大地震前兆予言。 【地震の前兆?】岩手県で名水「青龍水」が涸れたが原因は不明!岐阜県では温泉が湧き上がる │ 防災の種

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

大地震前兆予言

南海トラフ巨大地震はいつおこる? 南海トラフ地震は今後30年以内に70%~80%という非常に高い確率でおこると言われています。 気を付けてほしいのは30年後ではありません!30年以内です。 今この記事を読んでる時におこるかもしれません。 過去のデータからおおよそ100~150年の周期で南海トラフ地震が発生しています。 南海トラフは3つの震源域「南海」「東南海」「東海」があり記録によると3つの震源域は連動して同時に地震が発生していますが、前回の南海トラフ地震では 東海地震だけ発生してません。 東海については1854年から150年以上が経過しておりエネルギーが蓄積され続けていますので いつ地震が発生してもおかしくないと言えるのではないでしょうか? 過去の南海地震 南海 東南海 東海 1707年(宝永地震) 〇 〇 〇 1854年(安政地震) 〇 〇 〇 1944、46年(昭和南海地震) 〇 〇 ー 南海トラフ地震はどこでなぜおこるのか? どこでおこる? 静岡県の駿河湾~九州の日向灘にかけて「南海トラフ」という海溝があり日本列島の陸側であるユーラシアプレートの下に、海側のフィリピン海プレートが沈みこんでいます。 南海トラフには3つの震源域があります。 東海地震・・・駿河湾~愛知県沖 東南海地震・・・愛知県沖から紀伊半島沖 南海地震・・・紀伊半島沖から四国沖 過去の南海トラフ地震ではこの震源域3つが連動して巨大地震を引き起こしています。 なぜおこる? 日本は地球を覆っているプレートの境目に位置しています。 このプレート同士が境界線で常にぶつかり合っているので頻繁に地震が発生します。 南海トラフ地震では海側のプレートが陸側のプレートの下に毎年数センチずつ沈み込んでいる為、陸側のプレートが次第にゆがんでいきます。 ゆがみが限界に達すると陸側のプレートが元に戻ろうとして跳ね上がり地震が発生します。 東日本大震災の 17倍 という甚大な被害になると予想されているのです。 そして揺れ・火災・津波では238万棟余りの建物が全壊・焼失すると推計されてます。 上下水道 上下水道の被害想定は被災直後で• 上水道が最大約 3440万人で断水• 下水は最大約 3210万人が利用困難 と言われていますがこれは被災直後の数値なので日が経つにつれにさらに増加するのではないでしょうか? 電気・ガス・通信 電気・ガス・通信の被害想定は被災直後で• 電気が最大約 2710万軒の停電• 都市ガスでは最大で約 180万世帯供給停止• 固定電話は最大で約 930万の回線が通話不能• 携帯電話は利用が集中する為、大半の通話ができない状態 道路・鉄道 道路は約4万カ所で道路施設被害となり、鉄道は約1万9千カ所での施設被害が予想されています。 生活への影響 被災から1週間後は最大で約950万人の避難者が発生し避難所への避難者は全国で最大500万人• 食料は約3200万食• 飲料は約4800万リットル が不足すると予想されています。 (参照元:) 南海トラフ地震の前兆ってあるの? 大地震が起きる前には科学で解明できない不可思議な出来事が数多く起きています。 もしその出来事で地震が来るとわかったら、すぐ避難準備したりと心構えできますね。 地震の前兆ではないか?とされる出来事をご紹介したいと思います。 ペット(犬・猫) ペットに次の異常行動が見られたら、もしかすると地震の前兆かもしれません。 落ち着きをなくす• 餌を食べなくなる• 身体を震わせる• 外に出たがる 魚 ・メガマウスの水揚げ メガマウスは深海に生息するサメですが、メガマウスが浅瀬に現れると数か月の間に大地震が発生すると言われているようです。 ・イルカの座礁 東日本大震災「3. 11」の一週間前に茨城県の鹿嶋市海岸で「カズハゴンドウ」というイルカの群れ約50頭が座礁。 イルカの大漁死と地震の因果関係は分かっていませんが、地震の前兆と考えてよいのではないでしょうか? カラス ・輪を描いて飛ぶ ・夜中に鳴く カラスはとても頭がよく危険回避能力も人間より高いと言われカラスが大地震の前になるとこのような行動おこし、そしてこの行動は多数の目撃例があるようです。 地震雲• 断層型• 帯状型• 波紋型• 肋骨型• 竜巻型 これらの雲は地震が起きる直前に確認された雲だそうですが、気象庁ではそのような雲は日常でも普通に出現してると話しているそうです。 雲と地震は直接的な関連性は認められてませんが異常な形を作り出す雲は大気の状態が地殻変動と深く関係しているのではないか?と言われています。 南海トラフ地震の予言って? 大変多くの予言がありますので、ここではネット上やyoutubeで多く取り上げられているものだけをご紹介したいと思います。 ジョー・マクモニーグルの予言 3. 11の津波など数多くの予言が的中。 マクモニーグル氏は自分が透視する年代については誤差があるとしておりその前後5年を含めて考えてほしいと語っている。 南海トラフ地震と思われる予言については 日本を襲う津波の表に「2018年秋10. 5m」とあり、時期的には南海トラフ地震となるだろうと解釈されているようです。 誤差5年前後を含めて考えてほしいという事は、2023年の秋までに津波被害があるという事になりますね。 松原てるこの予言 2005年からブログを開設。 松原てるこさんは3. 11を的中させ有名になったようです。 その後も次々と予言を的中させているようです。 南海トラフ地震の予言については• 日本列島が糸魚川~静岡県構造線で分断• 大地震の前兆としてM6前後の地震が水曜日に伊豆で発生するその日はカレンダーに赤色のイメージがある と予言しているようです。 他にも「エコノミストの表紙」で 5月11日に南海トラフ地震がおこる!など 多数の予言?読み手の解釈?というのが無数にありました。 まとめ もし南海トラフ地震が発生した場合の被害は甚大ではありません。 前兆や予言で地震発生日が分かればどれだけ多くの人の命が救えることでしょう。 私は前兆や予言については根拠がないので全く信用していませんが 政府の調査で「南海トラフ地震」は発生する可能性が高いと報告されてるのでいつ地震が発生してもすぐ避難できるように備えておかないといけないと思っています。 自分や自分の大切な家族は自分自身でしか守れないという事を再認識し防災意識を向上させましょう。 あの時ちゃんと備えていればよかったと 後悔する前に常日頃からしっかりと対策を考え、いざという時の為に万全な備えをしておくことが大切だという事を忘れないでくださいね。

