國學院 大學 栃木 高校。 國學院大學栃木高等学校サッカー部

國學院大學栃木高校(栃木県)の情報(偏差値・口コミなど)

國學院 大學 栃木 高校

>國學院大學栃木高等学校出身の有名人 このサイトに登録されている有名人の数:56,659人 このサイトに登録されている「國學院大學栃木高等学校」出身の有名人の数:39人 スポンサーリンク 國學院大學栃木高等学校の出身者 1 尾又寛汰 尾又 寛汰(おまた かんた、1994年11月2日 - )は、2017年現在トップチャレンジリーグホンダヒートに所属するラグビー選手。 2 石川恋 栃木市の出身 武蔵野大学へ進学 石川 恋(いしかわ れん、1993年7月18日 - )は、日本のモデル・グラビアモデル。 3 田村熙 明治大学へ進学 田村 熙(たむら ひかる、1993年9月12日 - )は、日本のラグビー選手。 4 田村優 岡崎市の出身 明治大学へ進学 田村 優(たむら ゆう、1989年1月9日 - )は、キヤノンイーグルス所属のラグビー選手。 5 大島佐利 栃木市の出身 早稲田大学へ進学 大島 佐利(おおしま さとし、1988年1月1日 - )は、2016年現在トップリーグサントリーサンゴリアスに所属するラグビー選手。 6 関李香 関 李香(せき りか、女性、1987年12月17日 - )は、日本のバレーボール選手。 栃木県宇都宮市出身。 ニックネームはナル。 Vプレミアリーグの岡山シーガルズに所属していた。 7 石田小枝 真岡市の出身 嘉悦大学へ進学 石田 小枝(いしだ さえ、女性、1987年2月13日 - )は、日本のバレーボール選手である。 ニックネームはサエ。 現在Vプレミアリーグの日立リヴァーレに所属していた。 8 河合航 河合 航(かわい わたる、1987年6月30日 - )は、2016年現在ジャパンラグビートップリーグの豊田自動織機シャトルズに所属するラグビー選手。 9 武井択也 栃木市の出身 流通経済大学へ進学 武井 択也(たけい たくや、1986年1月25日 - )は、栃木県栃木市出身のプロサッカー選手。 Jリーグ・松本山雅FC所属。 ポジションはミッドフィールダー(ボランチ)。 10 岩爪航 法政大学へ進学 岩爪 航(いわつめ わたる、1985年4月8日 - )は、2016年現在トップリーグクボタスピアーズに所属するラグビー選手。 11 福田舞 鹿沼市の出身 嘉悦大学へ進学 福田 舞(ふくだ まい、女性、1984年1月30日 - )は、日本の元バレーボール選手。 ニックネームはマイ。 12 小松学 法政大学へ進学 小松 学(こまつ まなぶ、1983年5月27日 - )は、2016年現在トップイーストリーグ1部の三菱重工相模原ダイナボアーズに所属するラグビー選手。 13 手塚洋成 日本大学へ進学 手塚 洋成(てづか ひろしげ、1982年11月23日 - )は、日本のラグビー選手。 14 岩上篤史 明治大学へ進学 岩上 篤史(いわかみ あつし、1981年2月12日 - )は、日本のラグビー選手。 2016年現在トップリーグクボタスピアーズのチーム統括を務めている。 15 岡野知子 筑西市の出身 嘉悦大学へ進学 岡野 知子(おかの ともこ、女性、1979年8月29日 - )は、日本の元バレーボール選手。 