赤坂 アクト シアター 座席。 赤坂ACTシアターの立ち見2列目ってどんな感じですか?

赤坂ACTシアターに望むこと: マダム ヴァイオラの観劇+α日記

赤坂 アクト シアター 座席

113• 44 こないだお母さんのおつかいに出かけた日、私は東京に用事があったのでした。 城田優主演のミュージカル『ファントム』を観るためです。 アンドリュー・ロイド・ウェバーじゃない方のオペラ座の怪人というやつです。 またの名を、宝塚でやっている方のオペラ座の怪人です。 会場は赤坂ACTシアターで、11時半開場の12時開演でした。 先日ちらっと書いた通り、私は新宿のミロードの山頭火でお昼ごはんを食べました。 山頭火は11時開店ですから、かなりのタイトスケジュールでした。 開店と同時に店に駆け込んで、特選とろ肉ラーメン(塩)をすすり、人波をかき分けて中央線に乗り込み、四谷で丸ノ内線に乗り換えでした。 丸ノ内線が人身事故で遅れていやがいまして、焦りました。 普段なら3分の遅れくらいあまり気にしないのですが、この日は気にしました。 駅を出てタクシー飛び乗って、初乗り料金を支払いました。 開演に間に合ったのでほっとしました。 そして例によってプログラムを買いました。 せこい話ですが、2000円は高いと思いましたし、なんと袋を付けてくれないのでハンドバッグしか持っていない人は冊子をぶらぶらさせて持ち歩くか、300円出して別売りのA4サイズのトートバッグを買うしかありません。 実質プログラムだけで2300円です。 そういえばロビーに「プレゼント受付箱」というのを見かけました。 こういうのを見るのは久しぶりです。 主演の違いでしょうか。 座席ですが、これから初めて赤坂ACTシアターを訪れる人に忠告しますが、2階G列はクソです。 赤坂ACTシアターの2階G列はクソです。 あまりの酷さに思わず汚い言葉遣いをしてしまうくらいのクソ席です。 前が通路なので、直前の列の人の頭が被らなくて良いなと思ったのですが、とんでもない思い違いでした。 前の人の頭が被らない代わりに何のためにあるのか分からん手すりが思い切り舞台センターを横切っているのです。 中央の席にも関わらずとんだ見切れ席です。 我慢してそのまま見るか、前のめりになるか、思い切り体勢を低くして手すりの隙間から覗くかの三択です。 我慢してそのまま見た場合、いちばん良い所で俳優の顔に手すりが被ります。 前のめりだと後ろの人に被ると迷惑だしなと思って後者を選択すると、今度は舞台の奥に俳優が立った際に顔に手すりが被ります。 おまけに(演目にももちろんよりますが)席に階級がないので全席13000円です。 ゴミのような席に13000円です。 大失敗! 城田の歌は良いのです。 相変わらず上手いです。 でもクリスティーヌがあんまりでした。 喉の調子が良くなかったか、音域が合っていない気がしました。 しかもあいつはひどいんです。 「私は先生(ファントムのことね)がどんな姿でも受け入れてみせる!私を愛しているなら顔を見せて!」 と唆してファントムの仮面を外させると、悲鳴を上げて逃げ出すという裏切りっぷり。 ユダとペトロもびっくりの裏切りです。 ファントムはALWの「何を考えているか分からない不気味な人」とは逆に、「対人スキル皆無の痛々しい若者」でした。 見方によってはなるほど可愛いと言えるかもしれません。 宝塚では特にウケが良いのではないでしょうか。 そんなかんじでした。 終演後は新宿にUターンして、3丁目のオカダヤに行きました。 楽しかったです! ミュージカルより楽しかったです! 今度フィガロをやるのに長いスカートを作ろうかと思いまして、その生地を探しに行ったのですが、その辺の手芸屋さんや生地屋さんとは比較にならない品数にわくわくが止まりませんでした。 別館の手芸小物のお店の方もまた面白い! ビーズや金属パーツは貴和やパーツクラブの方が安いですし、全体にやや割高に思いましたが(特に造花)なにを見ていても飽きませんね! 散々買い物をして、それからちょこっとルミネの貴和を覗いて、山頭火でご飯を食べて帰りました。 それで、その後のお母さんの話ですが、私が手紙を届けた人からはまだ反応がありません。 昨日、どうして連絡をくれないのかとしょんぼりして、また手紙を書いていました。 まるで自分を見ているようで胸が痛みました。

