トイレ 黒ずみ 原因。 トイレの黒ずみの落とし方!掃除しても取れない原因と予防方法

プロに聞く!トイレ掃除の方法!汚れの原因から徹底解説

トイレ 黒ずみ 原因

トイレの黒ずみの正体、黒ずみがつく原因 では、最初になぜトイレの便器は黒ずみが発生してしまうのでしょうか。 実はあのトイレの黒ずみの原因は、カビや雑菌、ホコリなどの集合体です。 色々ごった煮の、闇鍋ならぬ闇トイレ状態な訳ですね。 定期的に掃除をしていれば黒ずむことはないのですが、毎日トイレを掃除するのはかなり面倒です。 ついつい掃除をサボってしまって、気が付いたときにはとんでもないことになっていることがよくあります。 いつか掃除しようと思いつつ、「また今度でいっか」なんて思っているうちに、どんどん汚れは悪化してしまいます。 トイレの黒ずみを取る方法 では、トイレにできてしまった黒ずみはどうしたら良いのでしょうか。 さっそく黒ずみの取り方、掃除の仕方をご説明します。 こすって完了 その後、一度流してからブラシなどで黒ずみをこすって黒ずみを落としてください。 これで完了です。 一度流してからでないと、トイレットペーパーがボロボロになってしまい、ブラシの隙間に入ってしまうので注意してください。 クエン酸でも黒ずみは落とせる? 実は、ちょっとした黒ずみであれば、クエン酸を使って黒ずみを落とすこともできます。 クエン酸というのは、みかんやレモンなどの柑橘系のフルーツに含まれている酸のひとつです。 大きなデパートやホームセンターにいけば、パウダー状のものや液状のものが売っています。 パウダー状のものは、水に溶いてペースト状にすれば黒ずんでいる部分に塗って使うことができます。 少し放置すればもう落ちてる、なんてことも。 クエン酸の詳しい使い方については『』に書いておきました。 待って、リンク先だけあればこの記事いらないじゃんとか言わないで。 全体的に汚い場合 全体的に黒ずんでいる場合は、クエン酸に加えて重曹も使ってみましょう。 パウダー状の重曹を便器全体に振りまき、クエン酸をその上から撒いてブラシで擦っていきましょう。 たくさん泡が立つようになりますが、無害なものなので安心してください。 というか、むしろ、発生した炭酸ガスが良い役割をするらしいですよ。 この方法なら、有害がガスが発生することもないので、洗剤などの化学薬品は極力使いたいないという人にはおすすめです。 ちなみに重曹には消臭殺菌作用があるので、一石二鳥ですね。 あ、余計な薬品をまぜると余計なものが発生するかもなので気をつけてくださいね。 黒ずみがつかないようにするためには? ここまでは、黒ずみの落とし方をご紹介しました。 しかし、どうせなら黒ずまないように予防しておきたいものです。 そこで、簡単にできるトイレの黒ずみ予防もご紹介します。 やはり一番簡単なのは、洗浄剤を使うこと。 タンクの上に置くタイプや、便器に直接貼りつけるジェルタイプのものもあります。 わざわざ、洗浄剤を購入するのはちょっと、、、という方には、便器に落とすときに使う 洗剤を定期的に撒くことをオススメします。 洗浄剤よりは手間がかかってしまいますが、黒ずみの予防には十分な効果があります。 また、実は空気中のホコリや湿気の黒ずみの原因になることがあります。 なので、1日に一度は換気扇を回したり、ドアを開けたりするなどして換気を心がけましょう。 重曹をタンクに入れておくのも効果的 トイレタンクの中には、大量の水が常に入っています。 このトイレタンクにカビや雑菌が繁殖してしまうと、黒ずみの原因になることがあります。 そうならないために、トイレタンクの中に重曹を大さじ1杯入れておきましょう。 そうしておくことで、トイレタンクの中でのカビや雑菌を防ぐだけでなく、水を流すたびに、便器を重曹入りの水が綺麗にしてくれます。 トイレの使用頻度にもよりますが、2、3日に一度は重曹を入れるようにしてみましょう。 注意点 『金属製のたわしやヤスリを使う』という説明を聞くことがありますが、使わないようにしましょう。 硬いたわしで削ると、便器の表面に目では確認できない小さな傷を作ってしまうことになります。 その傷にカビや雑菌が入り込み、より頑固な黒ずみが誕生してしまうんなんてことにもなりかねません。 便器のコーティングを剥がしてしまうと、より汚れ易くなってしまいます。 自分では、なかなか落とせない黒ずみや汚れができてしまったら、思い切ってプロの方にお願いしてみるのも一つの手です。 手遅れにしか見えない酷い汚れを綺麗にしてしまうのがプロなのです。 プロによるトイレクリーニングは必要? みなさん、もうトイレの黒ずみを落とす方法は、分かりましたよね。 でも、 プロによるトイレのクリーニングがあるって、知ってました? お掃除のプロによるトイレクリーニングのメリットとは何でしょう。 それも交えながら、プロによる意見をご紹介します。 最後に「ユアマイスター」では、のプロに「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。 毎日お掃除してるならあまり必要ないかも知れません。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ ついついサボりがちなトイレ掃除。 ふと気がついたら黒ずみがすごいことになっていた、なんてことも。 しかし、1日に一度はトイレを使いますよね?朝から汚いトイレなんて見たくないものです。 洗剤や重曹、クエン酸などを使って手入れをすれば常にきれいな状態を維持できます。 気持ちよくトイレタイムを迎えるためにも、たとえめんどくさくても、定期的に掃除するようにしましょう。

