玄関 ドア キーレス。 玄関ドアの電子錠のデメリット総まとめ~現場で良く聞く不満とは~

リクシルとYKK apで玄関ドアを比較!スマートキー付きならYKKです

玄関 ドア キーレス

玄関ドアの解錠方式が煩わしいと感じたことはありませんか? 従来の通常のシリンダーキーの場合、鍵をカバンやポケットから取り出して、シリンダーに差し込んで・・・という手間が発生し、重い荷物を持っている時などは煩わしいと感じる方は多いのではないでしょうか? こうした 煩わしさを解消するための手段として、玄関ドアをリモコンキー付きのドアに変えてしまうという選択肢もあります。 玄関ドアにリモコンキーが付くと、 圧倒的に楽ちんな生活が手に入ります。 近年急速に発達してきた玄関ドアのエントリーシステムの中でも、便利なリモコンキーを使った解錠方式の特徴について解説していきたいと思います。 リモコンキーってどんなもの? リモコンキーと聞くと、自動車のリモコンキーを想像する方も多いと思います。 自動車のキーは玄関ドアと同様、ドアに付いているシリンダーに鍵を差し込み、解錠する方式を長らく採用していましたが、近年ではリモコンキーを取り入れることにより、わざわざシリンダーに鍵を差し込むという作業をすることなく、 ボタン操作だけで解錠が可能になりました。 また、車種によってはリモコンキーを持った状態で車のドアに手をかけるか、車のドアのボタンを押すだけで解錠が可能なものもあり、自動車のエントリーシステムは目覚ましい進歩を遂げていることがわかります。 自動車のエントリーシステムに続いて、 玄関ドアのエントリーシステムにおいてもキーレス化が進んできました。 解錠方法は自動車のそれと同じように、リモコンにより玄関ドアから離れた場所からでも解錠・施錠が行えたり、リモコンキーを所持した状態で玄関ドアに付属の ボタンを押すだけでも 解錠が可能です。 重い荷物を持っていたり、お子さんを抱えていたりする時など、従来のシリンダーキーにおいては両手がふさがった状態では解錠が不可能でしたが、 リモコンキーの登場により玄関ドアの解錠・施錠が飛躍的に便利で手軽になったことは間違いありません。 シリンダーキーの弊害とは? 従来のシリンダーキーは長らく多くの人に利用されてきたものですが、これには様々なデメリットや不便さが付きまといます。 シリンダーキーを使い続けることによるデメリットを紹介します。 解錠の際の手間 上述したように、多くの荷物を持っていたりする場合においてシリンダーキーによる解錠は、煩わしい以外の何物でもありません。 場合によっては抱えている荷物をいったん地面に置かなければならない等、大変な不便さを伴います。 鍵についてはカバンやポケットに収納する他なく、いざという時に素早く取り出すことが困難な場合があります。 これは、雨の日や急いでいるときなど、 「とにかく早く解錠したい」と考えている時には大きなストレスともなり得ます。 紛失のリスク 中には、鍵を失くされたことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか? 鍵を失くしてしまうと、当然再作成するのにも費用が掛かりますし、失くしてしまったときの状況(盗難等)によっては、 玄関ドアのシリンダーそのものも作り替えなければならない可能性もあります。 悪意のある人に落とした鍵を拾われてしまった場合には、その鍵を使って不正に侵入されるリスクもあるのです。 また最悪なのは、カバンと一緒に鍵を失くしてしまった、あるいは盗難に遭ってしまったという場合です。 カバンの中には鍵の他、財布や定期券などを一緒に入れているケースが多いかと思います。 財布の中には、免許証や健康保険証等の住所を記載した大切な個人情報書類を入れているという人が多いのが実態でしょう。 カバンを盗難した犯人から見ると、落とし主の住所が判明すると同時に、その家の玄関ドアの鍵も同時に入手してしまうことになりますので 「空き巣に入りやすい」状況になることは間違いありません。 