茨城県下館市(現・筑西市)出身。 ニックネームはトモ。 16 小関竜也 佐野市の出身 小関 竜也(おぜき たつや、1976年7月24日 - )は、栃木県佐野市出身の元プロ野球選手(外野手)、プロ野球コーチ、野球解説者。 17 渡辺俊介 栃木市の出身 國學院大學へ進学 渡辺 俊介(わたなべ しゅんすけ、本名:渡邊 俊介(読み同じ)、1976年8月27日 - )は、栃木県下都賀郡都賀町(現:栃木市)出身の元プロ野球選手(投手)。 世界一低いと言われるアンダースローが特徴で、通称は「ミスターサブマリン」。 18 和田薫 和田 薫(わだ かおる、1965年4月8日 - )は、芸能事務所ハーモニープロモーションの代表取締役社長兼マネージャー。 大阪府出身。 血液型B型。 19 栗原英雄 壬生町の出身 栗原 英雄(くりはら ひでお、1965年7月4日 - )は日本の俳優。 栃木県下都賀郡壬生町出身[1]。 株式会社レ・ブリアン(Les Brillants)所属。 21 中野佐資 栃木市の出身 中野 佐資(なかの さとる、1963年1月7日 - )は、阪神タイガースに所属したプロ野球選手。 左投げ左打ち。 ポジションは外野手。 22 星善博 日光市の出身 國學院大學へ進学 星善博(ほし よしひろ、1958年1月28日 - )は、栃木県今市市(現・日光市)生まれの詩人。 詩作のほか朗読活動も行っている。 日本人の出自の原点を模索する詩を書き続けている。 現在は埼玉県越谷市在住。 日本ペンクラブ、日本詩人クラブ、日本現代詩人会、日本文藝家協会、埼玉詩人会会員、詩誌「ここから」同人。 23 中村嗣郎 Wikipedia未登録 東京経済大学コミュニケーション学部准教授 24 片山亜紀 Wikipedia未登録 獨協大学外国語学部英語学科准教授 25 阿久津均 Wikipedia未登録 瑞穂野保育園園長、栃木県保育推進連盟事務局長 26 阿部晃 Wikipedia未登録 作家 27 柴小聖 柴 小聖(しば このな、2月14日 - )は、日本の女優、タレント。 栃木県小山市出身。 28 晴華みどり 晴華 みどり(はるか みどり、6月7日 - )は、元宝塚歌劇団・雪組の娘役。 29 中村啓士 Wikipedia未登録 俳優 30 阿瀬見貴光 Wikipedia未登録 テノール歌手 31 さかはし矢波 Wikipedia未登録 東京フィルハーモニー交響楽団フルート奏者 32 増渕朱里 Wikipedia未登録 バレーボール選手 33 加藤典代 Wikipedia未登録 ハンドボール選手(日本人女子初のブンデスリーガ) 34 石田由憲 Wikipedia未登録 ラグビーフットボール選手(NECグリーンロケッツ) 35 越村一隆 Wikipedia未登録 ラグビーフットボール選手(ヤマハ発動機ジュビロ) 36 塚原巧巳 Wikipedia未登録 ラグビーフットボール選手 37 富樫英輝 Wikipedia未登録 サッカー選手(レンショインス(ポルトガル二部チーム)) 38 寺内多恵子 Wikipedia未登録 マラソン選手(同校バレーボール部出身) 39 栄康次郎 Wikipedia未登録 春日部市議会議員.

