ネツァク ロボトミー。 ゲブラーとは (ゲブラーとは) [単語記事]

ロボトミーコーポレーションプレイ日記5

ネツァク ロボトミー

"ズバリ言うなら、私たちを区別する意味なんてないって事よ。 " 中央本部チーム担当。 金髪碧眼、長髪でをしている。 女の子供。 イラストでは左。 強気でキツイ態度。 管理人に対しても辛辣で、仕事の邪魔をするなといった旨の発言も多い。 男のティファレトとは双子で、「仕事が多くて人手が足りない」為に二人で一つのセフィラだという。 Tiphereth(ティファレト) "管理人はうまくやってくるはずだよ。 今までもそうだったように。 " 中央本部チーム担当。 金髪青目、短髪でカチューシャをしている。 男の子供。 イラストでは右。 寡黙で控えめな態度。 女のティファレトのキツイ発言をフォローするかのように優しい発言をすることが多い。 哲学的な疑問をよく考えており、そのためかボーっとしているような印象を受ける。 研究内容は、防御弾の解禁。 管理人が直接職員に対して援護を行うことが出来るようになる。 セフィロトの樹においてテファレトは「 美」と訳される。 Gebura(ゲブラー) "死ぬこともできない命だ。 出来る限り苦しめてやれ。 " 懲戒チーム担当。 赤髪長髪で、顔に傷がある。 赤いライダースーツのようなぴっちりした服装を着ている。 エロい。 戦闘狂のような言動で、戦闘を嫌う発言を軟弱者と切り捨てる。 アブノーマリティのことを憎んでおり、セフィラとしては珍しく自身がアブノーマリティの制圧に率先して出撃している。 研究内容は、対アブノーマリティ弾の解禁とウサギチームの解禁。 脱走したアブノーマリティを収容室に叩き返すときには大いに役に立つだろう。 セフィロトの樹においてゲブラーは「 峻厳」と訳される。 Chesed(ケセド) "歳月は刀剣と同様に、愛する者達の重ねる手を切り裂いてゆこうとするものです。 " 記録チーム担当。 モノクルをしている。 時間に関する技術を担っており、プレイヤーが行ってきたリトライや職員の雇い入れについてある種メタ的に言及する。 存在自体がネタバレに近いので検索時は注意する事。 研究内容は、職員のステータス上限の解禁。 本来の上限を超え成長した職員はアブノーマリティにも引けを取らないスペックを発揮するだろう。 なお、名前の由来となっている第二セフィラの名前は「コクマー」なのだが、彼の名前は一文字違う「ホクマー」となっている。 セフィロトの樹においてコクマーは「 知恵」と訳される。 Binah(ビナー) "積み重なった全ての残骸を受け止めるには、決して折れない自我が必要だ。 " 抽出チーム担当。 黒髪で、もみあげに黄色のメッシュがある。 酷い猫背で、表情も殆ど変わらないダウナーなタイプ。 物語の根幹に関わる発言を繰り返している……のだが独特のしゃべり方のせいで分かりにくい。 迂遠な上に世界観等の設定を説明もなしに語るスタイルはビナー語と呼ばれることも。 存在自体がネタバレに近いので検索時は注意する事。 研究内容は、E. O関連の強化。 Oの収集のために役に立つ研究である。 セフィロトの樹においてビナーは「 理解」と訳される。 【ネタバレ注意】 この先はLobotomy Corporationのストーリーに関連した重大なネタバレを含みます。 セフィラコア抑制 各セフィラとの物語を進めていくと、最終的にセフィラコア抑制を行うことになる。 抑制ではセフィラが抱えている問題、トラウマや願望などと向き合うことになる。 大抵の抑制ではセフィラの担当部門の機能が麻痺してしまうため、いつもより苦戦することが多い一種のボス戦。 マルクトの抑制 「指示内容がシャッフルされる」 洞察の指示を出すと愛着の指示を行ってしまうように、画面上の指示と実際の指示が違うものになる。 クリフォト暴走の度に繰り返しシャッフルされる為、くれぐれも「何もない」に抑圧作業を指示したりすることのないよう気を付けなくてはならない。 攻略ポイントは、「マルクト同様メモを取ること」。 一つ一つ作業を無害なアブノーマリティで確かめ、それをもとにいつも通りの管理を復元していくことになる。 マルクトがかつて行っていた、実験とその結果を書きとるという仕事を行うことでクリア出来る。 イェソドの抑制 「画面全体にモザイクがかかる」 初期段階時点で細かなステータスは閲覧不可になる。 クリフォト暴走が進むにつれ悪化し最終的にはカーソル位置も怪しくなる。 攻略ポイントは、「一人一人の職員のことを覚える事」。 外見は最後まで大まかに見えるので、職員を判別してステータスを思い出しながら指示を出していこう。 イェソドのように、職員一人一人を覚え出来る仕事を知っておくことがクリアの鍵になる。 ホドの抑制 「職員のステータス減衰」 職員のステータスそのものをダイレクトに削ってくる。 単純だが非常に辛い。 最大時には-35も削ってくる。 