チンチロ チンチロ チンチロリン。 ギャンブルチンチロリンのルールと確率

チンチロリンのルール

チンチロ チンチロ チンチロリン

地下労働施設では、9時半が消灯時間となっています。 ただし、賭場が開催される場合は別で、上の許可を取ることにより、 消灯時間を11時半まで延長することが可能です。 E班における賭場の開催は、月に2回、通常ですと、第一土曜日と第三土曜日に行われます。 班長の独断により、突発的に行われることもあります。 参加者は、賭場の元締めである班長に、300ペリカの参加費を払うことで、賭場に参加することが出来ます。 これは、当然ですよね、給与をそのまま持ってきたら、 参加費支払い後、10,000ペリカ札が9枚と100ペリカ札が7枚。 10,000ペリカは、リスクが高くて、張り難い。 もちろん、双方が合意する場合には、青天井となります。 子は、自分の懐状況や、運・ツキ・流れを考えて、張りの額を調整することが出来ます。 親の総取りと総払い チンチロでは、まず最初に親がサイコロを振ります(ダイス3個) このとき、6の目以上(6、シゴロ、アラシ)が出れば総取り、 1の目以下(1、目なし、ひふみ、しょんべん)が出れば総払いとなります。 このように、あらゆる面で融通が利くという特徴があります。 親を引き受けた場合、1以下の目(1、しょんべん、ひふみ)なら1回で親を辞めることが可能です。 1投目や2投目で目が出てしまうと、それが目となり、再度振り直すことは出来ません。 地下チンチロリン出目順位表(地下のチンチロにおける出目の強さと、振り直しを考慮しない場合の確率) 役物 アラシ ピンゾロ 5倍付け 1/216 ゾロ目 3倍付け 5/216 シゴロ 2倍付け 6/216 通常の出目 6の目 1倍付け 役物がない限り、 張った分だけ 15/216 5の目 15/216 4の目 15/216 3の目 15/216 2の目 15/216 1の目 15/216 目なし しょんべんやクズ3連続 1倍払い 108/216 負の役物 ひふみ 2倍払い 6/216 サイコロを振って目が出ないことをクズと呼びます。 クズが3回連続で続くと、目なしとなります。 出動だっ……!魔力っ……、シゴロ賽っ……! 456賽を使った場合の出目と確率 役物 アラシ ゾロ目 3倍付け 3/27 約11.111% シゴロ 2倍付け 6/27 約22.222% 通常の出目 6の目 1倍付け 役物がない限り、 張った分だけ 6/27 約22.222% 5の目 6/27 約22.222% 4の目 6/27 約22.222% シゴロ賽を3つ使った場合、必ず1投目で目が出ます(目なし、3以下の目、ひふみは存在しません) シゴロ賽は1投で出目が決まるため、出現確率がパターン数と同値となります。 この場合、再度サイコロを振りなおすことは出来ません。 なお、地下チンチロにおいて、しょんべんは目なしの下という取り決めになっており、 しょんべんは1倍払いですが、2倍払いのひふみと分けになることとなっています。 このほか、雀聖 哲也などの漫画の作中(本を利用した賭博)で、アラシが登場したりします。 オイチョカブにおける、カブ(9)よりも、アラシの方が強い。 でしたら、出目は でしたら、出目は このようになっています。 目なしが出る確率 チンチロリンにおいてクズ(目にならないもの)が出るパターンが108/216となっています。 つまり、1投においてクズが出る確率がちょうど50%となります。 クズが3連続続く場合、目なしとなります。 50%の3連続は12.5%・・・、つまり目なしの確率は、12.5%・・・、 目が出る確率は、87.5%となります。 チンチロリンにおける詳細な出目の確率 チンチロリンは、3投出来、1投で目が出来ない確率がちょうど50%となるため、計算が容易です。 5の目を出したとしても、21.9%くらい負ける確率が存在します。 ピンゾロの確率は、1%ありませんが、思っていたよりも出やすいようです。 あるとしたら、班長の大槻やティーボーンステーキの骨を利用したカイジのようなやり方でしょうか・・・ いずれにしろ、奇襲やイカサマありきです。 持たない者を狙い撃つ この地下チンチロリン、必勝法があるとしたら金(ペリカ)のない者を狙い打つこと。 安易に親を引き受けた者に対し、 20,000ペリカ限度、マックスの張り! 単純な丁半博打に見えますが、実は違います。 この20,000ペリカは、ツキ・運の流れとかを見て賭けるのではなく、 単純に、相手を破産させるための張りです。 イカサマなしの勝率五分五分でも、 相手を破産させられれば、大槻班長のように、ピンハネをすることが可能です。 要するに金遣いの荒い、計画性のない者を狙い撃とうって戦法です。 作中における大槻班長の、今日返してくれれば利子は取らないといったようなやり方は上手いです。 欲が出てしまうのと、原点以下のペリカになると・・・、 借金は嫌だ。 どうしても金(ペリカ)が欲しいとなってしまうので、 どこかで親を引き受けに行ってしまう可能性があります。 TOPに戻る:.

