ディス ラ プション 意味。 Digital disruption (デジタル・ディスラプション) : 破壊的イノベーションの次世代戦略

アンバンドリングは発送電分離にとどまらない? エネルギービジネスのディスラプションは起きるのか

ディス ラ プション 意味

ベンチャーキャピタル自身が大きな資金を持っているわけではなく、機関投資家などから資金を集め、それをスタートアップに投資をします。 実際に株式を売却できるほど大きくなるスタートアップの数は少なく、ベンチャーキャピタルのクライアントにとってはハイリスク/ハイリターンの投資です。 投資を回収するには有望な技術やトレンドについて常にアンテナを張り巡らせてなければいけません。 ベンチャーキャピタルにとっては信頼性が大切ですし、信頼されるためには投資の回収実績を上げなければいけません。 マーク・アンドリーセンとベン・ホロヴィッツによる(最初のAと最後のZの間に16のアルファベットがあるためにa16zとして知られる)は、クライアントからもスタートアップからも信頼されているベンチャーキャピタルの一つです。 a16zは技術トレンドやスタートアップに関するポッドキャストを配信しています。 ベンチャーキャピタルのの共同創業者でありでもあるフレッド・ウィルソン(画像の写真右)とのが興味深かったので、そのサマリーを抄訳として紹介します。 インタビューの相手は暗号化通貨に強いa16zのクリス・ディクソン(画像の写真左)です。 イノベーションとディスラプションの違い• 技術的なイノベーションは常に出てきているが、イノベーションがディスラプションに繋がっていない• 例えばモバイル前とモバイル後では人気のあるWebサイトはそれほど変わっていない。 Facebookがいい例。 モバイルというイノベーションはFacebookを破壊せず、モバイルを取り入れたFacebookはより強固になった。 ディスラプションは既存のビジネスモデルを破壊することによって起きる。 Googleは広告をビジネスモデルにした。 それまではライセンスで課金されていたのが、広告で無料になった。 ビジネスモデルが変わると全てが変わる。 それまでの強みが弱みになり、新規参入がしやすくなる。 暗号化通貨(クリプト)など暗号化技術はディスラプションを起こす可能性がある。 それは単に技術の変革ではなく、ビジネスモデルの変革だから。 これまでの広告やサブスクリプションのような既存のビジネスモデルではなく、トークンのビジネスモデルになる。 革新的なイノベーションとディスラプションの要素• 革命的なことが起きるには重要な要素が揃っていることが必要。 インターネットの場合はブロードバンドだった。 モバイルの場合はiPhoneだった。 暗号化通貨(クリプト)にはまだ重要な要素が揃っていない。 クリプトが本当に利用されるには本当の意味での分散化を実現しなければならないし、セキュリティーも高めないといけない。 そして、ATMネットワーク程度の処理能力を持たないといけない。 これはインターネットにはブロードバンドが必要だったのと同じ。 その理由でNFT(代替不可能なトークン)には投資しているが、DEX(分散化した取引所)にはあまり投資していない。 長期的にクリプトは有望だが短期的にはクラウド(特に開発者とエンタープライズむけのSaaS)の方が投資先としては有望。 暗号化通貨(クリプト)に期待すること• 暗号化通貨の世界はもっと新しい資金の市場が生まれることを期待している。 もちろん、詐欺の横行など問題になってるのは理解している。 それでも、これまでベンチャーキャピタルの市場の中に入れなかった普通の人たちが投資家として参加できるのは素晴らしいこと。 これはスタートアップにとってもにとっても良いこと。 多くの人は投資としてのクリプトと利用としてのクリプトを二つに分けているが、これには反対。 投資するにはユーザーである必要がある。 FacebookのユーザーがFacebookを作り、YouTubeのユーザーがYouTubeを作っているのに、投資に参加できない。 これはおかしい。 Twitterが大きくなるときにクリプトがあったら、きっと取り入れてただろう(フレッド・ウィルソンはTwitterの初期からの投資家で『』にも登場します)。 インターネットの初期の頃はインターネットで置き換えるオフラインのものに投資していた。 オンラインニュースとか、オンラインショップとか。 オンラインほにゃらら。 これはあまり賢いやり方ではなかった。 インターネットネイティブなものに投資しなければいけない。 クリプトの場合はクリプトネイティブなやり方を見つけないといけない。 クラウドはまだまだいける(特に開発者向けとエンタープライズ)• 開発がさらに楽になるようなSaaSは多くの余地が残されている。 例えばのおかげで決済を組み込むのが簡単になった。 のおかげでテキストを組み込むのが簡単になった。 もっとあると思う。 投資が活発なのはエンタープライズSaaSの分野。 FacebookやYouTubeのようなB2Cは当たれば何百倍にもなって派手だけど、その数は多くない。 B2Cの場合は勝者総取りで、トップと二番手の間には10倍以上の差がある。 B2Bも同じだけど、トップと二番手の差は3倍くらい。 AIが仕事を奪うというけど、クラウドの方がもっと奪う可能性がある。 例えば、給与支払いのクラウドはこれまでの社内システムの開発者や給与に関わっていた人たちの職を奪う。 すぐに目に見える形ではないけど、気づかないうちに必要なくなっている。

