コロナ ウイルス 大丈夫。 【解説】 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる?

新型肺炎【コロナウイルス】いつまで続くの終息は?東京オリンピックは大丈夫?

コロナ ウイルス 大丈夫

新型コロナウイルスの感染拡大で、日本でもドラッグストアでマスクが売り切れになったり、テレビ番組で毎日特集が組まれたりしています。 無症状の感染者やヒトからヒトへの感染者が見つかったことから、新たな局面に入ったと見る専門家もいます。 洪水のようにあふれる情報をどう理解し、どう備えればよいでしょうか。 オーバーシュートや医療崩壊させないために何をすればいいのでしょうか。 国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター・感染症学の矢野晴美教授に聞きました。 一方で、航空機の運航を止める航空会社が出てきたり、入国やビザ発給を制限している国も出てきたりしています。 この状況をどう理解すればいいのでしょうか。 矢野晴美教授(以下、矢野): 現在、日本政府も中国への不要不急な渡航は控えるよう国民へ勧告しています。 WHOの緊急事態宣言も、今は、不要不急な動きはやめた方がいいということです。 優先順位からすると、患者が一番多く、症状のない微生物保有者が多いと考えられる中国、特に武漢への渡航は控えた方がいいレベルだと思います。 2月2日のWHOのリポートによると、中国の次に患者が多いのが日本やタイ、シンガポールになります。 そうすると、患者が多い日本で暮らす人たちは海外へ行かない方がいいのか、という話になります。 現時点で、日本人の渡航を制限することは、武漢以外にはないと思います。 ただし、日常生活では人と接触するので常にリスクがつきまといます。 基本的な感染対策を個人が心がけることに尽きると思います。 羽田空港には毎日、中国を含め世界各国から航空機が到着し、人々が往来している。 どのような感染対策を心がければいいのでしょうか。 矢野: 最も大事なことは手洗いです(アルコール消毒を含む)。 マスク着用を必須と勧める人もいますが、症状のない人が予防的にマスクを着用することに確かなエビデンスが少ない、というのが国内外の専門家での一般的な認識です。 医療機関でさえ医療従事者がマスクを適正使用していないケースがあります。 鼻が出ていたり、装着面が密着していなかったりすると感染を防ぐことはできません。 マスクの着脱で触った手が最も汚れているので、その手で色々な環境表面を触ると、そこで2次感染が起きます。 電車に乗るときにマスクは必要ですかという人がいますが、それより手洗いをきちんとする方が現実的な予防方法です。 矢野: 咳エチケットの方法は、一つはマスクですが、もう一つは咳をする際、ハンカチや肘で口をふさぐことです。 手で押さえると手が汚染されてしまい、その手で色々なところを触って2次感染が起きます。 人と触れない上腕の肘の部分などで口を押さえてくださいということです。 矢野: インフルエンザや他のかぜのウイルスなども付着している可能性があるので、マスクの本体部分は触らないこと。 そして鼻のところをワイヤーで密着させるわけですが、ずれてきたら取り換えましょう。 取り外しはゴムのところを持って外し、捨てます。 マスクは長時間しているほど表も裏もウイルスだらけになります。 例えば、食事のときにマスクをテーブルに置けば、そこが汚れます。 そういうところで感染が広がっていきます。 矢野: 手洗いは、流水で洗うか、アルコール性消毒薬で手を消毒するかです。 1%)などが有効とされています。 矢野: 若い人たちが医療従事者に近い知識を持つようになれば、随分変わると思います。 