おみくじ 何 回 も 引い て いい のか。 愛犬モコがおみくじの順番に疑問!小吉と末吉ならどっちがいいの?

愛犬モコがおみくじの順番に疑問!小吉と末吉ならどっちがいいの?

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

スポンサードリンク おみくじは一年に何回までOKなの?何回引いても一番いい結果が優先!? 神社のお守りを販売している所に必ずといっていいほどあるのがおみくじです。 初詣の時にひかれる方が多いのですが、おみくじは1年に何回も引いていい物なのでしょうか? 基本的にはおみくじの場合は、1年に何回も引いても問題は有りません。 回数制限がもうけられている訳ではありません。 但し最初の大吉や凶などの文字だけで判断しがちですが、実はその書かれている内容が大切なのです。 おみくじに書かれている言葉は神様からあなたへのメッセージと考えてもらえれば1番いいのです。 参拝して時のお願いごとに対しての神様からのアドバイス的な事とすれば、納得できるかと思います。 おみくじのアドバイスを読んで今後に活かす事が出来れば、万事問題はありません。 初詣に時におみくじを引いて凶だとしたら確かに気分も新年早々凹んでしまいますが、内容を読んで、心を引き締めてくださいという神様からのアドバイスなのかもしれません。 それでも引き直したいという場合は日を改めて引き直す事が良いでしょう。 大吉が出るまで何回も引かれる方もいますが、これでは本来のおみくじの意味を理解しているという訳ではありませんから、神様のアドバイスなどない物同然です。 引き直しは構わないですが、結果だけにとらわれて、何回も引いていい物ではありません。 スポンサードリンク おみくじの処分方法はどうすればいいの? おみくじを引いたあと、皆さんはどの様にしていますか? 大凶や凶などは縁起が良くないからといって、神社が指定した場所におみくじを結んでいるのではないでしょうか。 これは凶を転じて吉にするという願いを込めて結ぶ方が多いようです。 実は凶の場合でも持ち帰って自分の戒めとして肌身離さず持ち歩いて、神様からのアドバイスを日ごろから確認できるようにしておくようにしておくのが良いでしょう。 持ち帰ってもゴミ箱にポイッとしてはありがたみを自ら捨ててしまう事になりますから、持ち帰ってもという方は、神社の枝に結んで行った方がいいのではないでしょうか。 おみくじを枝に結ぶか持ち帰るかは、自分の気持ち次第という事になります。 考えても見れば、枝に結んだおみくじの内容を確実に覚えている方はいないでしょうから、本来は持ち帰って、おみくじを見直して、日ごろの乱れた生活をただすのがいいのかもしれません。 また、自分の願いが成就した場合には、そのおみくじを神社に返納したい場合には、神社が指定している枝に結びつけて返納すればいい様です。 また、おみくじを引いた神社が遠くでなかなか行けない場合には近くの神社の指定している枝に結んでも問題はありません。 おみくじを処分する場合にはゴミ箱に捨てるのではなく、神社の指定されている枝に結び付けて返納する方法が1番なのです。 まとめ おみくじを1年に何回も引いていいのか?処分方法は?について紹介してきました。 おみくじを引いたそばから枝に結んでいる方も多い様ですが、それで自分が納得していれば問題は無いのでしょう。 ゲン担ぎみたいなところもありますからね。 なかなかおみくじを肌身離さず持ち歩くという物はなかなかできる事ではありません。 本来は持ち歩いて、日々の自分の行いをチェックする事がいいのでしょう。 おみくじを神様のアドバイスだと思って持ち歩いて、願いが成就した場合には、神社に行って枝に結んで神様に報告してみてください。

