恐竜博 混雑。 恐竜博2019開催時間みどころは?混雑状況、授乳室、子連れの注意点

【恐竜博2019】チケット、混雑状況、おすすめの過ごし方、グッズなどのまとめ

恐竜博 混雑

上野恐竜博に行ってきた感想「骨骨骨…もういいや」 恐竜博2019は、上野公園内にある国立科学博物館の企画展である。 夏の風物詩の感があり、毎年やっているような気がするが、実は直近だと2~4年に一度のペースでの開催であり、毎年開催されているわけではない。 展示内容としては、最新の恐竜研究の成果、化石、復元骨格などが紹介されている。 結論から言えば、 「恐竜博士」みたいなあだ名の少年であればオススメできるが、恐竜の図鑑やNHKの番組をたまに見る程度には恐竜好き、というレベルの子供にはそこまでオススメしない。 なぜか。 第一に、 想像よりスケールが小さい。 巨大恐竜の全身化石は数体あったが、いくつかに分かれた部屋に1体~数体配置されるのみで、たくさんの巨大化石に囲まれて圧倒される、という規模ではない。 第二に、 マニアックだからだ。 例えば、小さな足の化石が大層なケースに入って鎮座し「日本初公開!」と言われても、「はぁ、この骨そんな凄いの?」となってしまう。 第三に、 解説多め。 ビジュアルに訴えるというより、細々した説明を読まされる展示が多い。 第四に、 混雑がヒドい。 未就学児には厳しいレベルだ。 恐竜好きの息子を恐竜博に誘ったところ、「 行かない。 だって骨だけじゃつまらないし。 」と見事にフラれ、一人で行く羽目になったが、このような ニワカ恐竜好きが行ってもガッカリするだけなので、行かなくて正解であった。 そんなライトな恐竜好きには、化石の復元度の精密さとかはあまり関係なく、そこそこのクオリティの恐竜の等身大模型(化石模型じゃなくて、ちゃんと「肉」の部分もついた模型ね。 )が10数頭並んだ広場があれば十分なのだが、残念ながら恐竜博はそういうコンセプトではない。 ちなみに、恐竜博のチケットを購入すれば、 国立科学博物館の常設展にも入場できる。 そちらの方が圧倒的に展示ボリュームは大きい。 また、 100頭を超える動物の剥製がワンフロアに並ぶさまは一見の価値あり。 詳しくは、本記事の終わりのほうにリンクを貼っておく。 合わせて参照されたい。 混雑状況 上記のとおり、 夏休み期間だからか、平日だというのにかなりの混み具合だった。 土日なら言うまでもないだろう。 午前10時頃、チケット購入の待ち時間は10分程度だった。 館内はひどい所だと展示に人が列をなしている。 これでは、こらえ性の無い幼児には厳しいものがある。 なお、 混雑状況は「恐竜博 混雑」で検索すると専用Twitterが見られるのでそちらも参照されたい。 そちらを見ると、 土日だと15時でも混雑が続いているようだ。 繰り返すが、高額なチケット代を払い、混雑に耐えて見学できるほど恐竜(の骨だの最新の知見だの)が好きかどうか。 特に未就学の子連れの場合、事前に子供によく確認しておいた方が良い。 「骨ばかりだけど、すっごい混んでるけど、ホントに見たいの?」と。 スポンサードサーチ 所要時間 混雑もヒドイため、さらーっと流すように見学したところ、 30分と掛からず見学終了しました…。 チケット代を考えると、細かく解説なども読まないと損をした気になるが、 若干飽きかけているのと、混雑から避けたい気持ちが勝ってしまったという。 とほほ。 なお、SNSやネットの口コミ等を見るに、 子供と化石のツーショットを沢山撮るだとか、解説をしっかり読むだとか、そんなゆったりペースで見学した場合の滞在時間は、1~2時間程度、といったところだろう。 行き方 もっともメジャーな最寄り駅はJR上野駅。 「公園改札」より出て、上野公園へ。 最初の十字路を右に曲がって、 木々の生い茂る道を進めば、 ほどなく右手に国立科学博物館が見えて来る。 上野駅の改札を出てから5分たらずだ。 機関車の横を通って券売所へ。 恐竜博のチケットで、国立科学博物館の常設展示の見学も可能。 展示の様子 通路が狭い! 物凄い人だかりでこの時点で萎え気味…。 ふむふむ、何があるのだろう。 小さっ!!!…デイノニクスの実物化石、世界に一つしかないらしい。 躍動感あふれる3匹の小さな恐竜たち。 FF6とかでこんなのいたな。 骨っすね。 申し訳ないが、それ以外に感想が無い。 化石にロマンを感じない輩は恐竜博には行ってはいけない。 こまごまとした展示内容と解説に、この人だかり。 もういいかな…でも1,600円がもったいない…その辺の動物園とか水族館とかと比べて コスパが…とかブツブツ言う輩は大人しく上野動物園に行きなさい。 頭の骨。 どっかの骨。 (投げやり) タルボサウルス。 「アジアのティラノ」の異名を持つ。 「和製ロナウド」とかそんな感じ? デイノケイルス。 全身の復元骨格は世界初公開らしい。 全長11mで台座の上に乗っているため、かなり大きく見える。 生きてるのはこんなのらしい。 毛がフサフサ。 骨格展示も良いのだが、骨ばっかじゃなくて、この写真のような等身大復元見本を見てみたい。 現代の技術なら可能そうだが…。 解説はビッシリと書かれており、大人とか恐竜マニアな少年向け。 人並み程度に恐竜好きなニワカなガキはお呼びではない。 スポットライトを浴びる骨たち。 これぞホネホネロック。 4Kスーパーハイビジョンシアターという、フリーザ程度なら一ひねりで消せそうな大仰な名前のコーナー。 だが、 中で放映されている映像がNHKで見たことのある内容でコケそうになる。 1,600円の入館料を踏まえると、恐竜博オリジナル内容にして頂きたい。 土日ならともかく平日なのにこの混雑。 子供らの多くは骨のレプリカばっか見て本当に楽しいのだろうか? 「まぁ、夏は恐竜博に連れて行けば間違いないでしょ」という親の安易な考えで来てはいないだろうか。 そう思って「恐竜博 退屈」「恐竜博 つまらない」で検索しても、あまりヒットしない。 どうやら私が少数派のようだ。 ホントかよ。 悪い口コミがあまり見当たらない。 恐竜博をディスると消されるとか、そんな力学でも働いているのだろうか。 グッズコーナー【お約束】 さんざん恐竜の骨を見てきたと思ったら、最後にお約束のグッズコーナーが待ち構える。 小さな子供を連れていようものなら、骨の髄までカネを吸い上げられる。 親も骨だけになりそうです。 サラーっと流すように見学すると、サラーっと終わって 「あ、あれ?もう終わり?」となる。 費用 有料 飲食 館内での飲食はNG。 敷地内の屋外部や地球館の屋上「スカイデッキ」では持ち込み飲食可能だが、夏だと暑くて仕方が無い。 日本館の地下1階に飲食可のラウンジがあるので、持ち込みの場合はそちらが良いだろう。 外食の場合、上野駅周辺にはレストランがあるが、意外と定番ファミレスが駅周辺に無い。 そのため、 小さな子連れは事前リサーチをしていくつか候補の飲食店の目星をつけておくのが無難。

