顔 が 痒い 赤い。 我慢できない顔の湿疹やかゆみの原因って何?化粧かぶれや皮膚炎の対処法

皮膚がボコボコでかゆみの原因とは?

顔 が 痒い 赤い

目次 顔にかゆみが出る湿疹の種類 湿疹にはいろいろな種類がありますが、顔にできやすいものでは、次の3種類があります。 化粧かぶれを含む、接触性皮膚炎• 脂漏性皮膚炎• アレルギー(アトピーを含む) それぞれ症状と対処法が違うので、順に見ていきましょう。 化粧かぶれは、接触性皮膚炎の1つなのですが、原因や対処法が特殊で、女性は特に陥りやすいものですから、一番最初にご説明しますね。 化粧かぶれ|肌のピリピリ感やニキビの増加 女性の顔のかゆみと言うと、よくあるのが化粧かぶれです。 そのままにしておくと色素沈着を起こし、跡が残ってしまうこともあります。 化粧かぶれの症状 いつもと違うピリピリした感じや、突然ニキビが増えるなどが特徴的です。 肌の調子が悪くなり、いつもの化粧品を塗っただけでもピリピリする。 乾燥し、化粧ノリが悪くなる。 赤みが出る。 赤くはれる。 ニキビができる。 化粧かぶれの主な原因 新しい化粧品だけでなく、普段使っているものでもかぶれを起こす事があります。 化粧かぶれが起きる原因を3つに分けてみました。 原因1.新しい化粧品が肌に合わない 化粧品に含まれているどの成分が原因なのかを知っておくのも大切です。 知らないと、同じような化粧品を購入してしまって化粧かぶれを繰り返してしまいます。 よくあるのは、アルコール、保存料、香料、油分などです。 原因2. 紫外線 いつもの通りのメイクやスキンケアなのに、紫外線の刺激が化粧品に反応し、急にかぶれが発生することがあります。 スキーや運動会、屋外でのスポーツ観戦など、多少の予防はしていても、思いがけず長時間紫外線を浴びてしまい、紫外線対策が間に合わなかったというような時に起こりやすくなります。 原因3.その他 睡眠不足、季節の変わり目、空気の乾燥、生理前のホルモンバランスの崩れ、洗顔のしすぎ、食生活の偏り、ストレス、などによって、肌のバリア機能が低下し、いつもの化粧品なのにかぶれが生じます。 状態が悪い時は、インスタント食品、スナック菓子、コーラなどは控えましょう。 ひどい時は、コーヒーや紅茶なども刺激物になります。 化粧かぶれが起きた時の対処法 対処法としては、すぐに治まりそうであれば、自宅で1週間くらい様子を見るのも良いですが、ひどくなると治療に時間がかかってしまうので、早めに皮膚科を受診することをオススメします。 皮膚科と言っても、できれば大きな病院で、アレルギー科があるところがおすすめです。 かゆみや湿疹の原因を調べずに、 ステロイド剤を出すだけの皮膚科は避けたほうが良いでしょう。 化粧かぶれの治療は、その原因が、そのほかの湿疹を起こす病気やアトピーでないかどうかを視野に入れて、本当に化粧品が原因かどうかを確かめるところから始めます。 <皮膚科でおこなわれる治療とは?>• 治療中は化粧品の使用は中断します。 数日待って症状が治まるかどうか確認します。 化粧をしてみて症状が出るかどうか確認します。 再度症状が出た場合は、パッチテストで原因となる化粧品を特定します。 化粧品の使用をやめると悪化はとまりますが、かぶれが治るのには時間がかかります。 放っておくと色素沈着を招くので、短期間で症状を治すためにはステロイド剤も使われます。 短期間であれば怖い薬ではないので、正しい用法で使用し、早くきれいな肌に治しましょう。 化粧品以外のもので起きる接触性皮膚炎 接触性皮膚炎は、一般的に「かぶれ」と言われている、急性の皮膚炎です。 皮膚に直接触れたものが原因で起こります。 原因となるものは何でもあり、有名なものでは、うるし、金属、などがありますが、それ以外でも起こる可能性は広くあります。 接触性皮膚炎代表的な症状 一般的な症状は次のようになります。 