次の

おみくじは何回もひいていいの?有効期限や処分の方法について

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

スポンサーリンク 初詣で引いたおみくじの効力はいつまで? 新しい年の一年間 健康と幸せやいろんな決意 を神様に伝えるためにいく初詣。 一年の運勢を占う 「おみくじ」 にはついつい力が入りますよね。 ひいたおみくじの効果があるの期間は ・願い事が叶うまで ・次のおみくじを引くまで ・おみくじをひいてから一年間 などと言われています。 願い事をしたら願いが叶うまで 特に願い事をしていない場合は一年間 と考えるのが一般的のようですね。 おみくじを引く場合 まずは神様に 感謝と決意を伝える参拝をします。 そのあとで雑念を捨て 決意の結果どうなっていたいか? の願望と神様に聞きたいこと をしっかり思いながら おみくじを引きます。 そしておみくじに書かれた 神様からのメッセージに耳を傾けます。 おみくじにも何種類かあるようですが 大吉・中吉・小吉・ 吉・半吉・末吉・末小吉・ 凶・小凶・半凶・末凶・大凶 などの種類があります。 単に 「吉」だから今年は運がいい 「凶」だから今年は運が悪い なんていうことに 一喜一憂することなく 「吉」が出れば これまで通り心して過ごせば 近いうちに願いが叶う 「凶」が出れば 心してなすべきことを しっかりとこなしていけば きっと願いが叶う など 神様からの これから何をどのように 過ごせばいいかの言葉が 伝えられています。 きちんと理解して 日々の生活に活かしていくことが 大切になります。 初詣でひくおみくじは何回まで引いていいの? 初詣のおみくじ 張り切って引いたのに 結果は「大凶」! 「まじか?もう一回ひきなおそう!」 ってなっちゃいそうですよね。 おみくじは何回ひきなおしても 大丈夫なのでしょうか? 結果から言うと 何回ひいても大丈夫です。 というか 何回もひいてはダメですという 決まりはありません。 「おみくじ」は 決意の結果どうなりたいか? の願い事に対する 神様からの言葉なので 何回もひいて 「大吉」が出たら満足とかいう 話じゃないんですよね。 「吉」が出たからよくて 「凶」が出たら悪い わけじゃなくて その決意のためには これから何をどう過ごしたら 願いが叶うのか? という生活の指針を 神様が教えてくれるもの。 そのメッセージを読み取って 日々の生活に活かすことが大切なんです。 つまり何度もひく必要がないんです。 ただ他の神社に祀られている 他の神様の意見を聞くのは いいと思います。 他の神社で改めて おみくじをひくのはアリですね。 また一年の初めに決意したことが 壁にぶち当たったり 決意自体が変わったりした時も おみくじを引き直してもいいと思います。 その都度 神様は的確なメッセージを 与えてくれると思います。 一度ひいたおみくじを そのメッセージに沿って 暮らしてみて しばらくして読み返すと 新たな気づきが 生まれることもよくあることです。 ひいたおみくじは 時々読み返すことをお勧めします。 スポンサーリンク 初詣で引いたおみくじは神社の小枝に結んだほうがいいの? ひいたおみくじを 神社の木の小枝や 所定の場所に結んで 帰る姿をよく見かけます。 ほんとうに ひいたおみくじは 神社に結んで帰ったほうが よいのでしょうか? 実はこれにも 特定の決まりが あるわけではありません。 吉のおみくじは持ち帰り 凶のおみくじは 神社と縁を結ぶために 神社に結んで帰る 聞き手と逆の手で結ぶと 凶が転じて吉になるからと 神社に結んで帰る という人も多いようです。 神社に結んで帰る場合 木の枝に結ぶと 木の発育に影響があると 専用の縄などを用意している 神社もあります。 その場合は 神社の指示に従ってくださいね。 先に書いたように おみくじは 神様からのメッセージなので 持ち帰って 毎日使う財布のなどに入れておいて 折読み返して 日々の生活の指針にする ことをおすすめします。 願いが叶ったり 新たなおみくじを引いた時 古くなったおみくじは 神社の「納札所」に納めてください。 それができない場合は 塩で清めて袋に入れて ゴミに捨てる方法もあります。 初詣でなくても おみくじを引くときは しっかり願い事を思いながら ひいてみてください。 たとえ大凶だとしても メッセージの中に 神様の温かい想いが感じられます。 そう考えると おみくじを引くのが 楽しみになりませんか? 一年の始まりにひく「おみくじ」 ぜひ楽しんでくださいね。

