軽井沢 プリンス ホテル ウエスト コテージ。 軽井沢プリンスホテルウエスト. 軽井沢町, 日本

プリンスコテージF|客室一覧|軽井沢プリンスホテル ウエスト

軽井沢 プリンス ホテル ウエスト コテージ

軽井沢プリンスホテルの基礎知識 軽井沢プリンスホテルは軽井沢駅の駅前にあるリゾートホテルです。 広大な敷地の中に、ホテルタイプ・コテージタイプの宿泊施設が7種類あります。 全体の配置は下記を参照してください。 赤で囲った3施設はホテル、青で囲った2施設は1グループ1棟のコテージタイプになっています。 今回は大人2名で宿泊予定のため、ワンちゃんと一緒に泊まれるコテージ「プリンス森のドッグヴィレッジ」と、高級価格帯の巨大コテージ「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」は除外して、上記地図の1~5で番号を振った5種類の宿泊施設の比較をしています。 「プリンス森のドッグヴィレッジ」と「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」に興味のある方は、別途こちらでチェックしてみて下さい。 軽井沢プリンスホテル5種類の価格比較 宿泊施設が複数ある場合、まずはどの程度の価格ゾーンなのか、ばっくりと知りたいと思います。 そこで、3月の金、土、日の宿泊料金を並べてみます。 ザ・プリンス軽井沢 14,039円 2. 軽井沢プリンスホテルイースト 16,326円 3. 軽井沢プリンスホテルウエスト 10,826円 4. プリンスコテージ ウエスト 15,501円 5. ザ・プリンス軽井沢 22,289円 2. 軽井沢プリンスホテルイースト 30,681円 3. 軽井沢プリンスホテルウエスト 16,766円 4. プリンスコテージ ウエスト 24,466円 5. ザ・プリンス軽井沢 11,950円 2. 軽井沢プリンスホテルイースト 16,326円 3. 軽井沢プリンスホテルウエスト 7,912円 4. プリンスコテージ ウエスト 19,956円 5. プリンスコテージ イースト 15,501円 エンジョイチケット(後述)付き、朝食なしの2名宿泊時1名あたりの価格を並べています。 このプランが一番全部の施設が残っていたため 宿泊する日にちや曜日にもよりますが、どの日程でも 「軽井沢プリンスホテルウエスト」が一番安いのがわかります。 反対に、一番高い施設は各曜日でバラバラとなっているのが面白いですね。 最初から「ここに泊まる!」とお目当ての宿がある場合は少し日にちをずらすなど色々な曜日で価格をチェックしてみた方が良いと思います。 天然温泉 フォレストホットスプリング ホテル敷地内で汲み上げた天然温泉の大浴場が、軽井沢プリンスホテルイーストに隣接しています。 「ザ・プリンス軽井沢」「軽井沢プリンスホテルイースト」に宿泊した場合、利用無料です。 現在は 有料で、時間によっては上記施設宿泊者以外でも入浴できるようですが、2017年4月1日からは専用施設となり「軽井沢プリンスホテルウエスト」、コテージ宿泊の人はお金を払っても入ることができなくなります。 スマイルコンシェルジュ 軽井沢駅南口の「軽井沢プリンスホテルゲストサービスセンター」から、宿泊する部屋まで荷物を運んでくれるサービス。 これは嬉しいですね。 軽井沢駅についたらすぐに駅で荷物を預けて遊びに行けますし、帰りも駅まで荷物を運んでおいてもらえればギリギリまで身軽に行動できます。 軽井沢と言えばアウトレットですが、プリンスショッピングプラザ(軽井沢アウトレット)で購入した荷物のデリバリーサービスも行っています。 スマイルコンシェルジュは 「ザ・プリンス軽井沢」「プリンスコテージ イースト(プリンスコテージA)」に宿泊した場合、無料で利用できます。 無料シャトルバス これだけ広大な土地では移動が大変だろうなと思っていたら、軽井沢駅・各ホテル・アウトレットをぐるりと循環する無料シャトルバスを随時運行しています。 