義元大蔵。 やっぱりステーキの柔らかい肉の原産地はどこ?うまいのまずいのどっち?

人にごちそうできるサービス「ごちめし」×やっぱりステーキ 「ごちめし」を活用した「こども食堂」プロジェクト開始!|特集・お知らせ|ごちめし「アプリを通じて・人さまに・お食事をごちそうできる」サービス

義元大蔵

Contents• 義元大蔵さんのwikiプロフィールに経歴 名前:義元大蔵 生年月日:1975年2月13日 年齢:44歳 2019年現在 職業:株式会社ディーププランニング やっぱりステーキ 代表取締役社長 学歴:那覇高校 好きな言葉:意志あるところにみちは開ける Facebook: Twitter: 義元大蔵さんの経歴に関してですが、出身校は那覇高校という事です。 出身地に関しては情報が無く判明しませんでしたが、高校が那覇高校である事と、やっぱりステーキが沖縄を中心に展開している事から、沖縄県内でしょう。 義元大蔵さんが株式会社ディーププランニング やっぱりステーキ を立ち上げて起業されたのは、2016年1月4日という事です。 今 2019年 からたった3年ほど前の事で、義元大蔵さんが41歳の時と思われます。 たった3年で、やっぱりステーキは県内外で40店舗を展開するまで拡大しており、その経営手腕は光るものがあるでしょう。 高校卒業から起業までの期間にどの様な仕事をされていたかにつきましては、情報が無く、判明しませんでした。 那覇高校の偏差値は54ですので、中くらいのレベルと言えるでしょう。 大学に関しては、Facebookなどにも記載がなかったので、高卒と思われます。 経営と学業や学歴は関係ない事を証明する、いいお手本と言えるでしょう。 いきなりステーキとやっぱりステーキ比較 その名称から、やっぱりステーキはいきなりステーキと比較される事が多い様です、ニュースサイトにも次のように報道されています。 いきなり!ステーキが「急ブレーキ」している。 11月に発表した2019年12月期第3四半期決算においては、出店計画を見直すと表明。 全国津々浦々に大量出店する計画を期中修正し、当初の210店舗から115店舗へ見直していた。 また、44店舗の閉店も合わせて発表していたが、12月になり、ようやく閉店する店舗の詳細を発表した。 この急ブレーキの裏で、ディーズプランニングの運営する「やっぱりステーキ」という店が一部ネットで注目を集めている。 やっぱりステーキは、14年に1号店を沖縄でオープン。 現在は全国各地に40店舗以上を展開する。 「いきなり!」は路面店が多く、当初は立ち食い形態を基本として回転率を高める戦略を取っていた。 一方、「やっぱり」は肉の種類にもよるが、「肉のおかわり」というメニューを用意している。 およそ100グラム単位で、「もっと肉が食べたい」となったときに注文するメニューだ。 また、「いきなり!」はオーダーカットを売りにするとともにご飯やサラダを別売りにすることで「肉を食べる」というコンセプトが強かった。 一方「やっぱり」は、基本的にご飯、サラダ、スープがどの肉にもセットとなっている。 「肉」というよりもしっかり腰を据えて「ご飯を食べる」店としてのニーズを狙っているとみられる。 「いきなり!」の失速について「やっぱり」の担当者に聞いたところ「特にそこまで意識はしていない」と話した。 現在、「やっぱり」は沖縄県外の場合ショッピングモールでの出店を旺盛に行っている。 「いきなり!」が閉店した都心部のテナントに居抜きとしてオープンする可能性については「今は各地のショッピングモールを中心に、引き合いが多い。 こちらから立地を見繕って出店計画を立てる、というよりも、要望に応じて検討することがほとんど」とコメントした。 という事で、いきなりステーキがいきなり失速し始めたのとタイミングを同じくして、やっぱりステーキが飛ぶ鳥を落とす勢いで成長してるのです。 とはいえ、まだまだ沖縄を中心に西日本で展開する規模であり、規模的には比較にはならないでしょう。 いきなりステーキの失速について特に意識はしていないとの事ですが、経営においては他社との比較よりもオンリーワンを目指して顧客を獲得していくというのがテッパンの様です。 やっぱりステーキの口コミ評判 最近どちらも近場に出来た。 夫はどちらも行き、私はやっぱりだけ。 夫が言うにはいきなりよりは、まだゆっくり出来るやっぱりの方が良いと言っていた。 いきなりは行ったことがないが、テレビのを鵜呑みにすれば、立ち食いシステム(回転率をあげることで安くても利益が上がるようになってるはず)が元だから、ゆっくり出来るスタイルに はなってないと思う(夫が行ったところが郊外型で座れるようだけど)。 やっぱりは、席を案内する肉を提供する以外は基本セルフのようだから、そこで利益を上げやすくしてるのかな? と思う。 セルフって事は、ご飯スープサラダは食べ放題となっている。 いきなりは急に拡大させすぎた面が大きい。 郊外型になると、客層が変わってくるから立ち食いで回転率をあげることも出来ない。 ある程度人員を増やさなきゃいけなくなるだろうし、いきなりの一番良いスタイルが貫けないんじゃないかなとは思った。 「やっぱり」の場合、180gのステーキにおかわり自由のライス・スープ・サラダがついて1000円から食える。 いきステに足りないのは、こういったわかりやすい「割安感のアピール」だよ。 どっちの店が原価率高いかとか美味いとかいう話は置いといて、とりあえず1000円で腹いっぱい食えるというのは価格的にインパクトがある。 最近やっぱりステーキが近所に出来たら会社の同僚と、色々と話が盛り上がりましたもん。 代え肉どれにしたとか、シークワーサードレッシングがおいしかったとか、調味料多いから何が好きとか、 混んでなかったら昼一緒に行こうとか。 一方一年ほど前に出来たいきなりステーキの時は話は行ってみたか? の確認のみでした。 味の話題は、ま、そんなもんだろうなって感じで話題にならなかったというか。 やっぱ何かウリがないとね。 やっぱりステーキは、気軽に入れる。 それほど、肉にこだわらないなら赤身系でも十分。 だからといって、質が悪いわけではない。 さすが、飲んだあとのシメがステーキの地域からでてきたステーキ屋だと感じる。 昔からステーキ屋の多い地域において、店舗増やしてるのはニーズがあるからだろうと納得する。 ところがある。 値段据え置きで20グラム減らしても、まあいいか。。 ライスもサラダもお代わりできるし。 などと思ったり。。。