こうしたリスクを背景に、シリンダーキーを紛失してしまった場合には直ちに玄関ドアのシリンダーと家族が所持している鍵の交換を行わなければなりませんが、この費用は決して安くはないのです。 鍵は荷物としてかさばる 鍵というものはそれなりに小型ではありますが、それでもカバンやポケットの中ではかさばってしまいます。 やはりお出かけの際には荷物を最小限にして、身軽になりたいものですよね。 リモコンキー付きのドアにリフォームするのはたいへん? リモコンキーに魅力を感じられた方にとっては、リモコンキー付きのドアにリフォームするのは大変だと危惧される方もいるかと思います。 しかし、LIXILリシェントやYKKapドアリモのリモコンキーは電池式なので、電気工事が不要です。 そのため安価にリモコンキー付きのドアにリフォームできます。 自分で取り付けると、メーカー保証対象外となる場合がある 後付け式のリモコンキーは、専門の施工業者などによる設置を推奨しており、もし業者の手を借りずに自ら設置してしまうと、 メーカーによる保証の対象外となってしまうこともあります。 「保証対象外」というのは非常に重い事態です。 もし仮に製品自体の不具合で作動しなくなったとしても全く保証されないということを意味します。 これは、家の防犯を考える上で非常に重要な役割を果たすエントリーシステムにおいては、大問題と言えるかと思います。 また、通常ドアに新たに手を加えたものは、サッシメーカーやドアを工事した工事店では保証対象外となります。 リモコンキーの導入を検討されているなら、玄関ドアリフォームを検討しましょう 後付け式のリモコンキーには、上述したようなデメリットが考えられます。 したがって、リモコンキーの導入を考えられているなら、是非玄関ドアリフォームを検討してみてください。 玄関ドアマイスターが取り扱うLIXILのリシェントとYKK apのドアリモは、リモコンキーの採用により大変便利なエントリーシステムを構築することができます。 2社とも、玄関ドアを販売する建材メーカーとしては抜群の知名度と人気を誇っており、 安心・安全なリフォームを行うことが可能です。 こうした確かなメーカーの、リモコンキー付きの玄関ドアにリフォームするメリットを挙げてみましょう。 解錠の際の手間が省ける リモコンキーを採用していれば、帰宅時や外出時にもわざわざ鍵を取り出したり、と言うような手間がかかることはありません。 ボタンを押すだけで、あるいは玄関ドアに近づくだけで玄関ドアを解錠することが可能です。 鍵を失くしても安心 仮にリモコンキーを失くしてしまったり、盗難に遭ったとしても安心です。 リモコンキーの場合、玄関ドア側の設定を変更するだけで、それまで失くしてしまったリモコンキーを無効にすることができます。 もちろん シリンダーの交換なども必要ありません。 鍵はコンパクトで持ち運びに便利 リモコンキーの鍵は、シリンダーキーのように荷物としてかさばるようなことはありません。 ポケットにもすんなり収まるサイズですので、 カバンなどに入れずとも、手軽に持ち運ぶことが可能です。 LIXILリシェントとYKKapドアリモで特徴があります リモコンキーは各社で特徴があります。 ご家族の使い方でおすすめが異なりますので詳しくは下記のリンクをご覧ください。 まとめ リモコンキーの便利さについて、理解を深めていただけたのではないかと思います。 従来型のシリンダーキーと比較しても、解錠・施錠の際に節約する時間は僅かかもしれませんが、 感じる手間とストレスはかなり半減できると思います。 後付けによりリモコンキーを設置することも可能と言えば可能ですが、記事中でも述べたような、デザインやメーカーによる保証の問題が潜在しているため、できることなら きちんとしたメーカーの玄関ドアにリフォームをされることをおすすめいたします。 LIXILのリシェントとYKK apのドアリモなら、デザイン的にもバリュエーションが豊富で、もちろんメーカー保証も確実に付いているから、 安心してリフォーム工事を行うことが可能です。 安心・安全で、快適な住まいの実現のため、是非リモコンキーを採用した玄関ドアリフォームをご検討してください。