後半には教育ビデオのようなモザイクもかかり、作業はより困難になる。 攻略ポイントは、「職員をよく育て上げておくこと」。 その職員が各部門に一人いれば作業や戦闘は可能だろう。 ホドの理想である、職員の状態をよく気にして適切な教育を施すこと。 これが出来ていればクリアは容易だろう。 ネツァクの抑制 「職員が回復しなくなる」 本来はメインルーム内にいる職員の体力は自動で回復するはずだが、それが無くなる。 つまりダメージがどんどん蓄積していく。 幸いクリフォト暴走の度に回復するのでそれを利用しよう。 攻略ポイントは、「職員を適度にサボらせ、死なせないこと」。 特定のステータスの高い職員に頼っているとあっという間に死んでしまう。 各職員に仕事を割り振り、一人当たりの仕事を減らし、安全に死人が出ないよう進める必要がある。 ネツァクの望む、危険が最低限で済むような指示を実践することになる。 ティファレトの抑制 「クリフォト暴走が全域にある状態で暴走レベル10を達成する」 ここまでのコア抑制で起きなくなっていたクリフォト暴走が発生するようになる。 加えて暴走レベル10が必要。 つまり深夜の試練を対処しなくてはならない。 中央に配置できたはずの職員が丸々10人消えているうえに、中央自体もクリフォト暴走が発生する為「人手が足らなくなる」。 攻略ポイントは、「初心に帰ること。 そしてお互いにカバーしあうこと」。 ティファレトの望むように、昔の頃を思い出しながらクリフォト暴走に対処する事。 そして人手が足らないならば職員同士でお互いカバーすることで対処する。 職員一人ではいつか限界が来るだけである。 また、ちょっとした小技としてレベル10に達した時点でクリアなので深夜に構わずそのまま作業をすることでもクリアできる。 これもティファレトの、危険から逃げ切りたいという願望の表れなのかもしれない。 ゲブラーの抑制 「赤い霧の帰還」 ゲブラーの全盛期、赤い霧……の弱体化版が登場する。 これを倒すのが目標。 複数のALEPH相手に単独で戦い制圧した上でビナーを相打ちにまで持ち込んだ怪物染みたスペックを体感することになる。 Oの本当の使い方を見せてやる」との発言の通り、複数のE. Oを職員では絶対マネできない形で使ってくる。 というか平気でE. Oを投げるな。 更に何度か倒してもそのたびに体力が全回復し、再起動を果たす。 攻略ポイントは、「赤い霧は相手も見ずに暴れているだけ」。 赤い霧は殆どの状態でメインルームで暴れているが、逆に言うとメインルームに入らなければ全く手出しはされない。 加えて武器を振る際も狙いを付けているのではなくただ振り回しているだけ。 遠隔から一方的に攻撃することが出来るタイミングさえある。 ゲブラーに対してマオやビナーがこぼした通り、今の赤い霧はとても「弱い」といえる。 ケセドの抑制 「特定属性のダメージ増幅」 ケセドの指定した属性のダメージが5倍ほどに膨れ上がる。 HEはもちろんTETHクラスですら平気でレベル5職員が死の危機に晒されることになる。 「職員たちの涙」として、全域に雨のエフェクトもかかる。 攻略ポイントは、「ケセドの指示に従うこと」。 ストーリー上でもケセドはアンジェラの指示に従い職員を見殺しにするような行動をとった。 しかし、本心では職員を殺したいなどと思ってはいない。 つまりダメージの増幅で職員に大きな危機が訪れているものの、ケセドの指示に従えばちゃんと全ての職員は生還できる。 常に増幅されているダメージが何かに注意すればクリアできるだろう。 ……ケセド同様、どれだけ頑張っても運が悪いだけで詰みに近い状況に追い込まれることもあるが。 ホクマーの抑制 「時間制御機能の制限」 一時停止に制限がかかり、倍速機能などは完全に禁止される。 当然試練等もこの状態で対処することになる。 下層まで解禁されているため施設全体も広く、時間停止無しでの試練は思っている以上に厳しい。 加えてクリフォト暴走の進行とともにゲーム内速度が加速していき、最終的には一時停止制限・二倍速で深夜の試練とご対面することになる。 攻略ポイントは、「職員を適切に使い捨てること」。 一時停止機能は禁止はされず、使用すると職員数名の命かアブノーマリティの暴走と引き換えに停止自体は行うことが出来る。 つまり相応の代償を支払えば可能という事である。 ホクマーとのストーリー上で強調された通り、職員の命の価値は軽い。 ある程度の犠牲は致し方ないものと開き直って最低限の一時停止を行使しよう。 ビナーの抑制 「調律者の襲撃」 ビナー本人がかつてロボトミーを襲った時の姿で再び現れる。 かつて同様、アブノーマリティを次々と脱走させるように仕向ける戦法を取る。 かといって本人が弱いかというと別にそんなことはなく平気で出会った職員はガンガン叩き潰しにかかる。 赤い霧と似ているが、常に全域に黒い槍や波を使った攻撃を仕掛けてくるため安全地帯はない。 攻略ポイントは、「速やかにビナー本人を倒すこと」。 