リンクスまとめ。 リンクスリングス攻略:初心者が覚えるべきバトルテクニックまとめ

リンクスメイト(LinksMate)の申込手順・AUから乗り換え・所要日数・注意点まとめ

リンクスまとめ

一部キャラのスキルを調整 ( 十文字、 ニコル、 DJヴァイヴス!)• ナックルの通常攻撃を強化 一部キャラのスキルを調整 以下のキャラにおいて、スキルの調整(下方修正)が行われた。 スピードタイプ(十文字以外)のパラメータを調整• 十文字のスキルとSPスキルを下方修正 スピードタイプ(十文字以外)のパラメータを調整 十文字を除くすべてのスピードタイプのキャラにおいて、SPDとENのパラメータの調整が行われた。 バランス調整後の十文字はどうなった? バランス調整後の十文字の強さを検証! 下方修正によって、十文字の立ち回りにどのような変化があったかを解説していこう。 HPとATKに特化したパワータイプのようなパラメータ 今回のバランス調整で、 十文字以外のスピードタイプのENが大幅にアップし、エリア拡張性能では大きく差をつけられてしまった。 ENとSPDが高いスピードタイプの中では、かなり極端なパラメータバランスで、ほぼパワータイプといった数値になっている。 バックステップ部分に変更点はないので、立ち回りでの使い勝手にはそれほど大きな影響はなさそうだ。 スナッチブローがヒットしたときのEN回復量はこちら。 スキルを当てて逃げる立ち回りでは、 相手のエリア拡張性能を削りにくくなった。 攻撃的な立ち回りでENの回復をどんどん狙っていこう! バランス調整後の十文字は、スピードタイプの基本であるエリア拡張の優先度を少し下げたほうがいいだろう。 スナッチブローで奇襲しつつ、バックステップキャンセルで追撃をして、相手の撃破を積極的に狙っていきたい。 タワーでの補給回数を減らせるように、スナッチブローでENを回復させて、より攻撃的な立ち回りを意識していこう!• 通常攻撃2段目の硬直が短縮され、攻撃の連射速度が上がっている。 また、射程距離も延長され、遠距離からのけん制で使いやすくなった。 64倍に上昇 フェイルノートの射程距離・発射角度 攻撃範囲が大幅に変更。 射程距離が延長され、また自身の周囲にも攻撃できるため、かなりヒットさせやすくなっている。 全体的にヒット判定が大きくなり、さらに自身の周囲も攻撃可能になった。 また、同時に威力も強化されている。 一部キャラのパラメータとスキルを調整 以下のキャラにおいて、パラメータやスキルの調整が行われた。 05倍に増加 SPスキル「成龍旋」 ・ATK上昇値が1. どちらも上方修正になっており、以前よりも武器スキルを当てやすくなっている。 ダメージ倍率は最後のアイス部分と同じ倍率(ATKの0. 92倍)で、近距離で使ったときにもダメージを与えやすくなっている。 一部キャラのパラメータとスキルを調整 以下のキャラにおいて、パラメータやスキルの調整が行われた。 上方修正の中でも特に注目なのは「ゼファー」だろう。 SPスキルで味方の移動速度も強化できるようになり、終盤に使ったときにバトルへ与える影響度がかなり大きくなった。 また、「フェイフェイ」と「響姫」の2人は、SPDのパラメータが「4」ずつアップ。 特にフェイフェイは、スキルもすべて強化され、大幅な上方修正となっている。 バランス調整前と調整後のスキル効果を比較 バランス調整で効果が変更された、一部キャラのスキルとSPスキルについて、調整前と調整後の効果を画像で比較していく。 ゼファー:SPスキル「世界最速の男」 SPボトルは、マップ上に出現するアイテムのこと。 獲得すると、SPゲージが満タンになり、SPスキルを使用可能になる。 一部キャラのバランス調整を実施 以下のキャラにおいて、パラメータやスキルの調整が行われた。 カイト:SPスキル「レイジングブラスト」( 上方修正) 6月4日のバランス調整内容 6月4日(火)のアップデートにて、以下のキャラのバランス調整が行われた。 All Rights Reserved. 新着記事•

