ブランダラ。 プランダラのエロシーンまとめ/陽菜・ナナ・リィン・園原水花・フィレンダ

【プランダラ】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ

ブランダラ

カウントに支配された世界で旅する少女『陽菜』 舞台となるアルシア王国の住人たちは何かを「カウント」することを義務付けられ、身体のどこかにそのカウントが刻印されます。 そんな世界ではカウントの大小はそのまま身分の差となるのですが、片田舎で母と暮らしていた陽菜にそんな知識はなく、ある目的のために旅をしていました。 陽菜のカウントは母親曰く『歩いた距離』であり、そのカウントが示す通り途方もない道のりを旅して歩いていました。 撃墜王を探す旅へ 陽菜が旅立つことになったきっかけは母親のカウントが0になってしまったこと。 カウントが0になると地下世界に引きずり込まれてしまいます。 その現象は通称『アビス送り』と呼ばれています。 アビス送りとなった人物は核戦争で世紀末と化した地下世界へと落とされますが、その目的はアルシアの人口飽和を回避するための人口統制であると後に判明します。 母親がアビス送りになる瞬間、撃墜王を探しなさいという遺言に従い、陽菜は旅を続けることになります。 そういう作風なのか?よくセクハラを受けるヒロイン『陽菜』 作者の趣味なのか、この作品の主人公はセクハラが大好きで、ヒロインの陽菜はよくセクハラを受けています。 というより、この作品に登場する女性キャラクターの多くはセクハラを受けています。 特に辱めキャラの主人公リヒトーには初登場時からセクハラを繰り返されています。 あまり押しの強くない陽菜はされるがままですが、大抵は他のキャラクターに制裁されるオチが待っています。 立場が逆転する陽菜 リヒトーに対して想いを告げた後は、セクハラを受ける立場から一転して、強引にリヒトーに迫る立場へと変わります。 しかし、セクハラ大好きの割には好意を向けられるが苦手で実はヘタレだったリヒトーはどう接していいのか分からず逃げ回るようになり、陽菜はそれを追いかける立場へと変わります。 謎の多い少女、『陽菜』の母親の正体は?そして父親はまさかの… 初登場時から『陽菜』という名前のみで登場し、彼女の名字は明かされませんでした。 その後、彼女の母親の正体は月菜=ファロウであることが明かされます。 彼女は『議会の力を引き出す研究の第一人者』でした。 300年前の研究者でしたが、この世界では300年前から年を取らずに生きている人物がたくさんいるので、彼女も何らかの方法で生き延びていました。 ただ、アビス送りになった後の消息はコミックス13巻まででは不明です。 陽菜の父親は『瞬撃の撃墜王』坂井時風 陽菜の父親はリヒトーこと坂井離人の義理の兄で、300年前の戦争時に特殊な手術を受けた坂井時風でした。 母親である月菜=ファロウとは婚約者の間柄でしたが、時風は議会の絶対たる力で選民だけを収容し、現在の地下世界を見捨てる選択に反対しその結果、シュメルマンの遺伝子の破壊衝動と薬物で殺戮兵器と化したリヒトーを差し向けられ殺害されたはずでしたが、実は地下世界で生き延びていました。 リヒトー=バッハと運命の出会い、その後の『陽菜』との関係は? 旅を続けてきた陽菜はついに探し求めていた撃墜王『リヒトー=バッハ』を見つけますが、リヒトーは「自分は君が探している撃墜王ではない」と言いのこし、陽菜の前から姿を消します。 しかし、陽菜はリヒトーを追いかけアビスの悪魔との遭遇やジェイル=マードッグとの出会いを経て世界の謎やリヒトーの破壊的な一面を垣間見ることになります。 三百年後の君へ 未来へ帰ってきた陽菜はリヒトーへの好意を隠すこともなく、爆弾発言を実現させようと行動を開始します。 リヒトーからセクハラされる立場は逆転し、リヒトーに強引に迫る関係へと変わります。 リヒトーはヘタレだったので逃げ回るようになります。 ナナの能力で過去へと飛ぶ陽菜たち ナナの能力で300年前の過去に飛んだ陽菜たちは、300年前のリヒトーや坂井時風ら過去の撃墜王たちと邂逅し、流れで彼らとともに軍学校へ入学。 そこでの訓練生活は彼らやクラスの皆と絆を育むことになりますが、その後起きる廃棄戦争や撃墜王の誕生は想像もつかないほどに過酷な運命でした。 リヒトーこと坂井離人の優しさや苦しみなど過去を知った陽菜は爆弾発言を残して、未来へと帰っていきます。 戦うことは苦手だけど、サバイバル能力はある『陽菜』 陽菜は性格面からも戦うことは苦手で、過去へ遡り軍学校へ通うことになったときも戦闘訓練よりかは衛生兵としての訓練を受けることになります。 そんな虫も殺せないような陽菜ですが、実は長年一人で旅をしてきただけあってサバイバル能力に長けており、蛇をあっさりと仕留めて食糧にしてしまうという意外な一面も見せています。 【プランダラ】陽菜まとめ プランダラのヒロインの陽菜について紹介してみました。 魅力のあるキャラクターで物語の中心人物でもありますが、ヒロインというよりは主人公の一人として見ることも出来るキャラクターです。 二転三転するストーリーの中で空気になったかと思えば、きちんとした存在感を見せることもあるキャラクターです。 作者の趣味前回のお色気シーンもあるのでアニメでの活躍も楽しみに待ちたいと思います!.