次の

玄関ドア人気メーカー鍵キーレス・カードキー比較、電気錠メリット&デメリット

玄関 ドア キーレス

三協立山のリモコンキー、めちゃくちゃ良いです!! 最近の玄関ドアは1ドア2ロックが当たり前になってて、開錠するのに2回も鍵を抜き差ししないといけないですが、リモコンだとボタン1つで開錠可能です。 もちろん鍵を掛けるのもボタンを1プッシュ。 それに鍵を掛ける時は、上下連動してるから上を閉めれば下も閉まります。 デメリットは停電時には使えないことです。 (AC電源仕様です) オプションの中でこれが1番当たりです!! 検討中の方は是非!!! ワンタッチ、タッチレス、かざす、アクションの違い 2019年5月末現在、大手メーカー、YKKap、LIXIL、三協立山アルミ、3社すべてで電気錠・電池錠は採用可能です。 ただ、3社少しずつスマートキーのシステムに違いがあります。 解錠時のアクション 大別すると解錠に際してのアクションは下の4つになります。 4のノーアクション、タッチも必要もないシステムは、三協アルミとLIXILにあります。 家族で使いやすいFamiLock(ファミロック)ならBluetoothR認証で管理できます。 スマートフォンやリモコン、カードキーを使用して玄関ドアの施解錠を行うシステムになります。 BluetoothR認証を採用し、専用アプリを使えば、施解錠履歴の確認も可能できます。 電池式とACアダプター電気式のどちらかを選択できます。 タッチレスではないようですが、BluetoothR認証で管理でき、電気式も選択できるシステムになります。 YKKAPのスマートキー ポケットKey、ピタットKeyの2タイプがあります。 リモコン操作でドアから離れていても解錠できます。 (3mまで) カードをかざせば施錠・解錠できます。 シールキーも使えます。 三協アルミのスマートキー タッチ錠(Eエントリーキー)は電池式、電気式の2タイプがあります。 エントリーキーをカバンやポケットに入ていれば、ノータッチでの施錠解錠ができます。 非接触キー、ハンズフリーキーになります。 電気錠と電池錠のメリット・デメリット 電気式のメリット・デメリット 電池の交換がいらない事がメリットになります。 デメリットは配線工事が必要な事、停電時に使えない事などがあります。 電池式のメリット・デメリット 電池の交換しなければいけません、これが最大のデメリットになります。 メリットは配線工事が不要になります。 リフォーム対応商品は電池式が多いです。 停電時に使えることもメリットです。 家族で使いやすいFamiLock(ファミロック)もあります。 YKKAPのスマートキーはピタットKeyとポケットKeyの2タイプがあります。 三協アルミのスマートキーはEエントリーキー(電池式)とEエントリーキー(電気式)の2タイプがあります。 玄関内の2か所のサムターンもノータッチで施錠解錠してくれます。 LIXILは、BluetoothR認証で管理できるFamiLock(ファミロック)があります。 YKKAPは、おさいふ携帯対応のスマホが使えるポケットKeyになります。 玄関ドアのスマートキー、リクシルなら幅広い選択肢から選べます。 一番ラクに施解錠できるハンズフリータイプもあります。 カバンや財布に鍵を入れておくだけで、玄関に近づくと自動でドアが開きます。 赤ちゃん抱っこしてたり、両手ふさがってたりする時に助かりますよ。 カテゴリー•

