パフューム 口 パク。 「この歌手って口パクだよね?」←簡単に分かりますよ。

Perfumeが口パクを公言!?その理由やライブで口パクじゃない曲は?

パフューム 口 パク

Perfume(パフューム)は『ポリリズム』『ワンルーム・ディスコ』といった代表曲で有名なテクノポップユニットです。 そんなPerfumeですが、どうやら 年齢詐称疑惑が浮上しているようなのです。 今回はPerfumeの年齢詐称疑惑についてです。 Perfumeは年齢を詐称しているって本当!? Perfumeは樫野有香 かしゆか さん、西脇綾香 あ〜ちゃん さん、大本彩乃 のっち さんによる3人組のユニットです。 彼女たちの生年月日は公表されており、樫野有香さんは1988年12月23日生まれ、西脇綾香さんは1989年2月15日生まれ、大本彩乃さんは1988年9月20日で 全員30歳です 2019年9月11日現在。 西脇綾香さんは1989年生まれなので唯一の平成生まれですが、学年としては 他の二人と同学年になります。 さて、彼女たちは年齢を詐称しているのでしょうか? 結論から申し上げますと、Perfumeのメンバーは 年齢詐称をしていません。 Perfumeがメジャーデビューしたのは2005年ですが、前身のグループ「ぱふゅ〜む」は2000年に結成されています。 年齢を詐称するならこの時期からしていないと矛盾が生じてしまいますが、さすがに20年近く前のこの時期から年齢を詐称するのは無理があります。 ゆえにPerfumeは年齢を詐称していないと言っていいでしょう。 Perfumeに年齢詐称疑惑が浮上した理由は? ではなぜPerfumeに年齢を詐称疑惑が浮上してしまったのでしょうか? この疑惑が浮上したのはPerfumeの人気が出てき始めた頃です。 西脇綾香 あ〜ちゃん さんの 見た目が実年齢よりも上に見えたことから「年齢を詐称しているのでは」という疑惑が浮上してしまったようです。 また、ライブなどでも堂々としており、精神的に成熟しているように見えたのも一因です。 もちろん「そう見えた」だけであり年齢を詐称しているわけではありません。 最近はそれほど年齢詐称と言われていないようですが。 まとめ Perfumeは年齢を詐称していません。 年齢詐称疑惑が浮上してしまった理由は西脇綾香 あ〜ちゃん さんの見た目や堂々とした振る舞いのようです。 デビューから10年を越えても人気を維持しているPerfume。 今後も末永く活躍してほしいです。

次の

『Perfume』の“マイク2つ”パフォーマンスに呆れ「口パクなんだからさ…」

パフューム 口 パク

(C)まいじつ 3人組グループ『Perfume』の歌唱を巡って「口パクでは」と呆れる声が続出。 熱烈なファンからは口パクを事実上容認する声も出て、視聴者から賛否両論が巻き起こっている。 12月11日、Perfumeは『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)の第2夜に出演。 デビュー15周年を記念したメドレーを繰り広げた。 3人は『コンピューターシティ』、『Baby cruising Love』を披露。 ここでスタジオは明るく切り替わり、3人はマイクを置いた。 西脇綾香が聴衆に「楽しんでますか?」と呼び掛け、往年の人気曲『Magic of Love』と、映画『屍人荘の殺人』の主題歌『再生』の2曲を続けて歌って締めた。 「マイク2つ持って歌うの?」疑問の声 ファンは3人の歌いっぷりに酔いしれていたが、視聴者はその姿に素朴な疑問を持ったようだ。 『コンピューター』『Baby』の2曲で3人はマイクを持って歌っていたが、『Magic』以降の曲ではマイクを置き、ヘッドセットマイク越しに声を響かせた。 ただ、3人は序盤の2曲でもヘッドセットマイクを着けた状態だった。 視聴者はマイクを2つ持っていたPerfumeを面白がって見ていた様子。 また、「口パクでは」と指摘する声も多かった。 《マイク2個?www変なの》 《マイク着けてるのに何でハンディーマイク持ってるん??笑》 《ピンマイクしながらハンドマイク? ハウらないのかな? どっちかで良くないか?》 《ヘッドセットマイクにハンドマイク持ってるのに平然と口パクなんだよ》 《ライブは分からないけどテレビは口パクやと思ってるけど違うんかな?》 《絶対口パクなんだからPerfumeにマイク与えるの滑稽やからもうやめればって毎回思う》 一方、熱烈なファンは「口パクでは」と指摘する視聴者に抵抗感を持ったよう。 歌番組で見られる他のアーティストの「口パク」と同列にして扱うべきではないとの指摘が続出している。 《なぜ一般的なアーティストと同じ土俵で見てるのか》 《Perfumeはてかそもそも口パクせざるを得ないでしょ元が加工済みなんだから》 《ハンドマイク持って歌うのはライブ見れば分かるけど後の曲がマイクなしの振り付け曲だからなんだよ》 《Perfumeの口パクは、サウンドメークの1つとして捉えているので、一般的にいわれる口パクとは少し毛色が違う》 ファンの間では〝予定調和〟のようだ。

次の

Perfumeが口パクを公言!?その理由やライブで口パクじゃない曲は?

