ギャング スター パラダイス。 ギャングスターパラダイス全国大会

オリジナルカード一覧

ギャング スター パラダイス

選択肢が多い正体隠匿系 ギャングスターパラダイスは、人狼やレジスタンス:アヴァロンといった、いわゆる正体隠匿系のゲームです。 各自が自分の正体であるLIFE CARDを持っており、自分の味方を見極め、すみやかに敵を排除していきます。 勝利条件• ボスの座+5枚のギャングスターカードを集める• MONEYを7枚集める• KILLER HERO BEAUTY の3枚を集める これにプラスして、LIFE CARDにより特殊な勝利条件が加わります。 特殊な役割はなく、オーソドックスな陣営です。 同じ色同士が仲間となります。 BLACK LIFE RED LIFEとBLUE LIFEの計4人いる中の2人が死亡すれば勝利です。 また、自分のカードを公開することでアクション数が増えます。 GRAY LIFE BLACKの共謀者です。 BLACKが脱落すると、自動的に脱落します。 また、正体を見られても死亡します。 BLACKが勝利すると、自分も勝利します。 PUPLE LIFE REDかBLUEが勝つと、自分も勝ちとなります。 また、正体を見られると死亡します。 以上、計7枚のカードのうち、いずれかがゲーム開始時に配られます。 LIFE CARDは原則として、自分から公開することができません。 アクションの種類 カードの効果を使用する 手札のカードを使用します。 カードには公開するだけで使えるものと、場に捨てて使うものがあります。 カードの受け渡し 枚数や相手の人数などの制限なしで、カードの譲渡、交換ができます。 カードの購入 場にあるカードをその金額分のMONEY CARDを支払い購入します。 WEAPONの売却 WEAPON CARDを売り、その価値と同数のMONEY CARDを場から得ます。 場のシャッフル 場にあるカードと山札をすべて混ぜ、シャッフルし直します。 場には新たに5枚のカードが並びます。 カードドロー 2アクションを消費し、カードを引きます。 自分の手番では、まず山札からカードを引き、それから上記のうち、2アクションを行います。 ギャングスターパラダイスを遊んでみての感想 前々から面白そうだなと思っていたのですが、とうとう遊ぶことができました。 LIFE CARDをすべて使う7人プレイということもあり、非常に面白かったです。 上記のアクション以外にも、LIFE CARD以外のカードは自由に公開できたりするので、仲間同士でお互いのカードを見ながら相談することもできます。 武器をちらつかせ、相手からカードを奪うといったことも可能です。 また、他の正体隠匿系、人狼系との大きな違いは、自分の正体(LIFE CARD)を見られる可能性がかなりあるということです。 というのも、他のゲームと異なり、ギャングスターパラダイスではLIFE CARDも手札に入ります。 最初見たときに、なんで他のカードとデザインが同じなんだろうと思ったのですが、そういう訳だったんですね。 カードの中には、相手の手札を見る効果のものがいくつかあり、それにより正体がバレることがあります。 LIFE CARDの種類によっては、バレた段階で死んでしまいます。 これにより仲間を確実に見つけることができますし、もちろん嘘の正体を言って撹乱することもできます。 いや、お前こそがBLACKだろ。 といったやり取りも往々にして起こります。 面白いのはPURPLEの存在です。 正体がバレたら死亡するというリスクがあるものの、基本的に優勢な方につけばいいので、気が楽です。 赤と青の陣営がはっきりしてくると、PURPLEに構ってる暇がなくなってくるので、そのまま日和見主義でも勝てます。 今回の1回目では、赤と青の戦いを高みの見物していたPURPLEがそのままMONEYを集めて単独勝利していました。 また、死亡したプレイヤーにもターンが回ってきて、アクションすることができるのもめずらしいです。 手番終了時に手札をすべて破棄するという制限はあるものの、場をかき乱したり、どちらかの陣営に荷担することも可能です。 さらにGRAY以外ならば、勝利する可能すらあります。 従来の人狼系にありがちな、司会問題、脱落者問題がうまい具合にクリアされており、非常にユーザーフレンドリーなゲームだと思います。 ただし、やることがいろいろあるため、ある程度こういったゲームに慣れていた方が楽しめそうです。 とりあえずこれは自分でも購入しておきたいなと思います。

次の

交渉と恐喝のカードゲーム「ギャングスタ―パラダイス」新版の試作名刺版販売したい!

