ホンダ 八郷 社長 得手 に 帆 を あげ 力 を 伸ばし て オンライン など 分散 で 入社 式。 ホンダ(本田技研工業)

本田技研工業[7267]

ホンダ 八郷 社長 得手 に 帆 を あげ 力 を 伸ばし て オンライン など 分散 で 入社 式

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 1,757,456 2,105,976 2,256,488 2,494,121 2,672,353 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 4,484,170 4,449,491 4,668,800 4,853,173 4,628,657 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 6,817,675 7,305,041 7,150,566 7,430,689 7,677,767 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 824,939 778,192 741,514 744,368 760,434 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,345,054 4,319,423 4,531,796 4,896,771 4,722,254 総資産 資産合計。 18,229,294 18,958,123 19,349,164 20,419,122 20,461,465 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 7,683,478 7,593,396 7,473,872 7,945,375 7,924,407 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 3,784,383 4,069,431 3,941,754 4,206,027 4,524,799 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 6,761,433 7,295,296 7,933,538 8,267,720 8,012,259 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 4,484,170 4,449,491 4,668,800 4,853,173 4,628,657 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 6,817,675 7,305,041 7,150,566 7,430,689 7,677,767 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 824,939 778,192 741,514 744,368 760,434 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,345,054 4,319,423 4,531,796 4,896,771 4,722,254 総資産 資産合計。 18,229,294 18,958,123 19,349,164 20,419,122 20,461,465 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 7,683,478 7,593,396 7,473,872 7,945,375 7,924,407 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 3,784,383 4,069,431 3,941,754 4,206,027 4,524,799 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 6,761,433 7,295,296 7,933,538 8,267,720 8,012,259 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 11,332,399 10,865,848 12,000,581 12,580,949 11,851,659 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 - - - - - その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,390,995 885,073 987,671 775,988 979,415 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -875,077 -650,618 -615,113 -577,555 -619,481 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -95,299 115,423 -174,334 22,924 -87,411 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 - - - - - 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 - - - - - 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 - - - - - 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 9位 20位 15位 18位 総資産 資産合計。 19位 19位 20位 21位 現預金等 16位 15位 16位 16位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 8位 8位 8位 8位 現預金等増減 13位 20位 35位 25位 29位 1957年11月15日生 1980年4月 当社入社 2008年4月 同欧州地域本部東欧・中近東・アフリカ担当 2008年4月 ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド取締役副社長 2008年6月 当社執行役員 2009年6月 同欧州地域本部ロシア・CIS担当 2009年8月 ホンダモータールス・エル・エル・シー取締役社長 2011年4月 広汽本田汽車有限公司総経理 2014年4月 当社常務執行役員 2014年4月 同欧州地域本部長 2014年4月 ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド取締役社長 2015年4月 当社専務執行役員 2016年4月 同北米地域本部長 2016年4月 ホンダノースアメリカ・インコーポレーテッド取締役社長 2016年4月 アメリカンホンダモーターカンパニー・インコーポレーテッド 2017年4月 当社営業担当 2017年6月 同専務取締役 