次の

漫画『プランダラ』の魅力を全巻ネタバレ紹介!【アニメ化】

ブランダラ

Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第1話『伝説の撃墜王』 母の遺言を頼りに、5年もの間ひたすらに世界を旅してきた少女・陽菜。 そして、撃墜王を名乗る軍人・ダビが現れ、陽菜を軍部へと連れていくのだが……。 第2話『だいっきらい!』 撃墜王を名乗るダビに騙された陽菜は、ルールも知らぬまま『星奪戦』に敗れ、自分のカウントを奪われてしまった。 母の形見である『バロット』まで狙われ、すべてを失いかけた陽菜のため、リヒトーが立ち向かう!白い星が刻まれた大太刀をふるうリヒトーの姿は、まるで伝説の撃墜王のようで……!?• 第3話『制服だから仕方ない』 断崖の街ホムホゥ担当の軍曹・リィンは、部下のペレと共に日々ボランティアに汗を流していた。 男を疑うリィンだったが、「全然モテない」と号泣する彼のため、仕方なくデートすることになる。 第4話『違法所持者(バロットホルダー)』 軍に追われる立場にもかかわらずホムホゥの住人に手を差し伸べるリヒトーを見て、自然と笑顔がこぼれるリィン。 だが、いつまでも続くかに思われた和やかな逃走劇は唐突に終わりを告げた。 リヒトーの倍以上のカウントを持つジェイルは、鉄を創り 出す能力を操り、リヒトーを捕らえる。 そして、戦いの中で抱いた疑問をリヒトーに投げかけ、その正体を探ろうとするが、リヒトーは一向に取り合わず、答えをはぐらかし続けて……。 第6話『勘』 ジェイル率いる王立軍から逃れ、ひとり旅を続けていたリヒトーをようやく見つけた陽菜とナナ。 つかの間の平穏な時を過ごしていた彼らは、空を飛ぶ実験中の女性・ペルモと出会う。 あやうく谷底に落ちるところをリヒトーに救われた彼女は、空を飛ぶことにかける情熱を語る。 だが、アルシアでは空を飛ぶ研究は重罪となっており……。 第7話『美味かったよ』 バザールにやってきたリヒトー一行。 ナナの店の仕入れをするため、露店街を散策するリヒトーと陽菜だったが、そこにリィンが現れる。 リヒトーと睦まじげなリィンに対抗心を燃やす陽菜。 そのふたりの様子を見たナナは含み笑いを浮かべながら、陽菜とリィンによる「リヒトー争奪お料理バトル」の開催を宣言する。 はたしてふたりが作る料理とは?• 第8話『アビスの悪魔』 炎上するリンデンの街。 住民は全滅し、美しい湖が広がっていた場所にはいまや巨大な穴が空いていた。 ただ一人の生き残りである騎士団員は、その穴の中から『アビスの悪魔』が現れたと言う。 禁忌である飛行する力を持ち、剣も弓も効かず人々を殺戮した『悪魔』とは何か……。 手がかりを得るため、ジェイルはリヒトーのもとへ向かう。 第9話『プランダラ』 ついに出現した『アビスの悪魔』。 リヒトーはジェイルに住民の避難を命じると、攻撃を引きつけるため敵へと向かっていく。 その時無数の黒い手が現れ、リヒトーと『アビスの悪魔』へ襲い掛かった。 黒い手を『アルシング』と呼ぶリィン。 それはアルシアの全てを決めると言われる最高議会の名であり、ジェイルたち軍人は黒い手への攻撃を禁じられていた。 第10話『本気』 力を解放し、園原に星奪戦を挑むリヒトー。 「カウント」の力を何倍にも引き出す撃墜王同士の戦いはリヒトーの勝利で幕を閉じたかに思えた。 しかし、殺意に支配されたリヒトーの力が暴走し始め……。 第11話『とっておき』 戦いを終えたジェイルは、アルシア王立軍総本部を訪れていた。 総司令のアレクに黒い軍服の男たちの正体を問うジェイル。 さらにリヒトーの正体までも知ったジェイルだったが……。 第12話『入校式』 ナナに導かれて見知らぬ世界にやってきた陽菜たちは、リヒトーの面影のある坂井離人を追って第13特設軍学校に潜入する。 体育館でジェイルに殴りかかる道安武虎を止めたのは園原と坂井時風。 一触即発の空気を乱したのは離人だった。 自分たちがこの世界に送り込まれた理由を探る陽菜たちは第13特設軍学校に入校。 クラス分け後、陽菜たちと同じAクラスには離人や時風もいた。 そこにシュメルマン少佐が現れ、生徒たちに星型のブローチを配り始める。 そして、星の増やし方、互いの星を奪い合うルールを説明するのだった。 第14話『7分12秒』 軍学校の女子風呂に覗き魔が出現! 犯人の離人を確保したAクラス一同だったが、連帯責任で深い森の中に放り出されることに……。 サバイバルの中、ふとしたことから離人は一ノ瀬らが軍人を目指した理由を明かされる。 第15話『殺さない軍隊』 幼いナナから撃墜王計画の内容を聞かされたジェイルだったが、地下から戻る途中でアラン大尉に見つかってしまう。 抵抗するもねじ伏せられるジェイル。 第16話『廃棄するための戦』 「殺さない軍隊」を目指し、手術を受ける覚悟を決める離人。 ジェイルは、アルシアが存在する未来を守るため、手術を止めないことを選択する。 一方、陽菜はリヒトーを救うため、ある考えをジェイルたちに打ち明ける。 第17話『閃撃の撃墜王』 ついに目を覚ます離人。 シュメルマンから大太刀を託された離人は、手術によって得た力で閃光のように飛び交い、敵に向かっていく。 第18話『アルシア誕生』 陽菜たちが300年後に帰還した一方で、団結して士気を高めるAクラス一同。 人を殺してしまった離人は、Aクラスの仲間を「殺さない軍隊」にするため、代わりに自分が敵を殺すことを決意する。 第19話『浮気』 過去から戻り、リヒトーとナナに再会した陽菜たち。 300年前に交わした約束を叶えようとする陽菜だったが、リヒトーは思わぬ反応を示す。 一方、ジェイルはリヒトーに記録映像を見せる。 そこには、300年間リヒトーのために苦悩してきたナナの想いが刻まれていた。 第20話『雨』 陽菜からの好意をはぐらかすリヒトーに業を煮やし詰め寄る陽菜。 するとリヒトーは陽菜がもつバロットと彼女の両親について語り始める。 その頃、王都では特務を調査していた将校たちが暗殺されていた。 報告を受け思案するアレクのもとに王立軍の重鎮である三大大将が招集され……。 第21話『父親』 王都へ向かったジェイルは、王立軍総司令であるアレクに星奪戦を挑む。 己の信念に従い全力でぶつかるジェイルだったが、「爆撃の撃墜王」たるアレクの力は圧倒的だった。 劣勢の状況で、ジェイルはアレクから過去に起きた悲劇を明かされる。 一方、特務に捕えられた陽菜たちは、道安と対峙していた。 第22話『約束』 陽菜たちがアルシアを堕とそうとしていると考えた道安は「重撃の撃墜王」の力をもって襲いかかる。 陽菜とペレの決死の行動のおかげで脱出したリィンは、道安の攻撃によって傷を負いながらもリヒトーのもとへ向かうのだった。 ようやく廃墟に辿り着き、倒れたリヒトーを見つけるリィンだったが……。 第23話『許さない』 傷ついたリィンの手術を進める陽菜とペレ。 一方、リヒトーは苦戦を強いられていた。 シュメルマンは「重撃の撃墜王」に加えて「追撃の撃墜王」をリヒトーに差し向けた。 重力を操る道安、相手を追撃する園原。 ふたりの力の前に、自身の力を活かすことのできないリヒトー。 そこに、ひとりの男が現れる。 第24話(最終回)『私の撃墜王』 道安が放った重力攻撃に呑み込まれてしまったリヒトー。 暗闇の底で、リヒトーは自らが撃墜王になるときに誓った約束と向き合う。 愛する人の叫び声が彼に届いた時、「殺さない軍隊」の隊長は再び立ち上がる。 絶望を切り裂き、一筋の閃光が天へと突き抜けた。

