カンタス 国際線 運休。 カンタスグループの国際線運休期間延長の発表

カンタス航空の国際線、10月末までNZ線以外の大半を運休

カンタス 国際線 運休

【ポイント】 5月5日,カンタスグループは,5月末までとしていた国際線の運休を7月末まで延長すると発表しました。 これには,カンタス及びジェットスターの日本への直行便が含まれます。 現在唯一運航されている日豪直行便は,全日空のシドニー・羽田線(週3便)ですが,6月2日以降の運航予定については発表されていません。 日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり,日本への早期帰国が必要な方は可能な限り早めの出国をご検討ください。 【本文】 5月5日,カンタスグループは,5月末までとしていた国際線の運休を7月末まで延長すると発表しました。 これには,カンタス及びジェットスターの日本への直行便が含まれます。 豪州政府は3月20日から豪州国民・永住者以外の入国を禁止していますが,日本政府も4月29日午前0時から日本に渡航する外国人の入国禁止の対象をさらに拡大しました(現在は豪州を含む87ヵ国・地域)。 また,これら国・地域から帰国する邦人についても,入国地の空港でのPCR検査と14日間の自己隔離の実施が求められています。 さらに,豪内務省は,一時滞在ビザに関するよくある質問を同省ホームページに掲載し,引き続き,自立して生活を行うことができない方はご自身の国に帰る準備をするべきであると呼びかけています。 こうした動きも受けて,新型コロナウイルスに関連し,日本と豪州を結ぶ直行便は大幅に減便・運休されています。 現在,日豪直行便として運航されているのは,全日空のシドニー・羽田線のみとなっていますが,6月2日以降の運航予定についてはまだ発表されていません。 現時点の各社の運航及び運休状況は以下の通りですので,これも参考にしていただきながら,観光等で一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要がある方等は,可能な限り早めの出国をご検討ください。 1 全日空 (1)シドニー・羽田線 6月1日シドニー発の便まで週3便の「運航」が継続される予定です。 シドニー発の便は,月曜日,木曜日,土曜日に運航されます。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,追加の減便や運休の可能性があります。 (2)パース・成田線 5月31日パース発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。 なお,全日空は,同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており,ご注意ください。 2 日本航空 (1)シドニー・羽田線 6月1日シドニー発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 (2)メルボルン・成田線 6月1日メルボルン発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。 なお,日本航空は,同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており,ご注意ください。 3 カンタス及びジェットスター 7月末まで国際線は運休される予定です(運航中のロンドン,ロサンゼルス,香港及びオークランドへの臨時便を除きます。 また,ニュージーランド線については,6月末まで運休される予定です)。 カンタスウェブサイト 4 ヴァージンオーストラリア 6月14日まで国際線は運休される予定です(運航中のロサンゼルス及び香港への臨時便を除きます)。 なお,同社は現在,任意管理手続きによる経営再建中となっています。 homeaffairs. gov.