次の

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

大地震前兆予言

このような巨大地震から自分や周囲の人々の命を守る方法はないのだろうか? それは、ある。 この地震では、様々な前兆現象や、予測・予言していた人々がいた。 それらを紹介することによって、将来起きる大地震からの減災に役立てていただきたいと思い、このノートにまとめた。 これらの実例を頭に入れておけば、将来ご自分がそのような大地震が発生する前に、何かしらの「予兆」を悟って防災意識を高めたりすることができるだろう。 この分類によると、東北地方太平洋沖地震の震源は「B:黒潮域」になる。 岡田氏の研究によると、ここでは8月~12月に最も多く大地震が発生しているという。 東北地方太平洋沖地震は、前述の時期に含まれないが、「A:親潮域」との境界にごく近いので、この区分だとすれば3月~5月に大地震が最も多く起きているので、その影響と考えられる。 このため、三陸沖では「A:親潮域」と「B:黒潮域」の両方の多発月を意識して、3月~12月には大地震に注意しなければならないが、これは1年の殆どになるため、他の地域に比べると大地震が多発する季節性を意識することは、あまり意味がないかもしれない。 ここでは、黒潮が本土の南を大きく離岸して蛇行する流路である「黒潮大蛇行」の発生の有無によって、大地震の発生時期は大きく変わる。 岡田氏の説では、黒潮大蛇行期では、本土南岸で潮位が高くなるために、大地震の発生が抑制されるという。 百瀬が過去100年間のM7. 0以上の大地震データを解析したところ、上記マップで黄緑色に塗った部分で示すように、黒潮の直進期(非大蛇行期)にM7. 0以上の大地震が多発していることを確認した。 この点で、岡田説が正しかったことがわかった。 ちなみに三陸沖あたりは、上記の区分マップでピンク色に塗った部分にあたり、黒潮の直進期と大蛇行期で大地震発生の偏りは見られない。 0以上の地震の一覧を示す。 これを見ると、大ざっぱにいって、半年前から地震の震源が遠いところから次第に近づいているように思われる。 そして2月になると、日本海溝沿いの近いところでM5以上の地震が増えていた。 これらの地震は、やはり前兆的なものだったと考えられるのではないか。 2の前震だった。 巨大地震の前震というのは、たとえ地震学者でも、本震が発生したあとで分析してそう判断するものであって、本震が起きる前には前震かどうかなどわからない。 だが、大きめの地震が起きた後は、その地元の人々は、「まだあるかも」と防災意識を高めることはできる。 そういう意味では、全く何の前触れもなく大地震が起きるよりも、被害がない程度の前震が起きてくれた方が良いと言えるかもしれない。 「今回の東日本大震災。。。何か予兆を感じた方いらっしゃいませんか?」 回答者は神奈川在住で、性別はわからない。 地震の前1週間くらいの間、飼い犬が抱っこを異常に求めたり、普段良い子なのに食欲が異常で、床に落ちてる食いカスやテーブルに乗って人間のご飯を食べようと必死だったという。 地震後は通常に戻ったそうだ。 動物は危機の予感をもつと生存本能で異常に食べるようになるのだろうか。 『前兆証言1519!』では、犬・猫などのペットを含む獣類の前兆証言は、264件もある。 この章の題として、「犬は吠え、猫は逃げる」とある。 飼い犬が、家人の言うことを聞かず、相手をすると噛み付くようになったとか。 地震の前に犬が鳴いて飼い主の命を救ったという話も、世界中でよく聞かれる。 飼い主たちが皆、近所迷惑になると困っていたそうだ。