顔がピリピリする• 赤くはれる• 湿疹やニキビができる 接触性皮膚炎によるかぶれの原因 かぶれを引き起こす原因は多岐にわたります。 衣料品• 洗剤やシャンプー• 草花(うるし、ぎんなんなど)• 消臭剤、防虫剤、接着剤• 湿布薬、絆創膏• 毛虫、昆虫• 日光 接触性皮膚炎の種類 接触性皮膚炎は、大きく3種類に分けられます。 1)刺激性接触性皮膚炎 症状は、かゆみがあり、じゅくじゅくして赤く盛り上がった湿疹が出ます。 進行すると、水泡ができてかさぶたになります。 痛みをともなうこともあります。 接触してすぐに出る場合と、弱い刺激を繰り返し受けることで症状が出る場合があり、遅くても翌日には症状が出ます。 2)アレルギー性接触性皮膚炎 症状は、小さな吹き出物が赤く炎症を起こし、かゆみが強く出ます。 1日で症状が出る人もいれば、1週間くらい経ってから出る人もいます。 詳しくは、後述するアレルギーの項目で解説します。 3)光接触性皮膚炎 日光だけで起こる場合と、肌についている日焼け止めや香水などが日光に反応して起こる場合があります。 別名日光アレルギーとも呼ばれます。 赤く盛り上がった湿疹、水泡などが出て、かゆみをともないます。 湿疹ができた後、黒いシミになりやすいのも特徴です。 接触性皮膚炎で湿疹ができた時の対処法 接触性皮膚炎の原因はさまざまなので、特定できないことも多くあります。 ですが原因物質に心当たりがあり、手近にあった場合は、自宅でも対処できます。 その為に、パッチテストの知識を持っておくと便利です。 光接触性皮膚炎の場合は、皮膚科で紫外線照射を組み合わせた光パッチテストを行うことができます。 原因が明らかで、すぐに原因を取り除ける場合は、1週間程度自宅で様子を見ても良いでしょう。 ただし、かぶれの治りが遅く、症状が悪化する場合は、早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受け、原因も特定した方が良いですね。 自分にあった化粧品がわかるパッチテストのやり方 パッチテストは、自分と化粧品の相性を調べるものです。 普段から新しい化粧品を使う前にしておくと、自分に合う成分、合わない成分も見えてくるので、お肌が弱い人には、事前に行う習慣をつけることをオススメします。 パッチテストは自宅で簡単にできますよ。 自宅でのパッチテスト方法• 1㎝程度の大きさのガーゼもしくはコットンを用意します。 化粧品を浸み込ませます。 二の腕の内側のやわらかい部分に貼ります。 紙テープや絆創膏で貼り付けましょう。 24時間~72時間そのままにしておきます。 かゆみが出た場合はすぐに中止しましょう。 はずしてみて、赤みや湿疹が出た場合は、その化粧品の使用は控えましょう。 また、パッチテストはクリアしても、実際に顔に塗ると症状が出ることがあります。 その場合は、結果が大丈夫だったからと無理に使い続けず、化粧品などの使用は一旦やめましょう。 脂漏性皮膚炎|Tゾーンや鼻など皮脂が多い部位にできやすい 脂漏性皮膚炎は、脂漏性湿疹とも呼ばれ、生後間もない赤ちゃんがかかる病気としてよく知られています。 赤ちゃんの場合はしばらくすると自然に治りますが、大人がかかるとやっかいです。 脂漏性皮膚炎の症状 症状は、顔の中でも、額、眉間などのTゾーンと鼻周辺の頬などの脂漏部位に出ます。 脂っぽくなり、テカリがあり、ざらついたり赤みが出たりします。 湿疹は小さいものからニキビのような大きめのものまで。 フケやかさぶたのようなものが付着するのも特徴です。 脂漏性皮膚炎の原因 大人がかかる脂漏性皮膚炎の原因は、常在菌のマラセチア真菌です。 マラセチアは、カビの一種で、誰の肌にもついている細菌なんですよ。 普段は問題ありませんが、皮脂が過剰に分泌されると、マラセチアが活発になります。 マラセチアは皮脂を好み、皮脂に含まれている中性脂肪を分解します。 