何度もアブノーマリティの暴走を対処させられているままだといつかは作業漏れや間に合わなくなり破綻し壊滅する。 それよりも、隙を見せたビナーに一気に攻撃をしかけ速攻で倒しきれば良い。 ビナー本人が言っている通り、逃げる相手を追い回したり格下を踏み潰すのはビナーの得意分野である。 むしろ赤い霧のような規格外によって速やかに倒すのが良い。 別名・表記ゆれ 関連タグ 【ネタバレ注意】 この先はLobotomy Corporationのストーリーに関連した更なる重大なネタバレを含みます。 自身で物語を確かめる喜びを失いたくない場合はブラウザバックしてください。 Keter(ケテル) 恐らく研究チーム担当と思われる。 セフィロトの樹においては「 王冠」と訳される。 すなわち彼らのセフィラコア抑制は 道を誤ってしまった自分自身との戦いとなる。 Abel 灰色のスーツに身を包んだ中年男性で最初に出会う事になるケテル。 度重なる繰り返しの果てに何も得られなかった倦怠感から先に進むことを諦めており、Xに対して全てを諦めて引き返すよう諭してくる。 彼の論説を否定するためには上層のセフィラコア抑制によってセフィラ達と共に見出した 「真っ直ぐ立てる意志」「分別できる理性」「もっといい存在に成れるという希望」 「生き続けるという勇気」によって彼の問いに答える必要がある。 クリア条件はDay46は「専用試練である「蒼白の深夜」の鎮圧」と「エネルギー生成」。 Day47はクリフォト暴走レベル6達成&「エネルギー精製」。 クリフォト暴走レベルが上がるたびに上層セフィラコア抑制の悪影響が次々と発生する。 Abram 白い白衣を羽織った灰色の髪の如何にも顔色が悪そうな男性。 多くの者を犠牲にし、身の毛がよだつような悍ましい行為をし続け、最終的にそれらを何も感じること無く行うようになった自身の罪に押しつぶされた彼は前に進むことを諦め、共に贖罪に費やすことを勧めてくる。 彼の論説を否定するためには中層のセフィラコア抑制によってセフィラ達と共に見出した 「存在意味に対する期待」「守り抜く勇気」「快く信じ任せられる相手」によって後悔にとらわれず先に進むことを示す必要がある。 クリア条件は「クリフォト暴走レベル10達成」または「赤い霧を鎮圧」。 ケセドの悪影響が発生しており ティファレトの効果と同等の効果はDay46以降常に発生している。 、クリフォト暴走レベルを上げるとHPが若干低下した「赤い霧」が出現する。 赤い霧が出現する段階ではケセドの効果が一時的に消えるため、「赤い霧」を鎮圧するのが楽。 Adam 上記イラストの七枚目に書かれている人物。 ケテルのイメージカラーである「白」を象徴するかのような純白の衣装を着用した白色長髪の青年。 幾度のループで狂気に呑まれた彼は 「アブノーマリティこそが人間の真の姿であり、全人類をアブノーマリティにすることで救済する」という狂った思想を掲げている。 彼の狂行を止めるためには下層のセフィラコア抑制によってセフィラ達と共に見出した 「鎖を断ち切り、恐怖と向き合う瞳」と 「過去を受け入れ、未来を作りだす瞳」を以てこれを直視し、今度こそ 「恐怖と向き合い、未来を作る Face the Fear, Build the Future 」ことを証明する必要がある。 クリア条件は「クリフォト暴走レベル10達成とエネルギー精製の同時達成」または「調律者を鎮圧」。 ホクマーの悪影響が発生しており、クリフォト暴走レベルを上げるとHPが若干低下した「調律者」が出現する。 Abram同様に「調律者」を鎮圧…と思いがちだがホクマーによって気軽に一時停止出来ない状態で「調律者」を鎮圧するのは困難を極めるため、もう一方の「クリフォト暴走レベル10達成とエネルギー精製の同時達成」を目指したほうが楽。 なお、クリフォト暴走レベル8到達と同時に調律者は停止し、それ以降は「クリフォト暴走レベル10達成とエネルギー精製の同時達成」のクリア一択となる。 残る一人は……。 是非ゲーム本編で確かめてほしい。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00• 2020-07-20 00:00:00• 2020-07-19 18:00:00• 2020-07-19 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-21 12:54:14• 2020-07-21 12:53:40• 2020-07-21 12:51:07• 2020-07-21 12:50:07• 2020-07-21 12:50:02 新しく作成された記事• 2020-07-21 12:53:05• 2020-07-21 12:43:35• 2020-07-21 12:37:23• 2020-07-21 12:27:53• 2020-07-21 12:15:32•

