シンガポール 入国 制限。 シンガポール、日本からの入国者も2週間外出禁止に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

シンガポールの入国規制(入国禁止)いつまで続く?日本からの渡航許可や再開はいつから?

シンガポール 入国 制限

シンガポールは中国との出入国制限を一部緩和したが、日本との渡航が再開する見通しは立っていない。 厳しい状況を前に、統括拠点としてのシンガポールの意義を問う声も出始めている。 JCCIとジェトロは2020年06月08日に調査を開始。 2020年06月09日午後4時までに241社の日系企業から回答を得た。 入国制限のため新規赴任・再入国ができなくなっている駐在員がいると回答した企業は、全体の4割に当たる96社。 赴任できていない駐在員は計190人、再入国できていない駐在員は計35人いた。 両者の帯同家族は計191人が入国できない状況となっている。 回答企業から寄せられたコメントをみると、2020年02~03月に出張や家庭の事情で一時出国した日本人が、滞在先の国や日本からシンガポールに戻れなくなっている例が多い。 2020年04月の異動シーズンで新規赴任を予定していたトップマネジメント層や役員クラスの人員がいる企業では、入国できずにいることで、業務上の意思決定に支障が出ている。 前任者の帰国後、後任者が赴任できず、現地で人員不足になっている事例もある。 」という声が多かった。 JCCIの清水僚介事務局長はNNAの取材に対し「回答企業は241社にとどまるが、JCCIの会員だけでも823者の日系法人・個人がある。 入国できずにいる駐在員の数は、もっと多いだろう」と語った。 シンガポールに住んでいる村上世彰も、出国したら、帰れなくなる。 「レオパレス21 LeoPalace21 」や東芝は、ほっとしていることだろう。 駐在員の赴任・再入国以外にも、入国規制の影響は及んでいる。 「シンガポールや周辺国での商談・その他の営業活動」に影響が出ていると回答した企業は186社と、全体の8割近くに上った。 「シンガポールや周辺国での取締役会・株主総会への出席」に影響が出ているとした企業も約3割あった。 日本だけでなく、ASEAN諸国との渡航が自由にできないことや、渡航後の長期にわたる隔離措置などの影響で移動コストが上昇する中、地域統括拠点としてのシンガポール拠点の在り方を見直す企業もでてきそうだという。 アンケートの自由回答には、「シンガポールに拠点を置く意味が薄れる。 」「販売拠点をタイなど他国へ移すことを検討する。 」「事業機能をシンガポールに集約していたが、各国に分散する方向性に関心がある。 」といった意見が寄せられた。 JCCIの清水事務局長は、シンガポールの日系企業について「周辺国や東南アジア全体を相手にビジネスを行っているところもある。 オンラインで代替できる業務が明確になる中、『本当にシンガポール拠点が必要か』と問い直す企業は出てくるだろう。 」と述べた。 国際的なZoomとテレワーク?も、お遊びなら良いが、たった数ヶ月で限界が明らかになってきている。 新型コロナの感染拡大防止策としてシンガポール政府は2020年03月下旬から、短期滞在目的の外国人の入国およびトランジット 乗り継ぎ を原則として禁止した。 労働ビザを保有する外国人についても、重要産業に従事する場合を除き、現在も入国を許可していない。 2020年06月08日からは中国の一部都市との渡航制限を緩和し、一定の条件を満たせばビジネスと公務での出入国を認めるようになった。 ただ同様の措置の導入について交渉を進めていることが明らかになっているのは、ニュージーランドとマレーシアの2カ国のみだという。 日本は対応が遅れた。 日本を含むその他の国・地域について、政府は先の会見で「優先度の高いところから、複数の国・地域と交渉中」とするのみで、詳細は公表しなかった。 日本は、優先度が高くないということか!怒れ!! 渡航制限緩和の交渉状況については、日本政府からも具体的な情報は得られなかった。 同様のことは、ロシアでも起こっている。 そういえば、ANAやJALは、他航空が参入すると、顧客確保が困難になり、減便している。 2020-06-07---マレーシア制限令が「回復期」に移行!入国禁止は08月末まで継続! 2020-05-22---マレーシアのコロナ対策制限令で、日本から駐在員など400人足止め! 2020-04-20---ANAホールディングス、2020年01〜3月期594億円の最終赤字。