例えば、手洗いのシンクにしても、水道水で手洗いをしていて水しぶき散るような浅いシンクでは、周囲が汚染されて感染リスクが広がります。 また、蛇口をひねる行為で手が汚れます。 ドアノブも同じです。 いかに感染経路を断つかを考え、一人一人が理解して実行できるかがかぎになります。 幼い子どもがいる家庭が注意すべきことは? 矢野: 今、子どもは外出を控えるというレベルではありません。 子どもはマスクをしていても手で触ってしまいます。 まずは手洗いがきちんとできるようにしましょう。 終息するまで在宅勤務できるわけでもないし、ネット通販で暮らすわけにもいきません。 身を守るためにどこまで予防しなくてはいけないのか、悩む人が多いと思います。 矢野: 多くの人が触るような電車やバスのつり革などに触れて帰宅したら、必ず手洗いをするということに尽きます。 ベースとしての感染対策を高めるためには、ステップゼロが年齢ごとの標準的なワクチンを接種しておくということです。 その次に手洗いと咳エチケットです。 コロナウイルスのワクチンはありませんが、基本的な感染防御のレベルを上げておくことが大切です。 免疫力を高めるという視点からアドバイスすると、規則正しい生活をする、十分な睡眠を確保する、バランスの取れた食事を取る、運動を適宜する、といった健康の維持・増進に必要なことを続けていくことに尽きます。 日ごろの健康に対する認識を一気に上げるのは大変です。 100を基準とすると、標準的なワクチン接種で50をカバーして、手洗いや消毒を徹底することでそれが60に上がり、咳エチケットで80になるというようなベースを高めることが大切です。 そこまでベースが高ければ、例えエボラ出血熱や新型コロナウイルスでも準備することは少なくなります。 矢野: 報道や論文による情報をもとに考えると、感染力は麻疹(はしか)より低いと言えます。 麻疹では同じ空間にいると、空気感染するので麻疹にかかったことがない人はほぼ100%発症します。 新型コロナウイルスは基本的に飛沫感染なので、患者を中心として半径2メートルぐらいのところにいて、患者のせきやくしゃみが届く範囲にいる人や、ウイルスが付着した手が触った環境表面を周囲の人が触れば感染する可能性があります。 重症化しやすいと考えられているのは、糖尿病、心臓の病気、喫煙者、慢性の肺の病気、腎臓病の人、肝臓病の人、リウマチなどで免疫抑制剤を飲んでいる人、ステロイドのような免疫を下げる薬を飲んでいる人などです。 そういった人は、ふだんと違う異変を感じたらすぐ受診することを勧めます。 矢野: 症状が出ないのであれば、感染しても自分の抵抗力で対応できるということです。 症状が軽く終わってしまう人も含め、そういう人が大半であれば、それほど恐れる必要はありません。 一方で、重症化しやすい病気を持つ人たちは「ハイリスク者」として早めの受診をしてくださいという話になっていきます。 今現在では、まだ情報が十分ではない状況で、今後、どのくらいの方が重症化するリスクがあるのか、無症状の方はそのままでも大丈夫なのか、今後の情報で随時、判断していくことになります。 インタビューに答える矢野晴美・国際医療福祉大学教授 プロフィール 矢野晴美(やの・はるみ) 国際医療福祉大学医学部 医学教育統括センター教授・感染症学教授 岡山大学医学部卒業、同大学院博士課程(医学)卒業。 日本感染症学会評議員。 米国内科専門医、米国感染症専門医、英国熱帯医学専門医、国際旅行学会認定医。 おしらせ 新型コロナウイルスへの備えや終息のシナリオに関するインタビュー完全版は、朝日新聞のweb「論座」で読むことができます。 (telling,は抜粋版です).

