コロナ渦中 読み方。 「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍とは?読み方の正解は「コロナか」!一体どういう意味なの?

コロナ渦中 読み方

対義語は「福」 今回の場合、 「コロナわざわい」「コロナまが」というのも読みにくいので、 コロナ禍(か)と読むのが正しいと考えられます。 また読みやすさの他にも「禍」という漢字をどのように使うのかを調べてみると 「コロナ禍」を「コロナか」と読むという根拠がわかります。 「禍」の使い方 か(音読み)と使う 禍災 (かさい) 禍根 (かこん)・・・わざわいの起こるもとや原因 交通禍 (こうつうか) ・・・交通事故による災難 災禍 (さいか) ・・・天災や事故によって受けるわざわい。 思いがけない災難。 「災禍に遭う」 わざわい(訓読み) 禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) まが(訓読み) 禍々(まがまが)しい 禍事 まがごと コロナ禍の意味 「か」と読む場合の言葉に 「交通禍(こうつうか)」というものがあるので、 コロナによる思いがけない災難や不幸という意味で「コロナ禍(か)」 と読むのが正しいと言えるのではないでしょうか。 新型コロナ渦(か)(うず)という表記も見かける コロナ「禍」の他にコロナ「渦」と表記されている場合も見かけますが、 どちらが正しいのでしょうか? 「渦」の読み方 訓読みで「うず」 勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 音読みで「か」 水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 「渦中・渦水・渦紋・戦渦」というように使われていますね。 今回のニュースの「コロナ渦」も「コロナうず」と読むのはちょっと不自然な感じがしますので 「コロナか」と読むと考えられます。 意味合い的には「禍」を使うのが適当だと思いますが、 これだけの感染拡大の様子はまるで渦に飲まれているようですから、 ある意味「渦」でもいいような気もします。 まとめ 新型コロナウィルス関連のニュースででよく見かける 「コロナ禍」という文字を 何と読んだらいいのかがわからなかったので、辞典などで調べてみました。 初めて「禍」という漢字を知りましたが 「禍」という漢字には思いがけない不幸という意味合いがあり、新型コロナウイルスによる 思いがけない不幸、災難という意味合いを持つのが「コロナ禍」という表現であり、 「コロナか」と読むと考えられます。 たまに「渦」という文字を使って「コロナ渦」という表記をされているものも見かけますが、 こちらも同様に「コロナか」と読みます。 【こんにちは! まちゃです!】 <元>BADDAD、だけど今は自分で言うのも何ですが、めっちゃ家事や育児に関わるGOODDADだと思います。 奥さんと3人のこどもを持つ多趣味なアラフォー会社員パパ アメ車、ハーレー、ジェットスキー、キャンプ、DIYなど子供達と一緒に楽しむために始めました。 インテリアも好きですが、現在迷走中 人生一度きりなので、後悔したくない。 やりたいことは全部やってみたい!! というワガママ親父です。 自分の親が仕事で忙しかったということもあり、 どこかへ連れて行ってもらったとか、一緒に遊んでもらったことがありません。 それが子供ながらにとっても淋しくて悲しかった・・・ 自分のこどもにはそんな想いをさせたくないし、色んな経験をさせてあげたいと思って、自分の趣味を子供達と一緒に楽しみながら、日々仕事に、家事に、子育て奮闘中! ランキングに参加しています。 人気記事.

