山菜 ミズ。 【山菜】みず(ウワバミソウ)|時期・下処理の方法・おすすめの食べ方

みずとみずの実料理法〜山菜ネットショップ里山人〜

山菜 ミズ

赤みず ウワバミソウ とは? みずは山菜の中でも採りやすく美味しく料理しやすいことから、非常に人気があります。 山菜のみずは2種類あり、それぞれ茎の色の違いから 赤みずと青みずに分類されています。 一般的に「 山菜 みず」というと、このページで紹介する 赤みずを指します。 赤みずは ウワバミソウ 蟒蛇草 の山菜としての呼び名で、 イラクサ科ウワバミソウ属に分類されています。 日本全国で見ることができ、比較的採りやすい場所に生えていることから馴染みの深い山菜の一つです。 アク抜きの必要もなく、クセの無い食味で様々な料理で美味しく食べられます。 レシピも豊富で、お浸しや和え物をはじめ、煮物や味噌汁の具材など何にでも合います。 山間部では栽培されていることも多く、スーパーなどで購入することも可能な山菜です。 ウワバミソウのウワバミとは大蛇のことを指していると言われ、大蛇の生息していそうな湿地帯や水辺などに生えていることから、この呼び名が付けられたと言われています。 こういったことから、昔から日本人の食生活にも馴染みの深い山菜だったと考えられています。 名前 赤みず 呼び名 みず,ミズ,赤ミズ,ウワバミソウ,蟒蛇草,大蛇草 学名 Elatostema umbellatum 分類 イラクサ科ウワバミソウ属 旬の時期 4月~6月 採れる場所 水気のある斜面や湿地帯に生えていることが多いです。 道路脇などにも群生します。 食べ方 湯通ししてからお浸しや和え物にすると美味しく、炒め物の具材としても絶品です。 似ている山菜 青みず 赤みず ウワバミソウ の採り方 水辺や水分量の多い斜面に群生 赤みずは水辺や湿地帯に群生していることが多いので、そういった場所を探すと比較的簡単に見つけられます。 また湧き水が出ているような場所にも生える他、水が滴っているような斜面にの群生しやすい特徴があります。 と一緒に生えていることが多く、どちらかを見つけたらその周辺をセットで探すのもオススメです。 根を採ってしまうと翌年に繋がらないので、根元から1~2cm上から折るようにして採りましょう。 赤みず ウワバミソウ が採れる時期 地域差はありますが、4月の後半くらいから見かけることができます。 旬としては5月~6月くらいで、茎もしっかりとした美味しいみずを採ることができます。 赤みず ウワバミソウ の下処理・食べ方 赤みずの下処理 赤みずはアク抜きの必要はありませんが、 下処理が必要です。 ここでは 赤みずの下処理の方法を紹介します。 根元のヒゲと葉を取り除く• 茎に折り目を入れ、薄皮を取り除く スジばっているのでとる必要がある 赤みずの下処理といってもこれだけです。 後は料理によって下茹でなどを行います。 赤みずの食べ方・調理方法 お浸しや和え物にする場合は、沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れて、下処理した赤みずをいれてサッと茹でます。 その後は冷水に浸し、粗熱が取れたらお好みの味付けをしましょう。 炒め物にするときは、下処理した赤みずをそのまま他の具材と一緒に炒めます。 豚肉との相性が良く、醤油ベースの味付けが一番のオススメです。 赤みず ウワバミソウ のレシピ 赤みず ウワバミソウ の栽培方法.