ギャング スター パラダイス

それではギャング団の派閥の説明を行ないます。 派閥のことはLIFEと表現します。 「RED LIFE」「BLUE LIFE」:普通の派閥の違うギャングの幹部です。 それぞれ2枚あります。 「BLACK LIFE」:裏切り者です。 ギャング団の壊滅を望んでいます。 「GRAY LIFE」:共謀者です。 裏切り者 BLACK と破滅の為に共謀しています。 BLACKが勝利した時に一緒に勝利します 生死は関係ありません しかし、BLACK以外の派閥のプレイヤーにLIFEを見られると死亡します。 「PUPLE LIFE」:臆病者です。 幹部なのに実は心が弱い人間です。 REDとBLUEが勝利した時に生きていれば、一緒に勝利します。 しかし、 LIFE を他者に見られると死亡してしまいます。 そのため、インストする方は1回目のプレイは勝敗は関係なく色々なことをやって、「あっ、そんなこともできるんだ!?」というように感じてもらいましょう。 詳細をご返信させていただきます!(数日お時間をいただく場合がございますが、必ずご返信させていただきます) イベントスケジュールは を ご確認ください! 勧誘・営業・ナンパ等、ゲームを楽しむ目的以外の方は参加をご遠慮ください.

次の

“脅す”カードゲーム『ギャンパラ』を全国展開したい!!

