招待状 宛名。 結婚式招待状の返信マナーの基本をチェック!返信はがきの書き方もご紹介 | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

【結婚式の招待状】宛名の書き方やマナーを見本を例に手書きのプロが教えます

招待状 宛名

手渡しが可能な場合は できるだけ直接渡して 出席をお願いしましょう。 結婚式の招待状を上司に手渡しする場合は肩書きは必要ない 結婚式の招待状を 手渡しする場合 肩書きの表記は不要です。 もちろん、住所も封筒の切手 も不要になります。 すぐに中を確認していただけるよう 封筒へのり付けはしません。 結婚式に気持ちよく出席してもらう ためにも、 失礼のないように マナーを知っておきましょう。 1.差出人と同様に封筒の向きに合わせる 封筒の向きには縦と横の違いが ありますので、差出人の印刷をする 場合と同様に文字の向きを合わせる ことが大切です。 3.招待状を手渡しするなら住所は不要 結婚式の招待状を手渡しする際は 相手の住所の記載は不要です。 住所が書いてあると 本当は郵送する予定だったけれど 急に手渡しに変えたのかな? と 余計な詮索を招きます。 誤って住所を記載してしまった場合は 封筒だけ用意しなおしましょう。 4.手書きする場合は必ず毛筆か筆ペンで 招待状の宛名を手書きする場合 ボールペンやサインペンはNG。 ボールペン等線の細いものではなく 毛筆または筆ペンを使用して 縁起の良い太い文字で書くのが 正しい方法です。 丁寧な楷書体で書きましょう。 招待状の宛名書きは 印刷でもOKです。 詳しくは下記の記事をご覧くださいね。 5.名前や肩書きの書き間違いに要注意 最も注意したいのが 名前や肩書の間違い。 親族の氏名も意外と勘違いしている ことも多いいものです。 手渡しする際には肩書及び住所 は書かない• 会社へ郵送して渡す場合のみ 肩書きが必要• 宛名書きの際は封筒の向きと 文字の向きを揃える• 手書きの際は毛筆or筆ペンで• 連名の場合の表記方法や 敬称、氏名や肩書など誤字脱字 によく注意しよう 招待客の中でも 会社の上司は主賓や仲人をお願いする こともある重要な方であることが 多いですよね。 今回の内容を参考に マナーを守って失礼のないよう きちんと準備して下さいね。 結婚式の招待状を郵送する際は 発送準備はスケジュールをきちんと 組んでおくことがとても大切です。

次の

【結婚式の招待状】宛名の書き方マナー!宛先別の具体例

招待状 宛名

結婚式に親戚や友人の子供を招待することがありますよね。 招待状を出す時になって、招待状の宛名をどう書いたらいいのかわからない・・・。 なんてことも多いのではないでしょうか。 今回は、招待状の子供の宛名の書き方についてお話します。 招待状の宛名の書き方 まずは、招待状の宛名書きのマナーからお話していきます。 個人で招待する場合はフルネームで〇〇〇〇様と書きます。 夫婦で招待する場合、相手の奥様と面識がある時は名前で書きます。 面識がない時は、ご主人の名前に添えて「奥様」「令夫人」と書きます。 「令夫人」自体が敬称です。 「様」などをつけると敬称が重複するので注意して下さい。 また、「令夫人」は「様」よりも格上の敬称なので、親族や友人の奥様には使えません。 子供の人数が多くてもすべて名前を書いた方がいいのか? 子供が小学校に通っているけれど、敬称はどうしたらいいのか? 子供の敬称について、まとめて解決していこうと思います。 「くん」や「ちゃん」は間違い? 子供が小学校低学年くらいまでは、「くん」や「ちゃん」を使っても問題はないでしょう。 それ以上の学年になってくると、やはり「様」を使う方がいいと思います。 「様」を赤ちゃんに使っても間違いではありません。 しかし、親しみを込めて「くん」や「ちゃん」を使ってもいいですね。 2人以上の場合は、「御家族様」とまとめて書くのが一般的です。 奥様も「御家族様」に含まれますが、ご主人の名前・奥様の名前(令夫人)・「御家族様」が一般的なようです。 夫婦で招待する場合には、特に奥様の宛名の書き方には注意が必要ですね 子供を招待する場合は、1人なのか、2人以上なのかで書き方が違ってきました。 「くん」や「ちゃん」を使えるのは小学校低学年くらいまでで、それ以上の学年は「様」を使います。 こうやってまとめてみると、意外と決まりごとは少ないのかもしれませんね。

