カイリキー 育成 論。 カイリキー : ノーガードカイリキーの育成論

カイリキー育成論

カイリキー 育成 論

ページ:• 投稿者:クスィー• コメント 46 みんなの評価 :• 投稿者:青葉梟• コメント 42 みんなの評価 :• 投稿者:コンペイ• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:かゐゑん• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:竜巻• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:レオライナ• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:David• コメント 33 みんなの評価 :• 投稿者:altmare• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:異群阿山• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:海神零• コメント 44 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】カイリキーの育成論と対策【ローブシンより強い?ミミッキュ狩り?】

カイリキー 育成 論

カイリキーの歴史 第一世代 当時全盛を誇ったが弱点であり、現在より(とを兼ねる攻防一体のステータス)の数値が低かったカイリキーにとってこれは致命的であった。 はに次いで当時の全ポケモン151匹中2位タイであったが、技の最高威力がの80どまりでやなどにも耐えられてしまうことあり、大きな活躍はしていなかった。 、でのじごくぐるまはとどめに使うと反動が無かったため、対策として使われることもあり、決勝大会には残らなかったものの97カップ、98カップ、99カップに出場した実績がある。 特に98カップ中部地方予選ではが多かったため刺さりが良く、同予選では優勝メンバーとなっていた。 予選を含めた98カップにおけるカイリキーの使用率に関しては、パルシェンとギャラドスを足した分より高かったという話もある。 第二世代 が分割されたことによりの種族値が上昇し、弱点ので落ちにくくなった。 鈍足のカイリキーにとっては、先制されることによるあらゆるリスクが仕様変更で軽減されたことも朗報。 攻撃面でのタイプは、及びタイプの登場によって 苦手なエスパーの弱体化と共に 合計5つもタイプの弱点を突けると大幅な強化を受ける。 これはと並び最多で、第一世代からは考えられないほどの地位上昇だと言える。 攻撃面でもの獲得は大きな強化であり、特にやを突破できる攻撃性能に注目された。 またエスパー対策に や 、対策にも採用の余地ありに。 また、でを覚えるのもこの世代からで、それ以外にもこう見えて補助技を色々覚えられるが、カイリキーの場合、どっちかというと自身の能力を強化させるという形として考えられた。 カイリキーを入れたパーティはニンテンドウカップ2000東京大会準優勝の実績を残しており、決勝戦でも選出されていた。 宮城大会優勝の実績も残しており、地区大会では活躍していた。 決勝大会にも1匹エントリーされていた。 「モバイルカップ2001」環境ではレベル30以下のポケモンしか出場できない関係上が大会に出て来ず、を覚えさせなくとも十分強力であり、さらにレベル配分の無いレギュレーションである都合上ケンタロスが相対的に弱体化し、カビゴンの選出がますます増えた。 そのため、先手クロスチョップで削れる場面が多くなった。 ただ、など折角カイリキーのでこんらんを撒いても縛り切れない相手がおり、対策されるとやや弱かった。 時が経って2018年のVC版第二世代オフ会環境では、レベル55カイリキーがレベル50にを踏ませた上で()を撃つと高確率で1発で落とせることが判明し、ナッシーメタとして需要を高めた。 ただ、この場合はにも有効なめざめるパワー(ゴースト)よりも汎用性が低い点に注意。 一方、カビゴンのを受けきれる程の物理耐久を持たないことから、メタとしてはに立場を譲るようになった。 第三世代 の仕様変更で耐久面が下がった一方で、攻撃面に関しては大きな下方修正はなく、変わらず安定した能力を発揮した。 