うな マリス。 Collar×Malice

マリス砲とは (マリスホウとは) [単語記事]

うな マリス

マリス砲とは、の結晶である。 概要 「」にて組 & が放つことのできる極めて強なのこと。 では自機がとの2人1組で構成され、それぞれ移動(:高速移動、:低速移動)との性質が異なる2人をが任意に切り替えて操作できるとなっている。 組のの性質• :「」自機正面方向への複数の弾• :「スペクトス」自機正面方向への の・スペクトスは本体以外にも、の残像にも攻撃がある。 この残像はへと切り替えても本来の持続時間だけ残るため、とを交互に切り替え続けることにより、のの残像を出しながらのを撃つ事が出来る。 二人のはどちらも前方集中であるため同じ敵に同時に当てる事が出来、倍近い攻撃ので攻撃出来るのである。 なおののは通常のに加えてやや遅れて進んで行くがあるが、この遅れるほうのもの残像と同じく切り替えても残る性質を持つため、「のを出しながらで攻撃」と言う逆も可。 こちらは通称「裏マリス砲」。 マリス砲・裏マリス砲は単に攻撃を倍加させるというだけでなく、「への等の性質は切り替えてから一遅れて切り替わる」と言う性質についても特殊な現を起こす。 (表)マリス砲だと、の「へのがある」と言う状態が消えてしまわないうちにが出て引っ込んでしまうため、へのは常に「有効」な状態が維持され、のであるもに当たる。 逆に裏マリス砲だと「がい」状態が維持されるため、のであるもを素通りする。 この性質の切り替わりの遅れ自体は他ので同様に起こる現だが、他のだと切り替えると自機のが消えてしまい意味がいため、組でしか行われる事のい方法である。 この現の関係で、が大量に存在するを表マリス砲で進もうとすると不都合が生じる場合がある。 表マリス砲はへのを持ちを破壊するが、を破壊すると妖率が下がってしまう。 しかし刻符を取っても切り替えを連打しているが妖率を上げる事が出来ず、妖率が下がる一方で魔が時状態を維持出来なくなる。 こういう時は裏マリス砲を使用してに手を出さない事で妖率の低下を防ぐ事が出来る。 逆に、の「パゼスト」などのに攻撃する必要がある敵の場合、に攻撃出来る表マリス砲でないと役に立たない。 (パゼストは切りだがが出現するのでを与える事が可であり、マリス砲の攻撃を持ってすれば時間内に撃破が可になったりする) マリス砲の名称は、との名前を足した組み合わせ(+)より。 なお、残念ながら「」においては、自機にとにを使用してもこのような現は起きない。 マリス砲について解説した動画 関連動画 関連静画 関連リンク• [内容・関連] - []• () 【以下抜】 この方法は巷では「マリス砲」などと呼ばれています。 <参考文献> ~Ierle Nht. 専用 「禁呪の組の攻撃について」より 関連項目•

次の

マリス・アマリリス

うな マリス

2016. 16 サンプルボイスの公開を終了しました。 2016. 06 2016. 22 追加 2016. 18 本日発売! 発売記念イラスト 追加 2016. 08 追加 2016. 05 追加 2016. 29 追加 2016. 28 追加 2016. 22 追加 2016. 15 追加 2016. 08 、、 追加 2016. 01 追加 2016. 27 2016. 24 追加 2016. 17 追加 2016. 10 追加 2016. 27 追加 2016. 20 追加 2016. 13 追加 2016. 26 特典情報 追加 2016. 22 追加 2016. 15 、 追加 2016. 08 追加 2016. 01 追加 2016. 06 追加 2015. 02 公式サイト 公開 2015. 17 ティザーサイト 公開.