次の

【3月24日更新】新型コロナで日本人はシンガポールに入国できない!? 旅行キャンセルしたくない方へ【現地の最新情報】

シンガポール 入国 制限

【6月25日更新】 6月25日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は4万2432名、死者は26名と報告されています(参照:WHO)。 22日、シンガポール航空(SIA)は、チャンギ空港で乗り継ぎ可能路線を拡大しました。 新たに乗り継ぎ可能となった路線は東京、大阪、ソウル、香港、上海、重慶、広州の各便の旅客を対象とした乗り継ぎです。 シンガポール航空と子会社のシルクエアー、傘下の格安航空会社(LCC)スクートを利用し、対象各都市からシンガポールを経由して他都市に向かう旅客に適用します。 ただし、出発地と最終目的地の両方がチャンギ空港での乗り継ぎを認めるリストに入っていることが条件です。 チャンギ空港では、6月1日まで新型コロナウイルス対策として乗り継ぎが禁止されていましたが、第1、3ターミナルに乗り継ぎ客専用の待機スペースが設置されたことを受けて、11日よりオーストラリア、ニュージーランドの複数路線に限り再開していました。 【6月16日更新】 6月16日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は4万604名、死者は26名と報告されています(参照:WHO)。 15日、シンガポール政府は新型コロナウイルス感染対策として実施している入国制限を、18日から一部緩和することを発表しました。 現在、シンガポールへの入国が許可されている外国人は、永住権保持者と長期滞在ビザの保有者ですが、入国時に義務付けられている専用施設での14日間の外出禁止措置を自宅などで実施することが認められます。 なお、専用施設以外での外出禁止措置が認められるのは、入国直前に日本を含む10ヶ国・地域に14日間以上連続で滞在していた人に限られます。 条件に当てはまらない場合は、引き続き専用施設での外出禁止措置となります。 また、外出禁止措置終了前にPCR検査の実施も義務付けられます。 専用施設での滞在費と検査費用は本人負担。 就労ビザの保有者には、引き続き入国前にシンガポールの人材開発省から事前承認を得ることが義務付けられます。 同日、シンガポール政府は、19日より3段階に分けて経済・社会活動の制限を解除する政策の第2期を開始することもあわせて公表しました。 ナイトクラブやカラオケ店、映画館を含む娯楽関連施設の一部を除き、レストランでの店内飲食や小売店など大半の事業が営業再開を認められます。 店内での飲食は、テーブル同士の距離を1m以上に保つことで営業再開が認められ、グループでの来店は最大5名までです。 アルコール類の販売と、お客様の飲酒は22時30分までで、飛まつ防止のため店内での音楽の生演奏、テレビやビデオの放映は禁止されます。 宗教的な会合は禁止が継続されるものの、友人同士による5名以内の集まりやグループ内で人同士の距離が1m未満になることは認められます。 営業を再開する事業者は、再開から2週間以内に政府の専用ポータルサイト「ゴービジネス」を通じて、勤務人数などの詳細を申告する必要があります。 引き続き企業には在宅勤務を求めています。 【6月10日更新】 6月10日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は3万8296名、死者は25名と報告されています(参照:WHO)。 3日、シンガポール政府は8日から中国との往来再開にあたり、入国条件の詳細を発表しました。 シンガポールが海外との往来を再開するのは、新型コロナウイルス感染の流行後初めてとなります。 まずは、政府機関が招待するビジネスや公務目的の出張申請を受け入れるということですが、招待者は出張者が予定通りに行動しているか監督する責任が生じます。 なお、入国後に出張者の新型コロナ感染が確認された場合、治療費は自己負担となります。 シンガポールは韓国やニュージーランドなどとも往来再開に向けた協議を進めていますが、これらの国々に関しても今回と同じ条件が適用される見込みです。 再び、国境を越えて新型コロナウイルスが感染拡大するのを防ぐための措置と思われます。 10日現在、日本政府はシンガポールとの往来再開に向けた協議を行っているか公表していないため、まだ時間はかかりそうですが、日本との往来が再開される際は、上記の条件が適用されるものとみられます。 【6月3日更新】 6月3日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は3万5292名、死者は24名と報告されています(参照:WHO)。 また、6月2日、シンガポール政府は第1段階となる規制緩和を実施しました。 国内における就業者の約3分の1が職場に復帰できるようになりましたが、社内の人員を減らすことを目的に引き続き在宅勤務を要請しています。 これを受けて、シンガポール内国歳入庁は在宅勤務により生じた経費を所得税申告の際に控除することを決めました。 控除対象となるのは、社員が会社から在宅勤務を要請された場合に生じた経費で、雇用者がこれらの経費負担をしていない場合に限り、来年の所得税申告の際、控除対象となります。 なお、第2段階の規制緩和後も飲食店は依然デリバリーやテイクアウトでの営業のみ許可されていて、店内での飲食は、ほぼ全ての経済活動が再開される第2段階から許可される模様です。 シンガポール政府は、第2段階への移行は早ければ6月末までに実施することを明かしています。 市中感染が抑えられていることにより、徐々に経済活動を再開しているシンガポールでは、シンガポール・チャンギ国際空港における国際線の乗り継ぎが6月2日から許可されています。 【5月27日更新】 5月27日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は3万1960名、死者は23名と報告されています(参照:WHO)。 26日、シンガポール政府は新型コロナウイルス感染拡大による経済対策の第4弾を発表しました。 売上が急激に減少している中小の小売店や失業者をメインに総額330億SGD(約2兆5,000億円)の支援を予定しています。 6月2日には約2ヶ月続いた外出規制が緩和される見込みですが、小売店の再開は限定し、引き続きレストランでの店内飲食は認めない方針です。 83円で計算 【5月22日更新】 5月22日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は2万9364名、死者は22名と報告されています(参照:WHO)。 19日、シンガポール保健省は新型コロナウイルス感染症の拡大防止策の一環として実施している出入国規制を、徐々に解除していく方針を示しました。 これを受けて、民間航空庁は6月2日よりチャンギ空港での乗り継ぎ規制を解除します。 現在は各国が手配するチャーター便で帰国する外国人のみ、同空港内での乗り継ぎが認められていますが、2日からは全ての旅行者が対象となります。 乗り継ぎ客には指定エリアで待機し、他の旅客と接触しないようにするとのことです。 