シソ ジュース 作り方。 [かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

しそジュースの作り方!青じそと赤じそを使い簡単に作るコツ

シソ ジュース 作り方

ご訪問ありがとうございます。 2020年の「赤シソジュース」作りが始まりました。 赤シソは、6月中旬から8月初旬までしか手に入らない季節品です。 今年も、砂糖控えめで、とをダブル配合した脂肪燃焼効果を高めた赤シソジュースを作ってみました。 こうした記事もブログ開始から今年で3年目。 そこで、今回は赤シソや酢などの成分や効能に注目してお伝えします。 良かったらご覧ください。 2018年の赤シソジュース作りはこちらです。 昨年2019年がこちら 1.今年最初の赤シソジュース作り 例年、赤は近くの農協さんで手に入れますが、今年はコロナ渦で買物を控えていたので足を運べていませんでした。 早速購入して、今年最初の赤シソジュース作りにチャレンジしました。 (4袋あったのですが、買い占めはせず2袋だけ購入) そして、今年最初のレシピがこちらになります。 さて、例年のレシピと比較してみます。 (比較しやすいように水2リットル換算しています) 赤シソが例年よりやや少ないのは仕方ありません。 次回はもう少し増やしたい。 そして、今年は の量を少し増やしてみました。 飲んだ後のすっきり感の向上と、 脂肪燃焼効果の向上 を期待したものです。 完成した赤シソジュースがこちらです。 鮮やかな赤紫色をしています。 これは、赤シソに含まれるの色だそうです。 は、 液の酸性度で色が変化します。 ジュースに入れる酢やは酸性なので、 抽出液が中性の紫色から酸性の赤色に変わります。 その時の様子は、こんな感じです。 赤シソを煮出した液にを入れると、 濁った暗い青紫色から、鮮やかな透明度の高い赤紫に変わりました。 その様子が伝わると良いのですが… 個人的には、 化学の実験のようで楽しい時間です。 有効成分について 赤 「しそ」には、ビタミン類(ビタミンA・B1・B2・C・E・K)や、ミネラル(やなど)が豊富で、かおりにもリモネンなどの有効成分があり、各種のホルモン分泌を活性化してくれます。 参考: また、赤シソにはの1つであるが含まれています。 このが赤紫色の成分となります。 公式な成分表が見つからなかったのですが、 株 マツオファームさんのHPページから 分析データを見つけました。 その内、 約14%がだそうです。 だいたい33mgですね。 カカオだと、一日200〜500mg摂取すると良いらしい。 1日3杯で690mgですね。 良い感じでが取れそうです。 には、脂肪蓄積予防や、眼精防止、花粉症にも効果があると報告されています。 には、酢や米酢、、リンゴ酢などさまざま種類があります。 このすっぱさの元は、酢酸やによります。 また、など60種類以上の酸も含まれています。 主な酢の主成分は以下の通りです。 出典: 商品HPから 酢の主成分である酢酸は体の中でアセチルCoA(アセチルA)に変化してさまざまな役割を果たします。 よく知られているのは、肝臓や筋肉内にある 回路(TCA回路・クレブス回路)でATPと呼ばれるエネルギー源の生成に用いられることです。 酢酸などが不足するとこの回路の働きが低下し、 物質である「乳酸」が蓄積し、筋肉などを起こします。 運動30分~1時間前に酢やを取って運動すると効果的と言われています。 