パフューム 口 パク

2015年12月04日 Perfumeときゃりーぱみゅぱみゅの口パク 今では当たり前となっているPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの口パク。 彼女たちの楽曲を手がけている中田ヤスタカが描くサウンドが機械音、電子音なため歌声も機械的、電子的じゃないといけない。 CD音源では彼女たちの歌声は加工されている。 Perfumeの3人はレコーディング時に、あまり感情が入らないように座りながら歌っているほどだ。 座りながらの歌入れはデビューから今に至るまでずっとしているという。 熱唱してはいけない、感情を入れてはいけない。 それが中田ヤスタカ理論。 楽曲をより良く魅せるためにあえて口パクにしてパフォーマンスをしている。 もし生歌で歌ってしまうと、その曲の良さがまったく出せなくなってしまう。 それはPerfume以外が歌っても同じだ。 Perfumeが決して歌が下手だから口パクにしているのではなく、中田ヤスタカの楽曲性を重視しているからこそ口パクでのパフォーマンスをしている。 音楽番組やライブでももちろんほとんどの楽曲で口パクを採用している。 時として生で歌う楽曲もあるが、ほとんどの楽曲は口パクじゃないと表現できないものになっている。 中田ヤスタカの楽曲が表舞台に出てくるまでは口パクで歌うことは批判的なことだった。 歌手のくせに口パクなんてバカにしている!恥ずかしくないのか!?と。 だが、そんな固定概念を打ち破ったのが中田ヤスタカサウンド。 口パクで歌ったほうが、カッコよく見せることができる、それを当たり前のものとした。 だから中田ヤスタカの楽曲を披露するPerfumeやきゃりーは口パクがもう当たり前のように許されている。 むしろ「何で今更そんなことを疑問に持つの?」くらいの感覚だ。 歌以外のものが秀でている 例えばPerfumeであればダンス。 高いヒールを履いての3人の息の合わさった指先まで使うクオリティの高いダンスは簡単には真似できない、他のアイドルやアーティストにはないものだ。 Perfumeは衣装やミュージックビデオの映像にしてみても、芸術面での評価が高い。 きゃりーは歌手というよりはポップアイコンとして、ファッション面、その生き方やキャラクター性などが多くの女子に支持されている。 支持されている部分、優れている部分が多いから、口パクは些細なことでしかない。 気にならないというのがPerfumeときゃりーのファン。 スポンサーリンク AKB48の口パク AKB48は上の2組とは違う、正統派のアイドルだ。 Perfumeやきゃりーはどちらかといえばアーティスト寄りのアイドル。 AKB48は正真正銘のアイドル。 男性からの支持が圧倒的である。 Perfumeやきゃりーが口パクをしている理由は楽曲の良さを前面に出すためだが、AKB48にはその理由がない。 Perfumeの機械的な電子的な楽曲でもない、AKB48の楽曲は一般的な歌謡曲だ。 昔の女性アイドル歌手は口パクじゃなかった 昔は口パクをしている女性アイドルはほとんどいなかった。 モーニング娘。 にしても、それ以前のアイドルにしても。 そもそも今のアイドル歌手も、ももいろクローバーZやE-girlsなどは生で歌っている。 AKB48だけが音楽番組でもライブでも口パクを常用化している。 それでいいの!?AKB48! 最近は生歌で披露することもある!? 一時期はほとんど口パク状態だったAKB48だが、最近では音楽番組で生歌で披露することもある。 極たまにだが、口パクをしなくなってきている。 そもそもAKBに歌の上手さを誰も求めてない 例えば口パクにしている理由が楽曲の質が落ちるとか、CDと全然違ってしまうとか、そういう理由であればそれは間違いだろう。 ファンは下手でもいいから頑張って歌っている姿が見たいのではないだろうか。 誰もAKB48が歌が上手いなんて思っていない。 AKB48に歌の上手さなんて求めていないのだから、下手でいいから生で歌って欲しいというのが世間一般的な考えなのではないだろうか。 ぜひAKB48にはこの先は生で歌うことを徹底してほしいものだ。

次の