次の

オーストラリア カンタスグループ国際線の運休を7月末まで延長

カンタス 国際線 運休

【ポイント】 5月5日,カンタスグループは,5月末までとしていた国際線の運休を7月末まで延長すると発表しました。 これには,カンタス及びジェットスターの日本への直行便が含まれます。 現在唯一運航されている日豪直行便は,全日空のシドニー・羽田線(週3便)ですが,6月2日以降の運航予定については発表されていません。 日本への直行便の多くが運休を継続している状況であり,日本への早期帰国が必要な方は可能な限り早めの出国をご検討ください。 【本文】 5月5日,カンタスグループは,5月末までとしていた国際線の運休を7月末まで延長すると発表しました。 これには,カンタス及びジェットスターの日本への直行便が含まれます。 豪州政府は3月20日から豪州国民・永住者以外の入国を禁止していますが,日本政府も4月29日午前0時から日本に渡航する外国人の入国禁止の対象をさらに拡大しました(現在は豪州を含む87ヵ国・地域)。 また,これら国・地域から帰国する邦人についても,入国地の空港でのPCR検査と14日間の自己隔離の実施が求められています。 さらに,豪内務省は,一時滞在ビザに関するよくある質問を同省ホームページに掲載し,引き続き,自立して生活を行うことができない方はご自身の国に帰る準備をするべきであると呼びかけています。 こうした動きも受けて,新型コロナウイルスに関連し,日本と豪州を結ぶ直行便は大幅に減便・運休されています。 現在,日豪直行便として運航されているのは,全日空のシドニー・羽田線のみとなっていますが,6月2日以降の運航予定についてはまだ発表されていません。 現時点の各社の運航及び運休状況は以下の通りですので,これも参考にしていただきながら,観光等で一時的に滞在中の方や,日本に早期帰国の必要がある方等は,可能な限り早めの出国をご検討ください。 1 全日空 (1)シドニー・羽田線 6月1日シドニー発の便まで週3便の「運航」が継続される予定です。 シドニー発の便は,月曜日,木曜日,土曜日に運航されます。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,追加の減便や運休の可能性があります。 (2)パース・成田線 5月31日パース発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。 なお,全日空は,同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており,ご注意ください。 2 日本航空 (1)シドニー・羽田線 6月1日シドニー発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 (2)メルボルン・成田線 6月1日メルボルン発の便まで「運休」される予定です。 また,それ以降の運航予定については,まだ発表されておらず,減便や運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。 なお,日本航空は,同社の名前を使用するなりすましメールへの注意を呼びかけており,ご注意ください。 3 カンタス及びジェットスター 7月末まで国際線は運休される予定です(運航中のロンドン,ロサンゼルス,香港及びオークランドへの臨時便を除きます。 また,ニュージーランド線については,6月末まで運休される予定です)。 カンタスウェブサイト 4 ヴァージンオーストラリア 6月14日まで国際線は運休される予定です(運航中のロサンゼルス及び香港への臨時便を除きます)。 なお,同社は現在,任意管理手続きによる経営再建中となっています。 homeaffairs. gov.

次の

渡航最新情報

カンタス 国際線 運休

新型コロナウイルス最新情報-オーストラリア 世界的に先への見通しが効かない新型コロナウイルスによる影響は各方面に大きな影響を及ぼしています。 このオーストラリアへの留学に関しても同様で渡航を予定していた留学生、ワーキングホリデーや現在オーストラリアに滞在している学生の皆さんへの影響も少なくないはずです。 ここでは、日々変化するオーストラリア内のコロナウイルスに関連する最新情報を主にオーストラリアに留学することの切り口からその都度、紹介していきます。 また、オーストラリアに滞在中の皆さんは、是非、以下のアプリをダウンロードして感染防止、抑止にご協力下さい。 これには、カン タス航空及びジェットスターの日本への直行便が含まれます。 現時点での、航空会社毎の日豪直行便の運航状況は以下のとおりです。 1全日本空輸 (1)シドニー・羽田線 6月1日(月)シドニー発の便まで週3便の「運航」が継続される 予定です。 シドニー発の便は、月曜日、木曜日、土曜日に運航され ます。 また,それ以降の運航予定については、まだ発表されておら ず、追加の減便や運休の可能性があります。 (2)パース・成田線 5月31日(日)パース発の便まで「運休」される予定です。 また ,それ以降の運航予定については、まだ発表されておらず、減便や 運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は以下の同社サイトをご確認ください。 また、それ以降の運航予定については、まだ発表されておらず減便や 運休が継続される可能性があります。 (2)メルボルン・成田線 6月1日(月)メルボルン発の便まで「運休」される予定です。 ま た、それ以降の運航予定については、まだ発表されておらず減便 や運休が継続される可能性があります。 最新の運航情報は,以下の同社サイトをご確認ください。 また、ニュージーランド線については、6月末まで運休される予定です)。 なお、同社は現在、 任意管理手続きによる経営再建中となっています。

次の