この世代では、、、など、有利を取れる実力者がさらに増えた。 素早さの種族値55でいじっぱり無振りの実数値が75と、如何に素早さいたちごっこ型のカビゴンでも流石にこれを抜けるほどまで素早さを上げることはほぼ有り得なかったため、当時の対人戦を考えても恵まれていた。 特性は。 この当時は、味方におにびなどを使ってもらわなければ活かせない特性だったが、発動すれば劇的な破壊力を得ることが可能。 第二世代でもであったひかりのかべは失わずに済んだ。 単タイプでひかりのかべが使えるのは現在でもとカイリキーのみ。 この世代から登場したで効果を消される点は注意。 第四世代 の獲得によって劇的な強化を受け、やの登場によって型も実用レベルになった。 いわゆる「三色パンチ」の物理化、、の獲得によって、技の面でも強化を受けた の獲得により、クロスチョップの使用率は低下した。 ダブルバトルでなら鈍足を活かしパーティのメンバーの1匹として採用することもできるように。 ではでを行える裏技があり、肝心のWi-Fiコネクションも多くのホビーショップで無料で利用できたので、自己産のカイリキーを入手することが非常に楽であった。 世代終盤の環境では速攻型が減少し低速化した環境の裏をかいて最速でを打つ型が成立した。 世代末期の「結論パ」の1体にはゲンガーがおり、最終的にあまりにが増えたため、を持っていないとキツイ場合が多々あった。 また、対策のラムのみもよく使われた。 第五世代 上位互換じみた性能を持つの登場によってではそちらに物理アタッカーの座を譲ることになった。 では後半にを放ってを撒くと交代しづらいこともあって非常に強力であった。 初期は余りにもが多かったため、ローブシンより高いをいかした奇襲型も使われていた。 BW2期には素早さの種族値がローブシンよりも高く、への無振り抜けるように調整しやすいという差別化点を無理やり見つけ、その差別化を実際に試したプレイヤーもいた。 意外にもがこの世代からカイリキーの化している。 第六世代 タイプが弱点のポケモンに共通しての登場によってシングルバトルでの地位は第五世代よりも低下。 一応という対抗手段も手に入れたが、ダブルバトルでこの技を放つ余裕があるかどうかは疑問であった。 一方、ORAS発売までのXYリーグでは度々使用率ベスト30以内に入っていた。 との同時遺伝が可能になったが、ファイアローという脅威の下では強化としては微々たるものであった。 PGL統計によると、、、、という技構成が定番で、持ち物は主流であることがうかがえる。 大会実績では、出場ポケモンが制限される2016年3月に開催されたカントー図鑑限定戦の「カントークラシック」ジュニアカテゴリで14位、マスターカテゴリで8位の使用率を記録している。 WCS2014(カロスダブル)マスターカテゴリではこだわりスカーフ型のフルアタックカイリキーを入れたプレイヤーがベスト4の実績を残している。 WCS2015(全国ダブル)シニアカテゴリではカイリキー入りのパーティが優勝を果たしていた。 第七世代 の仕様変更による弱体化でファイアローは姿を消したが、強力なタイプ、特にの登場により相変わらず苦境にあるといえる。 かくとうタイプの鈍足アタッカーとしてライバルになるが登場し、さらに一定の活躍の場だったローテーションバトルが廃止されたことも痛い。 の仕様変更によってばくれつパンチの有用性も低下するなど、環境面・仕様面での逆風が強い。 VC版からを経由することでを覚えさせたカイリキーを連れて来る事ができるが、VC版から輸送したポケモンは自動的に隠れ特性を持つので、じわれとノーガードの両立は不可能。 そんな中、ゲーム中ではカイリキーのシンボルがモブとしての至る所に見かけられ、ストーリー上では比較的恵まれている。 SMリーグシングルバトルシーズン3にはねごとが搭載率10位を記録。 因みにこんじょう発動下での確定急所のはにを全振りしてに4振ったひかえめテッカグヤを確定1発に仕留める。 USUMリーグシーズン9からシーズン12にかけて、シングルバトルではの搭載率がベスト10を記録している。 この流行は、ポケモン動画実況者がへの有効打として取り入れたのがきっかけである。 また、この世代でが登場した影響ではたきおとすの枠がへの有効打となるに替わるケースが増えた。 2019年1月下旬に開催された単タイプ限定戦のインターネット大会『シンプルシンフォニー』では大会バナーに描かれたポケモンとなったが、使用率ベスト30には入らなかった。 