ダイエット 太もも お腹。 貼るだけカイロダイエット!効果的に痩せる貼り場所はお腹や背中?口コミも

下腹ダイエットでポッコリお腹とサヨナラしよう! 効果的な運動や食事について

ダイエット 太もも お腹

家でできるダイエット運動 家では早速ですが、家でできるダイエット向けの運動を以下に挙げていきたいと思います。 お腹向け おなか周りを気にしている人は非常に多く、部分やせでもよいのでなんとかおなか周りを改善したいという方も多いでしょう。 最も効果の高いものはトレーニングジムにでもいって、トレーナーとともに筋トレを行うとか、水泳を行って全身運動を行うことなのですが、家の中でそのようなことを行うのは難しいでしょう。 かなりお金持にゆとりのある方なら家の中にプールがあってトレーナーを呼ぶこともできるかもしれませんが・・・ そのため、家で本格的に腹回りを何とかしたいという方は、 腹筋運動やインナーマッスルを鍛えることが重要になります。 腹筋運動にもインナーマッスルトレーニングにも非常に種類がありますので、 脇腹を鍛えたいのか、下腹を鍛えたいのかなど場所を厳選する必要が出てきます。 フラフープなどを購入して実行するのもいいでしょう。 有酸素運動にもなりますので、痩せる確率がアップするでしょう。 脚痩せ向け 家の外に出て行うのなら、脚やせで効果的なのはエステなどに行って老廃物除去を行ってもらうことになるでしょう。 もみほぐしてもらい老廃物除去をしてもらってからは、ジムに通って足を鍛えるのがベストとなります。 家の中で行う脚やせとなると専用のエクササイズや筋トレを行うのがベストとなります。 足といっても範囲が広いので、ふくらはぎなのか、太ももの裏側なのか、表側なのかを絞った方がいいでしょう。 とりあえず 足全体をなんとかしたいというアバウトな方は一通りの脚やせエクササイズをこなすしかありません。 ほかには、動画などを参考にしてマッサージを行い老廃物除去を行うのもよいと思います。 ただし、正しいやり方をしないと逆効果になりかねませんので、しっかりと説明を見るか動画を参考にしましょう。 エアー自転車こぎなども有効ですので、ちょっとずつ足を鍛えていきましょう。 脂肪燃焼向け しっかり 脂肪燃焼させるには、家の中で筋トレと有酸素運動をこなす必要があります。 全身運動に近い筋トレを行った後に、有酸素運動をこなすのがベストとなります。 家の中ではやれることが絞られてしまうので、器具が必要になってしまうことが多いです。 器具を選ぶときは必ず口コミや評判および値段を見るようにしましょう。 筋トレ3選 それではここでは具体的に効果のある家の中でできる筋トレを紹介します。 スクワット 体の裏側や体幹部分を効果的に鍛える方法が、このフライングドッグです。 二の腕の引き締めなどの効果もありますので、全身運動に近いかもしれません。 腕と脚が床と水平になるくらいの高さまで上げるように意識して実行してください。 家でできるダイエットに効果的な運動器具3選 次に運動器具を3つほど紹介します。 みたことがあるものから、初めて見るものまであるでしょう。 ワンダーコア スマート ワンダーコアは腹筋サポートの器具になりますが、これ一つで8種類のトレーニングができるということで使いやすく購入者の評価も高いものとなっております。 レッグマジックサークル 似たような商品は多いのですが、その中でも特に下半身全体のトレーニングができると思ったために紹介いたします。 下半身だけではなく回転運動が加わるためウエストにも効果があります。 腹筋ローラー 昔から人気があった腹筋ローラーですが、今ではかなりリーズナブルになっており、気軽に購入できるようになりました。 慣れていない人はなかなか回数をこなせないでしょうが、 こなせるようになれば筋肉がついて有酸素運動を加えることで脂肪が減る可能性は高まるでしょう。 家できるダイエット向けの運動につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 今回は家でできるダイエットを色々と紹介しました。 家の中で実行する場合はやはり負荷が軽くなってしまいます。 本格的に筋肉をつけたいという方は負荷を増やすべく、それなりの運動器具はそろえる必要はあるでしょう。 最低でもダンベルくらいは購入した方がいいと思われます。 ダンベルが2つあればそれだけでトレーニングの幅が増えますので、筋肉をつけたい人は是非ともご検討ください。

