ふくびくうえん。 副鼻腔炎(蓄膿症)の手術 ESS内視鏡下副鼻腔手術|岩野耳鼻咽喉科

副鼻腔炎とは? 症状、原因、種類について解説致します|アレルギーi

ふくびくうえん

根治が難しい副鼻腔炎(ふくびくうえん) 副鼻腔炎(ふくびくうえん)とは? 鼻の中は、「 鼻腔(びくう)」と「 副鼻腔(ふくびくう)」という空洞で出来ている。 副鼻腔は、鼻の中心に大きくある 鼻腔のさらに奥にある。 頬の内側や眉間、そしてこめかみのあたりまで狭く広がっている。 そのため、一度問題が起こると通気性や浄化作用などが一気に落ち、炎症が起きる。 これが 副鼻腔炎(ふくびくうえん)だ。 画像出典 : 副鼻腔炎の種類 副鼻腔の炎症は、2種類ある。 「 急性」副鼻腔炎• ウィルスや細菌などが原因• 一過性の炎症(数週間で治る)• 「 慢性」副鼻腔炎• 通称:蓄膿症(ちくのうしょう)• 長期的かつ繰り返し炎症• 原因は、様々(例:長期的不衛生によってたまった膿、 自己免疫疾患による炎症、アレルゲン吸引によるアレルギー反応) EGPA闘病者の多くが経験する 好酸球性副鼻腔炎は、それ自体が指定難病に認定されている自己免疫疾患。 増えすぎた好酸球がポリープ(鼻茸)やミューカス(粘液)を勝手に作り出し、自分の体を攻撃する。 そして、鼻奥から喉へ流れ落ちるミューカスにより、 気管支炎も引き起こす。 また、耳と鼻はつながっているため、耳の内側(耳管や中耳)の炎症も引き起こす。 ( 好酸球性中耳炎) 本記事に関連するEGPA症状• 好酸球性副鼻腔炎 嗅覚障害・味覚障害• 鼻茸・ポリープ• 歯やあごの痛み・顔面の腫れ• 肩の異常な張りなど• 好酸球性中耳炎 なお、次に紹介するセルフケア方法は、急性副鼻腔炎や、膿や嫌な匂いを併発する蓄膿症にも効果がある。

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術 ESS内視鏡下副鼻腔手術|岩野耳鼻咽喉科

ふくびくうえん

目次 鼻の病気にはいくつか種類がある 簡単に分けると、 アレルギー性鼻炎や 鼻かぜ、そして 副鼻腔炎です。 これらは単発で起こることもありますが、 一緒に合わさって症状が出ることもあります。 外国人のような高い鼻にあこがれたりする方も多いのではないでしょうか笑 今は見た目の役割についてはさておき笑 そもそも鼻の機能的な役割はご存知ですか? 大きく分けて3つあります。 寝ている時も口呼吸だとのどが乾燥して痛くなりますし、 冷たい空気が入ってくると気管などがびっくりしてセキが出やすくなったりしますし、 何よりも細菌などの異物を防いで体を守っています! 副鼻腔炎とは それでは今回の本題に入ります。 副鼻腔とはどこの場所を言うのでしょうか。 簡単に言うと 目の後ろあたりや ほっぺのあたり、 鼻の部分にある小さな空洞のことを言います。 けっこう広い範囲に分布していますね。 このいずれかの空洞に炎症がおこると、 黄色い鼻水が出たり、 目・頭・ほっぺ付近が痛かったり、 においが分かりづらい、 変なにおいがするなどの症状が出ます。 治療 ・ 一番大事なのは鼻水をためないこと 注意点として、 鼻は強くかまないようにしましょう。 お子さんの場合中耳炎になることがあります。 まだ小さいお子さんで、自分で鼻がかめないときは、市販の吸入器などで吸ってあげるのが良いでしょう。 昔は管を鼻に入れて、親が吸っていることも多かったそうですが、最近は便利な機械や道具がたくさんありますよ! ・ 次に薬です 鼻水が黄色いと細菌がいることが多いので、 抗生物質が必要になります。 場合によっては、通常よりも 少ない量の抗生物質を長期間服用する場合もあるので、医師の指示に従いましょう! 抗生剤についてはこちらの記事を参考にしてください(まだ種類が少ないですが少しずつ増やしていきます) アレルギー性鼻炎も合併している時は、アレルギー薬も使います。 アレルギー薬は眠気が出ることもあるので、注意しましょう。 病院では吸入で薬を入れる場合もあります。 ・ 重症の時は手術 小さいお子さんで手術をすることは少ないですが、だいたい中学生以上で重症の場合は手術をすることもあります。 複数の薬剤師で運営しております。 【ひよこ薬剤師1】 調剤薬局で働いている現役薬剤師です。 薬の副作用をメインに記載していきます。 薬剤師の大きな仕事の1つは、副作用の早期発見だと思っております。 また、副作用で生活上、事故が起きないようにすることも重要です。 その為には、使用者からの情報提供が必要であり、使用者の知識、認識が重要です。 薬の批判ではなく、薬にはリスクが少なからずあるので、適正使用すること、異常があれば医師・薬剤師にすぐに伝えること等を周知させたいと思っています。 副作用を知って、薬を上手に使用しましょう! 【ひよこ薬剤師2】 SNSは私のリンクです。 私は病気や薬の使い方、健康などについて書いていこうと思ってます。 コメント.