次の

赤坂ACTシアターのおすすめの座席と見え方!アクセス方法やトイレの数まとめ

赤坂 アクト シアター 座席

舞台セットにもよりますが… 役者は前を向いて演技をします。 ですので、視線は1階席に向けられています。 確かに、1階席の一番後ろよりも、2階席の最前列の方が、舞台に近いです。 でも、2階には、役者の視線はほとんど向けられません。 近くても、上から見下ろすような感じです。 せっかくの生の臨場感も、視線がないと、舞台との一体感を得ることができません。 ですので、初めての観劇ならば、遠くても役者の顔が自分に向いているように感じられる1階席をお勧めします。 ただ、舞台セットが高くしつらえられていて、上の部分でも演技が行われる場合は、2階席最前列は、とってもいい席になります。 テレビや映画とは違う舞台の魅力を味わってくださいね。 A ベストアンサー 個人的意見で言えばK列より後ろでしたら私は2階A列を取ります。 私は皆さんが言う程、帝劇が観難いとは思っていませんが、やはり傾斜が緩やかな所と、席が千鳥でない事を考えると後方に行く程、他の方の頭は被ってくると思います。 (S席の後方よりも1段高くなっているA席のW,X列の方が確かに見やすいと思います。 ) その点、2階前列でしたら人の頭の障害という時点ではまったく被る事なく観劇出来ると思います。 K列20番台(サブセンター)と2階A列センターのどちらがいいかはやはりご自身の感じ方次第になってきてしまうので一概にどちらがいいとは言えないですが、1階席ならやはり舞台と目線の高さは合うので臨場感等は感じられると思います。 自分も芝居に入れてる感じは1階席ならではだと思っています。 それにサブセンターのセンターよりでしたら、下手にセンターブロックよりも斜め側に前方の人が少ないので軽く千鳥状態ですのでその席は私は結構観やすいんじゃないかと思います。 2階A列は前の方が一切いないので舞台までの視界が良いです。 それに1階席では観れないような舞台の奥行きや全体を2階席は見渡せると思います。 ご招待の方を2階最前列中央に入れる事も多いみたいですし(帝劇に関わらずその他の劇場でも)劇場の中の2階最前列中央はだいぶVIPな席でもあるとは思います。 また帝劇の2階A列はかなり足元が広いですので中程の席でも出入りはし易いです。 帝劇は座席が割りと狭いのですが2階A列は広々していていいと思います。 レミゼを今回初観劇との事でしたら私は2階A列の方がいいかな・・・って気もしますね。 1階席前方~中盤辺りは慣れてきて細部を観たいとかこの役者さんをクローズアップして観たいとかにはいいのですがK列あたりではそんなでもないかもしれませんが全体が観にくいと思う部分は多少あります。 私が今まで入った中でいいなと思った席は2階A列もそうですが、1階席ならH列中央でした。 長々とすいません。 少しでも参考になれば嬉しいです。 個人的意見で言えばK列より後ろでしたら私は2階A列を取ります。 私は皆さんが言う程、帝劇が観難いとは思っていませんが、やはり傾斜が緩やかな所と、席が千鳥でない事を考えると後方に行く程、他の方の頭は被ってくると思います。 (S席の後方よりも1段高くなっているA席のW,X列の方が確かに見やすいと思います。 ) その点、2階前列でしたら人の頭の障害という時点ではまったく被る事なく観劇出来ると思います。 K列20番台(サブセンター)と2階A列センターのどちらがいいかはやはりご自身の感... A ベストアンサー 初日と千秋楽に公演の後にトップさんや組長さんのご挨拶があり、退団する生徒さんがいれば、千秋楽に袴に着替えて1人ずつ大階段から降りてきて御挨拶をし、同期から花束を贈呈されます(既に退団されている同期がする場合もあれば、同期でない事もあります) トップスターの退団公演だと、千秋楽と前日の2回目公演の後に、さよならショーがあります。 貸切公演などは、抽選会などがあったりもします。 WOWOWの貸切しか行った事ありあませんが、抽選会(休憩時間に行われます)の他に、公演後にトップさんだけ残り、WOWOWの方が司会をして、視聴者からの質問コーナーもありました。 1月25日は逸翁デー(宝塚歌劇創始者の命日)の時は、公演の後に卒業生を招いて、想い出を語ったり、歌を捧げます。 他は時期(バレンタインデーとか)によってイベントがある時もあります。 A ベストアンサー こんばんは。 東京宝塚劇場前での捌きは禁止されているので、 お財布持って立ってたり(チケット欲しいという意味です) チケット持って立ってる人(チケットを捌きたい)は見かけません。 でも日比谷シャンテのゴジラ側の出口の所には、 人気の無い公演のチケット持って立ってる人は見かけます。 今回のような人気公演では、いない可能性が高いですが、 ネットを使わない年配の方もいらっしゃるので、 絶対いないとは言えないですよね。 この場所では、定期的に巡回するシャンテの警備員さんに追い払われています。 で警備員さんが居なくなると、また集まるの繰り返し・・。 スピーカーで、ここに立たないようにと、言われたりもしてます。 朝5時に並んでも当日券が買えないと聞くので、 さばきを待つ人は、5時からいることになりますね。 私が昔、急に捌くことになった公演の時は、 1時間前に行って捌いてました。 捌いてたのは人気公演ばかりだったので、 お財布持って立ってる人がたくさんいました。 こちらがチケットを持って立ってのではなく、 お財布を持って立ってる人にこちらから声をかけます。 私の隣に座ってもらうわけなので、感じの良さそうな人に・・外見を見て声をかけてました。 席を教えてOKなら、その方に捌いてました。 選ぶ基準は、席に収まりきれないほど太った人は敬遠してました。 あとは、足が不自由なのに立ってた人がいて、思わず捌きましたが、 そういう人ってさばきの常連だと後で知りました・・大変そうだから声かけちゃうから・・。 連席で捌く時は、学生さんとか、見たい気持ちが溢れてるけどお金の無い初々しい人・・とか。 今回、さばきの人がチケット持って立ってたら、すぐに人だかりが出来ます。 なので、お財布持って立ってる人に、声をかけるパターンになると思います。 チケットは、運よく当たるか、お金を積むか、体力使うか。 入手方法はこの3パターン。 運よく当たらず、お金も積まず、となれば、あとは体力を使うだけです。 体力を使うなら、当日券目指して頑張り、 ダメならそのままシャンテ前でお財布持って待機する。 声をかけてくれる人を開演時間が過ぎても待つ。 連れが開演に間に合わないとかで、開演後に捌く人もいます。 ファンクラブの人や一般の人でも入り待ちはしてます。 その中でもチケットを持ってない人は多いので、財布持ちながら入り待ちしてるかも。 倍率は高いですね、頑張って下さい。 こんばんは。 東京宝塚劇場前での捌きは禁止されているので、 お財布持って立ってたり(チケット欲しいという意味です) チケット持って立ってる人(チケットを捌きたい)は見かけません。 でも日比谷シャンテのゴジラ側の出口の所には、 人気の無い公演のチケット持って立ってる人は見かけます。 今回のような人気公演では、いない可能性が高いですが、 ネットを使わない年配の方もいらっしゃるので、 絶対いないとは言えないですよね。 この場所では、定期的に巡回するシャンテの警備員さんに追い払われて...