次の

ウィズコロナ時代の漢方薬…抵抗力の向上や不安感の軽減 [漢方・漢方薬] All About

コロナ渦中 読み方

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

コロナ渦中 読み方

こんにちはひでまるです。 最近ニュースや新聞などで「コロナ禍」って言葉を見かけませんか? 私も筋トレサラリーマンとして毎朝日経新聞を欠かさず読んで情報収集しています。 そこで最近頻繁に目にするのが 「コロナ禍」。 「ん?ころなうず?禍々しい(まがまがしい)って読むやつだよな。 じゃあコロナまがかな?いやなんか変だな、、」なんていつも思っていました。 漢字には少し自信があったので、なんとなく「コロナうず」か「コロナまが」って事で納得しました。 しかし、なんか違う感が拭いきれず、痺れを切らしてググったら 意外な読み方でした。 この記事ではそんな「コロナ禍」の意外な読み方と、この言葉の意味を解説していきたいと思います。 Contents• そもそも「コロナ禍」ってどういう意味? 実際、コロナ禍というワードを見ても意味がさっぱり浮かんでこないですよね。 なんか良いことでは無さそうってことくらいです。 コロナ禍の意味を深追いすると、漢字の由来など細かいとこまで調べる必要がありそうなので、簡単に意味をご紹介します。 コロナ禍の意味とは コロナ禍の意味とは 「コロナウイルスによる不幸や災難」のことです。 誰が言い始めたのか私には分かりませんが、今回のコロナウイルスで日本のみならず世界で様々な災難が起きている中で生まれた言葉だと思います。 ニュースの見出しで例えると 『コロナ禍はいつ収まるのか』のようなタイトルがつけられてることがあります。 ですので、 『コロナによってもたらされた禍(わざわい)はいつ収まるのか』という解釈で良いと思います。 一応、禍(わざわい)という言葉にも後ほど触れるので気になった方は確認しておいて下さい。 あなたのコロナ禍の読み方は間違っているかも なんとなく自分のコロナ禍の読み方に不安を持って記事を読んでいる方が多いと思います。 この記事ではありがちなコロナ禍の間違った読み方を紹介していきます。 【よくあるコロナ禍の間違い1】渦(うず)と読んでいる コロナ渦(うず)と読んでしまってる方が多いかと思います。 たまにネットの記事やニュースなどでも「コロナ渦」と見出しで書いてるのを見かけるので、仕方ないかもしれませんね。 「コロナウイルスの渦中」なんていうこともあるかと思うので、意味的にも言葉的にも間違った表現では無さそうですね。 しかし、コロナ禍と書いてある時にはコロナ渦と間違えてしまわないように注意しましょう。 【よくあるコロナ禍の間違い2】禍(まが)と読んでいる コロナ禍(まが)と読んでしまっている場合もありますね。 禍ときたら「禍々しい(まがまがしい)」のイメージが強いですもんね。 私自身も結局読めなくて検索にかける時に、コロナと打った後に『禍々しい』と打ち込んで『々しい』をわざわざ消して検索しました。 【よくあるコロナ禍の間違い3】禍(わざわい)と読んでいる コロナ禍(わざわい)と読んでしまってる場合もあるかと思います。 禍と書いてあって、「わざわい」と読めるなら逆に物知りな気がします。 しかし、記事の見出しに使われるなのなわ、「コロナわざわい」ではなんだか読みにくいですよね。 気になるコロナ禍の読み方 画像の通り、 「コロナ禍」とは「コロナか」と読みます。 先ほども少し触れましたが、「 コロナうず」や「 コロナまが」、「 コロナわざわい」と読んでいる方が多かったのではないでしょうか? 最近よく見かける「コロナ禍」の読み方は「 コロナか」なのでしっかり覚えて間違えて読まないように注意しましょう。 コロナ禍の禍(か)とは コロナ禍で使われている『禍』という漢字について簡単に解説していきます。 [音読み]カ [訓読み]わざわい、まが [意味]思いがけない災難のこと コロナ禍の読み方や意味のまとめ 簡単に解説してきましたが、私的には「コロナか」が正しい読み方と言われてもなんかしっくりきてないです。 なんかもっとしっくりくるやつを誰かが考えてくれたら新聞読むときも違和感なく読めるのになと思っています。 しかしながら、話題になっている言葉なので、読み方や意味くらいはサラリーマンとして知っておかなくてはなりませんね。 この記事で参考になれば幸いですが、言葉の由来やより詳しい意味を知りたい方は他のサイトも見てみて下さい。 この記事を最後まで読んでくださった方へ。 私の友人は自信満々に「コロナまが」と言っていました。 (この時点では私も「コロナまが」だと思ってました。 ) 正しい読み方を知った今は、なんだかかわいそうに思えてきます。 コロナ禍を間違えて読んでしまっている方が周りにいれば優しく教えてあげて下さいね。

次の