次の

チンチロリンとは (チンチロリンとは) [単語記事]

チンチロ チンチロ チンチロリン

どんなハイボール? 「チンチロリンハイボール」をご存知でしょうか? ご存知ない方のために説明すると、近年、割と新しめの酒場を中心によく目にするようになった、ドリンクメニューのひとつ。 「チンチロリン」といえば、時代劇やヤクザ映画なんかによく登場する、サイコロを使った賭博のこと。 これを模して、たいていはサイコロをふたつ振り、ゾロ目が出ればハイボールが無料、出た目の合計が偶数なら半額、奇数なら倍額、ただし量も倍のメガジョッキ。 というようなシステムになっていることが多いです。 つまり、通常のハイボールが350円だったとすれば、「無料」「175円」「700円、ただし倍量」の3通りが、運によって決まるメニューということ。 お客としてはどう転んでも損はしないうえ、いい目が出れば得ができて嬉しいっていう、お酒の場とは大変相性のいいアイデアなわけですね。 お店としても、時にハイボールを無料で出さなければいけない代わりに、倍額のメガジョッキも頻繁に出ることになるわけで、僕には経営のことはよくわからないんですが、きっと悪くない販売方法のひとつなんだと思います。 何より、いたるところでどんぶりにサイコロが転がる音がカランカランと鳴り、「おめでとうございま~す!」だの「残念、倍額です!」「え~!(笑)」だのという楽しげなやりとりが聞こえてくるのは、ワイワイガヤガヤとした大箱の酒場の場合、雰囲気、味わいのひとつとして、なかなか悪くないものです。 このチンチロリンハイボールが発祥したのは「鳥椿」というお店だそうで、2011年創業のチェーン店なので、やはりかなり新しいサービスのよう。 僕も、お店などでよく目にするようになったのはここ数年のこと。 鳥椿にはまだ行ったことがないのですが、それ以外のお店でも多く実施されているところをみると、近年の酒場カルチャーにおける大ヒットといえるのでしょう。 試しに今、「チンチロリンハイボール」という単語をネットで検索してみたところ、「果たして得なのか損なのか?」と確率を数式で計算したような記事がたくさん出てきて驚きました。 メニューの特性上当然のことではあるんですが、一方で、「裏側」や「原価」といった考え方からなるべく遠くに自分を置いておくことが、酒場を幸せに楽しむためのコツ。 健全な酒飲みであるところの読者のみなさまはぜひ、「わ~おもしろそ~やってみよ~」「やった~当たった~」「ハズレちゃったけど倍飲めるからラッキ~」、みたいなノリで楽しんでみてくださいね。 おごりパターンと割り勘パターン 以前出演したトークイベントの打ち上げで、10人くらいで「串カツ田中」に行ったことがありました。 ありますよね、串カツ田中にチンチロリンハイボール。 その日は主催者の方が、想定より少し多めだったというイベントの売り上げで、そのお店の支払いをしてくれるということになりました。 