そこから皮膚への刺激が強く、かぶれを生じさせる遊離脂肪酸が生成されるのです。 脂漏性皮膚炎の原因は、マラセチア菌がある肌に皮脂が過剰分泌されて起こるので、脂性肌(オイリー肌)の人がかかりやすくなっています。 脂漏性皮膚炎の対処法 脂漏性皮膚炎にかかったら、まずは皮膚科を受診しましょう。 症状を見て脂漏性皮膚炎と診断されたら、適切な処置を受けられるはずです。 皮膚科では、原因菌マラセチアにはたらくケトコナゾール、イトラコナゾールなどの抗真菌薬が処方されます。 皮膚炎の炎症が広がっている部位に関しては、炎症を止めるために、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の塗布、抗生物質の塗布と服用を行います。 かゆみには、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を用います。 また、ビタミンB群およびビタミンCを服用することもあります。 治療には、時間がかかります。 かさぶたがなくなり、きれいな肌に戻るのに、数週間かかるのが普通です。 早めにかゆみを抑え、後は、かさぶたを無理に取らずに、ゆっくりじっくり治すつもりでストレスをためずに快方を待ちましょう。 脂漏性皮膚炎用の市販薬 抗ヒスタミン系外用薬(塗り薬) 塩酸ジフェンヒドラミンを有効成分とする外用薬は一般的なので、軽い場合は、このような市販薬でも間に合うことがあります。 外用ステロイド 病院で処方されるものほど効果は高くありませんが、穏やかに効くものが販売されています。 抗真菌剤を含む洗顔石けん 専用の漢方薬 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 湿疹全般によく効きます。 空腹時に1日3回服用すると、翌日には快方に向かい始めます。 日頃から常備しておくと、虫さされ跡がひどくなった場合や、蕁麻疹などにも効果があり、家族で使えます。 黄蓮解毒湯(おうれんげどくとう) 赤みの強い脂漏性皮膚炎に用いられ、十味敗毒湯と合わせて処方されることもあります。 自宅でできる脂漏性皮膚炎予防法 症状が出てからはもちろんですが、脂性肌で脂漏性皮膚炎になりやすい人は、日頃から生活習慣に注意すると、予防につながります。 脂肪の多い食事を避ける。 脂肪が多い食事をしていると、皮脂の分泌は自然に多くなります。 できるだけ油分をカットするように心がけましょう。 紫外線を避ける 炎症は、紫外線を浴びると悪化します。 また、紫外線の影響で肌が乾燥し、それを補うために皮脂が分泌されやすくなります。 できるだけ日光を直接浴びないように注意しましょう。 ビタミンB群およびビタミンC ビタミンB群は、肌を健康に保ち、皮脂バランスを正常に整えるはたらきがあります。 また、ビタミンCは、角質層の保湿に効果的で、皮脂の過剰分泌を防ぐはたらきもあります。 食事やビタミン剤で、ビタミンB群(とくにB2,B6)とビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。 洗顔の仕方を変える 抗菌剤の入った石けんを処方される場合もありますが、それを使っても効き目が表れない時は、洗顔を見直してみましょう。 脂漏性皮膚炎は、肌の皮脂バランスが崩れることから起こります。 ですから、皮脂が残っていたり、逆に取りすぎて分泌をうながしてしまったりすると悪影響です。 メイクをする女性には向かないかもしれませんが、水洗顔も効果があります。 洗顔石けんを使わず、ぬるま湯だけで顔を洗います。 そのほうが、石けんの脂分が残ってしまうトラブルを避けられますし、必要な皮脂を落としすぎず、乾燥による過剰な皮脂分泌を招かずに済むわけですね。 ぬるま湯の温度や洗い方など、コツが必要ですが、慣れてくると自分の肌の状態に合わせて加減しながら洗顔できるので、良いコンディションを保つことができます。 