マッスル北村 死因。 伝説のボディビルダー マッスル北村|極度のストイックさが招いたその若すぎる死

マッスル北村の死因は餓死?筋肉とともに生きた心優しい男の話。

マッスル北村 死因

グレッグ・ピット 彼は元陸軍レンジャーで、 フィットネスモデル兼俳優の グレッド・ピット。 エネルギードリンクのCM撮影の為、 持病の心臓病があるにも関わらず ステロイドを使用し体を鍛えた。 そのCM撮影では、線路の上でトレーニングする姿を撮影していた。 ただし問題だったのは、 電車が走っている時にそれをしてしまったことである。 電車は警告音を発し、彼もそれに反応したのだが、 よろけて倒れてしまい列車にひかれてしまった。 ステロイドの副作用か何かで めまいがしてしまったのかもしれない。 ゴードン・キンブロー 彼はステロイドなどのホルモン剤を 使用しすぎるとどうなるのかを 身をもって教えてくれた。 元々の彼は人々から 「物静かでシャイな男」 だと認識されていた。 しかし、大会で戦う為に体を大きくしよう決意。 成長ホルモンを大量に摂取した。 不幸にもこのホルモンは 彼の性格をも変えてしまう。 激しい被害妄想から来る 嫉妬により婚約者を殺害してしまったのだ。 現在服役中だ。 刑務所では体だけでなく 精神も鍛えていることだろう。 チャド・ブラザース チャドは明るく活発で、誰からも悪い噂を聞かなかった。 しかしある日、チャドが地元のフィットネスクラブで体を鍛えていたところ、突如激怒し始めた。 フィットネスクラブの常連客の顔をなぐり、クラブ内を走り回り、大暴れしてフィットネス器具をなぎ倒しまくった。 すぐさま警察が駆け付け、チャドに何本もの鎮静銃を打った。 すると、死んだように床に倒れ、やっと逮捕された。 逮捕から数時間が経過した後、彼は急死した。 死因はステロイドなどの薬物の多重摂取だったそうだ。 テリー・ハリス 今日、ボディービルは男性だけではなく、女性の競技人口も多い。 みな体を大きくし、金メダルを目指し、戦いに挑んでいる。 テリー・ハリスは何年にも渡り、体を鍛えあげ、ついに2013年にプロのボディービルダーとなった。 しかし、不幸なことに彼女は自身の体がこれ以上耐えられないところまできているという事実を知らなかった。 フロリダ州でプロになったわずか2日後、49歳の彼女は心臓発作によって死亡した。 スティーブ・ミカレック スティーブ・ミカレックは近代ボディービル立役者の一人である。 彼のモットーは「狂気・モーレツ」で、恐ろしいほどのトレーニングを積み、多くのボディービルダーの支持を受けた。 彼は理想の体を手にする為、大量のステロイドを摂取しはじめた。 これにより体を壊し、多くの腫瘍、腎臓病、心臓病を抱えることになってしまった。 また、化学物質によって興奮しやすくなったため、人を窓から投げ飛ばしたこともある。 