スマート イコカ。 ICOCAで新幹線に乗る方法|新幹線旅行研究所

SMART ICOCA(スマートイコカ)のチャージ方法は?申し込みやポイントについても紹介!

スマート イコカ

関西ならICOCA イコカ かPiTaPa ピタパ そして、今回関西ならということでICOCA イコカ とPiTaPa ピタパ を比較したいと思います。 まずは簡単な比較から 発行元 JR西日本 スルッとKANSAI 発行枚数 1800万枚以上 310万枚以上 こういった方におすすめ JRによく乗る方? 私鉄・バスによく乗る方? 支払い方式 プリペイド 前払い 方式 ポストペイ(後払い)方式 ポイント ICOCAポイントサービス Sポイント まずICOCA イコカ はJR西日本が発行ということでJR、PiTaPa ピタパ はスルッとKANSAIが発行ということでosaka metoroなどの私鉄やバスということで良いと思います。 発行枚数で見るとICOCA イコカ が1800万枚以上と圧倒していますね。 そして、一番のポイントは ICOCA イコカ がプリペイド 前払い 方式に対してPiTaPa ピタパ はポストペイ(後払い)方式を採用しています。 他の交通系ICカードはプリペイド方式ばかりなのでPiTaPa ピタパ のようなポストペイ(後払い)方式はなかなか珍しいです。 ポストペイ(後払い)方式について ちょっとポストペイ(後払い)方式について書こうと思います。 ポストペイ(後払い)方式は電車などの利用代金を後から自動引き落しで支払うサービスです。 1ヵ月間 1日~末日 の利用代金を自動集計して、後日指定口座から後払いで支払います。 なのでSuicaのように簡単に券売機で作るということができません。 PiTaPaを作るときには申し込み用紙に口座なども指定して記入して申し込まなくてはいけません。 こういったところで手間ということでICOCAが多いというのもあるかもしれません。 といったところが簡単な比較ポイントになります。 でどちらのICカードにするのか単純に比較すると ポイント・割引サービス比較 ポイントに関しては ICOCA イコカ のポイント ICOCA イコカ はJRの一定の区間や日時によってICOCAポイントが貯まります。 ただ、 ICOCA定期券の定期券購入金額はポイント計算の対象とはなりません。 ということなので注意してください。 SMART ICOCA・SMART ICOCA定期券 あとICOCAは普通にチャージするものとSMART ICOCAがります。 SMART ICOCAを使えばSMART ICOCA定期券などクレジットカードで決済できます。 クレジットのポイントも貯まりますし、お得になります。 PiTaPaのポイント・割引サービス ちなみにPiTaPa ピタパ は普通に使ってもポイントなど貯まりません。 ただ、割引サービスがあったり、クレジットカードと一体にすることでまた独自の割引やクレジットのポイントが貯まったりします。 例えばJR西日本ならJR西日本ポストペイエリア内の駅相互間の利用で1カ月間(1日~末日)のポストペイの利用実績に応じて、時間帯指定割引と利用回数割引の2種類のPiTaPa割引サービスが適用されます。 JR西日本ポストペイエリア内ならPiTaPa割引サービスが受けられるんですよね。 ということです。 PiTaPa ピタパ はさらに細かく分けられます。 PiTaPaとクレジットカードを一つにすることでポイントや割引サービスなどがあって、さらにカードによって特典が違います。 いくつか紹介しますと OSAKA PiTaPa 例えばOsaka Metro・大阪シティバスによく乗るなら定期券を利用の方にオススメの「マイスタイル」と「プレミアム」、たまにOsaka Metro・大阪シティバスを利用される方にオススメの「フリースタイル」などの利用額割引サービスがある「OSAKA PiTaPa」がおすすめです。 STACIA PiTaPa STACIA PiTaPaなら阪急電鉄・能勢電鉄利用の場合は「利用回数割引運賃」と「区間指定割引運賃」があり、阪神電車では「利用回数割引運賃」が適用されます。 e-kenet PiTaPa 「e-kenet PiTaPa」だったら京阪電車の利用額に合わせて、「おけいはんポイント」が貯まります。 こんな感じでPiTaPaは他にもいろいろなところと提携していてそれぞれ特典が違います。 カードによっては電車に乗って割引も受けられて、さらにその他に独自の特典があったりもします。 なのでPiTaPaを選ぶ場合、あなたがどの私鉄にバスに乗るのか、さらにはどんなお店でよく買い物するのかなどを考えてPiTaPaを選ぶのが良いと思います。 定期券に関してもOSAKA PiTaPaは割引サービスがありますが、他のものは割引がないものもあります。 ちなみにPiTaPaはこんな感じでカードはいろいろあります。 PiTaPaに関してはこちらでまとめていますので良かったら見てみてください。 ICOCA イコカ とPiTaPa ピタパ どっち? まずはJRによく乗る方は、私鉄によく乗る方はですが、PiTaPa ピタパ の場合、種類がいろいろあって、どこの私鉄なのか osakametoroなのか、阪急なのか、阪神なのか、京阪なのか で選ぶカードが変わってくると思います。 クレジットカードはいらなくてJRも私鉄も乗る方はかなといった感じになるのかなと思います。 クレジットカード一体型を使うという方でJRも私鉄も乗るという方はどれがお得なのか考えて選ぶと良いと思います。 実はSuicaがおすすめ 実は一番おすすめなのはSuicaかなと思います。 ただ、Suicaといってもクレジットカード一体型になったビューカードです。 たとえばビュースイカなどです。 通勤通学で利用するので定期券が必要という方であれば「SMART ICOCA」や「PiTaPa」になるとは思いますけど、.

