東武 スカイ ツリー ライン 運行 情報。 東武バスOn

東武の隅田川橋梁に歩道橋新設 浅草~スカイツリー間で最短ルート整備、回遊促進へ

東武 スカイ ツリー ライン 運行 情報

墨田区は東京都の東部に位置し、古くから住宅地として発展。 現在も下町情緒が残る街として人気を集めている。 「押上」駅周辺に広がる押上エリアは、東武伊勢崎線(現・東武スカイツリーライン)、京成押上線と都電業平線の乗り換えターミナルとして栄え、商店街も形成された。 2012(平成24)年には「東京スカイツリータウン」が完成し、新旧の魅力を併せ持つ街として注目されるようになった。 押上駅 押上エリアは交通アクセスの利便性も高い。 最寄りとなる「押上」駅には京成押上線、都営地下鉄浅草線、東京メトロ半蔵門線、東武スカイツリーラインの4社4路線が乗り入れており、京成押上線と都営地下鉄浅草線、東京メトロ半蔵門線と東武スカイツリーラインはそれぞれ直通運転が行われている。 東京メトロ半蔵門線で「大手町」駅や「渋谷」駅、都営地下鉄浅草線で「新橋」駅など都心のターミナルにダイレクトアクセスできるほか、都営地下鉄浅草線には「羽田空港」へ、京成押上線には「成田空港」への直通電車も運行されており、旅行や出張の際も便利だ。 とうきょうスカイツリー駅 「押上」駅に隣接して「とうきょうスカイツリー」駅もあり、東武スカイツリーラインはこちらからも利用できる。 現在「とうきょうスカイツリー」駅周辺では高架化工事が進められており、完成すれば電車の利用や線路の南北の移動がスムーズになるだろう。 東京ソラマチ 押上エリア周辺は買い物環境にも恵まれている。 「東京スカイツリータウン」の「東京ソラマチ」にはファッションや雑貨の専門店が集まるほか、こだわりの品を扱う店も入る。 「ライフ セントラルスクエア 押上駅前店」などスーパーマーケットが揃うほか、商店街「おしなり商店街」も広がり、日常の買い物を身近で済ませることができる。 nananamoe COFFEE 押上エリア周辺にはおしゃれなグルメの店も多い。 とくにイタリアンの「パラッツォ サン グスト」は薪窯で焼くナポリピッツァをはじめ本格的なイタリア料理を味わえると評判だ。 テラスで挽きたて淹れたてのコーヒーを楽しめる「nananamoe COFFEE」、パンケーキやオムライスなど食事メニューが充実する「Cafe Tokyo カフェ東京」など雰囲気のよいカフェも点在している。 「東京ソラマチ」内にも多彩なジャンルのグルメの店が揃い、気分やシーンに合わせて店を選べるだろう。 東京スカイツリー 押上エリアには東京のシンボルである「東京スカイツリー」など見どころも多い。 「東京スカイツリー」には2か所の展望台があり、東京の街並みをはじめ関東平野を望める。 「東京ソラマチ」にはクラゲやペンギンが人気の「すみだ水族館」もある。 押上エリア周辺をはじめ墨田区の歴史や文化を学べる「すみだ郷土文化資料館」もあり、思い思いの休日を満喫できる。 交通アクセスに恵まれ、ショッピング施設やグルメの店が充実、東京の新名所も揃う押上エリア。 ここでは充実した日々を過ごせそうだ。

