キングダム 麃公。 実写映画キングダム続編パート2の新キャスト予想や公開日はいつ?羌瘣・麃公・呉慶・紫夏・尾平も

【キングダム】麃公の最期が壮絶…桁違いの実力や活躍を紹介

キングダム 麃公

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• 3ページ目• キングダム642話アニメ記念「理屈が通用しない本能型将軍」 桁違いの筋力バカが 溢 あふ れているキングダムの世界において、それでも麃公将軍が異彩を放っているのは、あの李牧に一目置かれている事でも分かります。 どうして李牧が一目置くのかと言えば、麃公が本能型という稀有な能力を持つ将軍だからです。 本能型とは、緻密に張り巡らせた計略を「くさい」という直感によって回避する能力を持つタイプで、李牧のような知将はこれでは罠に嵌める事に苦労します。 事実、この麃公将軍の稀有な能力により、秦は危うく滅亡の淵から救われるのです。 キングダム642話アニメ記念「李牧の計略を見抜く麃公」 李牧の計略に気づいている秦の将軍はほとんどいませんでした。 ただ1人を除いて、それが麃公将軍だったのです。 合従軍の気の流れから、 微 かす かな異変を察知した麃公は配下の飛信隊を率いて南道へと移動していたのです。 そして、地の利を活かしている麃公軍はあっという間に李牧軍に追いつくのです。 これは李牧にとって誤算でした。 一秒でも時が惜しい李牧は流動という陣形で麃公を葬ろうとしますが、麃公もこれを本能で見破り、するすると李牧にまで到着します。 これにより李牧は、是が非でも麃公を相手しないといけなくなるのです。 もちろん李牧は奥の手を用意していて 武神龐煖 ぶしんほうけん を麃公にぶつける事になり、その結果として麃公は戦死してしまうのですが、この時間稼ぎのお陰で楊端和率いる山の民が間に合い李牧の最期の計略も失敗してしまうわけです。 麃公はその意味で、秦を滅亡の淵から救った恩人と言えるでしょう。 【次のページに続きます】.

次の

実写映画キングダム続編パート2の新キャスト予想や公開日はいつ?羌瘣・麃公・呉慶・紫夏・尾平も

キングダム 麃公

ad 本能型の将軍 麃公は「本能型の将軍」の代名詞とも言える存在です。 特筆すべき戦は、合従軍との戦いで李牧が「流動」という、渦巻のように相手を飲み込む戦術を用いたシーン。 「仕掛けている私以外に見切れる人は決していない」と李牧が自信を持って語った難解な戦術でしたが、麃公は一度で李牧の元までたどり着きます。 これを見て李牧は麃公を「本能型の極みにある武将のようです」と評します。 また、麃公は危機を察知する能力も天下一品で、何か罠の臭いがした時は撤退を決断する事もあります。 本能型だからといって直感任せに突っ込むのではなく、相手の意図を確実に感じ取り、戦の中での最適な行動を選ぶ、実は非常に合理的な将軍でもあります。 ad 王騎との関係 麃公は、伝説の大将軍・王騎と関係の深い将軍でもありました。 王騎は麃公に敬語で話します。 戦を愛する麃公は、同じく戦を愛した王騎と心の底で通じ合ったものがあったのだと思います。 麃公が「酒を飲むぞ」と酒に誘った相手は、麃公が相手を尊敬し、認めている証でもあります。 信も麃公に酒に誘われます。 片や伝説の六大将軍(王騎)、片や地位や名誉に興味を持たず戦場に生きた男(麃公)ですが、「戦を愛した」という根底の共通点があったのですね。 戦の夜は酒を飲み、仲間が死んだ時にこそ酒を飲む。 それが麃公のスタイルです。 また、コミュニケーションの手段として、相手と打ち解けるために酒を使っているようにも見えますね。 非常に豪快で勇猛な麃公のイメージに、酒豪というキャラはバッチリ合っています。 ad 部下からの信頼 麃公は部下からの信頼の厚い将軍でもありました。 岳牙は最期まで麃公軍であることを誇り、 殿……ご武運を と言うのでした。 それを受けた麃公も「先に行って待っておれ。 こ奴(龐煖)の首を手土産にすぐに行くぞィ」と岳牙に伝えるのでした。 「すぐに行く」と言っているので、麃公は龐煖を同士討ちでも倒す覚悟があったんですね。 二人にとって大切なのは「自分の命」ではなく、麃公軍の勝利であり、秦軍の勝利であり、戦の勝利である事が伝わてくるシーンでした。 たとえ自分の命を落としたとしても、龐煖を討てれば、秦軍が勝てば良い。 そのような強い意志を感じます。 麃公軍が王騎軍にも匹敵するほどの力を持つと言われる理由が分かりますね。 ad 龐煖の弱みに気づいていた 麃公は、いち早く龐煖の弱みに気づいていた人間でもありました。 龐煖は強さだけを求めるには求道者である必要があると考えますが、麃公は龐煖が王騎の強さの秘訣を求めて戦場に来ている事に対して「矛盾を抱えている」と伝えます。 それを見て李牧は「麃公は龐煖の本質を突いている」と感じるのでした。 龐煖は強さを求めるには求道的になる事が近道だと思っていますし、王騎に勝ったと口にしています。 しかし、取っている行動は麃公が言うように、「王騎の影を追って(王騎のような強さを手に入れたくて)戦場に来ている」という矛盾をはらんでいるのです。 龐煖を一目見るだけでそれに気付いた麃公は、さすがと言えるでしょう。 麃公の盾 麃公は、自らの盾を信に預けます。 これは、寡兵の状態で自分を助けに来ても信に勝ち目はなく、将来有望な信の命を落とさせてしまう事。 そして信が咸陽を守らなければ、秦国が終わってしまうことに勘付いていたのでしょう。 おそらく盾を信に投げた意味も、「咸陽へ行って、信が盾となって国王を守れ」という意味だったのではないかと私は思っています。 麃公は自らの命を犠牲にしてでも、秦国の未来を守ろうとしたのでした。 そして麃公が信に託した一言は 火を絶やすでないぞォ という言葉でした。

