北斗天昇 評価。 北斗の拳 天昇の評価まとめ!リゼロの拳じゃねえかこれ!

北斗の拳 天昇 赤7揃い確率 恩恵 解析

北斗天昇 評価

5% 弱チェリー 50. 0% スイカ 50. 0% チャンス目 50. バトル当選後は前兆を経由してバトルへ発展し、下表を参照して勝利抽選を行う。 0% 弱チェリー 25. 0% スイカ 25. 0% チャンス目 50. 0% 強チェリー 50. 0% バトル当選時は最低でも20%で勝利! チャンス目・強チェリーならさらに期待度アップ! 0% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 強チェリー 100% 世紀末ZONE中及びバトル中に当選契機別に勝利書き換え抽選を行う。 なお、バトル前兆中も有効となる。 強ザコ時は基本的にカウントダウン2まで進むのがデフォルトとなっており、それ以前で止まれば全て勝利確定となる。 5% リプレイ 0. 勝利抽選は下表参照。 5% ー リプレイ 100% 100% 強敵絵柄1個 12. 5% 5. 0% 強敵絵柄2個 20. 0% 12. 5% 強敵絵柄3個 100% 100% 弱チェリー 12. 5% 12. 5% スイカ 12. 5% 12. 5% チャンス目 25. 0% 25. 0% 強チェリー 50. 0% 50. 0% バトル勝利抽選は初回のみ若干優遇されている。 リプレイ・強敵絵柄3個は発展時点で勝利確定! 0% スイカ 10. 0% チャンス目 15. 0% 強チェリー 100% 断末魔ZONE中及びバトル中に当選契機別に勝利書き換え抽選を行う。 なお、カウントダウン中でも有効となる。 断末魔ZONE中の敵別勝利期待度.

次の

北斗天昇とリゼロ打つならどっち?勝ちやすいオススメの口コミまとめ

北斗天昇 評価

野球の選手にもスランプはあります。 でもそのスランプに理由があればOKです。 ( 理由がないスランプは実力不足という) 長く活躍してる選手は 調子の良い時の形がわかっていて、 不調の時には修正することが 可能なのです。 これってスロにも言えることで、 長く勝っている人は勝ち方が分かっています。 勝てない時になってもそこに理由があれば、 修正することが可能です。 期待値の下ブレは・・・ 上向くのを待つしかないかな? 下ブレを抑えるためには、 より高い期待値の台を打つしかないのですが、 それが一番難しいか。 いい北斗が落ちてましたよ 6月実践の続きです この日は仕事帰りの実践になります。 ホール内を見廻ると 北斗天昇に1回目 409ゲームの台が ありました。 好きじゃないし 喜んでは打たないけど、仕方ないなー と、今日のグラフを見てみると これが綺麗な右肩上がり ここまでラッシュ6回 2スルーなし 1回目でも2度ラッシュに入ってるし、 6でもおかしくないぞ、コレ。 1戦目が700ゲーム超えなんで お次は早い当たりです。 200ゲームで 玉5つはがんばった 全部小役レベルに振り分けてほしいなー と思ってたら きれいなデキレでした。 うっしゃ! 設定があると簡単なんだね。 デキレの割にはまずまず出ました。 投資が 10Kなんでちょいプラ で、どうなんでしょ? 設定4でも7連続で ラッシュ行くもんなの? なにせ、北斗には経験値がないので 続行してみたいと思います。 設定が良いと面白いんだね 設定4か6か、どっちなんでしょう? ま、今どき北斗に6使わないと思うから 4だろうなーとは思ってるんですが、 4でもこれだけ良挙動するなら プロたちが我慢して打つのも納得です。 126ゲーム 断末魔のバトル中に 中チェひいて無理やり勝つ これは美味かったが初戦負け。 この連続ラッシュで 持ちコインは 1000枚ほどに。 ここで無理せずやめても良いけど、 初めて北斗を楽しいと思ったこの展開で ヤメれるようならスロ打ってねーし。 やっぱ4だよね。 納得しました。 時間も遅いのでここでヤメ 200枚交換して マイナス6K さすがにこの時期に6を望むのは 無理というものでした。 それでも設定4でもこれだけ挙動が よければ打てるんだなぁと 今さらながらに北斗を再評価。

次の

北斗の拳 天昇 設定差まとめ|解析 設定判別 設定示唆 モード移行率 断末魔 有利区間 終了画面

北斗天昇 評価

「北斗の拳 天昇」の筐体 液晶回りはこんな感じです。 「蒼天の拳 朋友」と同じでミニリールですね。 派手な役物等は無くてシンプルです。 下パネル・ボタン等こんな感じ。 コチラもとてもシンプルですね。 「北斗の拳 天昇」の簡単なゲーム性 純増6. 3枚のAT機です。 減少区間(引き戻しゾーン)が無い「リゼロ」のようなATとなっているのが売りですね。 AT当選までは• 「世紀末ポイント1000pt到達」「ゲーム数到達(100G毎)」からCZに当選• CZから「激闘BONUS(バトル)」に当選• 激闘BONUSから「 真・天昇RUSH AT 」当選 という流れになっています。 「北斗の拳 天昇」の初打ち感想・評価 通常時は 左カウンターのゲーム数到達時の一部(主に100G毎)と 左カウンターの「世紀末POINT1000pt」到達のタイミングでCZ当選します。 ゲーム数到達時は 「断末魔ゾーン」に突入。 「世紀末POINT1000pt」到達時は 「世紀末ゾーン」に突入する仕組みとなっています。 どちらのゾーンも「対戦相手」出現の抽選をしていて 対戦相手に勝利で激闘BONUS(バトル)に突入となります。 伝統の「北斗シリーズ」とは違うゲーム性 北斗新伝説・北斗修羅のようないわゆる「北斗シリーズ」とはゲーム性が全く異なります。 中段チェリーを引いても「ポイント特化ゾーン」と「昇舞魂(しょうぶだま)獲得」が確定するだけです。 「レア役でモードを上げて中段チェリーで刺す」というゲーム性では無いので注意ですね。 液晶左の「世紀末POINT」はレア役・リプレイで貯まります。 それ以外に 主にレア役から突入する七星CHARGEというのも有ります。 名称から何となく想像付くと思いますが まんま「小宇宙チャージ」ですw このパクリは流石にダサすぎじゃ無いですかね・・・ AT突入を賭けた「激闘BONUS」は 通常時に貯めた「昇舞魂(しょうぶだま)」で継続率をアップさせて バトルに3連続勝利したらAT確定となります。 コレはリゼロそっくりですね。 「リゼロが流行ったから後追いした」という感じなのかな? 往年の北斗シリーズを継承したゲーム性にして欲しかったですね。 ATはSTのようなゲーム性 AT中のゲーム性は 「ROUNDパート」で保留球(的なもの)を昇格させて 転生ZONE(引き戻しパート)にてその保留球で「継続抽選」をする仕組みです。 もう一つ「世紀末モード」というのが有って「対戦相手を決めてバトル勝敗で告知」というゲーム性です。 まとめ リゼロ・星矢SPに良く似たゲーム性でした。 流石にこのゲーム性はもう飽きてきましたね。 ATはかなり良かったので「通常時を北斗シリーズ」のゲーム性にして新台を出して欲しいですね。

次の