パソコン フリーズ 強制 終了。 パソコンがフリーズ時の緊急対応と二度と繰り返さない方法

【Windows/Mac対応】PCがフリーズした時に強制終了する方法

パソコン フリーズ 強制 終了

1-2. 作業中のファイルがあるか パソコンが固まってしまったときは、まずは何をしていたかを覚えておきましょう。 それが原因を突き止めるためのヒントになります。 また、文書や表計算などのファイルを作成中だったときには、強制終了すると保存されていない内容は消えてしまいます。 なお、Googleドライブの表計算機能や、マイクロソフトの「Office 365」といったクラウドサービス上で作業していた場合は、ほぼ最新の状態が保存されます。 マイクロソフトの「Office」(パソコンにインストールするタイプ)では、作業中のファイルが定期的に自動バックアップされるようになっています。 パソコンが強制終了したときなどは、再度同じファイルを開いたときに、最新のバックアップを使用するかどうかの確認画面が表示され、ウィンドウの左側からバックアップファイルを選べるようになります。 これにより、自動バックアップのタイミングにもよりますが、ファイルの復旧率はかなり高いといえます。 このように、自動的にバックアップが作成されるソフトウェアの場合は復元できる可能性が高いですが、それ以外のソフトウェアでは、最後に保存した状態までしか復元できません。 普段からこまめに「保存」を行うようにしましょう。 保存は、Windowsでは「Ctrl」キーと「S」キー、Macの場合は「コマンド」キーと「S」キーを押すことでも行えます。 作成中の文書などが表示されている状態でフリーズした場合は、デジカメやスマホで画面を撮影するのも奥の手として使えます。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

フリーズしたパソコンを強制終了する方法 ( Windows 10 )

パソコン フリーズ 強制 終了

「パソコンの動きが遅い」「不具合が生じた」といった場合、まず多くの人が試みるのは再起動でしょう。 しかし、状態によっては再起動ができず困り果ててしまうことはありませんか? ここでは再起動の基本的な方法から、パソコンの再起動ができないときにとるべき手段など、再起動に関する様々な内容をご紹介します。 多くの人は「シャットダウンは、すぐにパソコンを終了させる」「再起動は、シャットダウン後すぐにパソコンを起動させる」と考えています。 しかしWindows10の場合、この2つには明確な違いがあります。 シャットダウン時の情報はそのまま保存されているため、不具合が起きているとしても、不具合ごと保存されてしまいます。 設定を変更したにもかかわらず反映されない、周辺機器が未認識であるといったケースであれば、再起動を選ぶことで改善される可能性が高いです。 2つの違いを理解した上で、どちらを使うとより便利かを考えると良いでしょう。 キーボードもマウスも使えない状態で再起動をしたい場合は、強制終了を行いましょう。 この状態で強制終了を行うと、保存中のデータが壊れる可能性があります。 アクセスランプが消えるまで待ちましょう。 またCDやDVDを挿入している場合も、必ず抜いておきましょう。 再起動時にトラブルの原因となることがあります。 電源が切れたら、しばらく時間を置いてから再び電源を入れてください。 ただし、この方法はあくまで緊急措置です。 頻繁に行うことは避けてください。 その原因について見ておきましょう。 ハードディスクの寿命は、およそ1万時間です。 またメモリに関しても、経年劣化により損傷が発生します。 こういった症状が見られる場合は、パソコンの新規購入を検討すると良いでしょう。 ウイルス対策ソフトを入れていない場合や、更新していない場合は、すぐにウイルスチェックを行いましょう。 しかし、パソコンも物質であり、経年劣化により内部損傷が起こりやすくなります。 強制再起動を繰り返さなければいけなくなる前に、新しいパソコンに買い換えることをおすすめします。

次の

パソコンを強制終了したことによる影響について理解しよう!

