青 しそ ジュース。 青じその効能と長く保存する方法

しそジュースの作り方|クエン酸やりんご酢で簡単!保存期間や賞味期限も│Lettre du Nature

青 しそ ジュース

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の

青しその効果・効能とは?しそ茶や青しそジュースの作り方!

青 しそ ジュース

疲労回復効果と食欲増進作用があるので、夏バテのだるさや食欲不振の症状に効果的です。 この効果はシソの香りによるもので、香りの主成分のペリルアルデヒドが嗅覚を刺激し胃液の分泌の促進させるため、 食欲を促進させる効能があるのです。 また、抗菌・防腐作用もあります。 おにぎりにゆかりを混ぜたり、お弁当のご飯にゆかりをふりかけたりするのは、食中毒を防止という昔の人の知恵なのでしょうね。 シソの香り成分に含まれる リモネンには、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを分泌させる働きがあるということなので、ストレス解消作用に役立つことと思います。 シソには血行促進作用も持ち合わせるため、身体の疲労回復やちょっとした肩こり・腰痛にも試したいものです。 2.糖尿病を予防して便秘を改善 脂肪の消化や吸収を抑える作用を持つので、糖尿病予防やダイエットに良いといえます。 シソ自体の成分に含まれているのが、 ロズマリン酸です。 このロズマリン酸は血中に糖が増えるのを阻止する働きがあるので、血糖値が上がるのを抑えます。 これにより糖尿病の予防や、炭水化物ダイエットのような効果が期待できます。 リモネンにも脂肪燃焼作用があります。 シソの栄養素には食物繊維も豊富に含んでいるので便通を良くし、便秘を改善します。 含まれている栄養素の中の カリウムには利尿作用があり、むくみの改善にもなります。 これらの作用と香りの成分による食欲増進作用で健康的なダイエットが期待できるでしょう。 3.シミを撃退して美肌に近づく 更年期障害による苛立ちや食欲不振、子宮筋腫を改善します。 女性に不足しがちな鉄分も含むので貧血にも役立ちます。 シソの栄養素であるカルシウムは、ホルモンと密接な関係があり、カルシウムが不足してしまうとホルモンの分泌量まで減少してしまいます。 カルシウムは 更年期障害の苛立ちにも効果的です。 子宮筋腫については、東洋医学の目線では気、血、水が深く関わってきます。 ストレスを緩和し、血行を良くし、利尿作用を持つシソはそのような疾患に有効でしょう。 しそは 体を温める食材といわれているので、子宮筋腫を持つ方や冷え性の改善にも向いています。 カルシウムは特にエストロゲンという女性ホルモンとのかかわりが深いですが、それにより子宮筋腫が増大することはありません。 しそジュースを効果的に飲むタイミングや飲み方と保存方法 しそジュースの効能をより実感するためには、飲むタイミングを把握しておくと良いでしょう。 保存方法も知っておくと日常に取り入れやすいですね。 しそジュースを飲むタイミングと飲み方 しそジュースを効果的に飲みたいけど、いつ飲めばいいのかわからないという人もいると思います。 シソジュースを飲むタイミングは特に決まっていませんが、野菜ジュースと同じように考えて良いでしょう。 作る時にはクエン酸を入れると良いでしょう。 クエン酸を入れることで、よりいっそう疲労回復や肩こり、筋肉痛の予防に役立ちます。 また、痛風にも良いといわれています。 レモン汁や酢でも代用可能ですが、酢を使う場合は胃腸の弱い人や胃酸過多の人は気をつけましょう。 