回路に酸が補給され、が活発に成り脂肪燃焼効率も高まると言われています。 また、酢に含まれるとが,乳酸の蓄積を防ぎ、溜まってしまった乳酸の分解を促すので回復のスピードを速めてくれる効果もあります。 市販のは純度が高く、酸性なので「すっぱい」素材ですが、の様には臭いません。 お掃除にも利用されるように、無色無臭で人にも環境にも優しい物質です。 赤シソジュースづくりでは、を使う派と、を使う派に分かれます。 さっぱり感を出したい方は、を選びます。 は、なので、以外の成分がほとんど入っていません。 酸味だけで、風味というか持ち味は主張しません。 一方、匂いが気にならない方は、有効成分の多いを使うと、さまざまな効果が期待できます。 ただ、だけではは多くはありません。 こうした点から、我が家では酢を主材にしてを追加するレシピにしています。 酢やは酸性ですが体内に取り込まれて乳酸を分解することで、乳酸が減ることで中和作用が働き、 身体のPH値を標準()に近づける効果もあります。 飲み過ぎには注意 美味しく飲めるといって、グビグビと沢山飲むのは気をつけましょう。 5gのお砂糖が入っています。 こうみるとそう多くはありません。 朝昼晩と1日3杯飲んでも99kcalです。 ただ、美味しいからと言って、5杯も6杯も飲むのは考え物です。 カロリーオーバーにならないよう気をつけてください。 そのほかの成分には飲み過ぎで気をつけなければならないものはありません。 その他で気をつける事 ・赤は良く洗う 葉にはが付いています。 洗浄が不足していると発酵する可能性があります。 にならないよう気をつけてください。 ・保存は冷蔵庫で 酢や、砂糖は保存料にもなる食材ですが、 とはいえ常温での保管は雑菌繁殖の可能性があります。 避けた方が良いでしょう。 早めに飲みきって次を作るのが良いかと思います。 スポンサーリンク 3.我が家の赤シソジュースの作り方 所要時間はおよそ1時間くらいです。 作り方は毎年ほぼ同じなので、細かい手順に興味のある方は、昨年の記事を参照してください。 ここでは、簡単に手順をご紹介します。 1.お鍋に入る大きさに切り流水で良く洗います。 3.沸騰したら葉を入れ、10分ほど煮出します。 4.トングで葉を取り出し液をガーゼで濾します。 5.氷砂糖を230g投入します。 6.を240cc投入し、さらに煮詰めます。 7.火を止め冷めたらを8g投入します。 8.さらに冷めたら消毒したペットボトルに移す。 スーパーで偶然手に入れた赤600gで 赤シソジュースが約2. 今後は、農協さんに足を運び、赤を手に入れたいと思います。 毎週、一回くらいのペースで赤シソジュース作りをしていくことになるでしょう。 レシピがどう変化するか楽しみでもあります。 我が家は、朝食や夕食時に、炭酸水で4倍くらいに割って飲むことが多いです。 また、スポーツジムで運動する時に、水分補給も兼ねて、スポーツドリンク入った水筒に、100ccほど入れてこまめに摂取します。 の影響で、ジムは有酸素系のレッスンをまだスタートしていません。 なので、あまりジムにも行けていない状況です。 思いっきり身体を動かせるようになって赤シソジュースの効果を堪能したいものです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 こうした記事も書いています。 my-manekineko.