次の

東京進出「やっぱり」行列 吉祥寺店初日、替え肉注文も相次ぐ

義元大蔵

やっぱりステーキ吉祥寺店の前に立つディーズプランニングの義元大蔵社長(ディーズプランニング提供) 格安ステーキ店「やっぱりステーキ」の関東・東京地域初出店となる吉祥寺店が17日、東京都武蔵野市吉祥寺南町にオープンする。 2015年に那覇市松山で1号店を開店して以来、全国51店舗目まで拡大し、いよいよ激戦区の首都圏に進出する。 運営するディーズプランニングの義元大蔵社長は「千円という価格なので、競合はステーキ店ではなくラーメン店や食堂だと思っている。 ステーキ人口を増やしていきたい」と意気込む。 やっぱりステーキは、格安でステーキを提供することでファンを増やした。 質の高い肉を大量に仕入れてコストを軽減するために積極的に店舗を増やし、県内に24店舗、県外は吉祥寺店を含め27店舗となる。 全国では大分県に17年に進出したのをはじめ、北海道、宮城、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、山口、福岡、鹿児島に店舗を構える。 直営店は吉祥寺を含め14店舗。 義元社長は東京進出について「東京で取り上げられることで、全国各地の店舗に大きな広告効果が出る。 地方を盛り上げる」と意義を語った。 しかし、コロナ禍で時短営業やテークアウトのみの営業を強いられた店舗もあった。 それでも、商業施設内の一部店舗を除き、路面店は営業を続けた。 いつでも開いているというイメージが定着したことで、客足の戻りも速いという。 吉祥寺店はオリオンビールや泡盛も用意し、沖縄の食をPRしていく。 ステーキ業界では珍しい、ペットの犬を連れて飲食できるテラス席もある。 年間約2億円の売り上げを見込む。 今後の出店計画について、義元社長は「関東圏からフランチャイズの申し出がすごく多い。 地元客の支持が一番重要なので、求められるところに出店していく。 地元に根付いて、食べたい時にぱっと入れる店にしていきたい」と話した。