次の

玄関の鍵を電子錠にしたい! とっても便利なリクシルタッチキーの魅力とお値段…

玄関 ドア キーレス

玄関ドアの鍵に関する記事なのに、いきなり車の話から入りますが、最近の車は、ほとんど鍵穴にキーを差し込んでロックを開けるということはなくなっていると思います。 リモコンキーのボタンを押したり、タッチキーやキーを携帯してドアノブを握ればロックが解除されるなど非常に便利です。 私は常々、この車のロックのように玄関ドアの鍵が開けられたら便利だろうなと思っておりました。 鍵穴に鍵を差し込むという行為は、夜間暗くてうまく刺さらないとか、鍵の向きをいちいち確認しなきゃならないだとか、潤滑が良くないと引っかかったりして意外とストレスが溜まるものです。 そこで見つけたのが、自宅の玄関ドアを後付けでキーレス(ICキー)にできる電気錠、シリンダーICロック2です。 2019. 20追記 現在はシリンダーICロック3が最新モデルのようです。 ホームページを見たところ、基本的なところは同じで、耐久性がアップしているようです。 自宅の玄関ドアに導入してから約1年経過し、とくに大きなトラブルもなく便利に使用できておりますのでこれはおすすめできると思い、玄関ドアをキーレス(ICキー)にしてみたい方や、今まさに住宅を建築中の方などに向けて参考になればと思い、私の使用状況などを書いてみたいと思います。 私の調べた限り、他のメーカーに比べ安価にでき、現状のドアの錠(錠の種類に指定あり)に取り付ける商品なのでドアごと交換するなど大がかりな工事もありません。 鍵として登録できるfelicaなども、ものによっては登録できない場合もあります。 また、メーカーは取り付けは専門家に依頼するよう推奨しております。 自分で取り付けると保証の対象外となるようです。 本記事の情報のご利用、商品のご購入、取り付けなどは必ず自己責任でお願いいたします。 本記事では、「キーレス」は、金属のキーが不要になるという意味でキーレスとしています。 玄関キーレスシステム(電気錠)を数社検討 玄関ドアがキーレスにできるシステムは、大手住宅設備メーカーや鍵のメーカーからいろいろと発売されております。 ネット検索するとすぐ見つかるのはリクシルのもので、実際にショールームで試してみて便利さを実感しましたが、導入にはドアの入れ替えなどもあり、価格は数十万円代と高額になるようで断念しました。 ドアのデザインが気に入らなかったという部分もあります。 次に検討したのは、スマートロックと言われる部類の商品です。 玄関錠に本体を取り付け、スマホに専用のアプリをダウンロードして、Bluetooth通信で鍵が開け閉めできるようになるという商品です。 は、いろいろなメディアで取り上げられていたので検討したのですが、amazonのレビューで「鍵で開けた方が速い」などの低評価があり、高評価を付けている方の中にも動作に不満があるような書き込みがされておりました。 素晴らしいアイデア、技術だと思ったのですが、まだまだ進化途中の商品だと感じましたのでやめました。 その後、通販サイトで「シリンダーICロック2」を見つけたのですが、私の希望する機能を満たしており、うちの玄関扉・錠に取り付けられるか調べたところ、取り付け可能でしたので購入してみました。 引き戸でも錠や取り付けスペースによっては取り付け可能です。 シリンダーICロック2の特徴、気に入っている所 自分の持っているfelicaが鍵になる これは、持ち歩くものをなるべく少なくしたい私にとって、かなり魅力的でした。 私が検討した各社キーレスシステムですと、カード型などの専用のICキーを持ち歩くようになるのですが、シリンダーICロック2なら、普段持ち歩いているfelicaカード suicaやnanacoなど やおサイフケータイを登録すれば、ICキーさえも持ち歩く必要がなくなります。 普段持ち歩いているfelicaがICキーを兼ねるからです。 suicaやnanacoをあまり使用しない方は、本体を購入すると2枚のカードが付属しているので、それを鍵として登録して使用することもできます。 また、カード型でなくても、通販などで購入できるfelicaタグ(キーホルダーのようなもの)があれば登録できます。 従来の金属の鍵を持ち歩くよりかなり軽いです。 通販でいろいろなfelicaタグが購入できますが、ものによっては登録できない場合があるようですので注意が必要です。 