次の

プロに聞く!トイレ掃除の方法!汚れの原因から徹底解説

トイレ 黒ずみ 原因

トイレの便器内にできる黒ずみの原因とその落とし方!! 仕事が忙しいと、 つい家事をサボってしまいませんか? 平日は残業三昧だし…、 土日祝日はその分ゆっくり寝たいし…。 そうなってしまうと、どうしたって 家事は疎かになってしまうかと思います。 特に掃除の場合、炊事・洗濯と違って 自分さえ我慢できればサボっても生活はできてしまうので、 サボってしまいがちなんじゃないかと思うんです。 (私もサボりますし…(苦笑)) ただ、特にトイレ掃除をサボっていると、 トイレの水が溜まる部分に 黒ずみができてしまう事があるんです。 なので、疲れているとは思うのですが、 こまめに掃除する事をお勧めしたいんですが、 「お勧めが遅いです、うちのトイレにできちゃっています…」 という方も中にはいらっしゃるのでは?と思います。 そこで今回は、そんな方のために、 「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」 についてご紹介したいと思います。 トイレにできる黒ずみの原因 ではまずは、 トイレにできてしまう黒ずみの原因 をご紹介したいと思います。 トイレの汚れを放置しておくと その汚れを栄養にしてカビの繁殖を始めます。 繁殖したカビは、 水溜まりと便器の接地部分の汚れ(水垢)に付着して繁殖を続け、 トイレ表面の凹凸に侵食する事で輪の様な黒ずみになって、 私たちの目に見えるようになるというわけです。 スポンサードリンク トイレにできた黒ずみの落とし方 では、もし黒ずみができてしまった場合、 どのように落としたら良いかを次にご紹介します。 黒ずみの落とし方ですが、 大きく分けると ・塩素系の洗剤を使う ・水性ペーパーを使う という2つの方法があります。 1.塩素系の洗剤を使う 先ほどもご説明しましたが、 黒ずみの原因が「カビ」です。 という事は、 カビを分解・漂白するのに効果のある 塩素系の洗剤を使うのが最も効果です。 そのため、まずは塩素系の洗剤を使って、 黒ずみが落とせないか試してみる事をお勧めします。 手順としては、 1.黒ずみ部分が水溜まりの水に触れない様に水溜まりの水を少し抜き取る。 になります。 因みに、トイレットペーパーの上からトイレ用洗剤をかけるのは、 しつこいカビの汚れを落とすため、 トイレ用洗剤が黒ずみの箇所に長時間あたった状態にするためです。 もし、トイレットペーパーをひかずにトイレ用洗剤をかけた場合、 すぐに流れてしまい、黒ずみに洗剤を十分にあてる事ができなくなる というわけです。 ・複数の洗剤を併用して使わない様にする事。 という点です。 特に、酸性タイプの洗剤や食酢・アルコール等と 塩素系の洗剤が混ざると有毒ガスが発生するため、 とても危険です。 ですので、複数の洗剤を併用して使う事は、 絶対に避けてくださいね。 もし使う場合は、一方の洗剤を使い、 その洗剤を水でしっかり洗い流し、空気を入れ替えてから もう一方の洗剤を使う様にしましょう。 2.水性ペーパーを使う もし、上でご紹介した方法で黒ずみが消えない場合は、 市販の水性ペーパーで一番目の細かいものを購入し、 黒ずみ部分を削って綺麗にするという方法もあります。 ただ、この方法の場合 いくら目の細かい水性ペーパーで優しく削ってもも トイレに細かな傷は付いてしまいます。 ですので、もしトイレの黒ずみと細かな傷を天秤にかけ、 どちらが良いかを判断された上で、 この方法を実践される事をお勧めしますよ。 まとめ というわけで、今回は、 「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」 についてご紹介してきました。 最後にお話した内容を簡単に纏めると、 ・黒ずみの原因は「カビ」。 ・黒ずみを落とすには、塩素系の洗剤を使った方法が一般的。 ・洗剤で黒ずみが落ちない場合、水性ペーパーを使って落とす方法もある。 という感じですね。 是非、ご紹介した情報を参考にしていただけたら幸いです。 ではでは、今回はこの辺で。 お読みいただき有り難う御座いました。