次の

メンズリゼとリンクスのメンズVIO脱毛の料金や効果を口コミで徹底比較します

リンクスまとめ

テクニックを磨いてライバルに差をつけよう! 『リンクスリングス』には、知っていると役に立つバトルテクニックがいくつもある。 この記事では、その中でも初心者が覚えておきたいテクニックをピックアップして紹介! バトルの基本ルールについては、以下の記事で解説しているので、そちらも参考にしてみてほしい。 開幕スキルでスタートダッシュを決めよう! リディアの「 ブーストアタック」や武器スキルの「 ダッシュ」など、一部のキャラや武器のスキルには、発動時に素早く前に移動しながら攻撃するものがある。 これらのスキルは、通常の移動よりも少しだけ早く移動できるため、バトル開始直後に使えばスタートダッシュを決めることが可能だ。 バトルが始まったらすぐにスキルを発動! スキルのモーションで、少しだけ移動距離を稼げる 特にリディアの開幕「 ブーストアタック」は、立ち回りの基本にもなっているので、リディア使いを目指すなら覚えておきたい。 開幕でスキルを使うか使わないかで生まれる差はわずかだが、対象のスキルを持っているときは、積極的に狙っていこう。 開幕ダッシュができるスキル 開幕ダッシュに利用できるスキルは、以下のとおり。 スキル名の後ろにある「RT」は、そのスキルのリチャージタイム(再使用時間)を表している。 キャラスキル キャラ スキル名と効果 ブーストアタック RT:16秒 オーラをまとったタックルで攻撃しながら、攻撃する。 移動中に方向転換できる 武器スキル 武器名 武器種 スキル名と効果 刹那 RT:15秒 隼の如き速度で前方に突進し、刹那の間に切り抜ける。 スカイシューター ダッシュ RT:15秒 前方に突進する。 ホットピンキーソード ダッシュアタック RT:14秒 遠くから前方の敵の懐に踏み込んで攻撃する。 残り時間が少ないときにはどんな立ち回りが良い? 【良い立ち回りの例】• SPスキルで相手の撃破を狙う• 時間ギリギリまでエリアを広げる• 相手の裏をかいてコネクトを成功させる• ミニマップを見てラインカットを狙う 【悪い立ち回りの例】• 無理に攻め込んで倒されてしまう• 止められやすいコネクトリンクを狙う• ENがあるのにタワーを奪いに行く• SPスキルを出し惜しみする これらは立ち回りの一例だが、もし意識していないものがあった場合は、以下を参考にして立ち回りを改善していこう! 終盤はタワーよりもエリアを優先しよう 最後にタワーを作成しても、そこから補給してエリアを拡張する余裕がないことがほとんど。 そのため、バトル終了直前はタワーの奪取よりも、フィールドを移動して、少しでもエリアを広げられるように行動しよう。

次の

【リンクスの歴史】害悪デッキの歴史をまとめてみた

リンクスまとめ

新キャラの最新情報まとめ リンクスリングスの新キャラについて、公式サイトやTwitterなどで公開された最新情報を掲載している。 日付 更新情報 11月29日 新キャラ「カシム」が参戦! 11月25日 新キャラ「カシム」のイラストが公開 で「カシム」のPVが公開 10月31日 新キャラ「」が参戦! 9月30日 新キャラ「」が参戦! 8月30日 新キャラ「」が参戦! 8月16日 新キャラ「」が参戦! 7月26日 新キャラ「」が参戦! 新キャラ「カシム」の追加時期は? カシムの追加時期は、 11月29日(金) を予定している。 キャラ追加の速報やその他の最新情報などについては、以下にまとめているので、そちらも参考にしてほしい。 新キャラ「カシム」はどんなキャラクター?• 名前:カシム&ジーニャ• 声優:藤原夏海(ふじわら なつみ)/島田愛野(しまだ あいの)• タイプ: テクニック• 入手方法:コイン or レジットによるスカウト 新キャラのカシムは、「 テクニックタイプ」のキャラクターとして登場。 アラビア風の衣装を着ていて、傍らにはランプの魔人をモチーフにした「 ジーニャ」が付き添っている。 3Dキャラクターのグラフィック 3Dキャラ(前) 3Dキャラ(後ろ) サポートキャラの「ジーニャ」を召喚できる カシムは、自身の戦闘能力はやや低めだが、サポートキャラの「ジーニャ」を召喚して戦うことができる。 また、テクニックタイプの中ではSPDが高く、エリア拡張もある程度はこなせるキャラだ。 相手を連続でのけぞらせるスキルが強力 スキル「愛護の魔神」で召喚されたジーニャは、ゆっくりと相手に近づいてから、5ヒットする連続パンチを繰り出す。 威力は1発につきATKの約0. 16倍と低めだが、5ヒットすべてに のけぞり効果があり、相手を長時 間足止めしつつ、通常攻撃や武器スキルで追撃も狙っていける。 また、ホーミング性能が高く、壁抜けもするなど、使い勝手がかなり良さそうな印象だ。 留学生として遠い異国からやってきたカシムは、なんとカイトと同じ中学校に通っているとのこと。 リンクスリングスへの参戦もカイトの紹介がきっかけらしく、2人はかなり仲が良さそうだ。 新キャラ「カシム」を少しだけプレイしてみた! 新キャラ実装に先駆けて、カシムをプレイする機会をいただけたので、先行プレイでわかった、カシムの性能や使い方を紹介していこう。 破壊されないジーニャを盾にして戦おう スキルで召喚できるジーニャは、相手の攻撃対象にならないため、ルルの「ハス君」のように破壊されることがない(相手の攻撃を防ぐこともできない)。 相手に近づかれそうになっても足止めしてくれるので、早めにジーニャを召喚して、盾にしながら戦っていこう。

次の