2018年4月 ホンダノースアメリカ・インコーポレーテッド取締役社長最高経営責任者 2018年11月 同取締役会長最高経営責任者 2018年11月 アメリカンホンダモーターカンパニー・インコーポレーテッド 2019年4月 当社取締役会長 現在 2019年4月 同取締役会議長 現在 2019年4月 同渉外担当取締役 現在 1959年5月19日生 1982年4月 当社入社 2008年4月 同購買本部四輪購買二部長 2008年6月 同執行役員 2010年4月 同購買本部購買二部長 2011年4月 同生産本部鈴鹿製作所長 2012年4月 ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド取締役副社長 2012年9月 ㈱本田技術研究所常務執行役員 2012年9月 ホンダアールアンドディヨーロッパ ユー・ケー リミテッド取締役社長 2013年4月 当社中国生産統括責任者 2013年4月 本田技研工業 中国 投資有限公司副総経理 2013年11月 本田技研科技 中国 有限公司副総経理 2014年4月 当社常務執行役員 2015年4月 同専務執行役員 2015年6月 同代表取締役社長社長執行役員 2017年4月 同最高経営責任者 現在 2017年6月 同代表取締役社長 現在 2019年4月 同研究開発担当取締役 研究開発、知的財産、標準化 現在 1958年7月10日生 1982年4月 当社入社 2007年4月 本田技研工業 中国 投資有限公司副総経理 2007年6月 当社執行役員 2008年1月 東風本田汽車有限公司総経理 2010年4月 当社中国本部長 2010年4月 本田技研工業 中国 投資有限公司総経理 2010年6月 当社取締役 2011年4月 同取締役執行役員 2011年6月 同執行役員 取締役を退任 2013年11月 本田技研科技 中国 有限公司総経理 2014年4月 当社常務執行役員 2016年4月 同専務執行役員 2016年6月 同代表取締役副社長執行役員 2016年6月 同リスクマネジメントオフィサー 2016年6月 同コーポレートブランドオフィサー 現在 2017年4月 同最高執行責任者 現在 2017年4月 同戦略・事業・地域担当 2017年6月 同代表取締役副社長 現在 2019年4月 同戦略・事業・地域担当取締役 現在 2019年4月 同四輪事業本部長 現在 1958年9月28日生 1985年10月 ホンダエンジニアリング㈱入社 2008年4月 当社生産本部四輪生産企画室寄居・小川プロジェクト 2008年6月 同執行役員 2008年6月 同生産本部生産担当 2009年4月 同中国本部生産担当 2010年9月 本田技研工業 中国 投資有限公司副総経理 2012年4月 当社生産本部鈴鹿製作所長 2013年4月 同日本四輪生産統括責任者 2013年4月 同四輪事業本部四輪生産統括部鈴鹿製作所長 2014年4月 同常務執行役員 2014年4月 同日本本部四輪生産統括部長 2014年4月 同日本本部四輪生産統括部生産企画統括部長 2015年4月 同専務執行役員 2015年4月 同生産担当 2015年4月 同四輪事業本部四輪生産統括責任者 2015年4月 同四輪事業本部生産統括部長 2015年4月 同欧州地域生産統括責任者 2015年6月 同取締役専務執行役員 2016年4月 同生産本部長 2017年4月 同生産担当 生産、購買、品質、パーツ、サービス 2017年6月 同専務取締役 現在 2019年4月 同生産担当取締役 生産、購買、品質、パーツ、サービス 現在 2019年4月 同リスクマネジメントオフィサー 現在 1957年8月10日生 1986年9月 J. ウォルター・トンプソン・ジャパン㈱ 現ジェイ・ウォルター・トンプソン・ジャパン 同 入社 1993年5月 日本リーバ㈱ 現ユニリーバ・ジャパン㈱ 入社 2001年4月 同取締役 2006年3月退任 2006年4月 マスターフーズリミテッド 米国 現マースジャパンリミテッド 米国 マーケティング統括本部長 2008年4月 同チーフ・オペレーティング・オフィサー 2010年8月退任 2010年11月 パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン㈱代表取締役社長 2012年1月退任 2013年1月 キリン㈱社外取締役 2018年3月退任 2013年4月 ニューウェル・ラバーメイド・インコーポレーテッド 米国 現ニューウェル・ブランズ・インコーポレーテッド 米国 グローバル・マーケティングシニア・ヴァイス・プレジデント 2018年2月退任 2016年6月 三菱電機㈱社外取締役 現在 2018年4月 ヴィセラ・ジャパン㈱取締役 2019年3月退任 2019年6月 当社取締役 現在 1953年8月29日生 1978年4月 当社入社 1998年4月 ホンダアールアンドディアメリカズ・インコーポレーテッド副社長 2000年6月 当社取締役 2001年6月 ㈱本田技術研究所専務取締役 2003年6月 当社常務取締役 2003年6月 同モータースポーツ担当 2003年6月 ㈱本田技術研究所代表取締役社長 2004年4月 当社モータースポーツ統括 2005年4月 同生産本部鈴鹿製作所長 2005年6月 同常務執行役員 2007年4月 同四輪事業本部長 2007年6月 同専務取締役 2009年4月 ㈱本田技術研究所代表取締役社長 2009年6月 当社代表取締役社長 2011年4月 同代表取締役社長社長執行役員 2011年4月 同四輪事業本部長 2015年6月 同取締役相談役 現在 1954年3月4日生 1979年4月 東京地方検察庁検事 1980年3月 長野地方検察庁検事 1983年3月 東京地方検察庁検事 1990年7月 在アメリカ合衆国日本国大使館一等書記官 1994年4月 東京地方検察庁検事 1998年7月 法務大臣官房参事官 2000年4月 東京高等検察庁検事兼東京地方検察庁公安部副部長 2002年4月 国際連合アジア極東犯罪防止研修所長 2005年7月 東京高等検察庁公判部長 2006年7月 最高検察庁検事 2007年6月 奈良地方検察庁検事正 2008年7月 最高検察庁総務部長 2010年6月 同裁判員公判部長 2010年10月 名古屋地方検察庁検事正 2012年6月 法務総合研究所長 2014年7月 高松高等検察庁検事長 2016年9月 広島高等検察庁検事長 2017年3月退官 2017年4月 第一東京弁護士会登録 2017年4月 TMI総合法律事務所顧問弁護士 現在 2018年6月 古河電気工業㈱社外監査役 現在 2019年6月 当社取締役 監査等委員 現在 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 22,399人 21,903人 0人 0人 -人 従業員数(連結) 208,399人 211,915人 215,638人 219,722人 -人 平均年齢(単独) 45歳 45歳 44. 9歳 45. 6歳 -歳 平均勤続年数(単独) 23. 8年 23. 7年 23. 5年 24. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