次の

トイレの「黒ずみ」はなぜできる? 気になる汚れの落とし方と予防法|コラム|サツドラ(サッポロドラッグストアー)

トイレ 黒ずみ 原因

トイレの黒ずみについてお困りでしょうか? 「サボったリング」なんて言われたりしますが、一度ついてしまうと、サボってなくてもできてしまうから大変ですよね。 一生懸命掃除をしても、「サボったリング」が消えてくれない…。 この記事では、そんなあなたの悩みをしっかり解決します。 そもそもトイレの黒ずみって何なの?• トイレの黒ずみに効果抜群の掃除方法って?• トイレの黒ずみが発生しにくくなる予防方法はあるの? といった悩みに丁寧にお応えします。 適切な掃除方法がわかれば、トイレの黒ずみは簡単におさらばできます。 汗だくになって掃除しても成果が上がらない方法は捨てて、さっとスマートにキレイを手に入れるお掃除科学を紹介します。 目次 []• トイレの黒ずみが発生する原因 トイレの黒ずみが発生する原因について解説します。 トイレの黒ずみが発生する原因には、• 黄ばみ• 黒カビ• 水垢 の3つが関係します。 3つの特徴を知ることで、適切な掃除方法がわかるようになるので、少しだけお付き合い下さい。 黄ばみ 「黄ばみ」は、トイレの黒ずみが発生する初期段階です。 黄ばみの原因は「尿に含まれるタンパク質」です。 尿に含まれるタンパク質が蓄積し、硬化すると「尿石」になります。 こびりついた尿石が「黄ばみ」になって現れます。 黄ばみは「アルカリ性の汚れ」なので、酸素系酸性洗剤によって除去することができます。 黒カビ 「黒カビ」は、トイレの黒ずみの直接的な原因です。 黒カビが繁殖するには、• エサ が必要ですが、トイレの場合には、• 温度:20度〜40度• 湿度:65%以上(密閉空間)• 空気:酸素• エサ:排泄物のカス、尿石 が揃っています。 溜まった尿石を覆うようにして「黒カビ」が発生した結果、トイレの黒ずみに進化します。 黒カビは「酸性の汚れ」なので、塩素系アルカリ性洗剤によって除去することができます。 水垢 「水垢」は、黒カビをコーティングし、トイレの黒ずみを除去しにくくします。 水垢の原因は、水道水に含まれるミネラルであり、• カルシウム• マグネシウム が結晶化したものです。 水垢は「アルカリ性の汚れ」なので、酸素系酸性洗剤によって除去することができます。 トイレの黒ずみを掃除する方法 トイレの黒ずみを掃除する方法について解説します。 トイレの黒ずみを掃除するには、• 黄ばみ• 黒カビ• 水垢 の特徴を理解し、適切な対処を施すことが重要になります。 黒ずみに効果的な洗剤 黒ずみに効果的な洗剤は、• 天然洗剤• 塩素系アルカリ性洗剤• 酸素系酸性洗剤 です。 天然洗剤 天然洗剤の代表的なものをあげると、• クエン酸(酸性)• 重曹(アルカリ性) があります。 クエン酸(酸性) クエン酸は、• レモン• みかん• グレープフルーツ などに多く含まれる酸性成分です。 塩酸ほどではありませんが、強い酸性(pH2. 1)を示し、• 潮解性が高い• 揮発性がない• 匂いがない• 防菌効果がある といった特徴を持っています。 トイレの黒ずみを掃除するのであれば、• 黄ばみ• 水垢 に対して効果を発揮します。 より詳しくは、「クエン酸は安心の天然成分!多様な掃除方法と注意点を公開【表付き】」を参考にして下さい。 〈重曹(アルカリ性)〉 重曹は、• ふくらし粉• こんにゃく• 胃薬 などに活用されている天然成分で、わたしたちの血液にも含まれているアルカリ性の成分です。 弱アルカリ性(pH8. 2)を示し、• 水に溶けにくい• 研磨作用がある• 発泡する• 消臭作用がある• 吸湿作用がある といった特徴を持っています。 トイレの黒ずみを掃除するのであれば、黒カビに対して効果を発揮します。 より詳しくは、「重曹は安心の天然成分!多様な掃除方法と注意点を公開【表付き】」を参考にして下さい。 塩素系アルカリ性洗剤 塩素系アルカリ性洗剤の代表的なものをあげると、• ドメスト• カビキラー があります。 