次の

交通系ICカードでの乗車方法

スマート イコカ

「ピタパ」と「スマート・イコカ」、どちらがいいのでしょうか?(阪急沿線・豊中市在住です) 今までは半年ごとに会社が通勤定期を一括購入して支給してくれてました。 が、業務内容の簡略化で来年度から半年分の定期代を給料と一緒に振り込んで各自で購入することになりました。 勤務先の最寄駅はJR天王寺駅です。 持っているクレジットカードは勤務先の関係で近鉄系の「KIPS・VISA」です。 「KIPS」でピタパを作ると近鉄沿線で使えばポイントが付きますが、他社線ではポイントが付かないみたいなのでKIPSでピタパを作る気はありません。 この場合はやはり阪急系の「スタシア・ピタパ」、JRで「スマート・イコカ」の通勤定期を別々に作るほうがいいのでしょうか? ちなみに仕事の外出時で地下鉄も乗る機会が多いので、地下鉄で乗ってもどちらにもポイントが付くのでしょうか? それとも今まで通りに通勤定期を購入する方が得なのでしょうか? ちなみに阪急豊中駅からJR天王寺駅までの半年分の通勤定期代は70960円です。 地下鉄の回数カード(3300円)を月に1枚半は使用します。 勤務は週休2日であと連続休暇(GWや盆休みの代わりです)10日間が年2回あります。 初歩的な質問で申し訳ないのですが、一番お得な方法をわかりやすく伝授してくださいませ。 まずJR部分を定期券と同程度の割引で乗りたいのなら、JR部分は定期券を買うしかありません。 これを磁気式定期にするか、スマートイコカにするかは質問者様の価値観による物で、少なくとも定期金額はどちらでも同じです。 スマートイコカにした場合で、定期利用以外のJR自動改札直接通過が相当数あれば、ポイントが溜り、いつかは3,000円分がチャージできたりしますが、JRのクレジットカードによるポイントとあわせないとなかなかポイントは溜りませんので、これだけを理由にスマートイコカにするほどではないでしょう。 ピタパですが、ピタパによる交通機関の割引そのものはどのカードでも同じです。 阪急の場合定期券を購入しピタパにその情報を載せるIC定期 通常の定期と同額 か、区間指定割引かが考えられます。 区間指定割引で請求される金額は通勤1ヶ月の金額ですので、3ヵ月以上の定期を購入すること考えているのなら、IC定期の方が有利と言うことになります。 あとはスタシア独自のポイントをどう評価するかで考えればいいです。 スタシアピタパでもそれ以外のピタパでも大阪市営交通を利用した場合の運賃請求 割引 は全く変わりません。 大阪ピタパのカードにすれば市営交通を利用した場合に大阪ピタパ独自のポイントがつく可能性はありますが、その場合もちろん阪急利用などによるスタシアピタパ独自のポイントは得られません。 逆も同じで、スタシアピタパで阪急を利用した場合はその状況によりスタシアピタパ独自のポイントがつきますが、地下鉄では独自のポイントはつきません。 ただ、阪急部分を定期にした場合阪急に乗っただけでスタシア独自のポイントがついたかどうかは知りません。 (設定趣旨から付かないと思います) ですので各ピタパカード独自のポイントは交通利用よりクレジット利用時のポイント等も含めて総合的に考えるしかありません。 念のため申し添えますが、ピタパとスマートイコカの2枚併用になったときは、利用時に定期登録していない方のカードを間違えてタッチしないような管理をしないと思わぬ出費になります。 たとえば、スマートイコカを間違って阪急の駅にタッチした場合、そのまま通れてしまいますが、阪急の定期券として通過したわけではないので、梅田下車時に梅田までの運賃が減算されてしまい、「損」したことになります。 逆の場合はピタパに一切チャージしないように管理すれば防ぐことはできます。