ならばがぜん、なるべく高級なメニューを! なんていう考え方は無粋の極みですので、僕は普段通り、串カツ田中不動の1杯目であるチンチロリンハイボールを注文。 ここに「じゃあ俺も」なんて乗ってくる方がいて、その日の飲みの楽しさに、チンチロリンハイボールの底力を再発見させられたんですよね~。 僕はなんだか調子が良くて、サイコロを振るたびに半額や無料の目がやたらと出る。 主催者の方が挑戦したところ倍額が出たりして「おいおい、ツイてないな~」「ははは、日頃の行いですよ!」なんてやりとりで盛り上がります。 でもこれ、よく考えると、ぜ~んぶおごりなわけで、僕がその日の支払い軽減に貢献してるだけなんですよね。 また、とある酒場で男ばっかり4人で飲んでいた時のこと。 メニューにチンチロリンの文字を見つけ、「全員で頼んでみよう」という流れになりました。 もうこの時点で楽しい。 絶対にゾロ目の半額を出して優越感を味わいたい! もちろん、そんなふうに欲望むき出しの男に運が味方するわけもなく、結果はなんと、僕だけが倍額。 一転、「日頃の行いだな~」とさげすまれる立場に身を落としたわけですが、4つのジョッキが届いた瞬間に風向きが変わりました。 当然のことですが、僕の倍量ハイボールだけが威風堂々たる巨大さ! 「かんぱ~い!」と杯を重ねると、明らかに主役ジョッキ感がある。 しかも、この日は普通に割り勘のはず。 つまり全員が同じ額を支払うということがわかっている状況の中、自分だけが王様のような巨大なジョッキでゴクゴクとハイボールを飲んでいるわけですよ。 「わっはっは、ハズすが勝ちだぜ~!」などというよくわからない格言を生み出しつつ、腕にかかるジョッキの過剰な重みに幸せを感じつつ……。 もちろん、次が欲しければ頼めばいいだけで、結局は誰も損をしないし、誰が当たってもハズれてももれなく楽しい。 やっぱりいいなぁ、チンチロリンハイボール。 ただしひとりで頼むのは…… ところで、僕は酒場でのひとり飲みも愛していますが、例えメニューにあったとしても、そういう時にチンチロリンハイボールを頼んだという記憶はありません。 ひとりで飲む時って、盛り上がるためではなく、むしろ静かにリラックスするために酒場に来ているのであって、当然といえば当然なのですが、今あえて、そんなシーンを頭の中で想像してみました。 ・ゾロ目無料の場合 サイコロの目を見て、「お」とかなんとかつぶやいたあと、照れる。 別の席ではあんなに元気だった店員さんの「おめでとうございます」も、どこか控えめ。 ・偶数半額の場合 「ハハハ」と小さく笑う。 店員さん、いたって事務的。 ・奇数倍額の場合 「あ~……」とつぶやき、ひきつり笑い。 店員さんからは哀れみの目。 うん、ひとり飲みでチンチロリンハイボールを頼むのは、今後もやめておこうと思います。