トイレの黒ずみを掃除するのであれば、黒カビに対して効果を発揮します。 カビの根元から破壊するので、重曹とは比べ物にならない威力を発揮します。 とくに「酸素系酸性洗剤」と併用すると、人体に悪影響を及ぼす有毒ガスを発生させるので、絶対にやめましょう。 サンポール• オキシクリーン があります。 トイレの黒ずみを掃除するのであれば、• 黄ばみ• 水垢 に対して効果を発揮します。 汚れを強い酸性で融解させるので、クエン酸とは比べ物にならない威力を発揮します。 とくに「塩素系アルカリ性洗剤」と併用すると、人体に悪影響を及ぼす有毒ガスを発生させるので、絶対にやめましょう。 陶器(便器)• 水受け にわけて、場所別に解説します。 陶器(便器) 陶器(便器)を掃除するときには、• 水抜きをする• 洗剤を塗る• トイレットペーパーで覆う• 1時間ほど放置する• 一度、水を流す• トイレブラシで磨く• もう一度、水を流す という流れになります。 〈水抜きをする〉 便器の水を抜きます。 便器の水を抜く場合には、• トイレの元栓を閉じる• 家全体の元栓を閉じる のいずれかを行います。 元栓を閉じた後に、手作業で便器に溜まっている水を運び出します。 〈洗剤を塗る〉 汚れに合わせて洗剤を塗ります。 黄ばみや水垢を除去したい場合には、• 酸素系酸性洗剤• クエン酸 のいずれかを使用します。 黒カビの汚れ(いわゆる、サボったリング)を除去したい場合には、• 塩素系アルカリ洗剤• 重曹 のいずれかを使用します。 同日に行うと危険なので、できれば1日ごとに行うようにして下さい。 〈トイレットペーパーで覆う〉 汚れに洗剤を塗りつけたら、トイレットペーパーで上から覆います。 トイレットペーパーに洗剤を吸着させ、しっかりと洗剤が汚れに染み込むようにするのが狙いです。 ですので、• 水を流したときにつまらない程度にたくさんの量• できるだけ満遍なく吸着するようにして トイレットパーパーで便器を覆うようにして下さい。 〈1時間ほど放置してから、水を流す〉 1時間ほど放置して、洗剤にしっかりと働いてもらってから、水を流して下さい。 水を流す前にトイレブラシで磨くのは、あまりおすすめできません。 トイレブラシの隙間にトイレットペーパーが入り込んでしまうので、• ブラッシングが甘くなる• トイレブラシの掃除が面倒になる といったことになります。 〈トイレブラシで磨き、水を流す〉 しっかりとトイレットペーパーを流した後に、トイレブラシで仕上げの磨きをして、改めて水を流します。 水受け 水受けの掃除をする場合には、• 酸素系酸性洗剤を使う掃除方法• サンドペーパーを使う掃除方法 があります。 〈酸素系酸性洗剤を使う掃除方法〉 水受けに溜まっている汚れは、基本的に「水垢」です。 水垢汚れには「酸素系酸性洗剤」を使います。 酸素系酸性洗剤をキッチンペーパーなどに含ませて、水受けに貼り付けて下さい。 陶器(便器)の掃除と同様に、1時間ほど放置してから、キッチンペーパーを取り除いてこすり洗いをします。 〈サンドペーパーを使う掃除方法〉 水受けに溜まっている汚れは、かなり頑固なので酸素系酸性洗剤を使った掃除では除去できないことが多いです。 頑固な水受けの汚れには、サンドペーパーを使った掃除方法があります。 サンドペーパーとは、木材加工をするときに使われる紙やすりのことです。 ですので、早い話が、汚れを削り取る掃除方法ということになります。 使用するサンドペーパーは「2000番(もしくは、1000番)」の仕上げ用を選びましょう。 ただし、サンドペーパーを使って掃除をする場合には、水受けそのものに傷をつけてしまう可能性が高いことに注意して下さい。 傷がついてしまうと、表面に細かいデコボコが無数にできることになります。 表面積が増えて、水などがたまりやすくなるので、汚れやすくなるというデメリットがあります。 陶器の水受けであれば傷に強いのですが、プラスチック製の水受けは傷に弱いので諦めた方が無難です。 