次の

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHLをソロ討伐(土属性マグナ編成)したので編成や内容を見ていきます。狂濤を斎みし孤高の翼の為にも一度はソロ討伐をしておきたい。引き潮の対策にカインとマキラで追撃祭り。晦冥のタイダルフォールには水着ブローディアで対応。

うな マリス

GACKT(ガクト)とMana様が過去に同居していた 伝説のヴィジュアル系バンド「 マリスミゼル」。 かつては90年代を代表するバンドであったが、現在でも ヴィジュアル系の歴史の中でも、重要なポジションにあるため、若いファンも未だに多い。 マリスミゼルのメンバーはマナ様(ギター)を筆頭にKozi(ギター)、Yu-ki(ベース)に、 ボーカルは、初代テツ、二代目GACKT、三代目クレハ、 ドラムは、初代Kami、二代目カズとなっている。 メンバーの中心はリーダーのギターのMana。 Manaはファンの数も圧倒的で、 現在でもカリスマ的人気を誇る。 マリスミゼルが下降線を辿ったのは、 人気メンバーであったGACKTの脱退。 GACKTの脱退の原因は、 Mana様筆頭に、 メンバーとの確執があったとされる。 GACKTはソロとして大成功をおさめたが、 マリスミゼルは2001年で活動を休止した。 ファンを対象にした マリスの歴代の人気曲を開票したことがあったが、 ほとんどが、 GACKTがボーカルとして在籍してた時代の楽曲で埋められ、 GACKTが脱退したことでの、マリスへのダメージの大きさを計り知れなかっただろう。 しかし、中心メンバーであったMana様は、 マリスミゼルの活動が終わった後も人気がブレず、 Mana個人の活動への注目度は相変わらず高かった。 ゴシック・アンド・ロリータの創始者のひとりであるMana様だけに、そのブランドの 知名度は同ジャンルの中では屈指である。 マリスミゼルが休止した後も、 当ブランドのデザインとプロデュースを続けていた。 マリスが休止した2001年の翌年、 2002年のmanaの誕生日に、 「Moi dix Mois」というサウンドプロジェクトを開始する。 プロジェクト始めた当初は、都合よくメンバーを集められたら良いとしていたが、 実際に、メンバーはほとんど変わらず、正式メンバーでの活動だと思わている。 バンドではなく、 mana個人のプロジェクトのため、 雑誌などの インタビューはmanaのみが発言している。 毎年、プロジェクトの開始時期と同じ、 manaの誕生日にはイベントを行っているという。 現在でもmana様のMoi dix Moisは活動を続けており、 2008年にはマリスの元メンバーであるKoziとセッションで共演しており、 マリスミゼルの楽曲を演奏したという。 現在でもmana様は全盛期のヴィジュアルをそのままキープしており、 その 美意識の高さが、また注目されている。 GACKTもまだまだ若いが、その年上のmanaがこれだけ綺麗だと、 ビジュアル系の原点として頂点であるべき姿だと、 感銘を受ける人も多いだろう。 マリスミゼルのすっぴんは? GACKTが年々カジュアルになっていく様子に、 がっかりする初期のファンも多い。 やはりヴィジュアル系であれば、 濃いメイクを続けてほしいと思うのが、 ファンとしては当然の願望だろう。 しかし、過去に マリスミゼルのインタビューをしたことがある記者は、 マリスミゼルのメンバーのすっぴんを目撃し、 「すっぴんでもイケるじゃん」と発言していた。 マリスミゼルのメンバーの顔立ちをよく見ていると、 目元は、メイクで大きくしてるにせよ、 皆ダイエットを徹底した細身で、 鼻と輪郭の形は整っている。 すっぴんを想像するにしても、 相当イケメンなんだろうと見てとれる。 マリスミゼルの元メンバーで現在も音楽活動を続けているのは、 GACKT、mana、コージ、カズ、テツなどがいるが、 テツとGACKTはすでにすっぴんに近い状態で活動しており、 mana以外の残りのメンバーのメイクが薄くなっている。 どのメンバーも、端正な顔立ちであるので、 すっぴんも、そこそこかっこいいことだろう。

次の