次の

【1ヶ月で10㎏】脚・お腹・太ももが痩せる【話題のダイエット方法】 | 美人のレシピ

ダイエット 太もも お腹

「最近、ポッコリお腹が気になる」「下腹が出てきている気がする」「昔履けてたズボンのファスナーが上がらない」・・・。 なんてお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか? これからの季節、できるだけ早くポッコリお腹とさよならしたい方も多いはず! 今回は、そんな下腹問題を解決するためにおすすめの方法をご紹介します。 [1]下腹がポッコリしてしまう5大原因とは 下腹とは主におへそから下の部分のお腹のことを指します。 ポッコリお腹を解消するためには、まずはそうなってしまった原因を知る必要があります。 ここでは、「ポッコリお腹」の原因となる5大原因についてご説明します。 皮下脂肪は食べ過ぎや運動不足により、お腹周りや太もも、お尻などに徐々に蓄積されていく脂肪です。 一度蓄積してしまうとなかなか落とすのが大変な脂肪でもあります。 内臓脂肪は偏った食事や運動不足により、お腹の中で内臓を支えている腸間膜と呼ばれるあたりに蓄積してしまう脂肪です。 皮下脂肪に比べると蓄積しやすく落としやすい脂肪ではありますが、外からは分かりずらく、痩せているけど内臓脂肪が多くお腹が出ている「隠れ内臓脂肪肥満」という方も意外と多いと言われています。 そのため、お腹周りのインナーマッスルが衰えてしまうと内臓をしっかりと支えることができなくなることで、 内臓の位置が下がり、ぽっこりお腹の原因となってしまいます。 また、猫背になると腰が前に出てしまい、お腹が突き出る格好になりがちです。 姿勢の悪さも、骨盤のゆがみや内臓の下垂を引き起こす原因の1つなので注意が必要です。 ぽっこりお腹の原因が 内臓の下垂の場合は、いくら脂肪を減らしてもそれが解消することはありません。 食生活の乱れや不規則な生活が続くと、「腸内環境が悪化して腸の中が汚れる」、「老廃物が蓄積して悪玉菌が増える」ということが起こります。 腸内環境の悪化により便秘になり、血流も悪くなることで、むくみやポッコリお腹を引き起こしてしまうのです。 お腹周りが冷えると、お腹を守ろうという機能が働き、周りに脂肪が蓄積しやすくなります。 また、むくみが起きている時は体の中の循環や代謝が悪くなっているため、老廃物や脂肪が蓄積しやすい状態になっていることも、ぽっこりお腹の原因の1つです。 その下がった臓器が骨盤の中へ入ってしまうと、下腹が出てしまう原因になります。 [2]下腹ダイエットとは 「くびれはあるのにおへそから下の部分がポッコリ出ている状態」を解消するためのダイエット方法になります。 このポッコリお腹を解消するためには、腹筋ではなく インナーマッスルを鍛えてあげることが必要になります。 [3]下腹ダイエットに効果的な筋トレって? 「お腹の周りの筋肉=腹筋」に は腹直筋や腹斜筋、腹横筋の3種類あります。 ポッコリお腹の解消のためにはこの3種類の筋肉の1つである 腹横筋を鍛えることが効果的だと言われています。 この筋肉は内臓を支えている筋肉なので、鍛えてあげることでぽこっりお腹の解消を期待できます。 (この時、お腹はへこませて、胸を膨らませるようにします。 (息を吐く時にはさらにお腹をへこます感じで吐いてください。 この方法は、座った状態や立った状態、仰向けに寝転んだ状態などお好みの姿勢で行うことが可能です。 呼吸の仕方が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、お腹に意識を集中させて、へこませた状態でキツイと感じる時間プラス3秒我慢して息を吐き出すことをイメージして行ってみてください。 可能であれば持ち上げた状態で1,2秒キープしてください。 足は床につくまでおろすのではなくスタート時のかかとを数センチ床から離した状態までにしてください。 この動きを1回につき10回それを1日3セットくらい行うことをおすすめします。 