次の

簡単で栄養たっぷり!田舎農家のしそジュースの作り方|ひらつかスパイス農園

シソ ジュース 作り方

<目次>• シソ(赤シソ)の効能 シソは漢方生薬などに使われますが、シソの葉は「蘇葉」と書き、「人を蘇らせる葉」という意味で名づけられたそうです。 お刺身などにシソ(大葉)が必ずついているのは、食中毒や食あたりなどを防ぐためと、防腐剤代わりでもあります。 栄養価も野菜の中ではトップクラスで非常に高く、抗酸化作用が強いベータカロチン、カルシウム、カリウム等はホウレン草よりも豊富。 鉄分やその他ビタミン、ミネラルも豊富です。 シソは縄文時代から薬として使われていたようで、煎じて飲めば風邪の初期症状が緩和されます。 その他にも食欲を増し消化吸収を助け、胃腸が健康に働くといわれているペリルアルデヒドが含まれており、ペリルアルデヒドには制菌作用があります。 最近注目されているのは「ルテオリン」という栄養素で、抗アレルギーや抗炎症効果があるとされています。 青シソよりも赤シソの方がこれらの効果が強いと言われています。 酢の効能 お酢が体に良いのは昔から知られていますが、肉食が多い人、ストレスの溜まっている人は体が酸性に傾いており、そのせいで乳酸が増えています。 乳酸は筋肉の中にたまり、疲労のもとになるので、疲れやすい体質になっている、ということになります。 肩こり、腰痛なども乳酸過多状態で起こるとも言われています。 お酢はこの乳酸を抑える働きがあるので、疲労回復に効果があります。 胃液の分泌を正常化し、食欲増進にも効きます。 シソと同じく、ナチュラルクリーニングでも殺菌消毒に使われるくらい、殺菌力があるので食中毒の予防にも効果的です。 カルシウムの吸収を助けるので、骨粗しょう症などの予防にもなるようです。 どちらも、スーパー食材であることは一目瞭然。 ・赤シソは、茎から葉だけを取ります。 1枚1枚取る必要はなく、ボサッと取ってしまってOKです。 葉はよく水洗いし、ザルなどにあけ、水気をよく切っておきます。 ・保存するビンを用意します。 酢が入っていたビンをそのまま使っても良いと思います。 水洗いしないでそのままに。 他の保存用ビンを使う場合は、水滴が中に残っているとカビや腐敗の原因になりますので、電子レンジで加熱し、水滴を飛ばしてから。 または、出来上がった赤シソジュースを少量ビンに入れて、フタを閉めて中を振り洗いし、もったいないですが捨ててから入れるようにしてください。 ペットボトル等のプラスティック容器は、シソジュースが発酵したりするのでへしゃげたり、熱いままで保存するのでプラスティックの有害な成分が溶け出してこないとも限らないのでお勧めしません。 作り方 完成 5. 熱いうちに保存用ビンに入れて、出来上がり。 おいしい飲み方 我が家の子供たちには水を多めに。 美味しい美味しいとがぶ飲みして更に元気に!? 出来上がった赤シソ酢ジュースは、3倍に薄めて飲みます。 グラスいっぱいに氷を入れて、3分の1くらいまで赤シソ酢ジュースを入れ、冷やしておいたミネラルウォーターや浄水器のお水などを3分の2入れて、よくかき混ぜてから飲むとすごくおいしいです! その他にも焼酎などを飲むときに割ったり、原液をヨーグルトにかけたりしてもおいしいそうです。 残った葉は捨てないで ゴマ+塩と混ぜてもいいし、細かく刻んだ梅干と混ぜてもGOOD! ジュースを煮出して残った葉っぱがたくさん。 何だか捨てるのがもったいない…ゴミも増えますし。 そんなときは、葉をザルに入れて2,3日天日に干して、カリカリになったら手で砕きます。 天然塩と混ぜて、「ゆかり」の出来上がり!化学調味料を入れないでもおいしい「ゆかり」にするには、うまみのある天然塩を使うのがポイントです。 ホカホカご飯にのせて食べたり、おにぎりにしたら美味しい!!ゴミも減って一石二鳥です。 赤シソはダメになるのが早いので、購入したらすぐに作ってみてくださいね。 手作りは、ペットボトルを購入しない+ゴミにしないエコになります。 市販ジュースが大好きな方、お子さんにも体のことを考えてこちらの方をオススメします。 ただし、すごくおいしいので飲みすぎてしまうのが難点!糖分が強いのでほどほどでどうぞ~! 【関連記事】•

次の

しその効能と美味しいしそジュースの作り方・レシピ

シソ ジュース 作り方

煮出して絞った後のしその葉は、少量ずつ広げて電子レンジで乾燥させ、カラカラに乾かして塩やごまと合わせれば、しそのふりかけができますよ。 でき上がったしそシロップは、冷蔵庫で冷やして割れば、すぐにジュースとして飲むことができます。 保存する場合は、煮沸消毒した瓶に入れ、密閉して冷蔵庫へ。 保存期間の目安は6カ月ほどです。 簡単でおいしい!しそシロップの使い方いろいろ でき上がったしそシロップは、濃縮された原液なので、割ってジュースとして飲むのはもちろん、シロップとしてそのままかけるなど、いろいろな楽しみ方ができます。 割って楽しむ 水やソーダで4~5倍に割るだけで、見た目も涼しげなドリンクに変身。 さわやかな風味が広がります。 このとき、レモン汁を入れても良いでしょう。 ほんのり酸味が加わり、さっぱりとした味わいになります。 そのままかける プレーンヨーグルトやかき氷にかければ、さわやかなアクセントに。 ひんやりおやつにアレンジ 水としそシロップを2:1の割合で寒天で固めれば、暑さも和らぐ冷たいおやつに(下の写真)。 アイスクリームを添えたり、ソーダをかけたりしてもおいしくいただけます。 また、水で好みの濃さに割り、アイスキャンディーの型に注いでそのまま冷凍庫で固めれば、さっぱり風味の氷菓のできあがり。 しそシロップは保存が利くので、一度作っておけば、長い間使うことができます。 定番のジュースはもちろん、デザートの材料としても活用できて、なにかと便利。 さわやかな味わいをいろいろな方法で楽しみながら、暑い夏を乗り切りましょう。

次の