、実際の問い合わせ電話番号がわからないという人は意外に多いようです。 参考: 問合せ先である、「GMOとくとくBBお客さまセンター」の電話番号は下記の通りです。 電話の折り返し依頼について GMOとくとくBBの公式ページにも記載されているのですが、電話はとてもつながりにくいものです。 特に毎日「10:00~12:00」「16:00~18:00」、「月曜日」は混みやすい時間帯となります。 実際ツイッターにも次のような書き込みがありました。 Wimaxの契約確認のためさっきからGMOに電話かけつづけているけど全くつながらない。 受話器わざと外してないか? — ぷらアジ 相互フォロー kayser51 待たされるときは30分以上つながらないこともあるため不便なのですが、その問題を回避するために 「電話折り返し依頼サービス」が用意されています。 営業時間中の折り返しとなりますが、「第三希望日時」までこちら側で指定することができます。 なお、折り返しの連絡は電話だけでなく、メールで受け取ることもできます。 その他、申込みフォームには「お問い合わせ内容」の記入箇所が設けられているので、スムーズに用件を伝えるためにも記入しておきましょう。 折り返しの申込みは、下記「入会前お問い合わせフォーム」からおこなえます。 すでに契約中の人は電話かメールで問い合わせなければいけません。 メールでの問い合わせは下記の「お問い合わせフォーム」からおこないます。 よくある問合せ内容については、前の項目で紹介した関連記事を読んでほしいのですが、それ以外の問い合わせ内容についてもまとめたので見てみましょう。 そもそもWiMAXとは何? WiMAXは持ち運び可能なWiFiサービスのことです。 ポケットWiFiと呼ばれることもあり、その名前からもわかるようにズボンのポケットに収まるサイズの小型ルーターです。 日本全国電波の入るエリアなら好きな場所でインターネットにアクセスできます。 WiFiを受信できる機器なら、au・ドコモ・ソフトバンクといったキャリアに関係なく利用できます。 特にキャリアスマホとセットでWiMAXを利用すると料金をおさえることができるのがメリットです。 (WiMAXは月間の通信量に上限がないため、キャリアの通信量を抑えることができる) GMOとくとくBBの運営会社はどこ? 東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しているWiMAXが「GMOとくとくBB」です。 回線元であるUQ WiMAXのMVNOにあたります。 利用できるのは申込み後いつから? GMOとくとくBBへ申し込み後、通常4営業日以内に端末は発送されます。 端末を受け取った時点ですぐインターネットは利用できます。 光やADSLといった固定回線だと回線工事があるため、申込みから利用開始まで最大一ヶ月以上待つこともあります。 その点WiMAXはすぐに使えて便利です。 なお、 申し込む機種によっては、平日15時30分、土日祝14時までに申込みが完了すると、即日発送も可能です。 通信速度やエリアが知りたい 最大通信速度は、現在発売されている端末「W06」が最も速く、下り最大「1. 2Gbps」に対応しています。 ただし、最大速度は理論上の数値であり利用環境によって速度は変わります。 サービス提供エリアについてはUQ WiMAXのホームページで確認できるので、下のリンク先を参照してください。 基本的に都市部はサービスエリアの範囲内ですが、郊外では未だ電波の届かないエリアも存在します。 (旧端末についてはLTEに対応していない機種もある) LTE回線のメリットは障害物に強いことです。 使いすぎると高額請求される? GMOとくとくBBをはじめWiMAXはすべて定額制の料金設定です。 使いすぎたからと言って高額な料金を請求されるわけではありません。 初期契約解除をすると違約金は請求される? 「初期契約解除制度」とは、契約書面の受領日から8日が過ぎるまでの間、契約を解除することができるクーリングオフに似た制度です。 GMOとくとくBBをはじめ、他社でも利用できるもので、制度を使って解約したからといって違約金を請求されるということはありませんので安心してください。 ただし、契約事務手数料3,000円については支払わなければいけません。 なお、初期契約解除制度とは別にGMOとくとくBBでは「20日以内の解約」についても違約金は請求されません。

次の

GMOとくとくBBの事務窓口って使えないと思いませんか?