空港スタッフは、乗り継ぎ客と接する際にマスクなど個人防護具の装着が義務付けられます。 なお、空港で実施している安全な距離を保つ措置、旅客とスタッフの体温検査などの既存措置も適用されます。 【5月20日更新】 5月20日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は2万8343名、死者は22名と報告されています(参照:WHO)。 19日、シンガポール政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止策である経済活動制限を6月2日から緩和すると発表しました。 規制は段階的に緩和され、第1弾は製造業や金融、情報通信などのサービス業の出勤が可能になります。 ただし、テレワークを推奨し、出社する場合は社会的距離の厳守、従業員や訪問者の出入りを記録するアプリの使用の義務付けなどが求められます。 また、学校は再開されますが、分散登校が条件です。 飲食店は引き続き持ち帰りと宅配のみで、第1弾の規制緩和後、4~6週間後を目処に第2波の広がりがないことを確認してから、小売店やスポーツジムなどとともに営業再開が認められる方針です。 映画館やバーなどの再開は、さらにその後となります。 外出制限については、食料品の買い物や運動、通勤を除きほとんど緩和されていません。 外出が必要な場合は、マスク着用の義務付けも続けられます。 【5月8日更新】 5月8日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は2万198名、死者は20名と報告されています(参照:WHO)。 新型コロナウイルスの感染拡大で、生活に必要不可欠な業種を除く外出制限が行われているシンガポールですが、政府は12日から一部の経済活動を再開すると発表しました。 外国人労働者の感染者数は増加しているものの、シンガポール人の感染者数は減少していることが背景にあります。 再開が認められるのは、全ての製造業や一部の小売業、理髪店などです。 また、19日からは、小中高それぞれの最終学年に限り登校を許可する方針を示しています。 ただし、食料雑貨を購入するための外出制限(家族を連れず1人で買い物することを義務付け)や、外出時のマスク着用の義務付け他、これらに違反した場合は罰金や禁固刑などを科すという厳しい措置は6月1日まで続けられます。 【4月22日更新】 4月22日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は8014名、死者は11名と報告されています(参照:WHO)。 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、感染者の追跡アプリをいち早く導入するなど、その取り組みが注目され、流行の抑え込みに関して世界から高く評価されていたシンガポールですが、20日、21日と連続で感染者数が1000人を超えています。 ほとんどが、3密に相当する狭い専用の寮に住む低賃金の外国人労働者です。 21日、まだまだ感染拡大の防止策を敷く必要があると判断し、首相は学校や医療機関などを除く職場の閉鎖を6月1日まで延長すると発表しました。 【4月13日更新】 4月13日現在、シンガポールの新型コロナウイルスの感染者は2299名、死者は8名と報告されています(参照:WHO)。 シンガポールでは11日の新規感染者が191名にのぼり、このうち約6割である119名の感染経路が不明でした。 これを受けて、シンガポール政府は危機感を強め、対策を強化しました。 12日から5月4日まで、スーパーやコンビニエンスストア、薬局、ショッピングモールを訪れる際に、買い物客はマスク着用が義務付けられます。 規則を守らない国民への罰則も強化しています。 4月7日から約1ヶ月間、国民の外出を原則禁止し、規則に従わない国民には警告書を出してきたが、依然、ルールを守らない国民が1日当たり数千人単位で出ているといいます。 そのため、12日からは違反者には300SGD(約2万2,884円)の罰金を科し、再犯者には起訴も辞さない方針です。 28円で計算 【4月6日更新】 4月6日現在、シンガポールでは新型コロナウイルスの感染者数が1189名となりました(参照:WHO)。 これまで、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えているとWHOからも高く評価されていたシンガポールですが、4月に入って以降、連日70人以上の感染者が確認されています。 これを受けてシンガポール政府は3日、新型コロナウイルス感染拡大のペースを減速させるため、制限を強化すると発表しました。 生活に不可欠なサービスと重要な業種を除き、職場の大半は7日から閉鎖、学校での授業は8日から完全な在宅学習となります。 合わせて、景気を支えるための追加刺激策も近日、公表することが発表されました。 【3月25日更新】 3月25日現在、シンガポールでは新型コロナウイルスの感染者数が507名となりました(参照:WHO)。 シンガポール政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるために、バーやディスコ、カラオケ店、映画館などの娯楽施設を4月末まで営業停止にすると発表しました。 学校は開校、オフィスは営業しますが、人と人との接触を避けるため、次のような措置が取られます。 ・学校や職場を除く場所での10人以上の集まりの禁止 ・会議やスポーツ大会、コンサートなどは規模に関係なく中止もしくは延期 ・礼拝など宗教上の集まりは禁止 なお、営業可能な施設に関しても、下記の対策が行われます。 3月19日現在、シンガポールでは新型コロナウイルスの 感染者数が313名(うち、退院117名)となりました。 シンガポール政府は感染経路の特定およびクラスターのディープクリーニングに尽力しており、発症者の感染源はおおむね特定されています。 政府はHPで 全ての感染者の住所、勤務地、立ち寄った場所などを公開しており、国民に対して積極的に情報公開・注意喚起をしています。 普段はたくさんの観光客で賑わう、マリーナベイ地区のマーライオン付近も閑散としている 発症者の早期特定にも努めており、コンドミニアムやオフィスビルなどに立ち入る際には、体温測定を実施しています。 また、シンガポール政府は新型コロナウイルス対策として、40億シンガポールドル(約3,000億円)の予算を確保しており、シンガポール国民と永住権保有者の給与補填、医療従事者への支援、減税措置、GST(日本の消費税に相当)の増税見送りなど、衛生管理面および経済面からさまざまな対策を講じています。 文化・スポーツ・娯楽イベントについては、250人以上の規模のものは中止あるいは延期を要請しています。 カジノや映画館、テーマパークなどの施設に対しては一度に入場できる人数を制限するように、飲食店やホーカー(屋台街)についても席を1m以上離すように要求しています。 これにより、一部の飲食店は休業に追い込まれたり、テーマパークは営業時間の短縮を実施したりしています。 また、毎日開催されていたマリーナベイサンズのショー(SPECTRA)は現在中止となっています。