パソコン フリーズ 強制 終了

パソコン画面が固まった(フリーズ)または不安定になったときの終了操作 概 要 パソコンを使っていると画面が固まったり フリーズ 、不安定になる場合があります。 この場合、キーボード等から強制終了することが出来ます。 ここではパソコンの強制終了方法を案内します。 なお、Windows XP で、パソコンを強制終了する方法については、次を参照してください。 例外エラーや一般保護違反などのエラーが表示された後やパソコンの動作が不安定になって通常の終了処理(スタートボタンからWindowsの終了)の途中で止まってしまった場合も、同じ手順で終了させます。 なお、強制終了すると作成途中のデータ 文書ファイルなど の変更は、反映されず最後に保存した時の状態となります。 《終了操作方法》 キーボードより次の3つのキーを同時に押します。 「Ctrl」キー• 「Alt」 PC-9800シリーズはでGRPH キー• 「DEL」 または Delete キー 表示された画面より該当する画面または項目をクリックしてください。 パソコンが終了するまで、1. を繰り返し行ってください。 キーボードやマウスが効かなくなったり、パソコンの画面が青地に白文字 または黒字に白文字 のメッセージが表示される場合は「4. その他」を選択してください。 プログラム強制終了画面が表示された場合• プログラム強制終了画面に「応答なし」と表示される場合• 「このプログラムから応答がありません。 」と表示された場合• 「シャットダウン」ボタンをクリックし、数秒待ちます。 《補足》• キーボードで操作する場合 「TAB」キーを押して「シャットダウン」ボタンを選択し、「Enter」キーを押します。 プログラム強制終了画面に [応答なし]が表示されている項目を選択し、「終了」ボタンをクリックします。 数秒待ちます。 《補足》• [応答なし]が複数ある場合は、1番上にある[応答なし]項目から順じ[応答なし」項目を終了します。 キーボードで操作する場合 下向き矢印、上向き矢印の書かれたキーを押して[応答なし]がついている行を選択します。 「TAB」キーを押して「終了」ボタンを選択し、「Enter」キーを押します。 「このプログラムから応答がありません。 」と表示された場合は、「終了ボタン」をクリックし数秒待ちます。 「待機」ボタンがある場合もあります。 その場合も「終了」ボタンをクリックします。 《補足》• キーボードで操作する場合 「Enter」キーを押します。 キーボードやマウスが利かなくなったり、パソコンの画面が青地に白文字 黒字に白文字など のメッセージが表示された場合は、次の操作を行ってください。 【操作】• キーボードより次の3つのキーを同時に押します。 「Ctrl」キー• 「Alt」 PC-9800シリーズはでGRPH キー• 「DEL」 または Delete キー• 数秒待ち、ディスプレイにメッセージが表示されるまで数秒待ちます。 なにか表示された場合は、上記1. の操作を行ってください。 何も画面が表示されない場合は、パソコン本体の電源ボタンを5秒以上押し続けます。 この操作により、パソコン本体の電源が確実に切れます。 この場合の操作方法は、パソコンによって操作が変わります。 お手持ちのハードウェア関連のマニュアルで電源スイッチ関係を参照してください。 ごくまれに、パソコン本体の電源ボタンを5秒以上押し続けても、電源が切れない場合があります。 この場合はディスプレイとパソコン本体両方の電源ケーブルをコンセントから外してください。 再度パソコンを使用したい場合は、5〜10秒待ってから電源を入れて起動してください。 ここではパソコンに負荷の掛からない強制終了方法を案内します。 操作方法は下記の手順を参照してください。 強制終了した場合、作成途中のデータ(文書ファイルなど)は最後に保存した時の状態となります。 【操作手順】• タスクバーの何も無いところにマウスカーソルを合わせて右クリックし、「タスクマネージャ」をクリックします。 下図のようなメッセージが表示された場合、終了してもいい場合は「すぐに終了」ボタンをクリックしてください。 《キーボード操作の場合》 TABキー押して、「すぐに終了」ボタンを選択し、Enterキーを押します。 しばらくするとパソコンの電源が切れます。 再度パソコンを使用したい場合は、5〜10秒待ってから電源を入れて起動してください。 これで Windows XP での強制終了の操作は終了です。 C Copyright ROYUCK Allrights Reserved.

次の