次の

200グラムのステーキを1000円で!「やっぱりステーキ仙台一番町店」

義元大蔵

ステーキの島、沖縄 大阪出身の筆者が、沖縄に移住してきて受けた数々のカルチャーショックの中でも、特に衝撃だったのはお酒の締めにステーキという文化である。 しこたま飲んだ後には、やっぱりラーメンというのが常識であった筆者にとって、あの鉄板の上でジュウジュウ湯気を上げる分厚いステーキにかぶりつく沖縄での同僚の姿に、驚きとともにずいぶんと胸を焼いたものだが、習慣とは恐ろしいもので、近頃では酒場からの帰り道に限らず、週に一度はあの肉汁が灼ける香りが恋しくなる。 さて沖縄では、戦後のアメリカ統治時代の影響により欧米の食文化が否応なく入り込み、伝統の健康食材に加え、しっかりと肉食文化が根付いている。 なんと沖縄県内には150軒を超えるステーキハウスが存在しているんだとか!しかも人口10万人あたりのステーキハウスの軒数でも、沖縄が堂々の第1位に輝いているとのこと。 というわけで、沖縄県民の食生活にすっかり根付いているステーキ文化は、もはや飽和状態にあるのではないかと思っていたところに颯爽と参入してきたのが、今回紹介する「やっぱりステーキ」グループである。 皆さんも可愛いダンスヴォーカルユニットが激しく踊って歌うTVCMをすでにご覧になったことがあるだろう。 自分が食べたかったものをやる そんな話題沸騰中のやっぱりグループオーナー、義元大蔵氏にお話を伺った。 「沖縄にはすでにたくさんのステーキハウスがあるんですが、どこもサーロインが基本で薄くカットされたものが主流ですよね。 でもアメリカに滞在経験のある僕にとってのステーキとは、そうじゃなくて、こういった分厚い固まり肉がステーキなんです。 だからこの店を始めたきっかけは、そんな自分が食べたいステーキが無いんなら自分でやっちゃえというのが理由なんです。 」 やっぱりグループは、ステーキをはじめる前に沖縄そば屋をオープンさせているのだが、それもオーナー自らが旨いと感じる、そば屋がなかなか無かったからというのが理由だそうである。 こういったシンプルであるが至極真っ当な発想から生まれた次の一手がステーキだったのだ。 富士山溶岩石プレートで出てくる肉汁したたる超レアのステーキ やっぱりステーキの最大の特徴は、まずその肉の分厚さと富士山溶岩石プレートに乗って、超レアの状態でテーブルに供されることだろう。 一律、超レアの状態で出された固まり肉を、あとはアツアツに焼けた溶岩石プレートの上で、お客様の好みの加減に焼きながら食すというスタイルである。 富士山溶岩石プレートは鉄に比べても極めて熱保存力が高く、いつまでも冷めずに最後まで、好きな焼き加減で食べられる。 良い肉を提供するが、食べ方(焼き方)はお客様が一番美味しいと思う食べ方でどうぞという訳だ。 これはお客様ファーストであるばかりではなく、経営コスト上もメリットを生むという副産物を生み出す。 コストについては後述するが、もうひとつ、他のステーキハウスでは見られない特徴が、各テーブル脇にずらりと並んだ調味料類だ。 定番のA1ソースはもちろん、フランスから取り寄せたという岩塩、粗挽き胡椒、醤油、特製オニオンソース、タバスコ、刻みニンニク、さらにはわさびまで!これもまた、お客様が一番美味しいと思う食べ方で食べていただきたいというお客様ファーストの無料サービスである。 圧倒的コストパフォーマンスはどうやって実現? しかも肉200gに加え、ライス、サラダ、スープ食べ放題までついて、なんと1,000円という低価格!