どうしたら良い 敬語。 敬語 「それで良い」はどうなるの??

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」|OTONA SALONE[オトナサローネ]

どうしたら良い 敬語

30代前半女性です。 40代半ばの男性と5年程お付き合いをしています。 私が住んでいる所は田舎で、市街地まで車で2時間ほどかかります。 彼は同じ所に住んでいるのですが出張で市街地に宿泊しています。 約一年ほど。 毎週末帰ってきて、こちらで過ごし日曜日の夜に出張先に戻るという生活をしています。 たまに私が出張先に行ったりしていたのですが市街地のため出かけるとなると人ごみが怖く飲みにも行けないので最近はずっと行っていません。 と言っていたらご飯自体をキャンセルしたらしく、行かないことになったと報告を受けました。 密を避けてなど言わないとキャバクラに行くと思ったからです そして昨日、出張先が同じだった同僚が昨日で最終日だからという理由でご飯に行くことになった。 ごめん。 と言われ、行ってらっしゃい。 と普通に見送りました。 帰りの電話があったのは2:30です。 今日も仕事なのに… 案の定キャバクラへ行っていました。 私が「あー行っちゃったんだ…」と言ってしまったら「そうよね。 今まで避けてたのに行くんだって思うよね。 俺はダメ人間だ。 ダメだ。 終わってる」と落ち込み始め、二週間ここから帰らないと言い始めました。 私はどちらでもよかったのですが、すごく機嫌が悪くなり、ずーっと敬語で話されました。 ここで相談なのが、彼は帰ってきても良いでしょうか。 私の県はコロナ感染者は一家族だけです。 話が逸れますが、少し前から別れようかなと思っていた所ではあります。 理由としては ・すぐばれるような嘘をつく 私からしたら、その場しのぎです ・言っていることとやっていることが矛盾している ・私が夕飯をつくるのをさぼってテイクアウトすると「自分だけうめーもん食ってから」と言う ・先が見えない 最初は結婚すると言っていたが離婚している子供が成人してからに勝手に変わった。 高校二年生 ・飲むと声と気が大きくなる などです。 悩んでいます….

次の

「どうすればいい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

どうしたら良い 敬語

「取りに行く」を敬語にする際には、「行く」という動詞を敬語に変換するのが適切です。 「取りに行く」は「取る」と「行く」が合わさって1つになっているので、1回分解して1つずつ敬語にして、それからまた合体させて1つの敬語を作り出すのが正解となります。 しかしこの際、「取る」の敬語は「お取りする」なので、そのまま合体させると二重敬語です。 ですのでそのまま使用して、正しい形は、「取りに伺う」となります。 謙譲語の「取る」は「お取りする」で「行く」は「伺う」 「取る」は主に自分に対して使う機会が多いですし、「行く」も自分に対して使う言葉です。 ですから、「取りに行く」も自分に対して使う機会の多い敬語となります。 ですので、そういう言葉を敬語表現にする際には、必然的に謙譲語となるでしょう。 ですから、謙譲語で「取る」を「お取りする」に変換するのです。 その結果、「取る」は「お取りする」になり、「行く」は「伺う」になります。 しかし、「行く」を敬語にする際には、「伺う」のほかにもう1つ言い方があるのです。 それが、「参る」という言い方になります。 ですから、「取りに行く」の敬語として、「頂きに参ります」も正解と言えるでしょう。 「参る」よりも「伺う」の方がかしこまった敬語 「参る」と「伺う」は、敬語としてどう違うのでしょうか?どちらも「行く」の謙譲語であるのは間違いないのですが、「伺う」は「参る」に比べて、若干かしこまっているのです。 ですから、「伺う」の方が、より目上の人に使いやすい敬語となります。 どちらも「取りに行く」を敬語にする際に使えますが、その違いは理解しておく必要があるでしょう。 「取りに行く」を敬語にする機会がある可能性もある 「取りに行く」は、基本的には自分の行動を示しますから、謙譲語となります。 そして、謙譲語にした場合は「取りに伺う」「取りに参る」という敬語で間違いありません。 しかし、「取りに行く」を尊敬語で表現しないとならない機会も、今後訪れるかもしれません。 そんな時にはどうしたら良いでしょうか? 敬語だと「取りに来る」を意味する「お取りにいらっしゃる」になる 「取る」を尊敬語にすると、「お取りになる」になります。 これは、動詞を尊敬語にする際の一般的な変換方法です。 そして、「行く」を尊敬語にする場合は、相手の行動なので「来る」と同様だと考え、「いらっしゃる」となります。 あとはこの2つの言葉をくっつけるだけです。 この2つの言葉をくっつけると、「お取りにいらっしゃる」となりますよね。 つまり、「取りに行く」の正しい尊敬語表現は「お取りにいらっしゃる」になるのです。 「取りに行く」を敬語にすると「取りに伺う」「取りに参ります」で尊敬語だと「お取りにいらっしゃる」となる 以上、「取りに行く」の敬語2つと尊敬語の表現をご紹介しました。 「取りに行く」を敬語にする際には、まず「取る」と「行く」に分解して、それぞれを敬語にして考えると、適切なかたちになります。 「取りに伺う」「取りに参る」「お取りにいらっしゃる」のどれかを用いて、ただしく敬語を扱っていってください。

