星野 源 安倍 総理。 【炎上】安倍首相が公式インスタに星野源の動画掲載 / 星野さん異例のコメント発表「事前連絡や確認いっさいない」 | バズプラスニュース

【コロナ禍】安倍総理炎上のSNS動画、仕掛け人は“布マスク2枚”の発案者(デイリー新潮)

星野 源 安倍 総理

今月12日に安倍晋三総理(65)はツイッターにこう投稿した。 今、これに正面切って「否」を唱えられる人はそういまい。 だが、添えられた動画が問題で、優雅に飼い犬を愛でたり、お茶で寛ぐ安倍総理の姿を見て、世論は猛反発。 同時に人気シンガーソングライターの星野源の動画も載せたものだから、 〈貴族か〉 〈王様感まる出し〉 〈(星野の)政治利用〉 等々、大炎上を招いてしまったのだ。 大手メディアの政治部デスクが嘆息する。 「今回のツイッターの仕掛け人は経産省出身の佐伯(さいき)耕三総理秘書官。 あの悪名高い『布マスク2枚』の発案者も彼です。 40代半ばの佐伯さんは『チーム安倍』の中では若手で、総理は彼の意見を『若者代表』として捉えている節がある。 佐伯さんから『星野源とコラボすれば若い人に受けますよ』とでも耳打ちされたんでしょう」 結果的にそれが裏目に出た格好で、赤っ恥をかかされた安倍総理は顔を隠したいに違いないが、すっかり有名になった総理愛用の「小さ目マスク」では、残念ながら到底隠しきることはできまい。 また、「不運」は続くもので、このツイッター炎上の直前にも、官邸では密かにこんな騒ぎが起きていた。 「10日の午後、ジャーナリストの田原総一朗さんが総理に直談判したいと官邸を訪ねてきたんですが……」 と、渋面で振り返るのはある官邸スタッフだ。 「今の官邸はコロナ対応で大忙し。 怒号が飛び交うこともあるほどです。 当日もインドのモディ首相との電話会談等、重要日程が目白押しだったなか、田原さんは総理の時間を25分も奪っていきました」 「不要不急じゃない」? 官邸担当記者が続ける。 「総理に面会した人にぶら下がり取材しないわけにはいかず、当然、我々は田原さんのことも囲みました」 田原氏は今月15日に86歳の誕生日を迎えた。 「彼は重症化リスクの高い紛う方なき後期高齢者です。 そういった人を記者団で囲むのはどうかと。 しかも、彼の話はいつも長いんですよね。 つまり濃厚接触の時間が長引くわけです」(同) なお田原氏が記者団に説明したところによれば、財務省のことなど気にせずに補償政策をやるようになどと総理に直言したという。 「正直に言って、誰もが思い付く当たり前のことで、不要不急の面会だったような気がします」(同) 改めて田原氏本人に総理面会について尋ねると、 「なぜ緊急事態宣言がこんなに遅れたのか、緊急事態宣言に違反した場合の罰則規定は設けるべきか、現金給付を自治体の窓口に任せていると遅くなるから国が直接やったほうがいいのではないか。 こういったことを話しました。 そりゃ僕は重症化リスクが高いけれど、僕以外に誰も言わないから、絶対に会って言わなくちゃいけなかった。 このテーマで朝まで生テレビをやっても結論は出ない? 「週刊新潮」2020年4月23日号 掲載 新潮社.

次の

安倍首相の星野源コラボ動画を撮影したの誰?企画は側近で広報編集?