循環ルートを見るだけでものすごい広さであることがわかりますね。 こちらは、どこに宿泊しても利用可能です。 コテージの場合はちょうど良い所に停留所がないと結局歩かないといけないなあと思っていたら、停留所でなくても声をかけると止まってくれるそうです。 そういう臨機応変さは素晴らしいなと思います。 エンジョイチケット プリンスホテル軽井沢では、ホテル内をはじめ軽井沢町内外の提携施設・美術館など、色々なアクティビティに使えるチケットを販売しており、楽天トラベルや公式サイトでも、エンジョイチケット付きのプランが推されています。 どんな内容があるのかと見てみると、ランチがチケット2枚、ケーキセットがチケット1枚。 敷地内だとチケット1枚でボウリング2ゲームやフィットネスジム2時間が利用できる設定になっています。 エンジョイチケットは宿泊施設によっての縛りはないので、チケットさえあれば誰でも利用できるようになっています。 5施設の中では一番高級感がありオシャレな雰囲気です。 部屋タイプはツインルームからスイートルームまで。 部屋は壁一面が窓になっているので緑がとても綺麗で解放感が感じられるのが良いなと思いました。 軽井沢プリンスの中心かと思いきや、 軽井沢アウトレットからは一番遠くエリアの端にあるのが難点。 GoogleMapで検索すると、 軽井沢駅からは徒歩30分程度。 買い物したら少しホテルにもどって休憩、とちょこちょこ移動するには向いてません。 同様に温泉も遠いので、夜などわざわざお風呂に入りにバスに乗るのは不便だなと思います。 部屋はとても普通。 車椅子の方でも利用できるオールフローリングで作られたアクセシブルルームなどもあります。 アウトレットから一番近く、温泉「フォレストホットスプリング」に隣接しているため 立地は5施設中一番! 人気があるため予約が取りずらいのと、お値段が高めなのがネック。 「軽井沢プリンスホテル イースト」同様に アウトレットから近い。 徒歩2分! カーテンやチェア、ベッドサイドの時計など昭和の香りが…。 ただし、宿泊料金は格安なので値段重視派にはオススメ。 ステーキ食べ放題のディナーブッフェを行っているのでブッフェ好きの人にもはいいかもしれないです。 コテージは基本4人以上の利用を想定しているので、ファミリーやグループ向け。 キッチンはありませんが冷蔵庫はあるので、アウトレットで色々と買いこんで飲み会なども楽しいかもしれません。 コテージA~Fタイプまであり、一番大きいコテージはなんと ツインルームが4部屋にユニットバス4台!の巨大コテージ。 ユニットバス付きのツインルームが4部屋、リビングを囲むような形になっているので4家族で泊まるのも可。 でかい…! 一度大人数でこういうコテージに泊まって見たいなーと思います。 アウトレットならどこに泊まるのがオススメ? アウトレットから近いと言う意味では 「軽井沢プリンスホテルイースト」「軽井沢プリンスホテルウエスト」がオススメです。 イーストは温泉も隣接しているので全体的に移動が楽な代わりにちょっとお高め、ウエストは安価ですが施設が古そうだなと言う印象を持ちました。 (ちなみにイーストは2017年7月12日に客室、ロビー、レストランなどリニューアルオープンするそうです。 先にウエストを綺麗にした方が良かったのでは…) 個人的には「ザ・プリンス 軽井沢」の雰囲気が好きなのですが、アウトレットや温泉に行くのにわざわざバスに乗ると思うとちょっと躊躇してしまいますね。 アウトレットや温泉まではおそらく徒歩で20~30分くらいなので、散歩としては良いかもしれませんが雨など降ったら厳しい気がします。 コテージは楽しそうなのですが、基本的に4人用なので2人旅行では割高になります。 大人数や、お子さん連れなら広々としたスペースでゆっくり宿泊できるのでオススメです。