どうしてもお肌の状態が改善しない場合には、思い切って水洗顔にトライしてみて下さい! 睡眠不足やストレスを避ける 当然と言えばそうなのですが、睡眠不足やストレスは、お肌の調子にテキメンですよね。 薬を塗ったり服用したりするのも効果的ですが、その前に十分な睡眠を摂り、ストレスをためないようにしましょう。 それだけでも薬の効き目が違ってくるものです。 アレルギーによる顔の湿疹やかゆみ アレルギーは、免疫反応の異常と、皮膚のバリア機能の低下が原因になります。 免疫反応とは、異物や刺激に反応して防御しようとするはたらきです。 毒性が強いものに触れて湿疹ができるのは、正常な免疫反応なのですが、反応が過剰になると、ちょっとした刺激に大きく反応し、湿疹や皮膚炎を発症します。 一方、アレルギー体質ではなくても、年齢による肌質の変化、空気の乾燥、ストレスなどによりバリア機能が低下している人は、荒れた肌に刺激を受けるとちょっとしたことで湿疹や皮膚炎が生じます。 これもアレルギーに含まれます。 アレルギーによるかゆみの原因 アレルギーを引き起こす原因物質は多岐にわたり、食べ物、顔ダニ、金属、花粉、ハウスダスト、乾燥、日光(紫外線)など何でも原因になります。 蕁麻疹(じんましん) 蕁麻疹もアレルギーの1つですが、原因物質に触れて間もなく症状が強く出て、数時間から数日の短期間で自然に治まるのが特徴です。 ただし、かゆみが強いので、掻き壊してしまう前に皮膚科を受診し、効き目のある内服薬を処方してもらうと良いでしょう。 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、顔にも発症し、強いかゆみと赤みをともなう湿疹を生じますが、これもアレルギーの1つです。 原因物質を特定して取り除き、外用薬と内服薬を両方用いて治療します。 金属アレルギー 金属アレルギーは、女性だったらいちどは聞いたことがあるのではないでしょうか。 ご自分や身近な人に症状が出ているという人もいるでしょう。 金属アレルギーは、かぶれて強いかゆみをともなう湿疹が生じます。 肌に接触しているアクセサリーなどの金属に、汗などが付着し、金属が溶け出してイオン化すると、体内に入り込みます。 そこに再び金属が触れると、かゆみや湿疹が生じるのです。 慢性化してしまうと治療が困難になっていきます。 また、金属アレルギーには、接触した部位に症状が出るばあいのほかに、全身型のアレルギーもあります。 その場合は、歯の治療に用いられる金属、薬や食品に含まれる金属が体内に入り、汗として分泌される時に起こります。 症状が出るのは、手のひらや足の裏が多くなっています。 原因となる金属は、ニッケル、コバルト、水銀、クロムなどです。 金、銀、プラチナ、チタンなどは安全性が高いので、ピアスを始めとしてアクセサリーの素材は安全なものを選びましょう。 いちど金属アレルギーを発症すると治療は難しく、進行すると小銭や鍵も持てなくなってしまうので、若いうちから扱う素材に注意した方が良いでしょう。 まとめ 以上、さまざまな顔のかゆみと湿疹についてご紹介してきました。 全般的に言えることは、どんな湿疹も、体調の悪い時に起こりやすいものです。 ですから、睡眠や食生活に注意し、ストレスをためない生活をすることが大切です。 普段から暴飲暴食、睡眠不足などを避けるようにするだけでも予防になるでしょう。 また、接触性皮膚炎でご紹介したパッチテスト、脂漏性皮膚炎でご紹介した市販薬や漢方薬、自宅でできる予防法などは、湿疹とかゆみ全般に当てはまることでもあります。 顔のかゆみや湿疹は気になりますよね。 放っておいて悪化させては後がたいへんなので、早めに対処し、きれいな肌を取り戻しましょう。 \ SNSでシェアしよう! / ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの 注目記事を受け取ろう•