自分に合った時間と飲み方で大丈夫ですが、 おすすめは15時くらいです。 一日のうちで一番集中力が落ちる時間帯に当たるのですが、その時にしそジュースを飲むことで、クエン酸が脳の栄養源であるブドウ糖に代わり残りの時間の集中力を高めてくれます。 しそジュースの保存方法 保存はペットボトルや空き瓶に入れて冷蔵庫で保管しましょう。 クエン酸入りなら 1年保存可能なので、作り置きしておくと好きな時に飲めて楽です。 長期保存するとクエン酸は発酵します。 その為、シュワシュワと泡立ちますが身体への害はありません。 常温に長期間置いておくと発酵を通り越して酢になってしまうので、1年以上保存したい場合は濃縮に作ったしそジュースの原液を 冷凍保存や ビン詰密封すると安心でしょう。 カルピスのように割って飲むのもいいですが、製氷して暑い時に食べるのもおすすめです。 しその葉を保存する場合は、濡らしたキッチンペーパーに1枚づつ挟み、タッパーやポリ袋で空気が入らないようにして冷蔵庫で保管すればだいたい1週間くらい持ちます。 スポンサーリンク しそジュースに副作用やアレルギーはあるの? 沢山のメリットがあるしそジュースだけど、デメリットもあるのでは?と不安でチャレンジできなかった人もいると思います。 気になる副作用やアレルギーについてはこちらで確認してから、安心して実践しましょう。 しそジュースの副作用とアレルギー しそジュースに副作用はほとんどありません。 市販のものを買う場合は、砂糖をたくさん入れて甘くしてある物も多いので飲みすぎに注意してください。 その点では、自分で作った方が安心ですね。 アレルギーについては、食物アレルギーを持っている人は皮膚炎などを引きを超す可能性があります。 これは、香りの成分のべリルアルデヒドによるもので、直接アレルギーを発症させることはないのですが 促進させる作用があるようです。 人それぞれ合う食材、合わない食材があるのでこれについては注意が必要です。 花粉症などのアレルギー症状の緩和 反対に、しそにはアレルギー症状を緩和をしてくれる効能も沢山持っているのでそちらも紹介します。 アレルギーの原因には白血球中のTNF 腫瘍壊死因子 が増加することが原因の一つになります。 特にしその実に含まれているルテオリンはアレルギー症状を緩和する成分なので、花粉症の時期、アトピーや蕁麻疹にも効果的です。 免疫力が落ちている時の夏風邪にも良いでしょう。 しそには赤じそと青じそがありますが、効能を期待するなら赤じそを選びましょう。 クエン酸と合わせた時に発色する赤はシソニンによるもので、この成分もに有効な成分です。 花粉症の時期とは少し外れてしまいますが、赤じその 時期は6月~8月です。 青じそはスーパーなどで1年中売られているので、赤じその時期が過ぎたらそちらで対応すると良いでしょう。 おわりに 今回は、しそジュースの4つのすごい効能と効果的に飲むタイミングや副作用について紹介しましたが、いかがでしたか? 効能や効果的に飲むタイミングを知っておくと、もっといろんな場面で活用できるかもしれませんね。 しその良い香りと鮮やかな赤の発色に秘められた効果もお分かりいただけたと思います^^ ご紹介したことは、あくまでも民間療法としてご家庭で活用していただきたいことで、医療ではありません。 お加減が悪い時には、早めに医療機関で受診されることをお勧めします。 しそジュースの効果を試してみたいけど、スーパーでは売ってないしお店が近くにないという場合もありますよね。 そんな時は通販だとお店まで行く手間も省けますし、送料が無料の商品もありますので、ネットで手に入れるのがおすすめです。