次の

デジタルの“渦”が業界を飲み込んでいく【第1回】

ディス ラ プション 意味

フィンテックはエネルギー産業での市場メカニズム浸透に伴い、取引や決済などに応用される可能性は高い。 一方、金融機能のアンバンドリング同様、エネルギー産業でもフィンテックのような従来型ビジネスモデル枠外でのテクノロジー進化により、発送電分離にとどまらないビジネスモデルのアンバンドリングが起こり得る。 この点では金融も電力も構造は似ており、これらは最終的に各社の経営戦略に大きな影響を及ぼすものと考えられる。 エネルギービジネスの「悩みの種」にフィンテック フィンテックなどのと呼ばれるバズワードが世の中に随分と浸透してきたが、エネテックという言葉は一般的に使われる状況にまだない。 確かにエネルギー産業固有の問題に対するデジタルソリューションが他産業と比較して多く現れているとは言い難い。 しかし、こうした状況はエネルギー産業がデジタルテクノロジーの影響を免れていることを意味しない。 IoT(モノのインターネット)、データアナリティクス、電気自動車(EV)などを扱う異業種では、エネルギーにもつながるテクノロジーが多数開発されており、支払・決済関連ではこうしたテクノロジーがフィンテックと結び付く例も見られる。 海外では、小売り部門の電気料金支払い手段に、利息分をインセンティブとするプリペイドのスマートフォン決済を導入した事例がある。 国内でも、大手電力会社の小売り部門が、ポータルサイト内でデータアナリティクスにより最適料金プランを提案するなどの動きがある。 卸側のエネルギートレーディングでは、歴史的に金融や他のコモディティートレーディングからさまざまなテクノロジーやノウハウが援用されてきたように、基本的に金銭の受け渡しを伴う領域には金融市場で開発されたフィンテックの応用が期待できる。 燃料取引、電力取引などの様々なエネルギー取引、それに伴う契約、資金決済、リスクマネジメントといった、エネルギービジネスのバリューチェーン上のペインポイント(悩みの種)に、フィンテックや他のクロステック由来のテクノロジーが応用されることは時間の問題だろう。 将来的にはAO&T(アセット最適化とトレーディング)に人工知能(AI)が応用される可能性も高い。 最近のの進化にも注目する必要がある。 現時点でレグテックは金融機関における規制対応やコンプライアンス(法令順守)のコスト削減に向けたデジタルテクノロジー活用とみられている。 しかし、将来的には他の産業のコンプライアンスやリスクマネジメントなどをオートメーション化する展開も期待されており、当然にしてエネルギービジネスでの活用も予想される。 デジタル化がエネルギー産業の経営戦略に影響する時代に ところで、金融機能のアンバンドリングに見られたように、エネルギー産業においても要素技術的に様々なテックベンチャーが誕生する、あるいは既存のビジネスモデルと異業種の融合などによりディスラプション(Disruption)が起こるのだろうか。 発送電分離後、例えば小売りにおいて調達側のアグリゲーターと販売側のリテイラーが分離するなど、レイヤー内でのさらなるアンバンドリングが進むと、地域に制約されないデジタルテクノロジーが同じサービスカテゴリーで次第に規模の経済性を追求し、広域でリバンドリングを推進するドライビングフォースになるかもしれない。 経営戦略の策定において、こうしたデジタル化の影響を考慮する時代の到来もあまり遠くはない。 【用語解説】 フィンテックを端緒に、最近ではある業界がデジタルトランスフォーメーションに取り組む動きを「クロステック」と総称して呼ばれることが多い。 例えば、金融産業の中でも保険であればインステック、IoTに活路を見いだしつつある農業においてはアグリテックと呼ばれる。 経済紙系IT情報サイトが命名したとの説がある。 規制(Regulation)と技術(Technology)を合わせた造語。 規制や報告の法令順守の簡素化・合理化や、従業員や顧客による不正行為防止のために、テクノロジー主導型サービスを提供する企業やその技術を指す。 複雑化する金融規制対応へのコストを削減し、生産性を高めるためのレグテックは、フィンテックの基盤を支えるインフラでもある。 電気新聞2018年1月29日.