次の

顔がかゆいのはカビが原因かも!?顔カビが引き起こす症状

顔 が 痒い 赤い

かゆみが起こるメカニズム 皮膚に痒みが起こる詳しい仕組みは、医学的にはっきりと分かっていませんが、痒みの原因の1つとして、皮膚に存在する肥満細胞から分泌される「ヒスタミン」が、痒みを引き起こしているのではないかと考えられています。 ヒスタミンが分泌されることにより知覚神経を通って、痒い・痛いという情報が脳に届きます。 すると、その刺激が神経の末端にも伝わり、神経ペプチドと呼ばれる神経伝達物質が放出されます。 この神経ペプチドが肥満細胞を刺激して、さらにヒスタミンが分泌されるのです。 Sponsored Links 顔がかゆい!乾燥が原因 皮膚の乾燥も痒みの原因の1つと考えられています。 正常な皮膚の表面には、適度な水分と油分(皮脂)あり、外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能が保たれた状態です。 しかし、ドライスキン(乾燥肌)では、皮膚の表皮から水分と油分が失われているため、外部からの刺激に対して無防備な状態になっているのです。 そのため、外からのちょっとした刺激によって、過敏に反応し、かゆみ物質のヒスタミンが分泌されてします。 顔がかゆい!顔ダニが原因 顔ダニと呼ばれる人間の毛穴に棲息するダニが、顔がかゆい原因になっている場合があります。 まつ毛に棲みつくダニは、まつ毛ダニとも言われ、ニキビの内側に棲みつくダニは、ニキビダニとも言われますが、学名は「デモデクス」と言います。 顔ダニの大きさは0. 1~0. 4mmほどで肉眼では見えません。 成人の97%以上に棲息していると言われています。 皮脂や細胞をエサとしています。 デモデクスは、体のどこにでも棲息していますが、特に皮脂の分泌が多い顔や頭に多く棲みついています。 そのため毛穴が赤い肌荒れを引き起こす場合もあります。 顔ダニは、皮脂だけでなく、皮膚の細胞や栄養分まで食べてしまうので、栄養素を失った肌は乾燥していまい、肌の老化の原因や抜け毛を招くこともあります。 季節の変わり目に顔がかゆい! 春夏秋冬、季節の変わり目には、肌は影響を受けやすく、特に、夏から秋、冬から春の変わり目には、気温の変化から顔がかゆいとった状態が起こりやすくなります。 気温の変化や花粉の影響はもちろんですが、春には新生活を始める人も多く、慣れない環境からストレスを抱え、自律神経のバランスが崩れてしまう場合もあります。 顔がかゆい原因は更年期障害 更年期になると、肌の乾燥し顔がかゆい・赤い肌荒れなどが多くなります。 この症状は、加齢により肌の代謝が衰えていることに加え、更年期により女性ホルモンの分泌が急激に減少していることが原因です。 更年期になり、女性ホルモンのバランスが崩れると、皮膚の表面の覆う皮脂の分泌量が低下します。 そのため、肌は乾燥しやすくなり、外部からのバリア機能が衰えてしまいます。 バリア機能を失った肌は、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまい、赤い肌荒れになったり、顔がかゆい症状が現れていきます。 肌トラブルを防ぐための基本は、保湿して皮膚のバリア機能をサポートすることです。 また、良質な睡眠や入浴で、自律神経のバランスを整えることも大切です。 ほてり・汗・イライラなど、更年期のお悩みをサポートするサプリメントはこちらです。 Sponsored Links おすすめの記事 Sponsored Links 関連する記事.

次の

皮膚がボコボコでかゆみの原因とは?

顔 が 痒い 赤い

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の