次の

【山菜】みず(ウワバミソウ)|時期・下処理の方法・おすすめの食べ方

山菜 ミズ

特徴 [ ] 日本では沖縄を除く各地の山間部の渓流わきや、水気の多い岩場などに群生する。 森の中など比較的日陰を好み、流れが殆ど視認できない水をたっぷり含んだ沢の近くの腐葉土層ほどよく成長する。 好条件の場所であれば、草丈70 cm 、茎の太さは成人男性の小指ほどの太さに成長するものもある。 名称の由来は、野生場所が(大蛇)の住みそうな所に生えている草という意味から名付けられ、山菜の「ミズナ」としても有名である。 また、山菜名「ミズ」は方言で、水辺や湿地帯で自生していることに由来する。 近縁種の( E. japonicum)も同様に食用とされる。 標準的な草丈は30 - 50 cmで、は多肉質で柔らかく、はゆがんだ長楕円形で茎に互い違いにつく()。 で、春から初夏、4 - 6月にかけて緑白色の小さな花をつけ、雄株は4弁花、雌株は3弁花を球状に咲かせる。 秋になると、葉の根元が肥大してとなる。 冬には地表部分は枯れるが、根は生きており、春にはまた芽が出る多年草である。 外見はに似ており、相違点はアオミズのほうは葉が向き合っていることから容易に区別がつく。 ムカゴ [ ] 赤ミズの葉の付け根にできたムカゴ。 (高解像度) 東北地方では根元まで青いものを青ミズ。 根元が赤く葉の付け根に小豆色のムカゴができるものを赤ミズと呼んでいる。 大きな小豆色のムカゴができるものはこの赤ミズで、全草が枯れる前までにこのムカゴから芽が出る。 見た目は小さいが姿は親同様。 草丈10cm以上に伸びるものもあり、枯れて地面に倒れる前から根を伸ばし始める。 雪が降るまでにはムカゴから出た地上部は枯れる。 ウワバミソウは地下茎と、このムカゴによって群生を作りやすい。 利用 [ ] 薬用 [ ] 特別な効用を持った成分はないが、斜めに延びた赤紫色を帯びる茎と、短く紅色を帯びた根茎は、つぶすと粘液質を含む。 この粘液が皮膚面を保護する作用があり、皮膚の外傷回復を早める働きがある。 虫刺されや小さな切り傷、すり傷に生の茎や根をすりつぶした粘液を患部につけると、早期治癒に役立つとされている。 食用 [ ] 4 - 5月頃の淡緑色の若葉は、癖がなくて味がよいとして食べられている。 茎は柔らかくて根元付近は粘り気があり、アクやクセが少ない。 地上部の茎葉を根際から摘み取り、湯がいて食用にされ、、、、、などにされる。 また、むかごも食用となる。 鍋で塩ひとつまみ入れて沸騰させた湯に、茎葉を入れて茹ですぎないように1 - 2分ほどで茹で上げ、冷水に浸してから調理される。 6 - 7月頃のよく生育した茎葉は、表皮を除いて茎だけを軽く茹で、鮮やかな緑色になったら冷水に浸して、水切りしてから調理される。 もっとも一般的な食べられ方は水煮にした後、昆布、塩、一味で味付けされたもの。 海の近くではこれに生のホヤが入っている地域がある。 炒め物は油揚げと一緒に醤油、砂糖、酒か味醂などと一緒に炒めたもの。 ウワバミソウがよく採れる地域では、家庭料理のほか、小料理屋でもお通しなどで出されることもある。 また、根や根元の赤い茎は粘りが強いことから、よく土や絡んだ腐葉土を取り除いた後に皮を剥き、生のまま、味噌と一緒に叩きにする調理方法もある。 すりこぎなどで叩き、さらに包丁で細かく刻み、酢、味噌、砂糖を加えた甘酢味噌で調理すると、ミズトロロになる。 ほのかな土の香りがする酒の肴として、ごはんにのせて食べてもおいしい。 脚注 [ ]• 参考文献 [ ]• 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、69頁。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