次の

シンガポール・新型コロナウィルス情報|入国・ビジネス・旅行の制限

シンガポール 入国 制限

シンガポール政府は15日夜、新型コロナウイルスの感染対策として実施している入国制限について、18日から一部の規定を緩和すると発表した。 日本人の就労ビザ保有者についても、より多くが入国を許可されるようになる見通しだ。 入国後の完全外出禁止措置は継続し、新たにPCR検査の実施も義務付ける。 費用は本人負担とする。 17日午後11時59分以降は、入国・再入国するシンガポール人、永住権(PR)保持者、長期滞在ビザの保有者に対して義務付けている、14日間の完全に外出を禁止する自宅待機措置(SHN)を、自宅などで実施することを認める。 現在は、政府が用意する専用施設でのSHNを義務付けている。 政府施設以外でのSHNは、入国直前に日本、中国、香港、マカオ、韓国、台湾、ベトナム、ブルネイ、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかの国・地域で、14日間以上連続で滞在していた人を対象とする。 条件に当てはまらない人は、引き続き政府が指定する施設でのSHNを求める。 また全てのSHN対象者に対し、措置終了前にPCR検査を受けることを新たに求める。 長期滞在ビザの保有者が政府施設でSHNを行う場合の滞在費用と、PCR検査の費用は本人の負担とする。 就労ビザ保有者には引き続き、入国前に人材開発省から事前承認を得ることを義務付ける。 その他の外国人の入国は、一部の例外を除き認めない。 感染対策の閣僚級作業部会で共同議長を務めるローレンス・ウォン国家開発相は会見で、「専門職向けの就労ビザ(エンプロイメント・パス=EP)や家族ビザ(ディペンデント・パス=DP)の保有者が、国外で足止めされている例が多いことは承知している。 こうした人についても順次、入国許可を出す数を増やしていく」と説明した。

次の