岡山県知事炎上。 【GoToキャンペーン】岡山県知事「疲弊した観光業を中心とする地域経済を活性化する趣旨で、国を挙げてやることなので、ぜひ成功させたい」

【悲報】「今は来ないで」岡山県は大炎上、島根県は絶賛される・・・]: 燃えよVIPPER

岡山県知事炎上

~6日のウイーク期間中などに、帰省や旅行で人の出入りが激しくなれば、感染が広がる恐れがあるからだ。 だが、ものは言いようだ。 「来たら後悔させてやる」と言わんばかりの発言をした知事には抗議が殺到した。 「からこそ、今は『会わない』ようにしませんか。 それが収束を早める」と訴えた県には、「素敵なが心に響いた」と賛意が寄せられた。 いずれ感染症が収まれば、外出自粛で景気や社会活動が低迷した分、観光客や定住者の誘致が課題になるだろう。 しかし「今の言動が地域のを左右し、後になって明暗が分かれるのではないか」と指摘する声もある。 庁には「2日間で50件程度の苦情」 「後悔」と口にしたのは、伊原木(ぎ)隆太・知事だ。 が来県者の検温を始めたのに触発され、でも「県外からの帰省者や旅行客の流入抑止に向けた啓発活動」として実施しようと考えた。 高速道ので、職員らが県外ーの車に乗った人などの検温を行うと決めた。 その内容を発表したので、「いかに歓迎していないか、警戒しているかっていうことを、主に他県の皆さんにお伝えできる人数」に対して検温し、「声を掛けられた人が、『マズイところに来てしまったな』と、後悔をしていただくようなことになればいいなと思っています」などと述べた。 これが報道されると、県庁には抗議の電話やが相次いだ。 「2日間で50件程度の苦情がありました。 妨害してやる、危害を加えるというような内容もありました」と公聴広報課の職員は話す。 「職員が疲弊してしまう」 結局、伊原木知事は検温を中止すると発表した。 そして、「皆さんがするぐらいの言葉を使わなければ、県外で配信してもらえないという思いで、わざと使った面もある。 大変多くの方に不快な思いをさせてしまった」と釈明した。 「普段は強い言葉を使わない人です。 命に関わる話なので、あえてきつい言い方をしたのだと思います。 しかも、県に対してだけでなく、岡山の人も県外に出て迷惑をかけてはいけないと注意を呼び掛けたのですが、記事では県外の部分だけが切り取られてしまいました」と公聴広報課の職員が知事の気持ちを代弁する。 ただし、伊原木知事は検温の撤回時、「会社には、県内のの効果的な場所でを閉じていただくようお願いする」と新たな他県民の流入抑止策をぶち上げた。 これがまた物議を醸すことになり、「土木部の担当課は今も電話が鳴りっぱなしです。 それはもう職員が疲弊してしまうほどです」と前出の職員がをつく。 西日本の中国支社は「もちろんどこも封鎖していません。 への物流を滞らせるわけにはいきませんから」と話す。 までの交通量は通常の7割ぐらいに減っているといい、「走行しているのはなどの物流関係に絞られてきています」と語る。 流入抑制のになった観光地はどうか。 美観地区を抱える同県の観光課は「県外からの観光客はほとんど来ていません。 施設はほぼ休みですし、開いてる店舗も数えるほど」と言う。 観光関係者の1人は「知事発言で今後の観光に影響が出るかもしれないと不安です」と眉を寄せる。 「が収まっても岡山には行きたくない」という声が出ているからだ。 「の影響とにならないことを願うだけです」と言葉少なだった。 県外ーへのや投石が発生 県知事の発言は徳島でも話題を呼んだ。 内で4人目のが確認されたことを公表した、飯泉(い)嘉門知事が「県内の各施設で県外ー車の実態調査を行う」とにした。 から帰って来た人が感染するなどしていたのが理由だ。 この発表がとなって、県外ーの車への、投石、傷つけ、暴言が発生した。 飯泉知事は「強いになり過ぎたかもしれない」と、他県ーの車に嫌がしないよう県民に呼び掛ける事態になった。 一方、「来ないで」というに多くの共感が集まった県がある。 帰省者は、戻るのを待ち望む人がいるから帰って来る。 そこで、県民向けに「からこそ、今は『会わない』ようにしよう。 それが収束への早道だ」と訴える全面広告を地元紙に掲載した。 