次の

國學院大學栃木高等学校出身の有名人

國學院 大學 栃木 高校

学校内の環境がとてもいい。 低評価をしている人もいますが、私はこの学校には何も文句はないですね! 学校の創立記念講演には各界の著名な方々が来てその人それぞれの世界でのお話を聞かせてくれる。 またこの学校には先日のラグビーワールドカップで全試合スタメン出場し、キックで51得点をとったキャノンイーグルスので活躍しているスタンドオフの田村優選手が凱旋して母校で歓迎会を行いました。 この学校にはこのようにたくさんの有名人が所属していました。 また今もアンダー17ラグビー日本代表の選手や来年の2020年東京オリンピック女子ラグビー日本代表選手など様々な競技の日本代表が所属しています。 またこの学校は文武両道を目標にしています。 昨年度は國學院大學に106名の合格者を出しており、GMARCHと呼ばれる難関私立大学などにもたくさんの先輩方を送り出しています。 授業もとてもわかり易く、学校外でもわからないところを自分の力で解決できるようにとスタディサプリを活用した校外通信講座を行っているため海外遠征が多くて学校にはほとんど通えない状況の子でもそのようなアプリを使用して授業を受けています。 國栃には、特別選抜S、特別選抜、選抜、グローバル 2019年度で終了 、文理というコースがあり、特別選抜Sが1番偏差値が高く、文理は1番低く、部活をやっている人が多いです。 ですが文理の中でも上位40人ほどのクラスがあり、クラス分けテストで上位に入るか、2年生になる時に入りたいと希望すればそのクラスに入ることができます。 そのクラスでは特別選抜レベルの頭のいい人もいます。 上のコースで早稲田、慶応を受けても落ちる人が多いため、年々指定校推薦という大學推薦の枠が減っていると思います。 國學院大學の枠も少なくなってきています。 下手に國栃にはいるより、近辺の頭のいい高校に頑張って入った方が進路は叶うと思います。 授業では、先生の当たり外れが激しいです。 授業アンケートというものもありますが、悪い評価をしても何も変わらないので無意味だと思います。 課題やテスト、授業の難易度や量は凄まじいが、一つ一つしっかりこなし続ければ、学力は間違いなく向上し、精神面も強くなる(あくまでやり続けた場合) このコースの中にも強化部(全国大会常連の部活)に所属する生徒は多い。 時間的余裕もあり、普通の高校生活をエンジョイしたいならここかな?って感じ。 (ただし國學院大学の推薦はないので注意)学力差は激しくDランク大学から稀に早慶等へ行く人もいる程差がある。 他のコースの人からは1番中途半端だと言われてることもある。 また、1番青春してるとも言われる。 逆にそれ以外の大学を臨むならこのコースはおすすめしない。 環境的にはTとほぼ同じなイメージ。 このコースの生徒の学力と国大の偏差値が見合ってないと言われ、TやSから妬まれることもある。 私もこの学校に入った時は否定的な気持ちでいっぱいだったが、優秀な教師達と自然溢れる校舎(個人差あり)によって、この学校への好感度が急増した。 よく文武両道と言われるが、あくまで「文」を極めし者たちと「武」を極めし者たちが共存している、というのが私の考えであるため、そこには注意してほしい。 ただし、勉強とスポーツ両者において、環境は最高レベルである(例を上げるとすれば、いくつかある自習室、駅前の教育センター、スタンド付き野球場、全面人工芝ラグビー場など)。 主に勉強面で語るとすれば、毎週月曜日朝の到達試験は有名である。 生徒から恐れられているテストでもあるが、これが学習習慣の形成をサポートしているのも事実である。 また、ゼロ限も含めると1日8限ある授業のおかげで進度も早く、濃い学習ができている(気がする)。 ただし、念を押しておくと、これは特選S、特選コースにおける話であって、正直選抜コース、文理コースに来た勉強目的のものは、周りの雰囲気に逆らい自らのやる気を高めて勉強に望んでほしい。 最後にひとつ、夏休みは遊べないと思ってくれ。 校則はとにかく厳しい。 具体的に挙げると、 女子 ・スカートを折ってはいけない ・横髪を出してはいけない ・靴下は常に最大まで伸ばさないと先生とすれ違う度に指摘される ・肩に髪がついてはいけない ・爪が伸びていたら再検査 ・ワイシャツの襟の部分のボタンは常にしめる ・リボン(冬服)は下げない 男子 ・もみあげは耳の真ん中。 