次の

遅延証明書|東武鉄道公式サイト

東武 スカイ ツリー ライン 運行 情報

東武スカイツリーラインの混雑状況について時間帯、区間、種別ごとに調査。 朝ラッシュや夕方の帰宅の時間帯にはどのくらい激しいのか。 急行・区間急行・準急・各駅停車は、それぞれ乗車率はどの程度まで達するのか。 東武本線ともいわれる路線だが、付近に並行して走る鉄道路線がないことから、利用者数は多い。 ただ、複々線区間が長いこともあって、列車の運行本数も多い。 一部の電車が直通する東急田園都市線のように、輸送力不足による「超満員」というレベルにはなりにくい。 しかし、朝ラッシュの時間帯は混雑することには変わりない。 路線距離も他の私鉄各線と比べると長いため、その分都心と郊外を行き来する乗客の絶対数は多いのは確か。 東武スカイツリーラインは首都圏の中では長い複々線区間とそれに伴う運行本数の多さから混雑は緩やかな方に入るものの、ピークとなれば満員電車になるのは避けられない。 車内奥に立っている場合はつり革や手すりに摑まれる人の方が多いものの、ドア付近に立つとやや圧迫感を感じるかもしれない。 スマホの操作はどの種別の電車でも可能だろう。 しかし、新聞を広げて読むのは難しいレベルにはなる。 夕方・夜は18:00~19:00がピーク 夕方と夜の帰宅ラッシュの時間帯では北千住駅を18:00~19:00に出発する下り列車がピークになる。 19時を過ぎれば混雑のピークは和らいでくる。 立っている人が多い状態は夜遅い時間帯まで続くものの、ギューギュー詰めの通勤ラッシュというほどのレベルではない。 20時を過ぎると夜遅い時間帯に突入する目安になる。 座っている人と立っている人が同じくらいの人数、もしくは立っている人の方が少ないくらいになる。 区間・種別ごとの混雑状況 東武スカイツリーラインの区間および種別ごと混雑状況は、まず上りと下りで全く異なる。 <参考元:、(日本民鉄協会)> 上り列車は満員電車になるほど乗車率が高い一方、下り列車は基本的に空いている。 今回は平日ダイヤの種別と混み具合を基準にする。 圧倒的に急行と区間急行に乗客が偏っている。 急行はすべて押上駅から東京メトロ半蔵門線・さらには東急田園都市線に直通する列車で全列車10両編成で運転されている。 区間急行は浅草駅発着の電車だが、6両または8両編成での運転で短い。 このため、急行よりも混雑が激化しやすい。 準急・区間準急も通過駅があるものの、前者は草加~曳舟間、後者は草加~北千住間のみで速達運転するため、長距離利用者は比較的少ない。 急行・区間急行に比べると空いている。 各駅停車はそれほど混雑しない。 優等列車と緩急接続する駅では大量に乗客が降りていく。 座れるチャンスがたくさんやってくる一方、所要時間が長くなるため長距離利用者には全く向いていない。 若干混雑しやすいのを上げるとすると、急行と区間急行のみ。 しかも、よほどの場合を除いては草加駅または新越谷駅で座れる。 準急・区間準急と各駅停車に至っては完全にガラガラ。 全区間を通して座れる。 急行・区間急行が最混雑 朝も夕方も、最も混雑が激しいのは「急行」と「区間急行」である。 前者は東京メトロ半蔵門線へ直通する電車、後者は浅草駅へ乗り入れる電車となっている。 どちらも、北千住駅以北では主要な駅にしか停車しない。 北千住~東武動物公園間は乗車券のみで乗れる最速列車である。 速達列車という位置づけになっているため、遠距離の利用者は急行・区間急行に殺到する。 日中の時間帯でも、他の種別と比べて乗車率が高い。 最も混雑が激しいのは北千住~西新井間だ。 朝ラッシュでは、上りの乗車率は最大で150%を超えると思われる。 西新井~北千住がピークの区間だが、ドア付近は人と人が接するほどになる。 しかも、駅のホームでは積み残しが発生する光景もよく見られる。 夕方の時間帯も、下りの急行・区間急行が北千住駅にて満員となる。 地下鉄などからの乗り換え客で混雑度が一気に上がる。 地下鉄へ直通する急行はすべて10両編成で運転される一方、区間急行は6・8両編成となっている。 そのため、輸送力が小さいのがネックだ。 日比谷線直通の各駅停車 複々線区間を走る各駅停車のほとんどは、北千住駅より東京メトロ日比谷線に直通する。 浅草駅に行くダイヤも一部あるが、数はすべての時間帯に渡って圧倒的に少ない。 各駅停車は、急行などの優等列車に比べて乗車率は低い。 駅ホームで積み残しが発生することは稀である。 ドア付近でも比較的空間に余裕があることが多い。 出典:www. youtube. 東武スカイツリーラインでの最混雑区間は小菅~北千住間だが、日比谷線内ではさらに混雑度が大きくなる。 都心方面へ向かう電車では、最初にまとまった数の乗客が降りていくのは上野駅である。 この駅までは、停車駅に着くたびに乗車率が上がっていく。 下りの各駅停車は、日比谷線からの乗客のほとんどが北千住駅で降りる。 乗ってくるのは東武スカイツリーラインの小さな駅で降りる人に限られる。 西新井駅より先では座れる機会が増えてくる。 混雑するにしても、短い区間のみとなっている。 他の路線の混雑状況 接続駅 路線 久喜 (・) 東武動物公園 東武日光線 春日部 新越谷 北千住 () 、、 <へ直通> 牛田 (京成関屋駅) 浅草 、 <押上> 都営浅草線、 <へ直通> >>.

次の

東武伊勢崎線

東武 スカイ ツリー ライン 運行 情報

WEB遅延証明書の発行について• 当証明書は、始発から午前10時と午前10時から午前0時頃までの時間帯別に発行いたします。 当証明書は、5分以上の遅れが発生した場合に発行し、10分単位に切り上げて発行いたします。 運行状況により随時遅延時分を更新いたしますが、ホームページ上の遅延時分は、現在の運行状況を表示するものではないため、実際の遅延時分とは異なることがあります。 当証明書の掲出期間は、当日から30日間といたします。 駅で発行している遅延証明書の遅延時分と、ホームページ上の遅延時分とは異なることがあります。 当証明書は、東武各線ごとに、人身事故等により多数にわたる列車で断続的に発生した遅延時分を証明するもので、個々の列車の最大遅延時分を証明するものではありません。 なお、各種トラブル等により個々の列車に遅延が発生した場合については、駅において遅延状況を確認のうえ遅延証明書を発行いたします。 当証明書は、お客様がご乗車されたことを証明するものではありません。 当証明書は、東武各線の遅延のみを証明するものであり、遅延によりお客さまに生じた損害などの賠償することを証明するものではありません。 当社が発行した東武線乗車券以外の乗車券、航空券、旅行券等の払いもどしについては、当該券面が効力を有する会社の規約・約款類によりますのでご注意ください。 ご利用のパソコン等の環境によっては、過去の画面が表示される場合があります。 その際は、ページの更新操作(F5キーを押下する等)をお願いいたします。 SPECIAL.

次の