詳しくはするか、そんなに高いものではないので、一か八かで購入するかです。 私は一か八かで購入したところ登録できるものでした。 あとは、たまたま持っていた某会社のガソリン給油用のfelicaタグがICキーとして登録できました。 シリンダーICロック2は、おサイフケータイも鍵として登録できます。 iphoneでもおサイフケータイではありませんが同じような機能として、iphone7からfelica(Apple Pay)が搭載されました。 ですがシリンダーICロック2には鍵として登録できませんでした。 シリンダーICロック2にiphoneをかざすと、iphoneの画面がApple Payを使用した時のように作動し、felicaを認識しているようですが登録はできませんでした。 今の鍵もそのまま使える 鍵をまるごと取り変えてしまったり、鍵穴がなくなってしまうわけではありません。 既存の扉、錠に取り付けるだけなので、今の鍵もそのまま使えます。 ですから賃貸物件に取り付けしても、取り付けの逆をやれば原状復帰できます。 乾電池での使用が可能 電気錠にするからには電源を取る必要があります。 電源を取るには配線しなければならず、コンセントを差し込むだけなら良いのですが、ドアの動く部分の配線処理を考えたりする必要があります。 シリンダーICロック2は、乾電池での使用が可能なので、電気工事屋さんに配線を頼む必要がありません。 乾電池で使用中、万が一、ロックしたまま電池切れしてしまっても、従来の金属の鍵も使えますし、金属の鍵を持って出掛けなかった場合でも、9Vの四角い乾電池で外から本体に電気を送ることができ、いつも通りICキーをかざせばロックを解除できるようです。 (私はまだやったことがありません。 ) 9V乾電池はコンビニでも買えますし、あらかじめ車などに置いておくと良いかもしれません。 シリンダーICロック2は別売りで電源アダプターがあり、電源接続しても使用可能です。 電源接続すれば電池切れの心配がなくなるのと、乾電池使用では外側から施錠解錠時に、「LED部分を指でタッチして本体を起動」させてからICキーをかざして施錠解錠するのですが、電源接続すればこの「指でタッチして本体を起動」をする必要がなくなり、いきなりICキーをかざすだけで施錠解錠ができるようになります。 「指でタッチして本体を起動」してから「ICキーをタッチ」でも、どうせ手を使ってICキーをかざすので、指でタッチするのも大した手間ではないのですが、私は「ICキーをタッチのみで施錠解錠」に憧れていたので、現在は電源接続して使用しています。 2階リビングやキッチンなどから玄関を解錠できる機能あり 本体から配線しなければならないのと、別でスイッチを用意する必要がありますが、遠隔で施錠解錠できるような機能も付いています。 例えば、2階リビングのお宅やキッチンなど、室内のインターホンのある場所まで配線してスイッチを付けておけば、「ピーンポーン」と来客があったらインターホンで確認し、隣りに設置したスイッチで解錠するといった使い方が可能なので、玄関まで行って鍵を開ける必要がなくなります。 マンションのオートロックを開けるような機能ですが、戸建住宅用としてはあまり一般的ではないようで、ネットで調べてもあまり出てこないように感じます。 大手メーカーで発売しているようですが、解錠ボタンが付いているインターホンと電気錠とセットで取り付ける必要がありそうで、お値段的にもかなりかかりそうです。 私はこの機能を付けましたが、インターホンは既存のもののままで、必要な部品はスイッチと配線ケーブルだけです。 スイッチは特別なものではなく、ホームセンターなどの電気工事部品売り場によくある一般的なものです。 接続は電気工事屋さんに頼んだので、スイッチも配線ケーブルも用意してくれました。 電気工事屋さんには、「シリンダーICロック2本体にある遠隔施錠解錠用スイッチの接続箇所」から配線をキッチンのインターホンのある場所まで延ばし、壁にスイッチを取り付けて欲しいとお願いしました。 本体への接続箇所は説明書で一緒に確認、使用するスイッチはA接点モーメンタリスイッチ(押している間だけONになるプッシュスイッチ)でお願いし、壁の中の配線ルートや配線の種類などはおまかせして、問題なく取り付けできました。 電気工事屋さんにとっては、工事内容としては簡単な部類だと思います。 