訳がわからない ・襟の部分に髪がかかってはいけない ・耳に髪がかかってはいけない ・女子と同じく爪を伸ばしてはいけない ・襟の部分のボタンは常にしめる ・ネクタイ(冬服)を下げない など、挙げだしたらきりが無い程。 これらのどれか1つでも引っ掛かれば、合格するまで再検査です。 ラグビー部やバレー部など、強化部と言われる体育会系の部活は、全国大会に出場する部もいて、活気があります。 また、応援部は、「the 私立!」と言う感じで、全校応援などの日に見られるのがとても楽しみです。 他校のチアと比べても、華奢な子が多くて、女子の私から見てもすごく可愛いです。 これらの運動部は文理コース、選抜コース、グローバルコースの生徒が主な部員になっています。 特別選抜コース、特別選抜Sコースの生徒で強化部に入っている人もいますが、余程の天才でも無い限りは両立するのは難しく、 入部してもやめる人が多いです。 先生も入部するのに賛成はしてくれません。 文化部は、ミュージカル部が合宿などで活発に活動している印象があります。 実際に舞台に出ている先生が指導して下さるので、 文化祭などには、ハイレベルなパフォーマンスを見せてくれます。 それ以外の文化部は、ほとんどが週に2、3回くらいのペースで活動しています。 文化部は、特別選抜コースや特別選抜Sコースでも入部出来ますが、ミュージカル部は多少先生に止められます。 最初から推薦入学を狙って選抜コースなどにいるのなら 希望する進路に行きやすいですが、国公立大学はほとんどの生徒が自力受験です。 というかそもそも、自力受験できる程では無い生徒は、推薦入学を大半が占める選抜コースや文理コースに編入させられます。 国公立大学を狙う人は、如何に先生の指導に食らいつけるかが勝負、という感じです。 只、資料はいくらでも揃っているので、大学の情報を集めるのに苦労は全くしません。 しかし、勉強に力を入れているコースでも、第一志望の大学に進学できた人は数名だと聞かされた時には目眩がしました。 週に一回月曜日に行われる国数英の「到達度テスト」というものに毎回合格できるような人なら、国公立大学受験はある程度までできます。 ちなみにこの「到達度テスト」は、合格できるまで再テストが続くので、木曜の再テストも落ちて、金曜の再再テストまで持ち込もうものなら、先生たちの重圧やなかなか上がらない点数などで精神的ストレスが異常なほど溜まります。 国栃はN・S・T・A・G・Bコースに別れていてNSTコースは国公立又は難関私立を目指すコースになっています(ここから更に難関国公立大[東大京大など]を目指す生徒が数名選抜されます。 )そしてAコースが私立型(基本的にAコースの生徒は遊んでる人が多いです笑)Gコースはネイティブの先生の指導の元 英語を学ぶことができますが、学力は高くないです(学力はA又はBコース並み)残るBコースは主に部活をやりに来た生徒です(バレー野球ラグビー)他にも國學院大學にエスカレーターできればいいやといった人が入ります。 (因みに最近は國學院大學への入試制度も若干厳しくなりましたが、普通に勉強してれば間違いなくはいれます。 ) S・Tコースに入るのは凄くおすすめです! (Nは中高一貫コース)凄く、いい先生が揃っています? とても熱心です。 ほんとに しかし、他のコースだと良くはわかりませんが良いと言う噂は聞きませんね汗.

次の

國學院大學栃木高等学校出身の有名人

國學院 大學 栃木 高校

とても厳しいです。 携帯電話を使っているところを先生に発見されると「解約」です。 ほとんどの先生は一回目は1週間程度没収とかですが、ほんとに厳しい先生は本当に解約させるように親に連絡します。 しかし実際のところみんな使っています。 授業中、休み時間など普通に使っています。 あと身だしなみに非常にうるさいです。 女子は髪をピンなどでとめれば大丈夫ですが、男子は耳に1本でも髪がついてるとアウトです。 それも検査する先生によって判断の基準が様々なのでA先生でダメでもB先生ならOKなんてことはよくあります。 具体的な長さが決まってるわけではないので、本当に大変です。 あとは、靴下も指定なので、きちんとそれをはいてこないと先生に注意をうけます。 みんなくるぶし靴下をはいていますがね。。。

次の