星野 源 安倍 総理

kantei がシェアした投稿 — 2020年 4月月11日午後5時01分PDT ・星野源さんのインスタコメント 「家でじっとしていたらこんな曲ができました。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります。 お一人お一人のご協力に、心より感謝申し上げます。 かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。 いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。 その明日を生み出すために、今日はうちで・・・。 どうか皆様のご協力をお願いします」 大村知事と津田大介が「芸術祭」と称して昭和天皇の写真を焼いてた時は「表現の自由だ!」と全力擁護してた方々が、安倍総理がちょっと星野源とコラボしただけで「音楽の政治利用だ!」と。 左翼の方々がどちらを向いて政治しているのかよく分かりますね。 すでに首相も専門家も「ただのおじさん」アピールして、責任負わないための準備中。 自粛を訴えたのに足りなかった、みんなの責任。 一億総懺悔キャンペーンが始まってることを知り、震撼させられる。 — 中野晃一 Koichi Nakano knakano1970 安倍首相+星野源のやつを見てしまって、この自分の感覚を表現する言葉が見つけられなくて困惑している。 あえて言うなら恐怖。 首相及びそのブレーンが、今の状況が国民にとってどういうものなのか、全く想像できていない、本当に「わかっていない」ことに対する恐怖。 — アニ gorotaku 改めて日本のマスコミの質が低すぎると実感。 飲食店や中小企業、失業者向けにどんな補償があるのかも詳しく説明せず、バカと一緒になって「和牛ガー!マスク2枚ガー!星野源ガー!」とパニックを煽るだけ。 非常時に必要な情報を届けないメディアなどあり得ない。 電波オークション制の導入を急ぐべき。 自由意志で出た言葉だからこそ勇気が輝くわけで。 — CDB C4Dbeginner 星野源がおれの動画を使うなと安倍に抗議したら大したもんだと思うがね。 おれの曲を使うなとトランプに抗議したミック・ジャガーやブライアン・メイみたいに。 何でオマエラ、勝手に星野氏の「お気持ち」を代弁してキーキー言ってんだよ。 — 木曽崇@「夜遊びの経済学」絶賛発売中! takashikiso 星野源の映像、星野源本人が「本人や事務所に連絡することなく使ってもらっている」としていて、ようするに「こっちに連絡なんて入れずに使ってよい」としているのに、お左翼様たちが「アベは無断で映像を使った。 著作権侵害だー」と騒いでいるのはさすがにどうかしているでしょう。 ・歓迎されなかった理由とは 今回のような展開は、星野源さんが世の中に元気を与えるために公開した動画であり、動画の転載者が政治関係者でなければ問題なかったかもしれないし、歓迎されるムードになったかもしれないが、転載者が政府であり安倍首相だったこともあり、何らかの別の意図があるのではないかと、さまざまな疑念の声があがってしまったようだ。 ・単に不器用なだけなのか 星野源さんに連絡がなかったことだけでなく、安倍首相に対して持たれているイメージも炎上に影響した可能性はあるだろう。 しかしながら、安倍首相や首相官邸が不器用なだけで、世の中を明るくさせようとしているのは伝わるとの声も出ている。 「星野源さんが自由に使っていいと言ってるから安倍さんも問題ない」的なの声も出ているが、皆さんはどう感じただろうか。

次の

星野源、安倍総理の”乗っかり”に「激怒」!? 小泉純一郎元総理に嫌味炸裂の過去も……

星野 源 安倍 総理

安倍首相は4月12日、自らのSNSにて「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています」という文章とともに、星野の動画に合わせ、自らが自宅でテレビを見たり読書をしたり、飲み物を飲んだり、犬を抱くなどの動画を投稿。 その後、Twitterにて「かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。 いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。 その明日を生み出すために、今日はうちで……」という文章を綴った。 この安倍首相の動画投稿に対し、「そんな呑気なことやっている場合か」「星野さんを利用しないで」といった批判が続出。 現在、騒動となっている。 そんな中、当の星野は4月12日夜、自らのインスタグラムのストーリーズにて「ひとつだけ。 この文章をめぐり、ネットでは星野の心情を推し量る様々な意見が。 「政治的な事、もしくは政治家には使用して欲しくなかったのかな」「これは怒ってる……」「一見クールに見えるけど、ここまでしか言えないんだと思うよ。 星野源の気持ちはわからないけど、芸能人なんてその人だけの問題じゃないから事務所の人たちにも迷惑かけられないし、関わるスタッフ全員の人生背負ってんだから」といった意見が寄せられていた。 「星野さんは過去に著書『働く男』(文藝春秋)にて『国を変えるのはいつでも政治だし、政治を変えるのはいつでも金の力だ。 そこに音楽は介入できない。 できたとしても、X JAPANの楽曲を使って型破りというイメージを定着させた小泉純一郎のように、ただ利用されるだけ』と書くなど、音楽の政治利用に敏感な人。 それに加え、今回のエンターテイメント業界のコロナによる大打撃に補償の姿勢を見せない政府に、俳優兼アーティストとして色々と思うところがあるでしょう。 それを踏まえて星野さんの文章を理解しないといけないのでは」(芸能事務所スタッフ) そうなると、星野のインスタグラムでの文章は、やはり「政治利用されたくない」というメッセージに思えてくるが……。

次の