次の

「恐竜博2019」みどころ紹介 国立科学博物館[会期終了]

恐竜博 混雑

国立科学博物館の見どころは恐竜より剥製 1877年創立の歴史ある日本最大級の総合科学系博物館。 1万点以上の展示からなり、 マトモに見学すると1日では見切れない規模感である。 「日本列島の自然と私たち」がテーマの日本館と、「地球生命史と人類」がテーマの地球館という、 二つの建物からなる。 その名が示すとおり、 本施設は「博物館」であり、体験系展示物が豊富な「科学館」とは異なる。 特徴としては、• 大人の見学に耐える多種多様な展示と解説• 見るだけの展示物が多く、体験コーナーは規模のわりに少なめ• 周辺には上野公園、アメ横など観光スポットが集積• 周辺の外食にも困らない• 展示や建物の内装が洒落ている• 駅近なので他のスポットと合わせやすい こういった特徴のため、未就学児童~小学校低学年のチビッ子たちでも楽しめないことは無いが、いわゆる科学館で見られる「ハイテンション」な状況にはなりにくい。 子供も小学校高学年以上の年齢になれば、色々と興味を持って見学できると思う。 逆に、 大人のカップルのデートスポットとしてはオススメできる。 特に、1931年完成の日本館は、 西洋の博物館のような雰囲気を醸し出しており、「こんなに知的なボク」を演出してカノジョの点数を上げること請け合いである。 なお、常設展示でも恐竜の復元化石の展示があるものの、それよりも何よりも、 100頭を超す大量の動物の剥製がズラーッとワンフロアに並ぶ展示のほうがよっぽど個人的にインパクトがあった。 混雑状況 夏休み中の平日であったが、館内には余裕があった。 そもそも 館内が広いため、人が多くても分散し、「館内のどこに行っても人だらけ」という混み具合にはなりにくいと思われる。 ただし、それは常設展に限った話。 特別展については話が別で、同日に見学した恐竜博は親子連れでごった返していた。 \ 詳しくはコチラ / 国立科学博物館の様子を詳しくレポ! それでは、国立科学博物館の様子をもっと詳しく見ていこう。 行き方・周辺の様子 最寄り駅として、JR上野駅を利用。 迷路のように複雑怪奇な上野駅ではあるが、公園改札にさえ辿り着ければ、そこからのアクセスは容易である。 上野駅を背にして公園をまっすぐ進み、最初の十字路を右に曲がって進めば、右手に国立科学博物館上野本館が見える。 上野駅からはわずか5分ほど。 建物の傍にはシロナガスクジラの巨大復元模型が展示されている。 建物の前は木々がゆったりと植えられ、解放感のある公園スペース。 木々を抜けると噴水広場もある。 ではさっそく館内には何があるのか見て行こう。 地球館の見どころ【3階の剥製は必見】 とにかく広い。 地下3階から3階までと冗談みたく広い。 地下3階~ちょっぴり体験コーナー~ 地下3階の「自然のしくみを探る」フロアは、 本施設では珍しく、体験系展示物が散見される。 ただし、その多くが 「ボタンを押すと化学現象が起こる」類のもので、見た目は地味。 幼児向けではないだろう。 地下2階~骨とか、進化とか~ 「地球環境の変動と生物の進化」フロア。 いちいち展示がシャレオツである。 いかにも博物館な眺め。 原人の骨もこのようにお洒落仕様に。 マンモスの骨でできた家のレプリカ。 原子肉を食べたくなる佇まいだ。 地下1階~恐竜の骨格標本~ でました恐竜の骨ドーン! この日訪れた、お隣の特別展である恐竜博と比べると、ずいぶん人が少ない。 ただしフロアは狭い。 1階~地球の歴史とか、昆虫標本とか~ 地球の歴史のダイジェスト版みたいなフロア。 昆虫の標本も。 大型映像があったり、アクセスしやすい1階ということもあり、子連れが比較的多いフロアだ。 図鑑みたい。 骨格標本さえもどこかインテリアっぽく。 牛の胃腸。 長い!こりゃおなかを壊しても、ビオフェルミン2錠程度じゃどうにもならんゾ。 2階~科学技術とか~ 科学技術のフロア。 波を観察する装置など、体験系展示物が若干あるが、派手な動きや演出を好む幼児向きではない。 3階~大量の動物のはく製・大地を駆ける生命~ 個人的に国立科学博物館最大の見どころは3階と言いたい。 