しかも、トレーニングの邪魔をされているという被害妄想から怒り狂ったのだ。 デニス・ルトコウスキー 今までの例で分かったようにボディービルディングの世界は非常に過酷で、それは男性の世界だけではなく女性にもいえるのだ。 デニス・ルトコウスキーは1980年から1990年にかけてボディービルディング界で活躍した女性だ。 トレーニングによって彼女の体形は普通の男性を遥かに凌ぐ強烈な印象のあるものになっていた。 もちろん、このような体はステロイドなくしては作れない。 彼女は大量のステロイドを摂取した。 現在の彼女は、かつてのような筋肉はなく、ステロイドの副作用で生えたヒゲなどの体毛だけが残った。 キャンディス・アームストロング 彼女も体を大きくしたいという欲求があり、ジム仲間の勧めでステロイドを使用し始めた。 金髪で細身だった彼女は、普通では手に払いほどの太い腕と細いウエストを欲した。 それが自然ではないというのはさておき、キャンディスはなりたい体のためにステロイドを使用した。 結果、とても女性的な見た目だった彼女は今、ニキビ、大量の体毛、陰茎肥大と男性のような見た目になってしまった。 トイレも女性用に入れず、男性用に入っているという。 今では「普通に戻りたい」と嘆いているそうだ。 アンソニー・ディ・ラーゾ アンソニーの外見は健康的に見えるが、内側はボロボロになっていた。 毎日体を大きくするために体を鍛えていたのだが、ある日、医者から心臓が弱っていると伝えられた。 しかし彼は医者の忠告も聞かず、ステロイドを摂取し、体を鍛え続けた為、心臓に重く負担がかかった。 それでも大会に出場し、大会が終わったすぐ後にベッドに座って友達と会話中に彼は亡くなった。 わずか44歳であった。 ネーサー・エル・サンバティ ドイツ生まれの彼はプロのボディービルダーで1980年代から2000年代初頭まで活躍した。 ミスター・オリンピア大会に何年も出場し、ボディビルマガジンのカバーを何度も飾った。 しかし、彼も大会に出場し戦い続けるため、ステロイドを何年も大量に摂取していた。 結果、体を壊した。 特に心臓と腎臓へのダメージは大きく、2013年に47歳の若さで亡くなった。 マッスル北村 今でも日本で伝説として語り継がれるボディビルダーであるマッスル北村こと北村克己。 彼は日本人としては、ありえないほどの筋量、力を持っていることで有名だった。 しかし、2000年8月3日に大会に出場するための減量中に亡くなった。 39歳という若さだった。 原因は、減量による異常なまでの低血糖で引き起こされた心不全。 普通なら、減量中といえども多少の炭水化物や糖分を摂るのだが、彼の執念がそれをさせず、結果、死に至った。 ちなみに彼が亡くなったときの体脂肪率は、3%以下だったそうだ。