地域ごとの方言で「帰省自粛」を呼びかけ 担当した広聴広報課の職員は「の流行以前から、出身者に『ぜひ帰って来てください』と呼び掛けてきた県です。 『帰ってくるな』とだけは言いたくありませんでした。 そこで、方言を使ったら否定的なが和らぐのではないかと考えました」と話す。 は東部の出雲地域と、西部の石見(いわみ)地域に分けられ、それぞれ言葉が違う。 このため出雲地域用は「早くけん、今は帰らんでいいけんね。 」、石見地域用は「早くけぇ、今は帰らんでいいけぇね。 」と大書した。 さらに全県共通のとして「ここ島根で生まれたそのつながりは、距離に負けるほど弱くはないと思うのです。 近いうちに、いつも通り会える日が必ず来ます」と記した。 そしてにも載せた。 大きな反響があった。 には「とても素敵なで心に響きました。 この新聞をきっかけに島根にいる親と会話したり、普段のGWでは電話をすることのない島根の祖母とも電話をし、改めて地元が好きになりました」とした人もいた。 「いいね」はまでに0件を超えた。 「今だからこそ丁寧に発信しないといけない」 「現在、飛騨はお休み中です」。 の國島芳明・長、都竹(つづく)淳也・飛騨市長、成原茂・長の3人は、こんなを共同で発表し、3人で語りかける動画も流した。 動画では「観光地、お店、自然豊かな場所すらも、から地域を守るために、ほぼお休みしております」「このが収束した折には、地域を挙げて皆様を歓迎させていただきます。 そして、飛騨の魅力を存分に楽しんでいただけるよう、精一杯のをさせていただきます。 それまで、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします」などとで述べ、最後に「大変辛く、また失礼なお願いかとは存じますが、ご理解ご協力をいただければ幸いです」と深々を頭を下げた。 これほど丁寧に「お断り」されたら、誰しも悪い気はしないだろう。 むしろ、支援したくなるかもしれない。 それにしても「お休み中」とは、しゃれた言い方だ。 の清水雅博・秘書課長は「文案は3首長が集まって練り、『お休み中』は都竹飛騨市長が発案しました。 外出自粛が長引いて、社会の不安がどんどん大きくなっています。 他を排除するような風潮も広まっています。 こうした時の言葉は、発し方一つで敵対心を生みかねません。 今だからこそ丁寧に発信しないといけないというのが3人の考えでした。 飛騨はも通っていなければ、飛行場もない不便な所です。 にもかかわらず、遠方から多くの人が観光に来てくれます。 『お休み』という柔らかい言葉には、私達の感謝の気持ちが込められています」と解説する。 國島長は、これとは別に独自のも出している。 ここでは医療資源が乏しく、が出たらに直結しかねない地域事情を切々と訴えるなどした。 そして、子や孫を帰省させなかった市民に対しても「ふるさと高山を出て都会の大学に通うたちが、不安の中、都会で一人耐え忍ぶ姿を想像する時、本当につらく悲しい気持ちとなります。 ふるさとは、高山で生まれ育った皆さんを誇りに思っていること、終息すれば、ふるさとはいつでも温かく迎え入れること、合わせてお伝だければ幸いです」と記した。 飛騨の人情深さが感じられる文面だ。 は特産品のを活用 「帰省断念」への感謝の気持ちを特産品のお礼で示すもある。 「行かない、来ない、呼ばない宣言」をに行った崎田恭平市長は、~の間に帰省を断念し、などをした先着50人に、特産の1分(時価4000~相当)をすると発表した。 「景気悪化の影響などからの売れ行きが落ちています。 そこでPRを含めて、帰れない分、故郷を味わってほしいと考えました」と担当職員は話す。 6はに面していることからに訪れる人が多い。 しかし、が進み、医療資源も乏しいため、感染が拡大すると致命的な影響を受ける。 そこで「苦渋の決断」で所有のを閉鎖した経緯を説明した。 「の危機が去りました暁には、どもの地域をあげて、従来にも増す熱意で皆様をお迎えさせて頂くことをいたします」として、その時には「お互いに大輪の笑顔で、再会を祝しあえるように」とに書き込んだ。 何を発信するか。 危機にこそ試されるのかもしれない。 その影響と結果は、収束後にになるのだろう。 (葉上 太郎) 4月29日の東京駅。