次の

プランダラ (1) (カドカワコミックス・エース)

ブランダラ

プランダラの感想• 名前: 徳田新之助(122. 214. 名前: 匿名(126. 217. 名前: 匿名(59. 139. 141. 主人公とヒロインの声が受け付けない。 名前: 匿名(126. 誰が声優になったって同じ事なんだから。 気にしすぎただ思う。 アニメなんてそんなもんだろ。 声優なんて、皆同じ。 誰がやったて同じ事。 気にしすぎじゃねぇのか?。 確かに合う、合わないがあるけどな。 そんなもんは慣れだろ?。 気にする事ない。 作品の良さの一部じゃねぇの?。 知らんけど。 人の取り方だから、嫌な人は嫌で、良い人は良い人がいると思う。 名前: 匿名(126. 名前: 匿名(180. 198. 154. 名前: 匿名(126. 233. 153. 名前: 匿名(118. 105. 名前: 匿名(118. 105. 4番の意見の人と同じだと思う。 アニメって原作カット多いよなぁ〜。 でも、確かに5番の意見もありだと思うね。 アニメは、皆同じだと思う。 テレビ放送とか画質とか。 テレビは、テレビだから。 確かに、アニメのジャンルは、、違うけど。 でも似たような、漫画、アニメは、色々探せばあると思うよ。 アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の