そもそもかくとう単タイプで入賞したのが3位のローブシンのみであり、かくとう単自体がローブシンを除けば単タイプの中でも恵まれないことが証明された。 USUMリーグシーズン15のスペシャルレートはなしでが限定の1匹選出として行われたが、ノーガード型なら命中不安の状態異常技や一撃必殺技などで逆転を狙えること、こんじょう型なら状態異常を引いても強気に出られることから需要を集め、使用率8位を記録。 ではが使えること自体が貴重なので、独自の立場を築き上げている。 第八世代 を獲得した。 はを上げるという効果があるが、ベースとなる技に急所に当たりやすい(クロスポイズン、クロスチョップ、ストーンエッジ)という効果があってもダイマックスわざとして使っている時はそれが無効になる上に、自身の素早さも低く耐久も高くないため、特にだと確定急所を利用できるタイミングはシビア。 もしキョダイカイリキーを使うなら味方のでサポートするのが1つの手。 一方でローブシンがを没収されたため、はたきおとすで差別化可能になった。 前作とくらべてカプが居なくなったことから居座りやすくなったが、相変わらずは強さを見せているため、油断大敵。 また、などゴーストタイプが活躍している状態なので、かくとうタイプは現在活躍させにくい状態なのも難点である。 わざレコードでを獲得したので、簡単に止まってしまうようなことは少ないが。 この世代ではの覚えないを使っての対策とこんじょうによる対策からカバルドンとトゲキッスのコンビに対して強いのではないかと考察された。 シリーズ3シーズン4でキョダイラプラスが解禁されると、でを落とし、かわらわりでに対策を打つという使い方が考察された、というのも、とをこの世代単体で同時習得できるかくとう単のポケモンの中で最も特殊耐久指数が高いという差別化点があるためである。 シリーズ4シーズン6でキョダイカイリキーが解禁され、キョダイラプラス対策として考察された。 余りにギャラドスが増えたため、シーズン7には受け出ししていかくを撒きに来たギャラドスを削るためのを入れた型が目立つようになった。 ゲーム内におけるの人気TOP3ポケモンに、、カイリキーが設定されており、それぞれゲーム内のポスターに採用されている。 一般的な育成論 が高くが低い重火力型のアタッカー。 物理アタッカーとしての育成が基本。 から加わった特性が強力で、高威力の代償に命中率が低い技を気にせずに撃つことができる。 特にとのコンボが有名。 たとえダメージを半減する相手に交換されてもの追加効果が残るため、その後の展開を有利に運べる。 ほかの技候補は、、、、、など。 ばくれつパンチの混乱効果により相手に交換を強制させやすいので、やもよいだろう。 こちらが命中率の低い技を存分に使えるという点以外にも、を上げる戦法を使う相手にも安定して攻撃を当てられるという利点がある。 特にではの回避率上昇が2段階になり、やなどこれを中心とする型があるポケモンがいくつか台頭していたが、それらを無視して攻撃を当てる事ができる。 ただしいずれの場合も相手からの攻撃も必中となってしまう事には注意が必要である。 特にやが恐いので相手の技構成を把握しておきたい。 どちらもがあれば対処が可能だが、素早さが低いために後攻になりやすく、大ダメージを受けて発動できないこともある。 後者はがあれば技がランダムに繰り出されるが動けるだけあって対処は可能。 特性を活かした戦術もある。 やで自身を能動的ににすることで攻撃を上げられる。 この状態でのは非常に強力。 カイリキーはほとんど特性ノーガードであるため、相手の一撃必殺技やを誘い1ターンを無駄に費やさせるということも可能。 インファイトはタマゴ技のため、遺伝させていない場合はで代用するのもよいが、命中率に注意。 によってと、こんじょうのコンボを利用して回復しつつ高火力を放つ型も成立したが、技のレパートリーがその分狭まる上にねむるが選ばれると失敗に終わるのが難点。 は素早さが低めの物理アタッカーであることを活かしあるいはが望ましい。 カイリキーの種族値では素早さに下降補正が掛かっても元々先手を取ることが望めないということでデメリットにならない。 隠れ特性は。 元の素早さが低いカイリキーにとって、素早さを上げる機会を得られるのは嬉しいが、のリスクを伴ううえ、元の二つの特性が非常に優秀なのもあって使いづらい。