次の

県境検温を岡山県が実施!伊原木知事は「岡山に来たことを後悔するようになればいい」と発言

岡山県知事炎上

石川県知事「自粛するな接触しろ」と反政府発言し大炎上中!? 4月9日に石川県の谷本正憲知事は 「東京から大阪などから外出を控えるように露骨にいうべきか。 国民が分断されていると感じた。 感染しているのは都民の数%であとの90%以上は感染していないと思わないといけない。 」といった旨の独自解釈した発言をした後、 東京脱出などと言われる対象地域からの県内の流入について 「交流を増やすのは互いの地域を活性化させる。 自粛はしない」と発言して問題となっている。 もちろん政府や対象地域の知事が緊急事態宣言を受けて自粛を呼びかけている中での発言です。 8日までの5日間で一気に増えた理由を聞かれても 「コロナは峠を超えたという根拠のない憶測で多くの人が外に出た」と どこか他人事のようだが、実はこの突如感染者が増えたのも谷本石川県知事の不用意な発言が原因でもあるのだ。 実はこの知事は3月末にもコロナ感染拡大で日本中が困惑している中 「無症状の人は石川にお越しいただければ」と発言し大問題に。 そして結局現在感染者数日本14位で66名と決して少なくは無い人数となっている。 が、東野本人は本気でそう思っている節がありどこ吹く風のようです。 もちろん近隣の県知事は大迷惑をしている。 岡山県知事の自粛要請に対しても「岡山県はよく言うね、くる人を拒むのは言い過ぎな気がする」と疑問視した。 ・・・。 「石川県は終わりの始まりだ」とネットで騒がれている理由がわかったと思いますが、この知事は一切コロナのことを考えず人と人の交流が大事と考える少し皆と違う考えを持った人です。 ゾンビ映画では中盤に痛い目にあうタイプです。 もちろん石川県民が黙っているわけもなくネットでは大炎上中です。 感染が更に広まれば、活性化どころではなくなるのが未だに受け入れられないとは、あまりにも愚か。 県民を守ろうという意志が感じられない。 それとも先の時代にいるのでしょうか。 多分、谷本さんは新型コロナ騒動で4月4日から延期になってた金沢港のクルーズターミナルオープンを4月25日に決行する気。 80億円くらいかけた県の一大事業。 世間の反応を確かめてるのだと思う。 今は県民の安全第一でお願いします。 自粛お願いします。 まとめ:石川県脱出するしかない この発言を間に受けて日本中の外国人旅行客や東京都内で行き場を失った人たちが一挙に集まった結果困るのは石川県民ということが何故わからないのでしょうか? 逆に、石川県に一気に押し込めて封じ込めをしようとする谷本知事の玉砕政策なのでは? なんであれ石川県民にとっては大迷惑ですよね・・・。 お祈りしかできません。 頑張ってください。 以上です。

次の

【悲報】「今は来ないで」岡山県は大炎上、島根県は絶賛される・・・]: 燃えよVIPPER

岡山県知事炎上

もくじ• 県境検温を岡山県が実施! 岡山県の伊原木隆太知事は24日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今月29日に山陽自動車道下り線の瀬戸パーキングエリア(PA、岡山市東区)で、来県者らへの検温を行うと発表した。 検温は任意で強制力はないが、大型連休で行楽客、帰省客の流入が増える懸念があるため、早期に内外に警戒感を示すのが狙い。 伊原木知事は「取材が来て顔をさらされることはごめんだ、と思っていただければ。 岡山に来たことを後悔するようになればいい」と述べた。 特に感染者の多い大阪府、兵庫県からの人の流入を防ぐため、東の県境に近い大型PAを選んだ。 詳細は今後詰めるが、当日は警察官や県職員がPAに入ってきたドライバーに声をかけ、非接触式の体温計で体温を計り、熱がある人には、引き返すか人との接触を避けるよう依頼する内容となる。 引用元: 県境検温に関して、岡山県の動画が無かった為、山形県の県境検温の動画をお届けします。 確かにここまでやれば、今まで以上の抑制力にはなるのかもしれませんね。 『医師不足』や『医療崩壊』という観点からするとこういった対応もありなのかもしれません。 現役の県知事が、ここまでインパクトのある発言をするのは、中々勇気がいる事で、今後賛否が出てくるかもしれませんね。 皆がストレスを感じている中、過度な批判を助長する発言だったと思う。 個人的には知事として相応しくないと感じた。 どう思うかは自由だけど。 貨物車以外、検温は強制でええやん。 😆 金使うなら地元に落とせや。 — ARUKAS(二代目) ArukasF 賛否はありそうですが、緊急事態に思い切った発言が出来る事に対しては、評価の声がありますね。 岡山県でどの程度の効果があるか見守っていきたいと思います。

次の