次の

子連れ旅行でも安心な軽井沢プリンスホテル・ウエストコテージ

軽井沢 プリンス ホテル ウエスト コテージ

概要 [ ] 開業の「イースト」(旧東館)と開業の「ウエスト」(旧西館)の2つからなる。 までは3館構成だったが、に開業した旧南館のみ上級ブランドの「ザ・プリンス軽井沢」としてリブランドされている。 現在のウエスト開業まではイーストが「本館」、ザ・プリンス軽井沢は「新館」の名称だった。 南口から(1,184m)周辺の敷地(約110万坪)に・・・園と日本最大のリゾートがあり年間約900万人の来場人員がある。 開業時のは日本人で初めての流れる町の最高位三ツ星レストラン「」で修行した、平山滋隆(登)シェフである。 施設 [ ]• イースト:243室(収容人員830名)• 客室:洋室71室、147棟(4名)・ドックヴィレッジ25棟(4名)。 レストラン・バー:メインダイニングルーム、レストランポルト、和食堂信濃、メインバー。 ウエスト:418室(収容人員1,580名)• 客室:洋室188室、コテージ141棟(4名)・36棟(6名)・53棟(8名)。 レストラン・バー:桃李、ステーキ&シーフード、和食、ラウンジ、レストラン。 宴会場(長野・・・ホール)・会議室3室。 の木チャペル• 駐車場:970台(無料)• 新送迎システム「ピックアップバス」(送迎用)• フォレスターナ軽井沢(ゲストハウス型)• 軽井沢プリンス(30レーン、軽井沢プリンスショッピングプラザ内)• コート(24面)• ネイチャーキッズ森の家(軽井沢プリンスホテルイースト内、プログラム)• のひろば• 森のキッズルーム(軽井沢プリンスホテルウエスト、コテージ519号室)• 森のドックヴィレッジ(・ドックコテージ)• ペットスパ(軽井沢・プリンスショッピングプラザ プリンスボウル内)• (軽井沢プリンスホテルゴルフコース横)• 店舗数217店舗(延床面積61,384㎡、店舗面積31,861㎡)• 駐車場:3,665台。 (リフト数10本・駐車場1,000台)• 軽井沢プリンスホテルゴルフコース(9ホール)• 晴山ゴルフ場(18ホール、セルフカート)• 軽井沢・プリンス園 沿革 [ ]• (大正8年)- 別荘完成()。 (昭和12年)- 武蔵学園(財団法人)青山寮落成(長野県軽井沢町矢ヶ崎)、1980年12月に廃止。 (昭和24年)- 4月、根津嘉一郎別荘110万坪を買収• (昭和25年)- 3月25日、晴山ホテル開業(旧根津嘉一郎別荘、83室)根津嘉一郎の「青山(せいざん)」が名前の由来。 (昭和34年)- 8月17日~20日、第3回現代音楽祭が晴山ホテルのホールで開催。 (昭和36年)- 1月7日、日本初のスキー場を開設(晴山ホテル敷地内、1964年まで営業)• (昭和39年)- 10月15日、晴山ホテル、選手村に。 (昭和43年)- 6月、晴山ホテルにコテージ12棟建設。 (昭和45年)- 11月、かまど岩山荘完成(竹中工務店、269㎡)。 (昭和48年)- 4月28日、軽井沢プリンスホテル開業(現イースト、設計(鹿島建設)72室)• 7月11日、プリンスコテージ開業。 12月26日、軽井沢プリンスホテルスキー場開業。 (昭和52年)- 晴山ホテルと統合し、「晴山館」と「本館」になる。 (昭和57年)- 4月28日、軽井沢プリンスホテル新館開業(デザインシステム設計(清水建設)108室、南館)(現ザ・プリンス軽井沢)• (昭和61年 - 7月12日、軽井沢プリンスホテル西館開業(現ウエスト、西武建設(清水建設))国際会議場「浅間」誕生。 これに伴い、当時の本館は「東館」、新館は「南館」へ改称。 (昭和62年)- 4月24日、軽井沢プリンスホテルコテージE36棟、F24棟増築。 7月、軽井沢プリンスホテル西館増築(86室)中国料理桃李、和食堂からまつ、ステーキ&シーフードニューヨーク、宴会場千曲開業。 (昭和63年)- 7月、コテージFタイプ20棟開業。 軽井沢駅南口開設。 (平成4年)- 12月14日、メインバンケットホール「長野」開業(風景舎(西武建設))。 (平成5年)- 「もみの木チャペル」開業。 (平成6年)- 7月22日、軽井沢店開業。 (平成7年)- 7月22日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ開業(現 ウエスト、風景舎(西武建設))• (平成9年)- 4月24日、西館「ラウンジマロン」開業。 7月12日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・イースト開業。 軽井沢プリンスボウル開業(30レーン、池原義郎・建築設計事務所)• 7月19日、軽井沢浅間プリンスホテル開業(81室、カシニョールがロビー用「夏の庭」製作)(西武建設)• 10月1日、先行開通( - )• (平成10年)- 7月10日、「&マローネ」「ビアンカ」開業。 (平成11年)- 7月2日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューウエスト開業。 和食ななかまど、そば処さく庵開業。 (平成12年)- 12月20日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューウエスト増床開業(池原義郎・建築設計事務所)。 「軽井沢味の街」、「プリンス」、「プリンス工房」、「プリンス」開業。 軽井沢開業(2007年3月31日で閉館)• (平成14年)- 4月21日、棟開業。 (平成16年)- 4月28日 、軽井沢・プリンスショッピングプラザ・ニューイースト開業。 「ワールドトイミュージアム(㈱)」・「レストラン」(柳澤孝彦(元竹中)+TAK建築研究所)・「ピッコラロトンダ」開業(池原義郎・建築設計事務所)(西武建設)。 7月17日、「軽井沢・プリンス園」を開園。 (平成17年)- 7月、軽井沢プリンスホテル芝生の広場開業(軽井沢プリンスホテルゴルフコースは9ホールのみの営業となる)• 10月1日、軽井沢プリンスホテル東館「プリンスドッグヴィレッジ」(愛犬と泊まれるコテージ)開業。 (平成18年)- 11月1日、軽井沢プリンスボウル内に「PET-SPA軽井沢店」開店(ペットケアショップ)• 7月12日、軽井沢プリンスホテルイースト(東館)客室改装。 7月12日、新送迎システム「ピックアップバス」運行開始。 (平成20年)- 11月14日、軽井沢・プリンスショッピングプラザ『ニューイーストガーデンモール』第6期増床開業。 12月23日、ゲストハウスエリア「forestana KARUIZAWA」開業。 アクセス [ ]• 南口からタクシーで2分。 徒歩約10分。 から12. 5km(平常時14分) 脚注 [ ].