次の

鮮やかな天然色♪夏バテ解消に効果的な「しそジュース」の作り方と効能、アレンジレシピをご紹介

青 しそ ジュース

花粉症予防に青紫蘇のジュース 花粉症には紫蘇の効能が期待できます。 家で作れる簡単なジュースを花粉症対策に取り入れてみましょう。 赤紫蘇で作ると赤みが綺麗なジュースが出来上がりますが、今回は通年を通して手に入れやすい青紫蘇で500mlペットボトルに入れる量の紫蘇ジュースを作ります。 紫蘇の効能は体に良いことづくめですが、紫蘇を大量に摂取したからと言って、必ず花粉症が治るわけではありません。 しかし症状の緩和と、花粉やウイルスに対抗する健康維持には効果が期待できます。 サプリメントのように効果的な補助だと考えましょう。 用意するもの ・水500ml。 ・青ジソ50~80枚。 ・氷砂糖50g(砂糖や蜂蜜で代用できます) ・クエン酸かお酢を小さじ2分の1程度。 入れなくても大丈夫です。 ・レモン数滴。 先ず、鍋に水500mlを入れて氷砂糖を加えて熱します。 氷砂糖は時折、スプーン等で転がすと、比較的早く溶けます。 氷砂糖の量は好みで加減しましょう。 甘い飲み物が苦手な方は、50gを一気に加えず、何度かに分けて味見しながら調節してください。 氷砂糖50gは、出来上がりも甘いので、妊娠中の方や糖分摂取が気になる時は30g程度でも十分です。 このレシピの紫蘇ジュースは最初の一口は甘みの方が強く感じますが、すぐに紫蘇の爽やかな清涼感が続く特徴があります。 甘さ控えめでも紫蘇の清涼感と香りはあります。 甘さの調節が済んだら、洗った青紫蘇を加えます。 紫蘇は葉をまるごと使うので刻んでも、刻まなくても大丈夫です。 ただ、最終的にはお湯から取り除くので、あまり細々にすると面倒です。 5分ほど弱~中火で煮立たせたら、蓋をして5分葉余熱で放置します。 煮立たせる時に、紫蘇の葉は下からの熱で浮いてきます。 水面にブクブクと浮かんでくるので沸騰中のやけどには十分、注意してください。 右写真:シソを茹でているところ 青紫蘇を煮立たせると、薄い黄緑色の湯になります。 煮立たせても紫蘇の爽やかな香りは消えないので香り付けは必要ありません。 葉を取り除いたら、クエン酸かお酢を入れます。 お酢の苦手な方はりんご酢やレモン等でも大丈夫です。 もちろん、何も加えずに青紫蘇の香りと甘みだけでも飲むことは可能です。 クエン酸やお酢の成分は紫蘇の持つミネラルが体内で酸化しないようにする働きや、血液をサラサラに保って腎臓への負担を改善します。 ですから、合わせて飲めば更によい効果が期待でます。 沸騰させていた鍋は熱いので、余熱が冷めるまで待ってグラスやペットボトルに入れ替えましょう。 すぐに飲む場合は氷を入れたグラスにそのまま注ぎます。 その時は少し青紫蘇を多めに使った方が良いでしょう。 時間をおいて冷ましてから飲む場合は、必ずふたのある容器で冷蔵庫に保存します。 そのまま放置すると、黄色ががっていたジュースが酸化して、薄い麦茶のような茶色っぽい色に変わってしまいます。 どちらにしても、保存料や余分な成分を加えない飲み物は冷蔵保存も長くはできません。 飲める量をこまめに作って、常に新鮮な紫蘇ジュースを飲むようにしましょう。 また、妊娠中は味覚が変わったり体調の変化も多いものです。 紫蘇自体は体によい食材ですが、レシピが合わない時や香りに敏感な時は、使用を中止してください。 香りがきつい時は、お湯で薄めたり炭酸で割ることもできます。 青しそはよく水洗いします。 (畑でとれたものは特に虫が多いので) また、クエン酸は薬局などで購入します。 鍋に2Lのお湯を沸騰させ、青しそを3分程度煮出します。 その後、青しそをとりだし、クエン酸・砂糖を上記レシピを参考に調整して加え、好みの甘さ・酸味にしてください。 味付けが終わったらそのまま粗熱を取り、冷蔵庫でよく冷やしていただきます。 【 補足 】 ・赤しそで作ると、クエン酸を入れた瞬間にきれいな赤色に発色してくれます。 味・香りでいえば青しそ、色をとるなら赤しそ、といったところでしょうか。 まず材料を用意します。 青しそはよく水洗いします。 (畑でとれたものは特に虫が多いので) また、クエン酸は薬局などで購入します。 鍋に2Lのお湯を沸騰させ、青しそを3分程度煮出します。 その後、青しそをとりだし、クエン酸・砂糖を上記レシピを参考に調整して加え、好みの甘さ・酸味にしてください。 味付けが終わったらそのまま粗熱を取り、冷蔵庫でよく冷やしていただきます。 ・赤しそで作ると、クエン酸を入れた瞬間にきれいな赤色に発色してくれます。 味・香りでいえば青しそ、色をとるなら赤しそ、といったところでしょうか。

次の