次の

赤坂ACTシアターのアクセス・キャパ・座席・駐車場・スケジュール等の会場情報

赤坂 アクト シアター 座席

随時追記していきます。 <赤坂ACTシアター> Kのくるみ公演、第九初演と、ミュージカル「ロミオとジュリエット」初演でしか行ったことがありません。 Kくるみの見え方を書いておこうかな…。 ・最前列:D列 21・22あたりがど真ん中。 床から出てくるねずみと目が合うというか、なんというか。 前ブロックはフラットなつくりなので、前の人が大きいと大変見づらいです。 また、舞台とかなり近くなり、見上げる形になります。 ただ、後ろブロック最前列とともに、1幕夜のシーンでせまりくるネズミの恐怖を追体験出来ると思う。 後ろやら横やら前やらをネズミが走り回るので、視線をどこにやろうか?と思うシーンですが、ネズミ来た、わぁ!みたいなのが面白い席です。 前ブロックの左右端よりは、後ろブロックの方が見やすいです。 でも、ドロッセルマイヤーとクララを見るなら、下手側(1~13あたり)は目の前になるので良いと思う。 ・1階後ろブロック 前方はそれなりの距離感で良く見える。 半分よりも後ろとなると、舞台との距離を感じ、一歩引いたところから見るようになる印象。 先述の1幕夜ネズミが出てくるシーンでも、臨場感はなく、クララとネズミとの関係を全体として見られるので、これはこれで面白い。 クララとの体験の共有ではなく、ドロッセルマイヤー的な客観視するようなイメージ。 端で見ると、舞台見切れます。 特に、舞台左手は舞台美術がかなり張り出しているため、舞台の奥なんて全く見えません。 どうしても端の席しかとれない場合は右手側(下手、番号小さい方)にした方がまだ見えます。 一番端で見ましたが、ホント見切れますのでご注意を。 端から何個か入った席でも見切れるようです。 ・2階 俯瞰する形にはなるが、3列目だと全体的によく見えました。 ただ、Kくるみの1幕醍醐味の一つである、客席にねずみが…は全く見えません。 一体なにが起こっているのか、ねずみたちが舞台に上がってくるまで全く分かりません。 1階も2階も同じ席料ということを思うと、見るのであれば1階から見た方が良いです。 2階から見る場合は見られない、ということは認識しておいた方が良いです。 (構造上、絶対に見えないので) ・立ち見 ミュージカルロミジュリで立ち見をしましたが、疲れるけども、良く見えました。 座席間はかなり狭いので、列の真ん中の席の場合は早く行かないと。 2015年11月11日追記 Amazon. jp ウィジェット.

次の