次の

マッスル北村は死因は何?死ぬ前/伝説の名言/食事・酒など【ストイック】|うわさうわさうさぎ。

マッスル北村 死因

工藤兄弟、坂本一生、ミスターマッスル、なかやまきんに君、武井壮……。 途切れなく続く筋肉タレントの系譜。 その中に、『マッスル北村』という人物がいたのをご存知でしょうか?今から16年以上前。 過度な減量により、39歳の若さで命を落とした芸能人兼ボディビルダーです。 かなり昔、TBS系の討論バラエティ『ここがヘンだよ日本人』で、日本の若手芸人数組が、外国人にネタ見せをする企画が放送されていました。 その中で、 当時駆け出しだったなかやまきんに君も登場。 なぜ、笑わないのか? 理由を問われた一人のギャラリーが「筋肉はそんなふうに使うものじゃない」と一言。 さらに他の外国人からは「それだけ身体を鍛える精神力があるのだから、何か他の事を頑張った方がいいのではないか」とも言われていました。 いや、その筋肉を無駄遣いしてるところこそ、きんに君の芸風なのに……。 視聴者の多くが思ったことでしょう。 このきんに君のエピソードを出すまでもなく、鍛え上げた肉体とは克己心の象徴。 その肉体を手にするまでにどれほどの年月、努力をかけたのか……。 考えてみれば、先ほどの外国人がした指摘も、あながち的外れではないと言うものです。 「人は何の為に生まれてきたのか。 僕はまだ何をすべきかはわからないけど、生まれてきたからには、自分が見つけた目標に限界まで挑みたい」 幼い頃のマッスル北村は、こんな理念を抱いていました。 想いをカタチにすべく、 文武両道の学生生活を実現。 小学校から高校までは名門・東京学芸大の附属校で優秀な成績を収めつつ、スポーツにおいてもオールジャンルで抜群の身体能力を発揮。 高校からは自転車をはじめ、あるときは16時間連続でサイクリングに没頭。 気絶するまでペダルを漕いだそうです。 「僕には時間が無いんだ」。 それが彼の口癖だったといいます。 生涯において常軌を逸した努力を続けてきた彼ですが、その精神力の裏側には、成し遂げたいことがたくさんあるゆえの危機意識が、常にあったのかも知れません。 この東大時代、彼はボディビル部の先輩に進められるままに、関東学生選手権へ出場。 当時の北村は、スポーツ万能だったものの、ボディビル経験ゼロ。 鍛え上げた他の出場選手に比べればヒョロヒョロもいいところで、「惨めさで泣きそうになった」と後に語っています。 その悔しさをバネに、 彼はボディビルディングに熱中し始めます。 卵20~30個、牛乳2~3リットル、鯖の缶詰3缶、プロテインの粉末300g……。 これら全てを、消化剤により無理やり吸収する日々を送っていたとのこと。 その間、学業はそっちのけ。 激怒した父親からダンベルシャフトで頭を殴打され、左目が網膜はく離になるという大怪我を負います。 このように、どれほど両親から反対されてもボディビルへの熱は冷めやらず、ついには東大を中退。 その後、人の役に立ちたいとの一心で東京医科歯科大医学部へ入学するも、やはり、「ボディビルを極めたい」との想いが勝り、またしても自主退学してしまいました。 世界選手権目前、過度の減量に散る… 自分の目標を、ボディビル一本に絞った北村の努力量は、これまでにも増して凄まじいものとなりました。 1985年のアジア選手権に出場する時などは、120kmを15時間ぶっ続けで走り抜くことにより、14キロの減量に成功。 見事、アジア選手権・ライトヘビー級のタイトルを獲得します。 その後もキャリアを重ねていき、90年代前半からタレント活動も開始。 『さんまのナンでもダービー』『平成教育委員会』などへ出演し、屈強な肉体に似合わない育ちの良い丁寧な語り口調で、お茶の間の人気者となっていきました。 彼の生涯が突然幕を閉じたのは、2000年8月3日。 世界選手権に出場するべく体脂肪を極限まで減らした挙句、異常な低血糖状態となり、急性心不全となり亡くなってしまいました。 死因は事実上の「飢死」。 人並み外れた精神力で数々の目標を達成してきたマッスル北村でしたが、生前、叶えられなかった夢もいくつかあります。 その中の一つが、 「両親からボディビルをやってきた自分のことを認めてもらうこと」。 彼の死から16年。 今なお、その桁外れのストイックさで、多くの人の心を揺さぶり続けている息子のことを、きっと、両親も誇りに思っているに違いありません。 (こじへい) 目に見える行為だけをとらえて「役に立つ、立たない」と人間を評価することは はっきり言って頭が悪すぎると言わざるを得ない。 その人の生き方や志、努力による人間精神の深化に感動を覚えて、自身も 努力しようと考える人間も大勢いることは少し考えたら分かる。 むしろ、そうした人間が、この社会を支えてきた。 ある個人を評価する時には、その人間がどれだけ多くの人を感動させる ことが出来たのかということも、評価基準の一つとして数えなければならない。 北村さんは多くの人を感動させてきたし、また、今後も感動させるだろう。 非常に価値ある人生を送ったと思う。 無論、一生ゴミ拾いをして人生を終えることを悪いとは言わないが。

