スーパー メトロイド キック クライム。 エテコーン

ミサイルタンク METROID Other M 攻略ランド

スーパー メトロイド キック クライム

シャインスパーク 登場作品:スーパー、フュージョン、ゼロミ、アザーM スピードブースター状態でしゃがみエネルギーを溜め、ジャンプボタンを押して解放することで真上に勢いよく飛んでいく技。 方向キーを入力することで左右や斜め上に飛んでいくこともできる。 スーパーではダチョラが教えてくれるが、入力コマンドの指示がないためわかりにくい。 また、唯一この作品ではシャインスパークを発動すると飛んでいる間ダメージを受ける。 フュージョンとゼロミでは坂に向かってシャインスパークを発動し、方向キーを入力したまま突進すると坂を駆け上がりスピードブースター状態になる。 両作品にはこれを利用してスピードブースター状態を維持し、溜めた力を特定の場所まで持って行って、シャインスパークを発動しなければ入手できないアイテムがいくつか存在する。 アザーMでは力を溜めたままの移動は不可能。 進行に必須のテクニックとなっているため、コマンドの説明が出る。 無限ボムジャンプ 登場作品:初代、2、スーパー、ゼロミ、リターンズ シーケンスブレイクやショートカットに必要な謂わば「裏技」的なテクニックの中では、最も有名なもののひとつ。 リターンズでは紹介映像にも登場しており、半ば公式テクニックとなっている。 ボムを置いて爆風でジャンプする際に、タイミングよくボムを空中に置くことで、無限にサムスが上昇していくというもの。 作品によってボムの挙動や爆発のタイミングが異なるため、難易度は作品によって異なる。 ゼロミは連打していてもうまく行くこともあるが、それ以外では概ねシビア。 フュージョンとアザーMでは仕様の関係上不可能なテクニックとなっている。 また、これを応用し斜めに跳ぶテクニックもあるが、難易度は更に上がる。 垂直キッククライム 登場作品:スーパー、ゼロミ、リターンズ 左右の壁を交互に蹴る普通のキッククライムと違い、片側の壁のみを蹴って上に登っていくテクニック。 RTAやTASでは頻繁に使用されるテクニックであり、特にTAS動画でのヌルヌルと登っていく様は「上に落ちる変態 」と称賛 ? されることもある。 これが使えれば壁さえあればどこでも登って行けるため、シーケンスブレイクやショートカットでは重要なテクニックである。 また、無限ボムジャンプに比べれば難易度は低めで初心者でも練習すればコツを掴みやすい。 リターンズではトゲとハチミツにしか見えない黄色の粘液のせいで登れない壁が多く、使いどころは限られる。 フュージョンとアザーMではキッククライムの仕様が異なるため不可能。