次の

デジタルトランスフォーメーション

ディス ラ プション 意味

デジタル・ディスラプションのケーススタディ 一部の産業だけではない あらゆる業界で起こる破壊と創造 デジタル・ディスラプションと聞いて、ピンと来ない人も多いかもしれません。 しかし具体例を聞けば、デジタル・ディスラプションを経て私たちの今の生活があることが理解できるでしょう。 例えば、伝達手段。 かつて、離れた場所にいる人に何かを伝達するとき、最もポピュラーな手段は手紙でした。 しかし、今はどうでしょう。 ポケベルやEメールの時代を経て、今ではアプリ内でのコミュニケーションが主流になっています。 電話も同様で、公衆電話や固定電話だったものが携帯電話に代わり、今ではアプリでのインターネット通話を利用する人も少なくありません。 月額などで利用できる、インターネットを通じたサブスクリプション型ビジネスも増えました。 これまではCDやDVDを一枚一枚買ったり借りたりしていましたが、今ではクリック一つで音楽や動画を楽しめるようになっています。 シェアリングエコノミーと呼ばれているUberやAirbnbは、タクシーやホテル・旅館業界にとって脅威になっています。 デジタル・ディスラプションは、人事業務の中でも起こっています。 まずは、採用業務。 人材を募集するために、求人広告を紙媒体に出稿したり掲示板に張り出したりしていましたが、今やほとんどの企業がまず自社HPや求人情報サイトなど、インターネット上に情報をアップします。 また、手書きのエントリーシートの提出を求める企業はあっても、書類全てを紙の状態で管理している企業は少なくなりました。 データを分析することで、自社で活躍する人材の見極めに役立てられるツールなども登場しています。 労務管理はどうでしょうか。 昔は出社時間、退社時間を紙に記入したり、タイムカードを切ったりしていましたが、今ではPCのログイン・ログアウト時間の記録を取り、勤務時間の詐称申告ができないように工夫している企業もあります。 AIやブロックチェーン技術の開発は、今もなお進み続けています。 いつ、次なるデジタル・ディスラプションが起こってもおかしくありません。 「破壊と創造」は一部の産業だけで起こっているのではなく、ほぼすべての業界がデジタルテクノロジーによって姿を変えています。 こうした環境の変化に対応できるよう、企業には柔軟性を高めることが求められるでしょう。 記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。 以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。 『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。 予めご了承ください。 ・第三者の名誉または信用を毀損するもの ・第三者を誹謗・中傷するもの ・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの ・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの ・第三者の権利または利益を侵害するもの ・公序良俗に反する内容を含んだもの ・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの ・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの ・差別につながるもの ・事実に反する情報を記載するもの ・営利目的の宣伝・広告を含んだもの ・その他、内容が不適切と判断されるもの 3. 氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。 絶対に記載することのないよう、ご注意ください。 掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。 ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物 メールマガジン、印刷物 などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。 OK あわせて読みたい 語源は英語で「変革する」「刷新する」という意味の動詞innovateの名詞形innovation。 経済活動において既存のモデルから飛躍し、新規モデルへと移行することを意味します。 日本語ではよく「技術革新」の同義語として使われますが、本来は新しい技術を開発するだけでなく、従来のモノ、しくみ、組織など... リクルーター(recruiter) とは、リクルート(一般に、企業などが人員の募集[求人]をすること)を行う人という意味。 主に企業の若手を中心とした採用担当者を指します。 「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。 人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、... 関連する記事.

次の