次の

わくちゃんの「つながりあそび」ブログ:チンチロリン(わらべうた)

チンチロ チンチロ チンチロリン

ギャンブルチンチロリンのルールと確率 さてと、よく私がランチンチロとか珈琲チンチロとか記載しているチンチロリンだが・・・・ ルールが分かっていなかったり、何のこっちゃと思われる方もいると思うので、詳細を説明しようと思う。 その理由なんだけれども、先日記載したようにツイッターでBOT作りました。 BOTというのはロボットの略で私の代わりに指定したコメント群からランダムに呟いたり、返信を受けると勝手に選択した群から回答をランダムに選んで返信するというやつです。 アプリには敵わないかもしれないが、返信時間がちょっと遅いのもネックだけれどもそのあたりはただのチンチロではない方法で工夫したいと思っています。 利用者が増えれば、Nメディア化のチャンスも広がるかと・・・・ そういえば、話は変わるがここんところ躍起になって面白いと絶賛していた「まな板の上のピラニア氏」がネットから姿消すそうです・・・ 3か月しかいなかった・・・ 2~3日で消えるらしいので見れる内に是非一読を。 私は全部読みましたが、かなり参考になりました。 で話がずれたのだけれども・・・・ チンチロリンだ。 自分のBOTにチンチロの抽選をさせようという試みなんだけれども・・・ そのためにはチンチロって何?というのと私がどういう抽選をしているかを記載していないとならない。 まず・・・ チンチロリンとはサイコロを3つ使用して、その出目によって勝負するギャンブルである。 初代太閤立志伝というゲームでどっぷりハマり、信長公の命令も聞かずにやり続けて手討ちにされたことがあるくらい単純ながら面白い。 いつだったか、スパの一室を借りて一晩中興じたこともある。 丼の中に3つの賽を振り、その出目を競うのだが・・・ 前提条件として振ったサイコロは必ず丼の中におさまらなければならない。 丼から外に出た場合を小便と呼び、強制負け確定。 で、丼に収まった場合・・・・ 目が出ている場合と、そうじゃない場合がある。 目が出る時の条件と言うのは・・・・ 1~6までのいずれかの数字プラス、その該当数字ではない数のゾロ目 例えば・・・ サイコロの目が・・・ 1・2・2だと1 1・3・3でも1 1・4・4でも1 1・5・5でも1 1・6・6でも1 2の場合だと・・・・ 1・1・2 3・3・2 4・4・2 5・5・2 6・6・2 これも全部2になる。 6だと・・・ 1・1・6 2・2・6 3・3・6 4・4・6 5・5・6 これが1~6までの出目が出る条件である。 何かの数字+該当の数字以外のゾロ目 で特殊役として・・・・ 1・2・3が最弱の目で目が出ないよりも弱い。 4・5・6はゾロ目の次に強い。 ゾロ目のランキングとしては・・・・ 2・2・2 3・3・3 4・4・4 5・5・5 6・6・6 1・1・1 下に行けば行くほど強くなるのだ。 なので1のゾロ目、ピンゾロが最強の役で・・・・ 1・1・1>6・6・6>5・5・5>4・4・4>3・3・3>2・2・2 上記がゾロ目で・・・ そのあとが・・・ ゾロ目>4・5・6>6>5>4>3>2>1>目無>1・2・3>小便 注目すべきは1・2・3は目無よりも弱いということだ。 で目無しとは・・・ 上記以外を指し、例えば・・・ 1・3・5 1・2・4 1・2・5 1・2・6 1・3・4 1・3・6 1・4・5 2・3・4 2・3・5 等を指す。 全部バラバラだと1・2・3と4・5・6以外は目無なのだ。 さて上記の条件で・・・ まずBOTに台詞を864通り登録する事が出来るかどうかが不安なんだが・・・・ 何故864通りか? チンチロは3回投げて出目が出ないと目無しが確定する。 それまでの間に上記の数字が出れば目が確定するのだ。 なので3回投げた時に起こりうるすべてのパターンの総和が864通りになる。 というわけで、私はツイッターBOTに864個の台詞を登録しようとしているんだが・・・・ まっすぐ帰ってきたにもかかわらず、まだ出来ていない。 明日には出来そうな気がするんだが・・・・ 出来たらまた報告するので、フォローして返信してみてください。 で、864通りという計算だけれでも・・・ まず、サイコロを3つ振ってでる出目の数は216通りだ。 この864が分母の総和だ。 ただ、これではチンチロアプリには勝てないので・・・ 1・2・3賽と4・5・6賽を引き当てた時の確率も加味している。 こんなフラグを立てて出目編集をしているわけだが・・・・ 864通りとか泣きそうにきつい・・・・ まあ、出来たら告知するので一度はお試しあれ。 で話がずれたけれども・・・・ 秋華賞と言えば2008年を思い出す。 そうjはやとぅさんの逆張りを行い、ブライティアパルスをぶった切ってプロヴィナージュを入れて見事二帯近く手にしたあのときだ。 あれから3年・・・ フラムドールもそうだけれども、よくよく考えれば私は牝馬に儲けさせて貰っている・・・ 今年も勝負かもしれない。 だが、大分前から皆が荒れる荒れると言っているのでちょっと怪しい気もしているのだ。 ひとまずNスポを募集する予定なので・・・・ それを見てからになるかな・・・・ さて今日も眠いのでもう寝ます・・・・.

次の