とくとく bb 電話

GMOとくとくBBは、 「契約更新月に解約する場合」と「契約更新月以外に解約する場合」で手続きの方法が変わってくるので、あなたの状況に合わせて解約手順で進めてください。 こちらの手順通り進めていけば、迷うことなく解約することができますよ。 GMOとくとくBBを解約前に契約更新月か確認すること GMOとくとくBBを解約するときは、契約更新月がいつなのか確認しましょう。 契約更新月の確認は、会員サイトの「」にログインして、 「現在ご利用中のサービス確認」という項目をクリックすれば、確認することができます。 ページが移動すると 「ご利用中の接続サービス」を確認できる画面が出るので、そちらに記載されている「契約更新月(2019年08年)」といった表示を見て確認してください。 解約した月が契約更新月じゃなければ手続き方法が変わってきます。 契約更新月の場合…BBnaviから解約手続きをする• 契約更新月以外の場合…メールまたは電話で解約手続きをする では、それぞれの解約方法について解説していきますね! とくとくBBを契約更新月に解約する GMOとくとくBBを契約更新月に解約するのは、ものすごく 簡単です。 とくとくBBの会員サイトの「」にログインしてください。 ログインできたら、TOPページの 「サービス・オプションの削除・解除」をクリックします。 「サービス・オプションの削除」というページに移動したら、一番下までスクロールすると 「GMOとくとくBBの解約」という欄があるので、そちらに表示されている 「解約」ボタンを押してください。 最後に、簡単なアンケートと同意事項を記入したら解約手続きが完了です。 解約申し込みの日にちに注意 GMOとくとくBBの解約申し込み日には3つの注意点があります。 1.月末ではなく「20日締め」• 3.期間外で解約すると契約解除料がかかる 月末締めではなく「20日締め」なので注意してください。 例えば、2019年8月が契約更新月の場合、2019年7月21日~8月20日までの期間に解約手続きをしなければ、8月中の解約に間に合わず、 契約解除料として9,500円かかってしまいます。 契約更新月の前月21日~20日の間に解約しないとダメということを覚えておいてください。 ぽけっぴー とくとくBBを契約更新月以外に解約する GMOとくとくBBを契約月以外に解約する方法は、 お問い合わせフォームまたは電話で手続きします。 解約申し込み日は 「20日締め」になっているので、8月中に解約したいのであれば、7月21日~8月20日までの間に手続きをしないといけないことを覚えておいてください。 8月21日~31日の間に解約すると9月末解約となってしまい、1か月分余計にお金がかかることになります。 1.メールで解約する メールで解約するには、「」から、必要な項目を入力していき、 「カテゴリ」の選択で 「退会・解約について」を選んで問い合わせをします。 問い合わせ内容とかは、解約したい旨が伝わればOKです。 お問い合わせをしたら、詳しい解約方法について説明されたメールが返信されてくるので、そちらに記載されている内容を確認して解約手続きを行いましょう。 とくとくBBお客様センター 0570-045-109 (平日10:00~19:00) 会員IDや契約者名、電話番号などを準備しておくとスムーズですね。 著者が実際に電話で解約手続きをときは、火曜日の13時半頃でした。 予想外だったのは、機種変更後の解約で24ヶ月未満の利用だったから違約金に15,120円かかったことですね。 契約申し込み後20日以内なら違約金が発生しない とくとくBBを契約更新月以外に解約するなら、契約して 20日以内にしておきましょう。 GMOとくとくBBは、対応エリアのピンポイント判定で「〇」なのに電波の状態が悪かった場合、申し込み日から20日以内なら違約金なしで解約できます。 届いてすぐにダメだと判断したら、こちらを利用するようにしてください。 利用して3カ月以上経ってるならキャッシュバックを受け取ろう もし、GMOとくとくBBを利用してから3か月以上経っているなら、 キャッシュバックを受け取れる11ヶ月目まで待った方が支払い総額が金額が少なくなります。 SIMカード送付先 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー GMOインターネット株式会社 GMOとくとくBBお客さまセンター 行 返却がなければSIM損害金として3,000円の請求がくるので忘れないようにしましょう。 ただ、契約更新月に解約した場合はSIMの返却が必要ないケースもあるので、解約をしたあとに送られてくるメールなどを確認してから送るようにしてください。 著者が解約したときは端末もSIMカードも返却せずに処分していいと言われました。 なお、端末は無料なので20日以内の違約金なしの解約でなければ、返却の必要はありません。 もし、登録証がどこにいったか分からないなら、からメールで再送信してもらいましょう。 解約違約金はどのくらいかかる? GMOとくとくBBの解約違約金はこちらになります。 GMOポイントの使い方については、下記の記事で詳しく解説しているので、解約前にポイントを無駄なく使いたい方はこちらもご覧ください。 GMOとくとくBBの解約方法まとめ 最後に、GMOとくとくBBの解約方法をまとめておきます。

次の