ギャング スター パラダイス

管理人がどんなことに対して、「気になって・言いたくなるのか」は「カテゴリ」や「プロフィール詳細」の「好きなもの」「嫌いなもの」をご覧ください。 ブログの特徴: だらだら続ける,ブーメラン発言連発,すぐ何かに影響される 【連絡先】 twitter、「プロフィール詳細」の「メール送信」よりどうぞ。 なるべく早めに返信・対処します。 【リンク】 このページはリンクフリーです。 現在相互リンク受付中です。 twitterかメールにてご連絡ください。 しかしながら、「人徳勝利」に必要な、この世に一つしかない、場に落ちていても買えないカード。 このカードを手にしたら、さながら「印籠」のようにその威光を利用して仲間候補から協力を仰いで、人徳勝利を目指すのがセオリーなのかなぁ。 スタートプレイヤー要求時を含め、序盤に公開(持っている発言)をすると弾丸を持っていないことを示唆することになるので注意。 持ってるアピールをすると良くも悪くもその人中心にゲームが回り出すと思うので、面倒ごとに巻き込まれたくなかったらずっと隠し持ってるか、いっそ機も見て捨ててしまうのも手か。 RED LIFE/BLUE LIFE「革新派/保守派」 いわゆる「普通の陣営」二つ。 が、序盤は裏切者探しの為に結託するのがセオリーか。 裏切者探しパートでのスタンスは「相手陣営に頑張ってもらって、自陣営は勝利条件を満たしに行きたい」「相手陣営1人までだったら死んでもOK」なのだが、それを双方が考えており、裏切者の漁夫の利になりかねない。 「裏切者に騙られた色」側の方が「裏切者探し担当」になってしまう感があって不利かと思われる。 が、裏切者が潜伏している場合はそちらの陣営は実質1人多い状態なので有利なのかもしれない。 裏切陣営だけならまだしも、赤陣営が青に、青陣営が赤に「潜入捜査」されたら、もうめちゃくちゃ。 同陣営同士の2人がライフの色をばっちり確認できれば固い絆で結ばれて、相手陣営も裏切陣営も倒せるんだけど、まあそう簡単には行かんよねぇ。 BLACK LIFE「裏切者」 裏切者のミソはやっぱり「いつライフカードを公開して、1ターン3回行動を利用するか」でしょう。 早すぎると集中砲火を浴び、3回行動でも足りずに死んでしまう。 遅すぎると、他陣営が先に上がってしまう。 また、裏切者勝利ではなく、ひっそりと裏切者だと悟られないうちに通常の勝利条件を満たすという勝ち方もできる。 ただ協力者(共謀者)がいないといずれにせよしんどいかなぁ。 GRAY LIFE「共謀者」 人狼でいうところの狂人ポジション(かつてのカード名は精神異常者だったしね)。 共謀者の仕事は「あたかも自分が裏切者であるかのようにふるまうこと」だと思う。 自分が死んでも勝利はできるけど、ご主人様(裏切者)が死んだら勝利できないからね。 ライフカードを落として死ぬ。 裏切者が死んで死ぬ。 ライフカードを見られて死ぬという、3パターンの死に方ができる唯一のライフ。 そういえば「裏切者が共謀者のライフを見たとき、見なかったふりをして生かしてもよいけれど、あえて殺して自分が裏切者でないことをアピールする」という戦術はアリなんだろうか? PURPLE LIFE「臆病者」 敵は1人か2人(裏切者・共謀者)で、残りは全員味方。 という考え方ができるライフカード。 そのうえ、裏切者の勝利条件には当てはまらないため、あまり命を狙われない。 裏切者陣営が死んだら基本的に勝確。 と、とにかく勝ちやすく死にづらいライフカード。 「そんなんで面白いか?」という意見もあるけど、経験者曰く赤青どっちに味方するか考えるのがめっちゃ面白いらしい。 あと、紫単独勝利は男のロマン。 よく共謀者と対の存在のように扱われるけど、こっちは死んだら勝利できない。 旧ルールだと「共謀者か臆病者のどちらかのライフを使う」というルールだったので「ゲーム開始時に共謀者がいないことを知っている」というアドバンテージが上述のアドバンテージに加えてあり、最強ライフだったような気がする。 あと、ルール上「ライフを見られたら死ぬ」だけど、「ライフを見たかどうか」は当人たち以外審判でもいないと分からないよねぇ。 MONEY「金」 ゲーム中に存在する金はプレイ人数+5枚。 金銭勝利を目指すなら金カードのカウンティングと山札から金が出る期待値の見積もりは大事。 自分が武器を買ったりスペシャリストカードを雇ったりするのに払ったコストは場に出て、それは誰もでも拾うことができるというのが、このゲームの「金は天下の回り物」を表した面白いところなのだが、あんまり金を場に出しすぎると、あっさり誰かに金銭勝利をされてしまうという難しさもある。 GANGSTER「ギャングスター(構成員)」 「身代わり」になり、「金」と交換することができ、人徳勝利の勝利条件になる、一枚三役のカード(だから3人?)。 ゲーム中に存在するカードは、金同様プレイ人数+5枚。 単純に必要な枚数が少ないので金銭勝利より人徳勝利の方が狙いやすい?まあ、結局はボスの座次第か。 BULLET「弾丸」 基本カード過ぎて書くことなくて困るカードその1。 ウェポンカードは売却することができるが、弾丸を売却した場合、 「俺は金を集めてるぞー!」 「俺は金銭勝利を目指してるぞー!」 「俺はもっといい弾丸(貫通弾等)を買うぞー!」 「俺は弾はいらないぞー!刀持ってるぞー!」 「俺は戦う気がないぞー!」 などの意思表示になるのではないでしょうか。 GUN「拳銃」 基本カード過ぎて書くことなくて困るカードその2。 ウェポンカードは売却することができるが、拳銃を売却した場合、 「俺は金を集めてるぞー!」 「俺は金銭勝利を目指してるぞー!」 「俺はもっといい武器(スナイパーライフル等)を買うぞー!」 「俺は他にもっといい武器持ってるぞー!(山札から引いたぞー!)」 「俺は戦う気がないぞー!」 「俺はボスの座を持ってるぞー!」 などの意思表示になるのではないでしょうか。

次の