ワンフロアに100頭を超える剥製が大集合。 ハワイの実業家・狩猟家である故ワトソンT. こんなに大量の動物のはく製が一堂に会する場面は見たことがない。 草食動物もいれば、 肉食動物もいて、 鳥にいたるまで、 何と115体ものはく製が大集合。 101匹ワンちゃん大行進どころの騒ぎではない。 近寄って見ると、今にも動き出しそうだ。 ガラス張りの床もあり、 動物たちを色々な角度から見学できる。 はく製ゾーンの隣にはキッズコーナー「コンパス」がある。 未就学児対象ではあるが、土日だと事前にローソンチケットでチケットを買っておかねば入れない。 そこまでして来る必要性があるのか…幼児連れなら大人しくお隣の上野動物園に行けば良い気もする。 3階にはこのような線路に面した通路があり、 スカイツリーとともに上野駅を行き来する電車が見られる。 ただし通路は狭く、子供が電車好きだとしても、メイン目的で来るほどではない。 日本館の見どころ【西洋風な内装に注目】 国指定重要文化財の建物 日本館は地球館ほど広くはないが、見ごたえはある。 何といってもこの内装。 ネオルネサンス様式の内装は、何ともヨーロピアン。 階段も気品にあふれる。 実にエレガントな佇まいである。 ステンドグラスが美しい。 では、さっそく館内を見て行こう。 1階~自然観測の技術など~ 天文とか、 地球儀とか。 2階~日本人とか、日本の生き物とか、ハチ公とか~ 全館とおして落ち着いた雰囲気だ。 はく製とか 日本人の歴史とか。 「今日の収穫これだけかよ、使えねーな、この中に飛び込んでアンタも食材になりな」「ごめん母ちゃん…」 かかあ天下は弥生時代から続いていたようである。 狩りが不発に終わっても家族を食わせられるように、弥生時代の男どもは稲作を進化させていったという。 嘘です。 某通信会社のマスコット犬など目じゃない国民的人気犬である 「ハチ公」の剥製が、なぜか他の動物の剥製に混じって「その他大勢の一員」としてサラッと展示されている。 おかげでスルーしてしまい、お尻しか写ってない始末。 おい、国民的スターなんだからもっと大々的に展示しなさい! 3階~日本列島について~ フタバスズキリュウの復元骨格。 鈴木直氏が双葉地層から発見したのが名前の由来であるが、彼(彼女?)もまさか8500万年後に鈴木さんの名を冠するとは思ってもいなかったであろう。 日本の鉱物と、日本に落下した隕石。 石ころもこうやって並べられると美しい。 地学っぽい。 日本列島周辺の海にすむ生き物たち。 単品では地味目な魚なども、こうやって数が揃うと色とりどりで綺麗である。 まとめ&個人的おすすめ見学コース …はぁ、疲れた。 結論、感想としては、建物も展示物もキレイ目、けれど無理して全て回ると疲れる。 まずは地球館よりは短時間で回れる 日本館をサラッと見て、お次に地球館の3階の剥製群を見学、あとは使える時間と相談しつつ他のフロアをつまみ喰いでOK。 高架下部分にいたるまで怪しげな店舗がビッシリ。 \ 詳しくはコチラ / 合わせて読みたい 東京にいくつかある科学館を勝手に比較! 東京の科学館を独断と偏見でレビュー。 合わせてどうぞ。 子連れにせよデート目的にせよ、 2時間以上ぶっ通しで見学するのは現実的ではないので、ある程度フロア等を絞って見学するのが良い。 あ、地球館の3回の剥製大集合だけは必見。 1年で3回行って元が取れる。 ちなみに恐竜博などの特別展は年パスでは入れず別料金。 飲食 弁当持ち込みの場合、選択肢は3つある。 1 施設内の屋外部分 ベンチ等があるが、夏の暑い日だとシンドイものがある。 あとあまり落ち着かない。 2 地球館屋上「ハーブガーデン」「スカイデッキ」 地球館の屋上にはこのようにハーブガーデンが広がり そのお隣のスカイデッキにはテーブル・ベンチもある。 暑い日でなければここでお弁当でも良い。 ちなみにスカイデッキと言っても、そこまで眺望が良い訳ではない。 3 日本館地下1F「ラウンジ」 暑さや寒さをしのげる万能スペース。 その分、席の競争率は高い。 外食の場合は周辺にいくらでもレストランがあるが、選択肢が多いので事前リサーチが大切。 公式HP 地図.