次の

マッスル北村の死因は?減量期の食事メニューと餓死の理由

マッスル北村 死因

工藤兄弟、坂本一生、ミスターマッスル、なかやまきんに君、武井壮……。 途切れなく続く筋肉タレントの系譜。 その中に、『マッスル北村』という人物がいたのをご存知でしょうか?今から16年以上前。 過度な減量により、39歳の若さで命を落とした芸能人兼ボディビルダーです。 かなり昔、TBS系の討論バラエティ『ここがヘンだよ日本人』で、日本の若手芸人数組が、外国人にネタ見せをする企画が放送されていました。 その中で、 当時駆け出しだったなかやまきんに君も登場。 なぜ、笑わないのか? 理由を問われた一人のギャラリーが「筋肉はそんなふうに使うものじゃない」と一言。 さらに他の外国人からは「それだけ身体を鍛える精神力があるのだから、何か他の事を頑張った方がいいのではないか」とも言われていました。 いや、その筋肉を無駄遣いしてるところこそ、きんに君の芸風なのに……。 視聴者の多くが思ったことでしょう。 このきんに君のエピソードを出すまでもなく、鍛え上げた肉体とは克己心の象徴。 その肉体を手にするまでにどれほどの年月、努力をかけたのか……。 考えてみれば、先ほどの外国人がした指摘も、あながち的外れではないと言うものです。 「人は何の為に生まれてきたのか。 僕はまだ何をすべきかはわからないけど、生まれてきたからには、自分が見つけた目標に限界まで挑みたい」 幼い頃のマッスル北村は、こんな理念を抱いていました。 想いをカタチにすべく、 文武両道の学生生活を実現。 小学校から高校までは名門・東京学芸大の附属校で優秀な成績を収めつつ、スポーツにおいてもオールジャンルで抜群の身体能力を発揮。 高校からは自転車をはじめ、あるときは16時間連続でサイクリングに没頭。 気絶するまでペダルを漕いだそうです。 「僕には時間が無いんだ」。 それが彼の口癖だったといいます。 生涯において常軌を逸した努力を続けてきた彼ですが、その精神力の裏側には、成し遂げたいことがたくさんあるゆえの危機意識が、常にあったのかも知れません。 この東大時代、彼はボディビル部の先輩に進められるままに、関東学生選手権へ出場。 当時の北村は、スポーツ万能だったものの、ボディビル経験ゼロ。 鍛え上げた他の出場選手に比べればヒョロヒョロもいいところで、「惨めさで泣きそうになった」と後に語っています。 その悔しさをバネに、 彼はボディビルディングに熱中し始めます。 卵20~30個、牛乳2~3リットル、鯖の缶詰3缶、プロテインの粉末300g……。 これら全てを、消化剤により無理やり吸収する日々を送っていたとのこと。 その間、学業はそっちのけ。 激怒した父親からダンベルシャフトで頭を殴打され、左目が網膜はく離になるという大怪我を負います。 このように、どれほど両親から反対されてもボディビルへの熱は冷めやらず、ついには東大を中退。 その後、人の役に立ちたいとの一心で東京医科歯科大医学部へ入学するも、やはり、「ボディビルを極めたい」との想いが勝り、またしても自主退学してしまいました。 世界選手権目前、過度の減量に散る… 自分の目標を、ボディビル一本に絞った北村の努力量は、これまでにも増して凄まじいものとなりました。 1985年のアジア選手権に出場する時などは、120kmを15時間ぶっ続けで走り抜くことにより、14キロの減量に成功。 見事、アジア選手権・ライトヘビー級のタイトルを獲得します。 その後もキャリアを重ねていき、90年代前半からタレント活動も開始。 『さんまのナンでもダービー』『平成教育委員会』などへ出演し、屈強な肉体に似合わない育ちの良い丁寧な語り口調で、お茶の間の人気者となっていきました。 彼の生涯が突然幕を閉じたのは、2000年8月3日。 世界選手権に出場するべく体脂肪を極限まで減らした挙句、異常な低血糖状態となり、急性心不全となり亡くなってしまいました。 死因は事実上の「飢死」。 人並み外れた精神力で数々の目標を達成してきたマッスル北村でしたが、生前、叶えられなかった夢もいくつかあります。 その中の一つが、 「両親からボディビルをやってきた自分のことを認めてもらうこと」。 彼の死から16年。 今なお、その桁外れのストイックさで、多くの人の心を揺さぶり続けている息子のことを、きっと、両親も誇りに思っているに違いありません。 (こじへい) 目に見える行為だけをとらえて「役に立つ、立たない」と人間を評価することは はっきり言って頭が悪すぎると言わざるを得ない。 その人の生き方や志、努力による人間精神の深化に感動を覚えて、自身も 努力しようと考える人間も大勢いることは少し考えたら分かる。 むしろ、そうした人間が、この社会を支えてきた。 ある個人を評価する時には、その人間がどれだけ多くの人を感動させる ことが出来たのかということも、評価基準の一つとして数えなければならない。 北村さんは多くの人を感動させてきたし、また、今後も感動させるだろう。 非常に価値ある人生を送ったと思う。 無論、一生ゴミ拾いをして人生を終えることを悪いとは言わないが。

次の