体を一直線に保つことを意識しながら、繰り返しこの動きを行ってみてください。 姿勢を保ち、自分の体重を支えることを腹横筋が鍛えられて下腹を引き締める効果を期待できます。 [4]下腹ダイエットに効果的な運動とは? 他にも下腹ダイエットに効果的な運動はいくつかあります。 メインは筋トレですが、余裕があればこちらを試してみても良いでしょう。 また、筋トレがなかなか続かないという方もまずは手軽に行えるこちらの運動から試してみるのも良いかもしれません。 そして、息を吐きながら、対角線上のひざとひじを近づけ、お腹をひねります。 これを繰り返し行います。 その姿勢を保ちながら、自転車をこぐ動作を繰り返します。 逆回転も行います。 [5]下腹ダイエットの食事のポイントとは 下腹ダイエットには運動がとても有効ですが、同時に食事にも気をつけることでより効果を得やすくなります。 特に、脂肪の蓄積や便秘が原因でポッコリお腹になっている場合には、食事を改善することが必須です。 とはいえ、過剰な食事制限をする必要はありません。 現在のご自身の食生活を見直しながら、まずはできることから改善していってください。 おやつや食後のデザートの多くは カロリーが高く、糖質や脂質がたっぷり含まれているものがほとんどですが、残念ながら栄養素として必要なものはほとんど含まれていません。 下腹を引っ込めたいのであれば、まずはおやつや食後のデザートをやめまてみましょう。 また、野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、便秘改善にの効果もあり、ぽっこりお腹の改善にもつながります。 たんぱく質は筋肉をはじめとする体の組織を作るために必要な栄養素であり、また、敬遠されがちな糖質や脂質も、生きていく上で必要なエネルギー源として利用される大切な栄養素になります。 どちらも過剰に摂りすぎることはよくありませんが、逆に過剰に制限することも体にとってはよくありません。 野菜たっぷりの 和食を基本としたメニューを食べることをおすすめします。 [6]間違えやすい下腹ダイエットとは 下腹ダイエットにはさまざまな方法があります。 たくさんの方法の中には間違った下腹ダイエット方法があり、きちんとした効果を得るためには、正しい方法で行うことがとても大切です。 そこで、今回は気をつけてもらいたい下腹ダイエットについてご紹介します。 腹筋は自己流で行われることも多いので、行う場合には、鍛えたい場所に適した正しいやり方で行わないと効果を得ることはできません。 腹筋同様、どこの筋肉に作用しているのかを考えながら、正しい方法で行うことが大切です。 もんだり、マッサージすることで細くなったという話を聞くこともありますが、それは脂肪が減ったわけではありません。 ほとんどがむくみの解消によるものです。 むくみの解消は下腹ポッコリの解消にもつながりますが、直接的にはお腹をもむことで下腹ポッコリの解消にはつながらないことを知っておきましょう。 骨盤の歪みを矯正することは悪いことではありませんが、骨盤を矯正したところで、直接下腹に作用し急激に痩せるということはないので注意が必要です。 お腹が冷えると内臓機能が低下し、体の冷えやむくみを引き起こしてしまうため、お腹を温め全身の血液の流れを良くすることで、老廃物や余分な水分の排出を促すことは健康な体作りという面ではとても大切なことです。 しかし、ポッコリお腹の解消という面では、あまり効果を得ることはできません。 [7]正しい下腹ダイエットを取り入れて、健康的で美しいお腹周りをゲットしよう 誰もが気になるポッコリお腹。 下腹ダイエットできちんとした効果を得るためには、まずは正しい方法を知り、継続することが大切です。 自分に合った正しい方法を見つけて、まずは毎日コツコツできることから始めてみましょう。 毎日続けることできっと少しずつ効果を実感することができるはずです。 取り組む際にはぜひ、食事と運動の両方をバランスよく取り入れてみてくださいね! 無理なく続けて、健康的で美しいお腹周りを手に入れましょう。