次の

映画キングダムの理想のキャスト予想は?ネットの声から原作比較でまとめてみた

キングダム 麃公

スポンサーリンク 【キングダム】政が最初に任命した三人の将軍とは? 一人目は蛇甘平原で将軍を務めた麃公(ひょうこう)将軍です。 ここで初めて麃公(ひょうこう)将軍が登場し、戦のやり方や大炎のこと、本能型の戦などを見せつけました。 最後は大将同士の一騎打ちとなり、麃公(ひょうこう)将軍の勝利で終わりました。 二人目は馬陽防衛戦で大将を務めた王騎将軍です。 馬陽防衛戦は王騎将軍の復帰戦であり、最後の戦いであった場所です。 ここで王騎将軍は信に自分の矛と意志を授けました。 三人目は山陽平定戦で大将を務めた蒙鷔将軍です。 蒙鷔将軍は廉頗との因縁の持ち主で、廉頗との一騎打ちで片腕を無くしましたが、なんとか和睦へと持ち込ませ、山陽を平定しました。 スポンサーリンク 【キングダム】麃公(ひょうこう)将軍は「本能型」その派手な戦い方とは? 麃公(ひょうこう)将軍は本能型の将軍です。 それに加え戦局を大炎にたとえて戦を行う独特な戦い方をします。 「各地で同じように戦っておるように見えるがそれぞれは実に多様に盤上を揺り動かす。 一の動きが十を動かし、千につながり万を崩す。 小から始まる連鎖が大炎を呼び込み戦局は一気に終局に向かう。 そして今異彩を放つ場所があった。 そういうところには何かがある。 戦とはそういうものじゃ。 」と戦を語っていました。 麃公(ひょうこう)将軍率いる麃公(ひょうこう)軍は突撃を得意とした軍であると言えます。 突撃を得意とする軍の特徴ですが、このような軍の構成は大将の個人の武力に加え、部下の武力が他の兵に比べて格段に高いです。 しかしそのような兵を作るには時間と労力を使うため兵数が少ないと言えます。 そのため防御などには向いていない隊と言えます。 スポンサーリンク 【キングダム】麃公(ひょうこう)将軍の残した名言 麃公(ひょうこう)将軍が残した名言の中で一番有名な名言は、やはり死の直前に信にかけた言葉だと思います。 麃公(ひょうこう)将軍が死ぬのは合従軍18日目の龐煖との戦いです。 李牧が華沙城を襲い、咸陽へ向かっているのを麃公(ひょうこう)将軍が感じ取りいち早く李牧のもとへとたどり着きます。 麃公(ひょうこう)将軍は李牧のもとにたどり着き首を狙いますが、そこから出てきたのは龐煖でした。 龐煖との戦いの末、麃公(ひょうこう)将軍は敗北します。 敗北を感じ取った麃公(ひょうこう)将軍は信に向かって「火を絶やすな」と伝えて死にます。 この言葉は麃公(ひょうこう)将軍の一番の名言です。 スポンサーリンク 【キングダム】信に託したものとは? 龐煖と戦い、死を直感した麃公(ひょうこう)将軍は信に盾を送ります。 そして信に「火を絶やすな」と言葉を残し死んでいきました。 麃公(ひょうこう)将軍の盾と言葉が意味するものとはなんでしょうか。 一つずつ説明していきたいと思います。 まずは盾です。 なぜ盾を送ったのかというと、信は王騎将軍から矛を受け取っています。 そのため盾を送ることで大将軍になった時に自分の盾を生かしてほしいという願いであったのではないでしょうか。 あと一つは信に残した言葉です。 「 火を絶やすな」 この言葉には麃公(ひょうこう)将軍の強い思いがありました。 麃公(ひょうこう)将軍は信が本能型の将軍の器を持つ人物であることに気づいていました。 また信が大炎のことを感じ取れるようになっていることにも気づいていたため、大炎を使いこなすための大事なことを言葉として送ったのかもしれませんね。

次の