次の

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

コロナ ウイルス 大丈夫

新型ウイルスの流行が特に深刻な地域では、防護服に身を包んだ作業員が広場や公園、街の通りを消毒している。 オフィスや病院、店舗、レストランなどでも清掃規定が厳しくなった。 一部の地域では、ボランティアが夜ごと集まり、街の自動預け払い機(ATM)のキーパッドを消毒して回っている。 インフルエンザなど呼吸器疾患の原因になる他のウイルスと同様、COVID-19のウイルスも患者のせきで飛び散る飛まつから感染する。 という。 この飛まつは他の人や服、周囲のものの表面などに落ちるほか、。 また、ため、トイレの後に徹底的に手を洗わない人は、その後に触るものすべてを汚染する可能性がある。 ただし、アメリカ疾病対策センター(CDC)は、ウイルスの付着表面に触れた後に自分の顔を触っても、それは「」と言う。 これは留意に値する。 それでもCDCや世界保健機関(WHO)といった保健当局は、手を洗うこと、がCOVID-19の感染拡大を防ぐ最大の手段だと強調している。 つまり、汚染表面からの感染が具体的にどれくらいあるのかは不明ながら、専門家は用心を呼びかけているのだ。 SARS-CoV-2(COVID-19を引き起こしている新型ウイルスの正式名称)が人間の体外でどれくらい生きられるのか。 これも、まだ明らかになっていない。 研究によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)といった他のコロナウイルスは、正しく消毒しないと、生きられる。 一部のウイルスは、低温状態で最長28日間生きられるという。 コロナウイルスは様々な場所で生存できる。 この性質が新型ウイルスの拡散にどう影響するのか、研究者は少しずつ理解し始めたところだ。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)のウイルス学者、ニルチュ・ファン・ドゥーラマーレン氏と、モンタナ州ハミルトンにあるロッキー・マウンテン研究所の研究チームは、SARS-CoV-2が様々な物質の表面でどれくらい生存できるのかを調べた。 医学雑誌「New England Journal of Medicine」に掲載された研究結果によると、せきの飛まつで。 また、1~5マイクロメートル(人間の髪の毛の幅の30分の1)ほどの細かい飛まつは、という。 つまり、フィルターのない空調設備で拡散される新型ウイルスは、最長で数時間しか生きられない。 また、空気中にただよう「エアロゾル」状態のときに気流が動くと、飛まつは何らかの表面に素早く付着しがちだ。 しかしNIHの研究では、段ボールに付着したSARS-CoV-2は最大24時間、プラスチックやステンレスの表面では2~3日間生存することも明らかになった。 この調査から、新型ウイルスがドアノブやプラスチックでコーティングされたデスクなど、硬い表面でより長く生存することがうかがえる。 一方この研究では、銅の表面では約4時間で死滅することが分かった。 しかし、もっと手早い手段がある。 研究によると、や過酸化水素0. 5%が含まれる漂白剤、0. 1%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用漂白剤で表面を消毒すれば、コロナウイルスは1分以内に不活性化する。 が、SARS系のコロナウイルスは56度以上の環境で、15分ごとに1万個のウイルスが死ぬ程度だという。 感染者のせきの飛まつにどれくらいのウイルスが含まれているか、データはない。 しかしインフルエンザの研究によると、があるという。 ただし、この値はウイルスによって様々で、ウイルスが呼吸器のどこに存在しているのか、あるいは感染者の病状によっても異なるという。 服など消毒しにくいものの表面で、新型ウイルスがいつまで生存するかは分かっていない。 ロッキー・マウンテン研究所の研究者で、NIHの研究を主導した1人のヴィンセント・ムンスター氏によると、段ボールなど吸収性の高い天然繊維の上では、プラスチックや金属の上よりも、ウイルスは素早く乾くようだ。 「通気性・通水性の高い物質の上では、ウイルスは急速に乾いて繊維にこびりつく可能性がある」とムンスター氏は説明した。 温度や湿度の変化も生存期間に関係する可能性があり、エアロゾル状態でウイルスが不安定なのは、熱や湿気にさらされやすいからかもしれない。 「我々は現在、温度や湿度の影響をさらに詳しく調べるため、追加実験を行っている」 ムンスター氏はその上で、ウイルスが長生きな分、手洗いと表面の消毒はますます重要になる指摘する。 「このウイルスはさまざまな経路で、広まっていく可能性がある」 (英語記事 ).