シリンダーICロック2としては、ICキー(キーレス)になるというのがメインの機能ですから、遠隔施錠解錠はおまけのような機能かもしれませんが、ネットで調べると2階リビングやキッチンなどから玄関を解錠したいという需要もあるようで、そんな方にとっては価値ある機能だと思います。 この機能に関しては動作は全く問題ないのですが、不満点が1つありまして、それは下の方で書きます。 ダブルロックに対応 玄関ドアをダブルロックにしている方は多いと思います。 シリンダーICロック2はダブルロックユニットを購入すれば対応可能です。 内側からも本体の施錠解錠ボタンを1回押すだけで、2ヶ所の鍵を施錠解錠できます。 本体を取り付けた錠が作動したあと続いてもう1か所が作動します。 1~2秒ほどでダブルロックの解錠施錠ができるようになります。 自分で取り付けできるかも メーカーは専門家に取り付けを推奨しており、自分で取り付けてトラブルがあった場合は保証対象外としているようですが、鍵のシリンダーを交換したことがあるような方なら自分で取り付けできるかもしれません。 取り付けは、のようにサムターンに被せるだけではなく、シリンダーを外して本品と組み合わせて取り付ける感じになります。 私は専門家ではありませんが、取り付け説明書を読みながら本体は自分で取り付けできました。 自分で取り付ける方は、自己責任でがんばってみてください。 その他 本体は、マグネットスイッチによりドアの開閉を認識していますので、ドアがこじ開けられると防犯アラームが鳴ったり、ドアが閉まったら自動で施錠する機能(OFFにすることも可能。 私はこの機能はOFFにしています。 )も付いています。 使用してみての不満点 本体の施錠解錠状態が遠目からわかりにくい 本体を設置すると、サムターンのつまみが隠れますので、サムターンの向きを見て遠目から錠の開閉を確認しにくくなります。 サムターンのつまみの代わりとなるのが本体の円形のノブで、本体の施錠解錠ボタンを押すとこれが回転します。 このノブを回しても施錠解錠ができます。 この円形のノブには一応、サムターンの向きが分かるよう溝が切られているのですが、遠目からは見にくく、私は白いマスキングテープを貼って遠目から見やすくしています。 遠隔スイッチでの施錠解錠状態がわかりにくい 上述の「下で書きます」と言った不満点がこれです。 遠隔スイッチを使ってみて、もうひと工夫欲しいと感じたのは、スイッチのある場所(うちの場合キッチン)から施錠と解錠の状態がわかるような機能がプラスで欲しかったです。 インターホンで呼び出された場合はインターホンで受け答えし、スイッチを押して解錠し、ドアを開けて入ってもらいます。 この時は万が一鍵が開いていなくても「開いてないよ」と言われるのでわかります。 人が中に入ったら、もう一度スイッチを押して今度は施錠しますが、この時が本当に閉まっているかやや不安になります。 入ってくる人に施錠されたか見てもらう方法もあるにはあるのですが、鍵が閉まっている時は緑のランプ、開いている時は赤のランプが点滅するみたいな機能があれば更に便利になるのではないかと思っています。 実際にはスイッチを押したのに解錠しなかったことや、施錠されていなかったことはありません。 リモコンなどではなく、配線してスイッチで作動させている単純な構造なので、配線がしっかりしていれば動作は安定しているということだと思います。 本体の仕様として、解錠してから 10秒ほどドアを開けないでいると、自動で施錠されるようになっているので、現在の状態がわからなくても一応スイッチを1回押しておけば、必ず施錠の状態になるようにはなっています。 おわりに シリンダーICロック2は、私にとっては希望通りの機能を備えた商品で、価格的にも許容範囲で取り付けることができました。 一般的な家電製品のような商品ではないし、防犯上の理由もあるためか、ネットで調べても商品レビューのようなページがありませんでした。 そのため、購入には結構勇気がいりましたが、思い切って購入して良かったと思っています。 玄関ドアのキーレス化(ICキー、電気錠)をご検討中の方の参考になればうれしいです。 2018. 05追記 シリンダーICロック2の追加機能で、指でタッチするだけで施錠解錠できる機能を使ってみました。 別売りの無線ユニットと専用リモコンを購入する必要がありますが、結構便利です。

次の