次の

【すぐわかる】南海トラフ地震が発生する前の前兆とは?【衝撃の真実 !】

大地震前兆予言

このような巨大地震から自分や周囲の人々の命を守る方法はないのだろうか? それは、ある。 この地震では、様々な前兆現象や、予測・予言していた人々がいた。 それらを紹介することによって、将来起きる大地震からの減災に役立てていただきたいと思い、このノートにまとめた。 これらの実例を頭に入れておけば、将来ご自分がそのような大地震が発生する前に、何かしらの「予兆」を悟って防災意識を高めたりすることができるだろう。 この分類によると、東北地方太平洋沖地震の震源は「B:黒潮域」になる。 岡田氏の研究によると、ここでは8月~12月に最も多く大地震が発生しているという。 東北地方太平洋沖地震は、前述の時期に含まれないが、「A:親潮域」との境界にごく近いので、この区分だとすれば3月~5月に大地震が最も多く起きているので、その影響と考えられる。 このため、三陸沖では「A:親潮域」と「B:黒潮域」の両方の多発月を意識して、3月~12月には大地震に注意しなければならないが、これは1年の殆どになるため、他の地域に比べると大地震が多発する季節性を意識することは、あまり意味がないかもしれない。 ここでは、黒潮が本土の南を大きく離岸して蛇行する流路である「黒潮大蛇行」の発生の有無によって、大地震の発生時期は大きく変わる。 岡田氏の説では、黒潮大蛇行期では、本土南岸で潮位が高くなるために、大地震の発生が抑制されるという。 百瀬が過去100年間のM7. 0以上の大地震データを解析したところ、上記マップで黄緑色に塗った部分で示すように、黒潮の直進期(非大蛇行期)にM7. 0以上の大地震が多発していることを確認した。 この点で、岡田説が正しかったことがわかった。 ちなみに三陸沖あたりは、上記の区分マップでピンク色に塗った部分にあたり、黒潮の直進期と大蛇行期で大地震発生の偏りは見られない。 0以上の地震の一覧を示す。 これを見ると、大ざっぱにいって、半年前から地震の震源が遠いところから次第に近づいているように思われる。 そして2月になると、日本海溝沿いの近いところでM5以上の地震が増えていた。 これらの地震は、やはり前兆的なものだったと考えられるのではないか。 2の前震だった。 巨大地震の前震というのは、たとえ地震学者でも、本震が発生したあとで分析してそう判断するものであって、本震が起きる前には前震かどうかなどわからない。 だが、大きめの地震が起きた後は、その地元の人々は、「まだあるかも」と防災意識を高めることはできる。 そういう意味では、全く何の前触れもなく大地震が起きるよりも、被害がない程度の前震が起きてくれた方が良いと言えるかもしれない。 「今回の東日本大震災。。。何か予兆を感じた方いらっしゃいませんか?」 回答者は神奈川在住で、性別はわからない。 地震の前1週間くらいの間、飼い犬が抱っこを異常に求めたり、普段良い子なのに食欲が異常で、床に落ちてる食いカスやテーブルに乗って人間のご飯を食べようと必死だったという。 地震後は通常に戻ったそうだ。 動物は危機の予感をもつと生存本能で異常に食べるようになるのだろうか。 『前兆証言1519!』では、犬・猫などのペットを含む獣類の前兆証言は、264件もある。 この章の題として、「犬は吠え、猫は逃げる」とある。 飼い犬が、家人の言うことを聞かず、相手をすると噛み付くようになったとか。 地震の前に犬が鳴いて飼い主の命を救ったという話も、世界中でよく聞かれる。 飼い主たちが皆、近所迷惑になると困っていたそうだ。

次の