トイレの黒ずみを予防する方法 トイレの黒ずみを予防する方法について解説します。 せっかく掃除をしたのであれば、綺麗な状態を長く保ちたいですよね。 トイレの黒ずみは、• 洗剤の設置• タンク内の洗浄 を行うことで、比較的簡単に予防することができます。 洗剤の設置 市販されている洗剤を設置します。 トイレの形状などに合わせて、• 水受けに設置するタイプ• 便器に設置するタイプ を使い分けましょう。 かなり簡単に導入できて、予防効果はかなり高いのでおすすめです。 タンク内の洗浄 月に1回程度、重曹を使ってタンク内の洗浄をしましょう。 タンク内の洗浄といっても、• 重曹を1カップ用意する• タンクの中に重曹を入れる• 一晩放置する だけです。 ですので、寝る前にセットして、朝起きたら水を流せばおしまいです。 重曹をセットすることで、タンク内で繁殖しようとしているカビを抑える効果が期待できます。 タンク内の水が便器に流れてくるので、タンク内が汚れていると、どれだけ掃除をしても本末転倒になってしまいます。 綺麗なトイレを保つのであれば、タンク内にも気をつけてあげましょう。 トイレの黒カビを撃退するには、適切な洗剤を選ぶのが大事! トイレの黒ずみが発生する原因には、• 黄ばみ• 黒カビ• 水垢 の3つが関係します。 「黄ばみ」は、トイレの黒ずみが発生する初期段階です。 「黒カビ」は、トイレの黒ずみの直接的な原因です。 「水垢」は、黒カビをコーティングし、トイレの黒ずみを除去しにくくします。 それぞれには適切な洗剤があり、• 黄ばみ• 水垢 は、アルカリ性の汚れなので、酸素系酸性洗剤を活用します。 黒カビは、酸性の汚れなので、塩素系アルカリ性洗剤を活用します。 天然成分である、• クエン酸• 重曹 を活用してもいいのですが、すこし効果が薄いので、期待しているほどの効果は得られないかもしれません。 陶器(便器)を掃除するときには、• 水抜きをする• 洗剤を塗る• トイレットペーパーで覆う• 1時間ほど放置する• 一度、水を流す• トイレブラシで磨く• もう一度、水を流す という流れになります。 重要なことは、• 適切な洗剤を選ぶこと• トイレットペーパーを使って、しっかりと汚れに洗剤を吸着させること です。 頑固なトイレの黒ずみを除去する場合には、• 塩素系アルカリ性洗剤• 酸素系酸性洗剤 をどちらも活用して掃除をする必要がありますが、併用すると人体に悪影響を及ぼす有毒ガスを発生させるので、絶対にやめましょう。 できれば、1日おきに掃除をするようにしてください。 水受けの掃除をする場合には、• 酸素系酸性洗剤を使う掃除方法• サンドペーパーを使う掃除方法 があります。 水受けに溜まっている汚れは、基本的に「水垢」です。 水垢汚れには「酸素系酸性洗剤」を使います。 洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを水受けに貼り付けて、1時間ほど放置したのち、こすり洗いをします。 しかし、水受けに溜まった水垢汚れは頑固なことが多いので、除去しきれないことがあります。 その場合には、サンドペーパー(2000番を推奨)を使って、汚れを削り取ります。 ただし、サンドペーパーを使って掃除をする場合には、水受けそのものに傷をつけてしまう可能性が高いことに注意して下さい。 傷がついてしまうと、表面に細かいデコボコが無数にできることになります。 表面積が増えて、水などがたまりやすくなるので、汚れやすくなるというデメリットがあります。 陶器の水受けであれば傷に強いのですが、プラスチック製の水受けは傷に弱いので諦めた方が無難です。 せっかく掃除をしたのであれば、• 洗剤の設置• タンク内の洗浄 を行って、トイレの黒ずみを予防しましょう。 市販されている洗剤を設置して、月に1回程度、重曹を使ってタンク内の洗浄をします。 タンク内の洗浄は、• 重曹を1カップ用意する• タンクの中に重曹を入れる• 一晩放置する だけなので、寝る前にセットして、朝起きたら水を流せばおしまいです。

次の