みずとみずの実料理法〜山菜ネットショップ里山人〜

山菜 ミズ

名の由来、菅江真澄「ミズの汁」、採り方、ミズのコブコ採り、料理、薬用効果、ミズ写真館 渓流沿いや水の滴る崖、滝の近く、水の流れるジメジメした所に群生する。 特に 日当たりの悪い深い谷で、清冽なしぶきを浴びるようなところでは、よく伸びた太いミズが採れる。 春から秋 5~10月 まで、約半年間にわたって美味しく食べられるだけに、山では最も重宝する山菜である。 山ごもりする方はもちろん、山で遭難した場合など、何はさておきミズだけは、絶対に覚えておかなければならない山菜の筆頭である。 ありがたいことに、 沢筋の水が流れる湿地帯には、「ミズ畑」と呼びたくなるほどの大群落を形成し、大量に採取できる。 クセもなく、どんな調理にも合う。 だから 実用的には「山菜の王様」である。 根元の色によって、アオミズ、アカミズと区別しているが、粘りのあるアカミズの方が美味しい。 名前の由来 方言のミズは、茎が柔らかく水分が多いから「水 ミズ 」。 正式名のウワバミソウは、ウワバミ 大蛇 の住みそうな暗くジメジメした所に生えることから名付けられた。 困ってしまい、手を合わせてあやまると、それではその代わりに酒を飲めとたくさん飲ませられる」 採り方 根が太く赤味の強いものを選び、根際から一本づつ根を残すように折り取るか、ナイフで切り取る。 束ねたら、葉の部分をねじり取って茎だけ採取する。 秋口、ミズのコブコ採り 秋口になると、茎と葉の付け根に小さな丸いムカゴ状の実がつく。 秋田では 「ミズのコブコ」と呼んでいる。 カモシカは、ミズのコブだけを選り分けて食べるくらいで、人間にとっても大変美味い。 先端についているミズのコブだけを摘み取り、葉の部分は捨てる。 それだれけに料理のバリエーションも広い。 調理するときは、根、茎、秋のコブコ ムカゴ に分け、茎は皮を剥いでから調理する。 根はミズたたき、茎は浅漬け、炒め物、汁の実など、コブコは塩漬けが美味い。 おひたし、ミズたたき、即席漬け、汁の実、煮付け、油炒め、卵とじ、和え物など。 ミズの若葉は天ぷらに。 沸騰したお湯に塩をひとつまみ入れてゆで、冷水にさらしてから、3~4cmほどの長さに切る。 みじん切りにしたショウガと塩をふり、指先で軽くもみながら混ぜ合わせる。 塩昆布で混ぜ合わせると簡単である。 数時間で食べられる。 また、ミズとカブ、キュウリなどの野菜と一緒に一夜漬けにすればなお美味い。 さらにまな板の上で粘りが出るまで包丁でたたく。 これに味噌を入れて混ぜながら軽くたたいて、最後に山椒の葉(またはニンニク)を細かく刻んで入れる。 小鉢に盛り、山椒の葉を添える。 下処理したコブコを容器に入れ、塩漬けや塩昆布漬け、味噌漬け、松前漬けにして一晩おけば、粘りのある美味しい漬物「ミズのコブコ漬け」ができる。 薬用効果 栄養価が高く、ビタミンB1、B2、Cやミネラルが多く含まれ、かぜ、がん予防、抗酸化作用、解毒作用があるとされている。 ミズ写真館 参 考 文 献 「薬効もある山野草カラー百科」 畠山陽一、パッチワーク通信社 「山菜・薬草 山の幸利用百科」 大沢章、農文協 「ひと目でわかる 山菜・野草の見分け方・食べ方」 PHP研究所 「山渓名前図鑑 野草の名前」 高橋勝雄、山と渓谷社 「読む植物図鑑」 川尻秀樹、全国林業改良普及協会 「山菜ガイドブック」(山口昭彦、永岡書店) 「山菜採りナビ図鑑」 大海淳、大泉書店 「日本の山菜100 山から海まで完全実食」 加藤真也、栃の葉書房 「山菜と木の実の図鑑」 おくやまひさし、ポプラ社 「採って食べる 山菜、木の実」 橋本郁三、信濃毎日新聞社 「おいしく食べる山菜・野草」 世界文化社 「あきた山菜キノコの四季」 永田賢之助、秋田魁新報社.

次の