次の

カイリキーの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

カイリキー 育成 論

カイリキー・・・・特性ノーガードから繰り出されるばくれつパンチは優秀。 でも一撃必殺も当たってしまうんですよね・・・・ 【性格・努力値】 いじっぱり HP252 攻撃252 防御6 意外な耐久力があり、上記の振り方でギャラドスのりゅうのまい2積みたきのぼりを 耐えることがあります。 ようき HP6 攻撃252 素早さ252 素早さ6振りグライオン抜き調整です。 みがわりを出したまま抜けます。 (後述) 角さんご提供ありがとうございます。 いじっぱり 攻撃252 素早さ調整振り HP残り 6振り65族抜き調整ー92です。 一番実用的な範囲ですね。 ふうこさんご提供です。 6振り80族抜き調整ー212です。 6振り85族抜き調整ー252です。 確定技 1. ばくれつパンチ カイリキーの代名詞で、一致150技。 追加効果の混乱は美味しいです。 特性ノーガードで絶対命中します。 こいつを出した時点で相手はスカーフなどを警戒して交代すると踏みます。 それだと使う機会がないじゃないかと思われますが、 終盤においての打ち合いでは重宝します。 みがわり 相手はカイリキーを出された時点で混乱の効果などを気にして 特性:マイペース(ヤドランなど)やゴーストタイプを繰り出します。 コイツにとって後から技を選べるのはウマイもの。 打ち逃げになりますがね。 交代してきそうだったら初手でみがわりを使いましょう。 一撃必殺対策にもなるんです。 候補技1 1. かみなりパンチ こいつが後出しやすいギャラドス、後だしされやすいヤドランに有効です。 ヤドランに対してはほぼダメージを与えられません。 打ち逃げ用ですね。 ストーンエッジ みがわりがあればリザードンも狩れます。 その他もろもろに等倍をとります。 火力十分です。 候補技2 1. れいとうパンチ コイツを本気で狩りに来るグライオンをやっつけるための技です。 角さんご提供ありがおつございます。 しっぺがえし ばくれつパンチ警戒でゴースト、エスパーがやって来るので交代読みで撃って下さい。 みがわりを確実にします。 Reyさんご提供ありがとうございます。 【持ち物】 1. オボンのみ 確定数をずらします。 みがわりのために。 たべのこし コイツに持たせるのは少しもったいないですが、3vs3仕様ならコッチで。 【繰り出しやすい相手】 後出しならブラッキーなどの悪タイプ、ノーマル、 死に出し前提なら格闘、鋼、虫、岩、地面(じわれ注意)、水(ぜったいれいど注意) 【正直言って繰り出すのが無理なポケモン】 スターミー、ラティオス、エルレイド、ラプラス、カバルドン、グライオン、ストライク、 チャーレム、etc.... 批判・もっといい考えがある!という方はコメントお願いします。 まだ3色Pの方が優秀かと思います。 みやぶるは個人的には候補にもいらないかと思います。 ムウマージやゲンガーはエッジで十分ですし、ヨノワはそもそも鬼火必中になるため機能が停止してしまいます。 根性警戒をするかもしれませんが。 ちなみにリザードンのエアスラは確定で耐えるので、はち会わせになれば狩ることができますよb 身代わりを確定にするのであれば鬼火除けという意味でジュペッタかマタドガスあたりまで素早さ調整するのもありだと思います。 このときにラグラージやエンペルトが抜けるのもおいしいです。 いろいろ書きましたが育成論に特に不備はないと思いますので評価5で入れさせていただきます。 お騒がせして申し訳ありません。 ご提案ありがとうございます。 冷凍Pを候補2に入れておきます。 みやぶるはやはり論外でしたか、外しておきます。 おにびってみがわり貫通でしたっけ・・・・? なのでS調整はする必要は無い気がします。 とりあえず評価・ご指摘ありがとうございます。 載せておきます。 6振り95族抜き調整は陽気最速にあたるんですが・・・どうなんでしょう? とりあえず載せておきます。 あと、メタってそういう意味だったんでしたか・・・覚えておきます。 ずっと疑問に思ってたんですよ。 (混乱するかも) というか、陽気最速とは・・・いっそのことスカーフ... ^^ 素早さを調整しているなら、技候補にアンコールはいらないですか?? 繰り出し性能の上昇や身代わりと組み合わせて、一撃技や催眠や積み型を何も出来ずに撃退できます。 とはいえ攻撃範囲が... とりあえず技候補2にお願いします。 評価は5付けました。 評価ありがとうございます。

次の