次の

メトロイド テクニック集

スーパー メトロイド キック クライム

シャインスパーク 登場作品:スーパー、フュージョン、ゼロミ、アザーM スピードブースター状態でしゃがみエネルギーを溜め、ジャンプボタンを押して解放することで真上に勢いよく飛んでいく技。 方向キーを入力することで左右や斜め上に飛んでいくこともできる。 スーパーではダチョラが教えてくれるが、入力コマンドの指示がないためわかりにくい。 また、唯一この作品ではシャインスパークを発動すると飛んでいる間ダメージを受ける。 フュージョンとゼロミでは坂に向かってシャインスパークを発動し、方向キーを入力したまま突進すると坂を駆け上がりスピードブースター状態になる。 両作品にはこれを利用してスピードブースター状態を維持し、溜めた力を特定の場所まで持って行って、シャインスパークを発動しなければ入手できないアイテムがいくつか存在する。 アザーMでは力を溜めたままの移動は不可能。 進行に必須のテクニックとなっているため、コマンドの説明が出る。 無限ボムジャンプ 登場作品:初代、2、スーパー、ゼロミ、リターンズ シーケンスブレイクやショートカットに必要な謂わば「裏技」的なテクニックの中では、最も有名なもののひとつ。 リターンズでは紹介映像にも登場しており、半ば公式テクニックとなっている。 ボムを置いて爆風でジャンプする際に、タイミングよくボムを空中に置くことで、無限にサムスが上昇していくというもの。 作品によってボムの挙動や爆発のタイミングが異なるため、難易度は作品によって異なる。 ゼロミは連打していてもうまく行くこともあるが、それ以外では概ねシビア。 フュージョンとアザーMでは仕様の関係上不可能なテクニックとなっている。 また、これを応用し斜めに跳ぶテクニックもあるが、難易度は更に上がる。 垂直キッククライム 登場作品:スーパー、ゼロミ、リターンズ 左右の壁を交互に蹴る普通のキッククライムと違い、片側の壁のみを蹴って上に登っていくテクニック。 RTAやTASでは頻繁に使用されるテクニックであり、特にTAS動画でのヌルヌルと登っていく様は「上に落ちる変態 」と称賛 ? されることもある。 これが使えれば壁さえあればどこでも登って行けるため、シーケンスブレイクやショートカットでは重要なテクニックである。 また、無限ボムジャンプに比べれば難易度は低めで初心者でも練習すればコツを掴みやすい。 リターンズではトゲとハチミツにしか見えない黄色の粘液のせいで登れない壁が多く、使いどころは限られる。 フュージョンとアザーMではキッククライムの仕様が異なるため不可能。