次の

「どうすればいいでしょうか」に関連した英語例文の一覧と使い方

どうしたら良い 敬語

・この課の「テーマ」と「Can do」を確認し、文章の場面を確認する。 ・文章を読んで、主人公「アレックス」が使っている敬語について、どこが変か、どういえば良いのかを考えさせる。 ウォーミングアップ T:今日のトピックは「訪問する」です。 T:訪問するはどんな意味ですか。 S:誰かの家に行くことです。 T:そうですね。 T:みなさんは、友達の家や知り合いの家に訪問する時、何か気をつけていることはありますか。 S1:特にありません。 T:じゃあ、日本人の人の家を訪問する時、何か気をつけなければいけないと思いますか。 S1:敬語を使う。 S2:丁寧な言葉を使う。 T:そうですね。 T:じゃあ、教科書を見てください。 S:(教科書を見る) T:じゃあ、S1さん、最初の文を読んでください。 S1:(読む) T:アレックスさんはどこへ行きますか。 S:日本人の友達の家。 T:アレックスさんはこの友達の家に行ったことがありますか。 S:いいえ、初めてです。 T:いいですね。 じゃあ、二人の会話を読みましょう。 会話を読む T:じゃあ、S1さんはアレックスさんです。 S2さんは金子さんです。 私は金子さんの妻です。 T:S1さん立ってください。 S1:立つ。 T:じゃあ、読みましょう。 読む時は、プリントを見ながらでいいので、役になりきって、読む。 読んだ後に・・・ T:はい、アレックスさんと、金子さんの妻の会話はどうでしたか。 何か変なところがありましたか。 ペアの人と相談してみてください。 S:(相談する。 ) T:相談できましたか。 S:はい。 T:じゃあ、何が気がついたことはありますか。 S1:「電話をかけますか」は変です。 S2:遠慮しません。 はダメですか。 Sの回答を確認した後・・・ T:じゃあ、1つずつチェックしましょう。 T:S1さん、最初の文を読んでください。 S:あのー、すみませーん! T:これは良いですか。 S:良いと思います。 T:そうですね。 でも、もっと良い言い方があります。 「ごめんください」です。 ・すみませーん。 ・はい、どうも。 ・ありがとうございます。 ・これは有名なデパートで買ったクッキーです。 どうぞ。 ・はい、遠慮しません。 敬語で行ってみよう ・正しい敬語の表現や形を確認する。 ・確認できたら、もう一度、文章を正しい敬語を使って読む T:はい、全部読めました。 T:人の家に行った時、玄関で家の人を呼ぶ時、何と言いますか。 S:「ごめんください。 」 T:相手が、「いつもお世話になっております」と言ったら、何と言いますか。 S:「いいえ、こちらこそ。 」 T:家に入る時、何と言って、入りますか。 S:「お邪魔します。 」 T:プレゼントやお土産をあげる時、何と言ってあげますか。 S:「これ、つまらないものですが・・・。 」 T:料理をみます。 奥さんが作ったのかどうか知りたいです。 何と言いますか。 S:「これ、奥さんがお作りになったんですか。 」 T:帰る時には、何と言って帰りますか。 S:「失礼します。 」 T:いいですね。 じゃあ、もう一度、文章を読みましょう。

次の