次の

ロボトミーコーポレーションプレイ日記5

ネツァク ロボトミー

ゲブラーとは、• 「」の構成要素「セ」の一つ。 本記事の上部で詳述する。 以下の2. 以後も、このゲブラーから名前を取ったものと思われる。 の「」に登場する。 本記事ので詳述する。 「」「」に登場する「 ゲ」。 本記事の下部で詳述する。 の概要 の秘義的解釈「ラ」に登場する「()」の構成要素である、10種類(解釈によっては11種類)の「ス(セ)」の一つ。 ラでは、この10の「ス」を介してのが現世に顕現し、創造がなされたとみなしている。 発音は現代では「 グヴア」に近い。 では「ゲブラー」と表記・発音されることが一般的である。 としての意味は「勇猛」「的」といったところ。 ラやにおいては、年代が下るにつれてこういった各スの名称や、に生えているとされる「命の木」との関連付け、それぞれのスの対応するや意味が付けされていったと言われる。 その結果、ではゲブラーについて、• よく「生命の」と称される柱状では、ビナーの下、ホドの上、ケセドの横に配される。 峻厳にの不正を裁くような、のきびしさに対応している。 そのため、はを、ではを徴する。 図形は五形をる。 はをる。 は宮の・カマ。 のと呼ばれる事もあるらしい。 と言った特徴づけがなされている。 ちなみにこういったは、伝統的に付けされていったものだけでなく、割と年代の新しい本や本、さらには物などので書き足されることも多い。 しかもそれを見分けるのが難しい。 どこまでが的な内容で、どこからが近年のなのやらさっぱりである。 伝統的なラはあくまでの秘義であり、ただでさえあまり外にをめないのさらに深なのではあまり発信されない。 そのためやと言ったのを通してしかが得られないという事情もある。 ゲブラーを含めたセの総体である「」についての詳細は、記事があるのでそちらを参照されたし。 の概要 「室特設外務庁」、通称ゲブラー。 がに発売した「」に登場する。 同には「」という中に浮かぶ選義が登場するが、ゲブラーはこのの有するである。 の最高権者「」の直轄下にあるという設定。 直接的な地上統治が困難であると判断したらが創設した、地上を間接支配するための組織である。 地上へのや密かな干渉を眼としている。 のゲブラーの的は地上の監視と。 作中で地上「アヴェ」に行っていたように直接的な関与を行う事もある。 士官はので占められており、「ユーゲント」というゲブラー士官専用の養成でされている。 なお、あくまで「外務 庁」であって、の外務 省や、防軍を管理する軍務省は別に存在する。 ただしこれらの組織はゲブラーとべて形骸化しており、「対外業務や行動のどをゲブラーが担っている」という設定となっている。 各部署 組織内の部署としては、統括揮を行う「四元統合部」、それを立案で補佐する「幕僚」、研究・管理などを行う「内局」、地上各を担当する「軍」・「火軍」・「土軍」の「各軍部」などが存在する。 なお「軍」がいのは、担当すべきの地上「ル」が消滅しているため。 に登場する人物では「ラン・サス」がゲブラーとして、「ミァン」がその席副官として、「ータ」・「ネ」・「」・「ドア」の4名が部隊「エレメンツ」として四元統合部に所属している。 