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の手術 ESS内視鏡下副鼻腔手術|岩野耳鼻咽喉科

ふくびくうえん

風邪をひいたあとにいつまでも鼻汁が出たり、鼻がつまる。 あるいは、鼻炎か花粉症と思っていたら粘り気のある鼻汁になって、ノドにひっかかる感じがする…もし、そんな症状がみられたら、慢性副鼻腔炎(ふくびくうえん)の可能性があります。 そこになんらかの原因で細菌などが入ると、炎症を起こし、鼻汁や鼻づまりなどの不快な症状をくり返すことがあります。 それが副鼻腔炎という病気で、急性と慢性を合わせると 毎年 1000万~1500万人もの人がかかっています。 ところがほとんどの人は、自分では気づいていません。 「風邪が長引いている」と思っている人が多く、軽度なら症状が自然に治まってしまうこともあるからです。 しかし、放置していて慢性副鼻腔炎になると、いつも鼻がつまった状態になったり、膿(うみ)のような鼻汁がたまったり 、さらには頭重感や倦怠感がしたり、においがわからない嗅覚障害になったりして、日常生活にも支障を及ぼすようになります。 また最近、慢性副鼻腔炎にも非常に治りにくいタイプのものがあることや、アレルギー性鼻炎や気管支喘息(ぜんそく)を併発しやすいことなどがわかってきました。 鼻汁などの症状が長引いているときには、早めに受診することが大切ですが、まず慢性副鼻腔炎について知っておきましょう。 副鼻腔という空洞がなぜあるのかはよくわかっていませんが、いずれも鼻の穴(鼻腔)とつながっているため、細菌などが入ることがあります。 急性と慢性の違い 副鼻腔炎の原因でもっとも多いのが、風邪やインフルエンザのウイルスや細菌による感染です。 風邪などのときに鼻の穴(鼻腔)の粘膜がはれると、その奥にある副鼻腔の入口がふさがり、空気の流れが悪くなります。 そうなると副鼻腔の中の圧力が変化し、痛みを生じることがあります。 さらに、副鼻腔内に細菌感染が生じると、濃い鼻汁が出たり、発熱したりして、さらに痛みが増します。 急性副鼻腔炎が目に近い副鼻腔で起こると、少数ですが視覚異常を生じることもあります。 もし鼻汁だけでなく、目になんらかの異常を感じたときは、すぐに受診する必要があります。 一方、慢性副鼻腔炎では痛みはほとんどなく、鼻汁が出る、鼻がつまる、においがわかりにくい、からだがだるいといった症状が続きます。 そのため風邪やアレルギー性鼻炎などと間違えやすいのですが、こうした 症状が1カ月以上続くときは、耳鼻咽喉科などを受診して検査を受け、まず原因(細菌感染、アレルギー、その他)を特定し、適切な治療を受けることが大切です。 細菌などの感染による慢性副鼻腔炎の場合、軽症のうちなら通常は抗生物質の服用や膿の吸引、副鼻腔の洗浄などによって改善されます。 症状の程度によって異なりますが、治るまでに3カ月程度はかかるので、医師の指示にしたがってきちんと治療を続けるようにしましょう。 放置していたり、勝手に治療を中断したりして悪化させると、鼻タケ(粘膜がはれてキノコ状の良性のポリープになったもの)ができることがあります。 