次の

痩せる歩き方を実践!【お腹や太ももに効果的な方法は?】

ダイエット 太もも お腹

ダイエットって、絶食系とか、置き換え系、サプリとか、、色々な方法があり、どれがホントに効果があるのか、困っちゃいますよね。 数あるダイエット方法の中でも、一番効果的に、かつ健康的に、痩せる方法をお伝えします。 実践者の声でも、1日で1. 5㎏とか、2日で2㎏とか、1ヶ月で10㎏以上痩せた人が続出の方法です。 そして、さらにいいのは、基礎代謝が上がるので、ダイエット後は少しぐらい食べても、太ることはない体になります。 実際、私も2年前からこのダイエット法をやっていますが、1日朝食前に3分間やるだけで、1ヶ月目に5㎏、2ヶ月目3㎏痩せました。 なぜなら、動かないときも、寝ている時も、より多くの体脂肪を燃やすことができる『やせ体質』になるからです。 スクワットは、一見、脚だけを鍛えているように見えますが、実は、上半身、腹筋、下半身を同時に鍛えることができる全身運動なんです! 体の上から下まで、さらには太ももや背筋などの大きな筋肉から小さな筋肉まで、体のあらゆる筋肉を使うんです。 だから、たった1日3分だけで、充分にあなたの基礎代謝を上げることができます。 ちなみに、スクワット15回だけで、腹筋500回するのと同じ効果だそうです。 さらにうれしいのが、道具も時間もいらないので、どこでもできるダイエット法ということ。 私は、朝、トーストを焼いている2、3分でスクワットをやることにしています。 脚・お腹・太ももが痩せるスクワット 痩せるスクワットのやり方 スクワットの手順 1)足はお尻がすっぽり入る幅に開き、つま先は少し外側に向けて立ちます。 2)背中をまっすぐに伸ばして、前を見ます(顔、おへそ、つま先、ひざも、まっすぐ前を向いた状態に)。 3)両腕は腰の横に軽く置く感じ。 4)鼻から息を吸いながら、ゆっくりと腰を落としていきます。 横から見ると、胸を張って、お尻を後ろに突き出たしたような姿勢になります。 5)十分に腰が落ちたら、今度は口から息を吐きながら、かかとに力を入れて、元の姿勢まで上がります。 実施する回数 スクワットの回数ですが、目標は1日50回。 でも、初めは50回もするのはきついですので、なんとか10回してみてください。 ダイエットの効果を高めるためには、『キツイな』と思っても、あと1回だけ頑張りましょう。 限界を少しでも超えると、筋肉が刺激され、基礎代謝量が効率よく上がります。 一ケ月もすると、50回ぐらい余裕でできるようになるので、その場合は、さらに回数を上げましょう。 慣れてくると、100回ぐらい楽にできるし、3分ぐらいで終わっちゃいます。 「もう休みたくない」って言ってたけど無理はダメよ。 スクワットしてるみたいだけど膝には気をつけて。 骨盤がかなり歪んで開いていたみたいで、矯正したら体型がすごく変わったよ。 次に重要なのは、食べ方。 グーパー両手の法則で食べたおかげで、10日で2kgのペースで落ちました。 でも、「その継続が難しいんだよな。。 」という声も聞こえてきそう。 そこで、めんどくさがり屋の人でも継続できる良い方法をお教えします! それは、友達や知り合いに「スクワット・ダイエット始めたよ!」と宣言すること。 ぜひ、TwitterやFacebook、LINE、メールなどで、友達に宣言してください。

次の