次の

軽井沢プリンスホテルウエスト. 軽井沢町, 日本

軽井沢 プリンス ホテル ウエスト コテージ

概要 軽井沢プリンスホテルといえば、広さや場所、歴史的にも軽井沢でも屈指の存在。 軽井沢プリンスエリアの中には最上位のホテルから「ザ・プリンス」、「プリンスイースト」、「プリンスウエスト」と客のターゲットにより複数のグレードに分かれています。 ウエストには別棟の「コテージ」が敷地内に点在しています。 今回はエリア内でもっともコンパクトでリーズナブルな「コテージA」を特集します。 コテージAの特徴 プリンスコテージAはウエストの中でもコンパクトタイプの部屋。 2ベッドが2室あるので4人以内であれば広さは十分です。 ファミリー向けはもちろん、グループでの使用にも向いています。 エリア内のスキー場やゴルフ場に近いため、スポーツアクティビティを目的とした利用にも向いているほか、軽井沢ショッピングプラザでの買い物のベースとしてもよいかと思います。 エリア内は広いため、移動は専用の電気自動車を使用します。 使用といってもプリンスのスタッフさんが送迎してくれますし、荷物の積み下ろしもしてくれますのでポーターさんの役割も担ってくれます。 レストランはエリア内に複数あるのでこちらを利用するか、ショッピングプラザ内にも有名店が多いのでこちらを利用することもできます。 コテージにはダイニングテーブルがあり室内からの景色も良いので、持ち込みで食事をすることもできます。 夜はショッピングプラザ、朝は事前に調達しておいた食事をコテージ内で頂くのがおススメです。 飲料や菓子などはウエスト内の売店でも買えますが、食事類はプラザ内のコンビニが良いでしょう。 注意したいのは軽井沢のコンビニは条例により深夜営業ができません。 23時から6時までは町内のコンビニは空いてませんので、前日までに買い物を済ませておく必要があります。 徒歩圏内のプラザ内にはセブンイレブン(9時〜22時)、ファミリーマート(9時〜20時)がありますが営業時間に気をつけましょう。 このほか、プリンス通りを碓氷軽井沢に15分ほど歩くとセブンイレブン(6時〜23時)があります。 ウエストのエントランス エリア内を移動できる可愛らしい電気自動車が並ぶ。 エントランスホール コテージA。 玄関は道路に面し、反対側はビオトープに面して部屋からの景観を確保している。 コテージ内リビング。 4人掛けのダイニングテーブルが置かれる。 室のアメニティはポット、カップ、粉末タイプのお茶、コーヒーがある。 床暖房が完備しているため、マイナス二桁近い冬季でも暖かい。 リビングからの眺め。 ベッドルーム。 2ベッドが2室ある。 洗面周り。 設備機器は年季が入っているがキレイにされている。 アメニティはプリンスだけあって十分な内容。 浴室内。 こちらも設備は新しくないがタイルと木板張りにより雰囲気がある。 室内電話より配車をお願いすると10分以内には迎えに来てくれる。 チェックイン、アウト以外にも食事や買い物でも規定エリア内であれば送迎可能。

次の