次の

恐竜博2019xすみっコぐらし?チケット、混雑、内容をご紹介!

恐竜博 混雑

空いていればこんな風に写真が撮れます^^ 子連れで恐竜博へ行くなら少し余裕を持って、 ゆっくり見学したいですよね。 しかし、連日で混雑情報がツイートされているのを見ると、いつ行っても混雑しているように感じてしまいます…。 ここでは スムーズに見学するためのコツを3つ紹介します。 恐竜博のおすすめのチケット購入方法は? せっかく会場へ行っても、チケットがなければ一度チケット売り場に並ばなくてはいけなくなります。 そこで あらかじめチケットぴあなどで購入しておくとスムーズに進めます。 (私はセブンチケットで購入しました。 ) 2019年7月27日現在すでに販売終了してしまいましたが、2019年はファミリーセット(大人用2枚、小・中・高校生用2枚)で3400円(税込)がありました。 店内には恐竜をモチーフとした絵があちこちにあるので、お料理を待つ間お子さんと一緒に探してみるのも楽しいですよ。 レストランは10時半過ぎから混雑してきます。 私が行った日は、 カフェメニュー10時から、食事メニュー10時30分からでしたので、カフェの利用だけをしました。 10時過ぎの段階では待っている人は1組でしたが、 11時前に店を出るとたくさんの家族連れがいてびっくりしました。 カフェの利用で先に店内でお茶を飲んでいても、時間になると店員さんがテーブルを回って食事メニューの確認をしてくれました。 中で食事をする場合は、 カフェでお茶を飲みながら10時半まで待つ方が、子供も飽きずに食事をできるかもしれませんね。 恐竜パフェにはフルーツ・アイス・白玉などが入り、上に恐竜型にカットされたパンケーキが乗っています。 小さいのでお子様にもちょうど良いですね^^ まとめ.

次の