キヤノン御手洗氏3度目社長に 関連動画

ホンダ 八郷 社長 得手 に 帆 を あげ 力 を 伸ばし て オンライン など 分散 で 入社 式

ホンダは、メーカー保証終了後も同程度の保証を提供する「延長保証マモル」に、乗用車は7年、軽貨物車は6年まで保証を延長する「長期コース」を4月1日より導入した。 延長保証マモルは、メーカー保証が終了した後も同程度の保証を、初度登録日から、乗用車は5年、軽貨物車は4年まで延長するサービス。 2001年のサービス開始以降、多くのホンダ車オーナーが加入している。 車の故障発生率と修理単価は、5年目までと比較して、6年目以降上昇する傾向があり、使用期間が長くなるほど車の故障・修理に関するリスクは増加。 また、車の買い替え年数は年々伸びており、ホンダが実施した調査では、約6割が次回新車を購入する場合は6年以上保有したいと回答している。 ホンダでは、このような背景を踏まえて、3回目車検まで保証を延長する新コースを設定。 新車購入時の加入とすることで、手頃な料金で長期保証を提供し、長期保有希望者のニーズに応える。 新コース設定により、延長保証マモルは、新車購入時に加入できる「長期コース(7年)」「新車コース(5年)」、初回車検時に加入できる「車検コース(5年)」、新車コースや車検コースから2年延長できる「継続コース」の4コースとなった。 料金(1500cc)は長期コースが2万8600円、新車コースが1万2100円、車検コースが1万4850円、継続コースが3万8500円。 レスポンス 纐纈敏也@DAYS.

次の

ホンダ(本田技研工業)

ホンダ 八郷 社長 得手 に 帆 を あげ 力 を 伸ばし て オンライン など 分散 で 入社 式

前例のない新人研修であり、コロナ禍のもと、試行錯誤の人材育成を進めている。 オンライン研修は4月1日の入社から6月4日まで2か月余りにわたって行われた。 この間、スタートの入社式から全てオンラインで進められ、先輩社員や同期生とリアルの世界で顔を合わすこともなかったという。 研修の対象となった社員は4月の定期入社のうち、生産部門やデザイン部署に従事する人を除いた技術系と事務系の約600人。 研修を終え、6月8日には開発や生産、国内外の営業といった各部門に配属されるが、これも例年よりおよそ3か月前倒しという異例の措置となる。 ホンダの例年の新人研修は、まず鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で恒例の入社式を終えると、1週間ほどの導入教育を集合で受ける。 「人間尊重」と「三つの喜び」(買う、売る、創る)から成る基本理念や社是などの「Honda フィロソフィー」をしっかり理解してもらい、ホンダの一員としてのスタートを切ってもらうのだ。 この後はただちに2班に分かれ、8月末までの5か月間近く、工場と販売店での現場実習をそれぞれ行う。 そして、9月1日に正式配属を迎える。 今年は、入社式という出発点から出鼻をくじかれたが、その後も感染拡大による政府の緊急事態宣言の発出などで環境は更に悪化、研修を立案する方も、受ける方も非常に厳しい展開となった。 結局、今年については工場と販売店での実習は中止という苦渋の決断になってしまった。 代わって双方向性を生かしたオンライン研修の充実に舵を切り、「Honda フィロソフィー」や、2017年に策定して取り組んでいる「2030年ビジョン」の理解だけでなく、例えば「四輪ビジネスの課題」といった実務でのテーマも織り込んでいった。 また、全社的な協力も得て、新型コロナを超えるために取り組んでいる各職場の現状を工場長らに紹介してもらい、グループ討議などの題材とした。 八郷隆弘社長も、2度にわたって研修に顔を出している。 5月の連休明けには、オンライン研修が6月初めまで続き、例年より配属が前倒しになることなどを伝えたうえで激励したという。 入社から1か月を経過してもなお、一度も出社できないという新入社員の不安解消にも務めたのだ。 先輩社員として入社以来の経験を披露した後、チャット機能などを使って寄せられた25の質問に答えた。 このなかで八郷社長は、ホンダが創立100周年(2048年)を経た2050年について「皆さんによって決まっていく。 100年を超えて生き延びていくには『移動と暮らし』で社会の皆様に喜んでもらう、新しい世界を創るんだという想いでやってほしい」と訴えた。 「こうした対話は、むしろオンラインだからこそできた」(広報部)わけで、新入社員からは「グローバルの仲間と、人の役に立つ仕事をしたいという想いが強くなった」といった発言が出るなど、トップとの直接対話の効果はやはり大きかった。 ホンダは緊急事態が解除された後も、今のところ間接部門については「在宅勤務推奨」としている。 このため、研修を終えた新入社員も配属先の職場によっては、自在に出社ができるわけではないそうだ。 ただ、ホンダに限らず、今年自動車産業に加わった人は、先輩たちとは全く異なる経験を強いられおり、これまでの苦難を自らのたくましさに変えていくことだろう。 池原照雄.

次の