次の

スーパーメトロイドの12体のボス攻略法を全て公開!(ネタバレ注意) | ゲーム王国、全国対応ゲーム買取

スーパー メトロイド キック クライム

ボスの攻略 こんにちは。 今日は皆さんがきっと苦戦されている中ボスと各ボスの攻略法をお話していきます。 「スーパーメトロイド」には12体のボスがいます。 「私はここで苦戦していた」という体験も交えて皆さんのお力になれればと思います。 よろしくお願いします。 ご了承ください) 1体目:リドリー(初戦) リドリーには2種類の攻略方法があるのをご存知でしょうか? 1つはリドリーに100発ビームをあてる。 2つめはサムスの体力が30を切ると強制的に戦闘終了になる、というものです。 100発ビームを当てたい方はしっぽに当たると大ダメージをくらうので、常にゲート上に上りジャンプなどで突進攻撃などをかわすと良いです。 2体目:鳥人像 ボムを入手した途端、戦闘に入ります。 モーフ(ボール)状態になると敵は折り返して動きます。 口からものを出して攻撃してきたときは、モーフ(ボール)状態になり前足手前まで進みます。 そこから斜め上にミサイルを構えて、弱点のおなかを撃ちまくります。 これで終わります。 縦に波形しているビームを敵が撃ってきたときは、攻撃せずによけることに集中しましょう。 3体目:スポアスポーン 口を開けたときにミサイルを撃ち込むと攻撃できます。 ただし、入ってきたゲート上で丸まってもダメージを受けてしまいます。 なので画像の場所で待機すればダメージを受けません。 (俗にいう安全地帯) ミサイルが無くなってしまった場合は、落ちてくる胞子を攻撃するとゲットできます。 4体目:クレイド 最初はこの状態からスタートし、その後第二形態となります。 攻撃方法は、どちらも口にミサイルを当てることです。 敵が前に迫ってきたときは後ろに逃げる。 敵が後ろに下がった時はジャンプしてビームで目を攻撃し、開いた口にスーパーミサイルやミサイルを撃つと簡単に倒せます。 5体目:クロコマイヤー この敵を倒すことは不可能なので、攻撃を当てて後退させていきます。 崩れるところまで押していきます。 弱点は大きく開いた口です。 この口にチャージショットかミサイル、スーパーミサイルを撃ち込むと数歩後退します。 これを繰り返していくだけです。 たまに相手が手足をバタつかせて玉を吐いてきますが、通常のビームで攻撃できるのでスーパーミサイルやエネルギーがないときは攻撃して回復すると良いでしょう。 6体目:ファントゥーン このボスは目が弱点ですが、目をつぶっている時には攻撃が効きません。 なので火の玉を天井から落としてくる攻撃の時を狙います。 敵が近くまで寄ってきたら、スーパーミサイルを撃つのが確実です。 右への円形攻撃をしてきたときは、上・斜め前・前・斜め下とビームを撃ちジャンプすると攻撃に当たりにくいです。 体当たりしてきたときはジャンプして回避をお勧めします。 7体目:ボツーン 蛇のような体をしたボスで、穴から穴へと移動しながら時々玉をはいてくる敵です。 画像のジャンプしている着地地点(左隅)で丸まっていれば、基本的にはダメージは受けません。 攻撃を当てていくと、敵の移動スピードがぐんぐん上がります。 攻撃が当たるのが顔のみなので、タイミングよくミサイルを撃っていきましょう。 もしミサイルを温存したいのであれば、チャージショットだけでも倒せますよ。 8体目:ドレイゴン この敵は、初戦のリドリーみたいに2種類の撃退方法があるのをご存知でしょうか? まずはスーパーミサイルなどを使って地道に倒していく通常プレイ。 もう一つが感電死させて倒すプレイというものです。 敵につかまれた時にガチャガチャとレバーなどを操作していると振りほどけます。 そこで振りほどかずに上まで掴まれた状態で上り、画像付近で「グラップリングビーム」を使います。 するとサムスのエネルギーも削られますが、感電死させることができるのです。 9体目:黄金鳥人像 この敵は落下したマップ直後に上から出てきます。 攻撃のよけ方は最初の鳥人像と同じですが、攻撃スピードや威力がパワーアップしています。 簡単に倒す方法は、敵にバックステップをしてもらいモーフ(ボール)状態になって前足手前まで進みます。 そこから斜め上にチャージショットを当てて、弱点のおなかを撃ちまくります。 なお、ミサイルだとよけられスーパーミサイルだと投げ返されたりしますのでご注意を。 10体目:白金のゼーベス星人 序盤からゼーベス星人はいましたが、それの最高クラスの攻撃力と防御力を兼ね備えています。 スーパーミサイルもチャージショットも効きません。 倒し方のコツは、こちらがジャンプすると相手がジャンプキックをしてきます。 その時に足が上がるので、そのタイミングでスーパーミサイルを撃ち込みます。 これが計3体いますので、コツをつかめば楽に倒せるのではないかと思います。 11体目:リドリー 言わずと知れたスペースパイレーツの親玉です。 かなり苦戦した人はいるのではないでしょうか? リドリーはしっぽ以外すべて攻撃可能な範囲です。 が、とにかく強い! なるべく下にいて安定してビームやミサイル、スーパーミサイルを撃てるように構えておきましょう。 ミサイルを撃ち込み、スーパーミサイルに切り替えると操作が楽な気がします。 上にいるときにミサイルなどを撃ち込んでもダメージが入らないので、しっかり画面に入れてから攻撃をしましょう。 12体目:マザーブレイン 1作目のボスにしてラストにふさわしいボスです。 今回は1作目同様、培養器を壊して本体に攻撃して終わり…なだけじゃありません。 第2形態があります。 しかも手足がくっついてきます! 実際には手足で攻撃してきませんが、ビームを発射してきたり火を噴いてきたりします。 ボムを発射してきた際は、爆発寸前にジャンプすると回避できます。 なるべく右下に待機して可能な時は攻撃を、攻撃されている時は防御に徹しましょう。 最後に、ベビーメトロイドからエネルギーをもらいハイパービームを撃つことができます。 ハイパービームを撃てるようになったらガンガン撃ち込んでくださいね! おわりに 以上で中ボス・ボスの攻略は終わりとなります。 皆さんのプレイの手助けが出来ていると嬉しいです。 ありがとうございました。 関連の高額買取商品についてはこちら.

次の