老舗のジャッキーステーキハウスや88グループなど、今や2,000円前後の価格帯の中で、この驚きのコストパフォーマンスをどうやって実現しているのだろうか。 まさか相当悪い肉や成形肉を使っているのではあるまいか。 「はは、まさか冗談はやめてください。 まず肉はアメリカ産のものを独自のルートで月20トン!程度まとめて仕入れることで原価を抑えています。 そして余分な油とか筋を特殊な薬品で溶かして下処理の手間を省いている店もあるようですが、当店では全て手作業で行っています。 筋なども適度に残っている方が、肉本来の食感も楽しめて美味しくいただけるはずです。 」きっぱりと答える口調には自信が漲っている。 確かにやっぱりステーキの肉はパサつかずジューシーでいながら、しっかりとした歯ごたえもある。 お客様ファーストへのこだわり 「また、豪快に分厚く切って、焼き加減もレアのみということで、熟練の職人を雇わなくとも、ある程度のトレーニングで、厨房スタッフの戦力に加えられる。 つまり人件費や教育コストが抑えられるという訳です。 またライス、スープ、サラダのおかわり自由も、たくさん食べる方もいれば、今流行りの糖質制限とかで、ご飯は食べないという人もおり、逆にロスが少なくなるというメリットのほうが大きいんです。 あと、女性客が多いのですが、他の客の前でおかわりというのを恥ずかしがる方もいらっしゃるので、これもお客様本意に繋がってるんじゃないかな、と。 」 なるほど、単にお客様を喜ばせようと過剰なサービスで経営を圧迫するどころか、むしろそのひとつひとつにコストダウンの仕掛けがあったのだ。 快進撃の先に見据えるものは 昨年第1号店をオープンして以来、わずか1年あまりで、あれよあれよと4号店まで拡大してきたやっぱりステーキであるが、今後の展開はどう考えているのだろう。 「年内に、あと数店舗を出す予定で、今日も候補の物件を見てきたところですが、実は今、県外からも引き合いの手が挙がっていまして・・・。 」 それはつまり県外進出ということだろうか。 「はい、まずは県内に直営店を最低10店舗程度はオープンしたうえで、県外でのフランチャイズ展開も視野に入れています。 また海外、特に韓国、中国向けにSNSを活用したPR戦略もすでに展開しており、この店舗にも外国人の方が多くいらっしゃってます。 」 なんということであろう。 沖縄には県外、海外からフランチャイズの飲食チェーンが多く進出してきており、今や東京大阪などと同じく、大抵のものが沖縄でも手軽に食べられる時代になっているが、逆に沖縄発のフランチャイズチェーンが、県外や海外を席巻する可能性がここにあろうとは。 なんとも胸躍る、武者震いしそうなことではないか。 「ま、焦らず、ひとつひとつですけど、大きな可能性は感じています。 」 それはそうだろう。 なんたって沖縄は日本一のステーキ県なのだから。 笑いながら話す義元社長の視線の先には沖縄から、日本どころか世界を見据えた大きな大きな夢があるようだ。 これは応援せざるを得ないだろう。 読者の男性の皆様、草食系男子なんて言われてニヤけてる場合ではない。 ガッツリ肉を喰って共に世界を目指そうではないか! やっぱりステーキ カクテルプラザ店 TEL:080-6484-3888 やっぱりステーキ2nd 松山店 TEL:098-988-3344 やっぱりすてーき3rd 国際通りがじゅまる店 TEL:098-917-0298 やっぱりステーキ4th 国際通り店 TEL:098-867-2929 やっぱり食べほ(食べ飲み放題、時間無制限) TEL:098-988-1235 沖縄そばの店 そばよし TEL:070-6595-3388.

次の