次の

ホテルの部屋や大浴場で、新型コロナウイルスがうつらないか心配|個人的に対策したこと【医療機関・医者による記事ではありません】

コロナ ウイルス 大丈夫

新型ウイルスの流行が特に深刻な地域では、防護服に身を包んだ作業員が広場や公園、街の通りを消毒している。 オフィスや病院、店舗、レストランなどでも清掃規定が厳しくなった。 一部の地域では、ボランティアが夜ごと集まり、街の自動預け払い機(ATM)のキーパッドを消毒して回っている。 インフルエンザなど呼吸器疾患の原因になる他のウイルスと同様、COVID-19のウイルスも患者のせきで飛び散る飛まつから感染する。 という。 この飛まつは他の人や服、周囲のものの表面などに落ちるほか、。 また、ため、トイレの後に徹底的に手を洗わない人は、その後に触るものすべてを汚染する可能性がある。 ただし、アメリカ疾病対策センター(CDC)は、ウイルスの付着表面に触れた後に自分の顔を触っても、それは「」と言う。 これは留意に値する。 それでもCDCや世界保健機関(WHO)といった保健当局は、手を洗うこと、がCOVID-19の感染拡大を防ぐ最大の手段だと強調している。 つまり、汚染表面からの感染が具体的にどれくらいあるのかは不明ながら、専門家は用心を呼びかけているのだ。 SARS-CoV-2(COVID-19を引き起こしている新型ウイルスの正式名称)が人間の体外でどれくらい生きられるのか。 これも、まだ明らかになっていない。 研究によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)といった他のコロナウイルスは、正しく消毒しないと、生きられる。 一部のウイルスは、低温状態で最長28日間生きられるという。 コロナウイルスは様々な場所で生存できる。 この性質が新型ウイルスの拡散にどう影響するのか、研究者は少しずつ理解し始めたところだ。 アメリカ国立衛生研究所(NIH)のウイルス学者、ニルチュ・ファン・ドゥーラマーレン氏と、モンタナ州ハミルトンにあるロッキー・マウンテン研究所の研究チームは、SARS-CoV-2が様々な物質の表面でどれくらい生存できるのかを調べた。 医学雑誌「New England Journal of Medicine」に掲載された研究結果によると、せきの飛まつで。 また、1~5マイクロメートル(人間の髪の毛の幅の30分の1)ほどの細かい飛まつは、という。 つまり、フィルターのない空調設備で拡散される新型ウイルスは、最長で数時間しか生きられない。 また、空気中にただよう「エアロゾル」状態のときに気流が動くと、飛まつは何らかの表面に素早く付着しがちだ。 しかしNIHの研究では、段ボールに付着したSARS-CoV-2は最大24時間、プラスチックやステンレスの表面では2~3日間生存することも明らかになった。 この調査から、新型ウイルスがドアノブやプラスチックでコーティングされたデスクなど、硬い表面でより長く生存することがうかがえる。 一方この研究では、銅の表面では約4時間で死滅することが分かった。 しかし、もっと手早い手段がある。 研究によると、や過酸化水素0. 5%が含まれる漂白剤、0. 1%の次亜塩素酸ナトリウムが含まれる家庭用漂白剤で表面を消毒すれば、コロナウイルスは1分以内に不活性化する。 が、SARS系のコロナウイルスは56度以上の環境で、15分ごとに1万個のウイルスが死ぬ程度だという。 感染者のせきの飛まつにどれくらいのウイルスが含まれているか、データはない。 しかしインフルエンザの研究によると、があるという。 ただし、この値はウイルスによって様々で、ウイルスが呼吸器のどこに存在しているのか、あるいは感染者の病状によっても異なるという。 服など消毒しにくいものの表面で、新型ウイルスがいつまで生存するかは分かっていない。 ロッキー・マウンテン研究所の研究者で、NIHの研究を主導した1人のヴィンセント・ムンスター氏によると、段ボールなど吸収性の高い天然繊維の上では、プラスチックや金属の上よりも、ウイルスは素早く乾くようだ。 「通気性・通水性の高い物質の上では、ウイルスは急速に乾いて繊維にこびりつく可能性がある」とムンスター氏は説明した。 温度や湿度の変化も生存期間に関係する可能性があり、エアロゾル状態でウイルスが不安定なのは、熱や湿気にさらされやすいからかもしれない。 「我々は現在、温度や湿度の影響をさらに詳しく調べるため、追加実験を行っている」 ムンスター氏はその上で、ウイルスが長生きな分、手洗いと表面の消毒はますます重要になる指摘する。 「このウイルスはさまざまな経路で、広まっていく可能性がある」 (英語記事 ).

次の