次の

SMART ICOCA、SMART ICOCA定期券のご購入方法 │ ICOCA:JRおでかけネット

スマート イコカ

数ある交通系ICカードの中にも、サービス内容が充実してより便利でお得に利用できるものが増えてきています。 例えばJR西日本が発行する交通系ICカードである「ICOCA」。 自動改札機にタッチするだけで電車やバスに乗れたり、加盟店で電子マネーとして利用することが出来るので、利用者も急増しているようです。 その「ICOCA」を現金不要でクレジットカードからチャージできるようにしたものが、「スマートICOCA」です。 「スマートICOCA」はどのくらいお得に利用することができるのでしょうか。 定期券を購入するのと比べても、「スマートICOCA」の方がお得なのでしょうか。 スマートICOCAについて スマートICOCAを利用するのと、ICOCA定期券を購入するのとでは、どちらがお得なのでしょうか。 スマートICOCA定期券とICOCA定期券の違いと共にまとめてみました。 スマートICOCA定期券とICOCA定期券の違い 通常のICOCAは事前にチャージしておいた現金が、カード利用時に引かれていくというものです。 スマートICOCAは事前に現金をチャージしておく必要なく、後日クレジット決済されるため、現金不要で利用できる点では非常に便利です。 ICOCA定期券とスマートICOCA定期券はこれに定期券としての機能をプラスしたものです。 通常の定期券と違って万が一紛失してしまっても再発行してもらうことが出来ますし、区間外まで乗ってしまったときも精算する必要がないので、最近はICOCA定期券やスマートICOCA定期券を利用して通学している学生も増えてきているようです。 どちらがお得なのか? ICOCA定期券とスマートICOCA定期券、どちらがお得なのかを考えると、スマートICOCA定期券の場合、クイックチャージする際にポイントが貯まるのでお得です。 スマートICOCAを利用するためにはクレジットカードが必要になりますが、クレジットカードとして「J-WESTカード」を利用すればJ-WESTポイントも貯まります。 既に持っているクレジットカードがないなら、「J-WESTカード」に入会することをおすすめします。 さらにお得にスマートICOCA定期券を利用することが出来るようになりますよ。 スマートICOCA定期券の購入方法 スマートICOCA定期券を購入するためにはクレジットカードの所持が必要になるため、 自動券売機やみどりの窓口で購入することは出来ません。 入会申込書に必要事項を記入して郵送で申し込むか、インターネットで申し込むのが一般的となっています。 その場で発行してもらいたいのであれば、大阪駅にある専用のコーナーに印鑑や身分証明書など、必要なものをすべて持参して直接申し込みを行ってください。 発行を急いでいないなら、インターネットでの申し込みが最も楽な方法だと思われます。 最後に ICOCAのような交通系ICカードを持つのが初めて、という人にとっては、少々ややこしい話になるかもしれません。 しかし、スマートICOCA定期券は便利だけでなくお得に利用できる賢い方法と言えるでしょう。 これを機にぜひチェックしてみてください。

次の