そうなると、治るまでに時間がかかり、鼻タケが増えると除去手術が必要になることもあります。 治りにくいタイプの慢性副鼻腔炎 最近、いままでのタイプ(細菌感染)とは異なる、治りにくい慢性副鼻腔炎が増えていて、注目されています。 それは好酸球性副鼻腔炎です。 特徴的な症状は、鼻タケがたくさんできること、ドロッとした固い感じの鼻汁が出ること、ひどい鼻づまりを起こしやすいことなどです。 従来の抗生物質(マクロライド系)が効きにくいため、内視鏡手術で鼻タケなどを除去し、副鼻腔内をきれいにしてから、好酸球をおさえる薬などで治療をおこないます。 鼻タケが少ないほうが手術も軽く済むので、 濃い鼻汁やひどい鼻づまりの場合には早めに受診して治療を受けるようにしましょう。 また、再発しやすいので、医師の指導にしたがって気長に治療に取り組むことも大切です。 一方、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の人が、慢性副鼻腔炎を併発するケースも増えています(その逆に、慢性副鼻腔炎の人が気管支喘息などを併発するケースもあります)。 どちらもアレルギーがなんらかの悪影響をもたらしていると考えられていますが、 こうしたケースでは片方の治療だけでは完治しにくいので、耳鼻咽喉科、呼吸器科、内科などが連携して治療を進める必要があります。 アレルギー性鼻炎などがある場合には、医師にその旨を伝えるようにしましょう。 また、虫歯による細菌感染や歯の治療(インプラントなど)がきっかけで、慢性副鼻腔炎を起こすケースもみられます。 上の奥歯に虫歯があったり、インプラントをおこなったあとに、副鼻腔炎と同じ症状がみられた場合には、歯が原因の可能性もあります。 日常の予防と注意 風邪をきっかけに慢性副鼻腔炎を起こしやすいので、予防の基本はまず、 できるだけ、また、風邪をひいても長引かせないことです。 とくに、鼻風邪には要注意。 鼻の穴だけでなく副鼻腔内にも鼻汁がたまり、ひどい鼻づまりが続くようになると、自分では除去しにくくなります。 その場合には、耳鼻咽喉科で副鼻腔洗浄をしてもらい、鼻汁をきれいに取り除くと悪化を防ぐことができます。 放置していて鼻タケが増えてしまうと治るまでに通常は6カ月以上かかるので、症状が軽いうちに対処するほうが賢明です。 アレルギーが原因の鼻炎やなどがある人は、すでに紹介したように慢性副鼻腔炎を併発しやすい傾向がみられます。 また、鼻タケなどができて悪化しやすいので、早めの受診を心がけましょう。 鼻づまりを起こしたときに、市販の点鼻薬(スプレー式など)を使うと、一時的に症状が改善されます。 しかし、使い続けていると、薬の効き目が薄れたときにかえって鼻づまりを強く感じたり、症状を悪化させてしまうこともあります。 耳鼻咽喉科を受診したときに医師に指導してもらうか、市販の鼻洗浄器を使ってみるのもいい方法です。 しかし、風邪薬にはほかの成分も入っているため、胃痛、倦怠感、眠気、便秘などをひき起こす可能性があります。 鼻汁や鼻づまりの解消のために風邪薬を使い続けるのはやめましょう。

次の