また、ミァンは幕僚の議長でもある。 各軍は、元々は地上各の「」を統括していた「エレメンツ」と呼ばれる官に率いられていた。 しかし後述の「」分離の際に、各はの管轄下となり対外的には各の「中央」に変更。 エレメンツも各の官ではなく、ゲブラーの部隊として四元統合部へ引き上げられた。 そのため各軍はそれぞれが対応する(アクヴィ)・火()・土(テラン)の各(中央)の警護担当程度の存在になっている。 各軍の「突入3課」と呼ばれる部署はの武実行部隊として維持されている。 の「エレム・」も火軍突入3課に所属している設定である。 なお作中には「ゲブラー」というも登場するが、この部隊が具体的にゲブラー組織内のどこに所属しているのかは作中でもでも触れられておらず不明。 「教会」 「」の作中に登場する、地上における活動及びの発掘・活動を行っている組織「」。 作中で明かされるように「」は実はの地上支配を担うの一つである。 この「」も元々はゲブラーの一部であったという設定になっている。 地上支配の一環としてゲブラーが担当していた遺跡発掘や流通管理と言った支配が当初の予想以上に重要なものとなったため、ゲブラー内のそれらを担当する部署が「」として分離させられた。 地上人に伏せられている「」の正式名称は「室特設教務庁」である。 先述の、ゲブラーの「突入3課」がなぜ「3課」なのかと言うと、分離の際に「突入1課」は各地の施設として、「突入2課」は各地のとして「」の側に組み入れられたという設定があるため。 の概要 ゲ。 の「」やその第二版「 2E()」に登場する。 全てのの王「ーヴニル」の直系属である数少ない「」の一体であり、"厳正"のゲと呼ばれる。 のとして『不死』であるため外的要因で死はない。 しかし、で一を持っており、死ぬ直前に自身の全ての記憶を引き継いだを遺すことから『転生する』と呼ばれる。 転生し、から孵ったばかりのゲに懐かれる「の保護者」(・ゲ)というが存在するため、騎の様なでからされている事が多い。 ゲに限らず、は皆やラに基づいた名前、設定を持っている。 関連項目• ・ソフ• ・ソフ・オ• ビナー ヴェナー• ケセド• ネツァク• ホド オッド• イェソド イエソード• ダアト•

次の

Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のネタバレ解説まとめ (4/7)

ネツァク ロボトミー

ストーリーを全て読んだ、又はネタバレされても構わないという方だけご覧ください コメント• 注意:極めて強烈なネタバレを含みます。 見たくない方は直ちに画面から目を背けキーボードだけを見ながら「Alt」「F4」を押しましょう。 『アンジェラはAIではなく人間なのでは?』「最初に認知フィルタが故障したときに他のセフィラと違い肌色の人形をしていた。 ホクマーの台詞から、カルメンの遺体は中身が機械に置き換えられた事が示唆されている。 特に前頭葉の部分を用いている? 『翼とは何か』「管理マニュアル6章に[翼としての地位]とある。 有りえますね。 しかもなぜエンケファリンではなくコギトなのかも問題になります。 エンケファリンは実在する物質の名前。 脳内の分泌物。

次の