次の

おみくじを引く時の注意点は?識者「悩みを具体的に…」:朝日新聞デジタル

おみくじ 何 回 も 引い て いい のか

スポンサーリンク 初詣でおみくじを二回引いてもいいの? 初詣を氏神様と少し離れた大きな神社など複数の神社に参拝した場合に、それぞれでおみくじを引きたくなったり、おみくじの内容が悪かったりするともう一度引きたくなったりしますよね おみくじとは、神様からの託宣なんです。 おみくじを引くときには、参拝のルールに従って、鳥居をくぐり、手を洗い、口をすすいでから二礼二拍手一礼をして神様に挨拶をしてから、気になることなどを具体的に思いながらおみくじを引きます。 そうすると、神様からの託宣という回答が書かれているということです。 託宣だからといって、 一度きりしかおみくじをやれないわけではありません。 ただし、託宣として有効になるのは、最後に引いたおみくじになります。 その前のはリセットされてしまうのかも 占いとしてとらえている方は、大吉がでるまで引き続けてると言っている方がいますが、何故か、最初に引いたものと同じような内容のものが続くそうですよ 最終的には、大吉を引き満足して帰ったそうです。 おみくじで凶がでたのは悪い事がおきる? おみくじを引いて凶がでると、ドキッとして説明文を読むのをためらってしまいますよね でも、凶だからといって、悪い事ではないんですよ 厄年というものがあるくらい、生きている内には良い事がある年やついてない年があったりしますよね そんなついていない年に起こるかもしれない事柄を回避するための予備知識のようなものが書かれているのです。 凶がでたから、万事に気をつけて生活をしようという心構えをすることができますよね 逆に大吉がでて、良い事ばかり書かれていることに浮かれてしまって、解釈文にある、ちょっとした注意事項に気が付かずに躓いてしまう可能性もあります。 スポンサーリンク 先ほどの大吉がでるまで引き続けた人の場合のように、何度も同じようなことが書かれているおみくじを引いてしまうのは、今年一年はこんな運勢ですよと神様が教えてているからじゃないかなと思います。 また、こんなことを知りたいと心で思いながら引かないと回答が得られないので、何回も引き続けることによって、単なるくじになってしまう可能性もありますよね だから最後に大吉が出てんじゃないかと思っています。 (神様も面倒になったのかもしれない) 初詣でのおみくじの有効期限っていつまで? 初詣で引くおみくじは、その年一年の運勢がどのような流れなのかを知るために引くので有効 期限としては一年間です。 大吉がでても凶がでても、神社の枝などに括らずに、大切にお財布の中にでも入れておいて、時折内容を確認して気を引き締める。 それがおみくじの正しいやり方になります。 凶が出たら、枝に括って厄払いをすると言っている方もいらっしゃいますが、神社側では、どちらでも構わないけど、本来は一年間持っていて時々みるのがいいですよと言っています。 初詣以外で神社に参拝にいっておみくじを引いた場合には、その時に気になっていることをを思って引きますよね その気になっていることが解消されたときとか、悩みが解決したときが有効期限となります。 解決した時も、神社にお礼に行きましょうね 有効期限が過ぎたおみくじはどうすればいいのか? 一年間お世話になったおみくじは、引いた神社にお礼に行って枝やくじを括るように用意されている所に括ってください。 その際には、お礼もいいましょうね 初詣で新しいおみくじを引いて、古いおみくじを返すということになるでしょうが、できれば12月に入ったら、お礼をしながら返却するのが神様への礼儀のような気がしませんか? まとめ おみくじを引く回数に上限はないけど、何度も引いていたらおみくじのご利益?がなさそうですよね また、大吉や凶などの部分に一喜一憂するのではなく、書かれている注釈というか解説の方をしっかり読み解くことが重要 おみくじの有効期限は一年間、ただし、年途中で引いた物は悩みや気になる事柄が解消されたら、そこまで.

次の