次の

結婚式招待状の「宛名書き」の書き方・ポイント | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

招待状 宛名

宛名書きは毛筆か筆ペンで 結婚式の招待状を送る場合、宛名は毛筆か筆ペンで書くのがマナーとされています。 これはなぜかというと、「祝い事は『濃く太く』」という縁起担ぎの意味があるから。 「濃く太く」文字が書けるから、毛筆や筆ペンを使うんですね。 逆に、文字が「細く」なってしまうボールペン等で書くのはNGとされています。 でも最近では、 「パソコンで毛筆風のフォントを使って印刷!」 「横書きのカジュアルな招待状なので、サインペンで書きました~」 なんて人も。 パソコンやサインペンもマナー違反ではありませんが・・・やはりオススメは毛筆・筆ペン。 多少文字が乱れても、毛筆で一生懸命書いた宛名だと温かみも伝わるもの。 少なくとも年配の方や親戚には、毛筆や筆ペンで頑張ってみるといいですよ。 どうしても苦手な人は、字を書いてくれるプロの「筆耕サービス」にお願いするのもよいですね。 さて、書くものが準備できたら、次は具体的な「宛名の書き方」を見ていきましょう。 基本的な宛名の書き方 宛名の話をする前に、1つ知っておいてほしいのが「封筒の種類」。 封筒には、洋封筒と和封筒の2種類あり、 ・縦が長ければ和封筒 ・横が長ければ洋封筒 となっています。 一般的に招待状に使用されるのは「洋封筒」。 洋封筒は、封入口が広く、カードや写真を入れやすいので、招待状や案内状に適しています。 宛名については、「縦書き」か「横書き」かに分かれます。 ということで、ここでは 「洋封筒」で「縦書きの場合」「横書きの場合」 それぞれの書き方を見ていきましょう。 まずは縦書きから。 縦書きの場合 (表面) ・「切手」は左上に来るように貼ります。 ・右上に「郵便番号」を横書きで。 ・「名前」は封筒の中央に、大きくはっきりと! ・「住所」は右端に書きます。 2列になる時は、2列目の頭を1文字分、下げて書くと綺麗。 番地は漢数字で書いたほうが、格式高い印象になりますよ。 (裏面) ・フタの向きに注意 洋封筒を縦書きで使うときは、裏面の「フタの向き」に注意しましょう。 上の図の通り、封筒を上から閉じている部分が「フタ」ですね。 封筒の裏面を自分に向けたとき、「フタが右手」にあるのが正しい向き。 これが逆だと、不祝儀(おめでたくないこと)を表すことになるので、注意しましょう。 ・裏面の書き方 さて、フタの向きを確認したら、実際に書いていきます。 封筒の裏面に書くものといえば、差出人の住所と氏名。 書く場所は左側 フタではない方 です。 書き出しの高さを揃えると綺麗に見えます。 縦書きについては以上です。 次は横書きの場合を見ていきましょう。 横書きの場合 (表面) ・切手は右上にくるように貼ります。 ・横書きの場合も、名前は封筒の真ん中に大きく書きます。 ・郵便番号と住所の書き始めは頭を揃え、住所が2列になる時は、2列目を1文字分、右へ下げて書きましょう。 ・横書きの場合、住所の番地は数字の方が、見栄えが良さそうです。 (裏面) ・差出人の住所と氏名を、封筒下部(フタでない部分)の中央に、左右バランスよくスペースを空けて書きます。 縦書き・横書きの共通ルール ・裏面の差出人の住所に関しては、文字数が多くなりそうなら、郵便番号や建物名は省いてもOK。 ・住所は名前よりも少し小さめの文字で書きます。 住所が2列になる場合、2列目は1列目よりもさらに少し、小さめの文字で。 立場ごとに敬称は使い分ける 招待状の宛名は、送る相手の立場によって、使い分ける必要があります。 いくつかの立場ごとに見ていきましょう。 夫婦ゲストを招待する場合 招待する相手夫婦の奥さまが、あなたの親族や友人だったりして、「面識がある」という場合。 宛名は、 「田中 陽太郎様 花子様」 といったように、夫婦連名で、「名前+様」づけで書きます。 奥さまと「面識がない」場合は、旦那さまの名前に添えて、「御奥様」「奥様」「令夫人」などと書きましょう。 このとき、夫婦の下の名前は次のように高さを揃えます。 ・旦那さまの名前の最初の1文字と、令夫人の「令」を揃える ・旦那さまの「様」と令夫人の「人」を揃える 家族ゲストを招待する場合 ご家族で招待する場合、家族全員の名前を連名で書きます。 小学生以下の小さなお子さまには、「ちゃん」「くん」をつけましょう。 ただ、ご夫妻とお子さま合わせて4名以上の家族の場合、お子さまは「御家族様」とまとめて書くのが一般的なのでご注意を。 会社宛て 会社の上司や取引先の会社などへの招待状を、自宅ではなく会社へ郵送する場合は、「会社名・相手の肩書・名前」を書いて送ります。 会社名は正式名称を記入し、「株式会社」も(株)など省略せずに正確に書きます。 先生宛て お世話になった恩師など、先生宛に送る場合は、敬称を「様」ではなく、「先生(教授)」とする場合があります。 しかし最近では「様」とする人も多いようなので、その人との間柄で決めるといいかもしれませんね。 手渡しする場合は? 手渡しの場合、相手の住所は書かず、名前のみを書きましょう。 住所が書いてあると、「本当は郵送するつもりだったけど、会ったついでに渡した」と思われる可能性があるので気をつけたいですね。 書くときに注意すべきポイント5つ 1 かすれないよう丁寧に書く せっかく頑張って毛筆で書いた宛名でも、墨がかすれていたら台無し! 墨の色が薄いのも、縁起が悪いのでNGです。 しっかりと筆に墨をつけて、濃く太く、堂々と書きましょう。 2 郵便番号を書く欄がないときは? 郵便番号は、あらかじめ封筒に書く欄があればそこに書きます。 書く欄がない場合、住所の上に横書きしますが、「〒」マークは書かなくて良いので注意しましょう。 3 宛先の住所が長いときは? 宛先の住所が長い場合は、「市」や「区」から始まる住所であれば、都道府県名を省略してもOK。 全体のバランスがよく見えるよう、考えて書きましょう。 4 漢字や相手の肩書を間違えない 例えば相手の名前の漢字を間違えて送ると、とても失礼ですよね。 それだけでなく、「指摘した方がいいかな?」など、相手によけいな気を遣わせてしまうことに。 肩書も同じで、あなたが知らない間に相手の肩書が昇進や異動などで変わっていることもあります。 以前の肩書を書いて会社宛てに送ってしまったら・・・かなり気まずいですね。 そうならないためにも、肩書や名前は事前にきちんと確認しておきましょう。 5 招待状と宛名の向きを揃える 招待状の向きと封筒の向きは基本的に、同じ向きにします。 縦書きの招待状なら宛名も縦書き、横書きの招待状なら宛名も横向き。 そうすると統一感が出てバランスがいいですね。

次の